エレファントカシマシDB 2018/01/06(土) 大阪フェスティバルホール paopaoさんのライブレポート

一番下へ

paopaoさんのライブレポート

このホールはエントランスから気持ちが盛り上がる。広い階段と赤い絨毯。今年はこの大阪ライブから始まる。何度目の大阪だろう。エレカシのライブが無かったらこんなに来ていないはず。昨年の全国ツアーで島根とか遠い場所まで行っていたので、大阪はむしろ近いとまで感じるようになった。街はまだお正月の気配が漂っていて良い感じ。地方都市は季節が文化に根付いている。東京なんて門松すら目にすることが少なくなって寂しい。さて、ライブ。大阪のノリが良いとミヤジご満悦。満員のホールから割れんばかりの拍手&声援。紅白明け1発目だからね。お正月らしく4名の小編成ながらストリングスも入って、音が華やかに。キーボードはツアー後半から参加のサニーさん。毎回思うけどこの方のコーラスは素晴らしい。ボーカルを引き立てつつ遠慮せずのびやかに寄り添う。宮本の作る曲は歌が中心だから、それを引き立てるコーラスは毎回ほしいくらい。ドビッシャー男、始まりは今、夢のかけら、珍奇男などツアー以外の曲に餓えていたのでうれしい。デーではカウベル始まりでアレンジが元に戻った。曲のテンポも割と自由に。ミックスがうまくいっていないのかしきりに袖に指示を飛ばす宮本。よそいきじゃないいつものミヤジがいた。とはいえ、MCはツアー同様随所に入れていた。今回は3部構成とか言っていたくせに、結局2部で終了。2部は黒シャツ。みんなで並んでごあいさつ。また会おうみたいに去っていき、熱烈アンコール拍手後、比較的すぐ登場。白シャツに着替えて、今宵をアンコールに。もう一曲あるかな?という感じだったがこれで終了でした。 どのタイミングだったか、父親から毎年図書券をお年玉にもらっていたが、さすがに今年はもらわなかったなどというコメントも飛び出し和やかなムードに。このことを見ても、お客さんが敵ではないという現われなのでしょうね。お母さんの話も去年初めて話していたし。 大阪は概してお客さんが温かい対応。そして宮本はこの感じが大好きなんだよね。 東京だって最近は随分違ってきているとは思うよ、宮本さん。

No.曲名回数
1ドビッシャー男4回目
2今はここが真ん中さ!42回目
3新しい季節へキミと44回目
4悲しみの果て131回目
5夢のかけら3回目
622回目
7はじまりは今2回目
8デーデ88回目
9珍奇男56回目
10翳りゆく部屋33回目
11桜の花、舞い上がる道を49回目
12笑顔の未来へ77回目
13321028回目
14RAINBOW41回目
15ガストロンジャー117回目
16今を歌え6回目
17四月の風56回目
18俺たちの明日84回目
19風と共に16回目
20昔の侍22回目
21真冬のロマンチック16回目
22この世は最高!23回目
23奴隷天国33回目
24RESTART6回目
25夢を追う旅人30回目
26ファイティングマン102回目
27so many people52回目
28今宵の月のように90回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ