エレファントカシマシDB 2018/03/18(日) 30th ANNIVERSARY TOUR THE FIGHTING MAN SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!!〜夢の競演〜 じゃすみんさんのライブレポート

一番下へ

じゃすみんさんのライブレポート

アリーナ8列。
日本のロックの宝ともいうべき3バンドの競演を目の当たりにして、感じたことは山ほどあるが、
まず、その道で成功するために必要なのは
①才能(これがなくちゃ始まりません)②努力(現状に満足しないこと)③時流(「運」を引き寄せるのも才能だが)
これらをクリアしてやり遂げて「老年期の青春期」にあるのがこの3バンドだと思う。
各々が互いに相手の才能を認めリスペクトしあっているのが伝わって気持ちよかった。

スピッツの「浮雲男」はハッカ入りのシガレットだな。
ミスチルの「太陽ギラギラ」はブランデー入ってるかな。
どちらも原曲への敬意を十分に表して、なおかつ自分の歌にしているのはさすが!

良い悪いではなく、宮本さんの声の振れ幅とメリハリの凄さを改めて痛感した。

それにしても、宮本さん、本当に嬉しそうだった。
これからの「老年期の青春期」を輝いて駆け抜けてほしい、
「老年期の中年期(?)」にさしかかった一ファンの願いです。

No.曲名回数
1RAINBOW11回目
2奴隷天国6回目
3悲しみの果て33回目
4星の砂14回目
5風に吹かれて13回目
6笑顔の未来へ23回目
7桜の花、舞い上がる道を14回目
8風と共に3回目
9ガストロンジャー35回目
10今宵の月のように25回目
11Easy Go2回目
12FLYER11回目
13ファイティングマン35回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ