あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2017/11/25(土) ロームシアター京都メインホール Y39さんのライブレポート

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

Y39さんのライブレポート

大歓声の中、今日の「歴史」は静かにスタート。
「翳りゆく部屋」つま先立ち歌唱法。絶好調の声の良さにぼんやりしてしまう。
「風と共に」はもう曲名聴くだけで感涙してしまうほどグッとくる曲になってしまった。すごい励ましもらった。
紅白の話になったら大拍手で、先生しゃべってる間もずーっと拍手が鳴り止まない。とにかく拍手をおくらせてくれって感じ。
その後に今宵もってくるなんて、沁みすぎる。
京都のご当地ソング、練習されてるのかな。即興かな。すごいいい曲。もう一回聴きたい。
やっぱり2部からがさらにすごくて。
「生命賛歌」なんかもうおかしくて、笑っていいのですか石君?と思って石君見たら鬼形相だったので、
そうですね笑うところではないですねと勝手に心の中で会話。
その後の「RESTART」先生は生命賛歌モードでフラフラなんだけど、
お客さんは楽しくてそれぞれピョンピョンしてて何かがはじけてた。

今回一番精神かき乱されたのは「夢を追う旅人」
先生サニーさんのところでつまずいて態勢くずしながらも歌崩れず。すごいな。
風は木々を揺らし~で先生必死で腕を左右に振ってて、逆サイドで石君がガニ股鬼形相で頭をぶんぶん左右に振ってて。
左右の揺れがお二人そろってて。みんなで楽しく~じゃなくて必死の形相で。
打合せしたの?そんなにそこ大事?ってあの短い時間に頭大混乱で爆笑。
マイクコードをドラムの上超えて直したり、スタッフさん3人が舞台走り回ってるし。トミも笑ってるし。
石君とミキオさんが前に出て向かい合ってギター弾いてたんだけど、去り際まで石君はミキオさんの顔見てて、なんか石君大好きと思った。
で、いろいろ感情が忙しいんだけど結局「さあ、ゆこおぜ~」の説得力に力もらってこの曲この人たちすごいなと充電満タンになりました。

ファイティングマンのイントロは石君が正面前方でかき鳴らす。それに合わせて30thの垂れ幕が降りてきて、もう石君が主役でした。かっこよかった!
良席だったので、ローリングストーンズ挨拶で頭さげたまま前に出てくるとき、先生の白い歯が見えました。めっちゃ笑ってはる。

こちらはぼんやりライブの余韻に浸ってるんだけど、あちらは今日も静岡で真剣ライブなんだなぁと翌日しみじみと。
もうありがとうしかありません。自分のことがんばります。そして来週は奈良です。

No.曲名回数
1歴史4回目
2今はここが真ん中さ!4回目
3新しい季節へキミと6回目
4ハロー人生!!3回目
5デーデ9回目
6悲しみの果て10回目
7今宵の月のように6回目
8戦う男4回目
9風に吹かれて8回目
10翳りゆく部屋6回目
11桜の花、舞い上がる道を7回目
12笑顔の未来へ8回目
1332107回目
14RAINBOW8回目
15ガストロンジャー10回目
16今を歌え2回目
17四月の風7回目
18俺たちの明日10回目
19風と共に3回目
20ズレてる方がいい10回目
21奴隷天国4回目
22コール アンド レスポンス5回目
23生命賛歌6回目
24RESTART2回目
25夢を追う旅人5回目
26ファイティングマン10回目
27花男5回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ