エレファントカシマシDB 2017/11/18(土) ベイシア文化ホール大ホール セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は米子市公会堂 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は米子市公会堂 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は米子市公会堂 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は米子市公会堂 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は米子市公会堂 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は米子市公会堂 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は米子市公会堂 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は米子市公会堂 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は米子市公会堂 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は米子市公会堂 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は米子市公会堂 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は米子市公会堂 
12曲目に演奏

13.3210

前回は米子市公会堂 
13曲目に演奏

14.RAINBOW

前回は米子市公会堂 
14曲目に演奏

15.ガストロンジャー

前回は米子市公会堂 
15曲目に演奏

16.今を歌え

前回は米子市公会堂 
16曲目に演奏

17.四月の風

前回は米子市公会堂 
17曲目に演奏

18.俺たちの明日

前回は米子市公会堂 
18曲目に演奏

19.風と共に

前回は米子市公会堂 
19曲目に演奏

20.ズレてる方がいい

前回は米子市公会堂 
20曲目に演奏

21.奴隷天国

前回は米子市公会堂 
21曲目に演奏

22.コール アンド レスポンス

前回は米子市公会堂 
22曲目に演奏

23.生命賛歌

前回は米子市公会堂 
23曲目に演奏

24.RESTART

前回は米子市公会堂 
24曲目に演奏

25.夢を追う旅人

前回は米子市公会堂 
25曲目に演奏

26.ファイティングマン

前回は米子市公会堂 
26曲目に演奏

27.友達がいるのさ(アンコール1)

前回はサンポートホール高松大ホール 
28曲目に演奏

28.花男(アンコール1)

前回は福岡サンパレス 
28曲目に演奏


のなさんのライブレポート

18:05~20:53くらい。
客席足元の床が斜めになっていて、ピョンピョンするとどんどん前にずり落ちていってしまう。靴の中でも、足がずるずる前に行くので爪先が痛い。

「歴史」のイントロの手拍子はなかったが「笑顔の未来へ」はあった。

ミヤジの声は十分出ていたが、初めのうちは音程が狂うことがたまにあった。低くなりがち、たまにうわずることも。先週末はライブがなかったけど、喉の調子は万全とは言えないみたい。「今宵の月のように」ホーミーみたいに倍音が出ていた。「翳りゆく部屋」小さめの声を出そうとしたら、かすれて出なかった。

今日はネクタイをしていて、「RAINBOW」あたりで、ジャケット脱いで、ネクタイも少し緩めて輪っかを頭から抜いていた。

「ハロー!!人生」石君の首を絞めるように抱き寄せて、ミヤジのハンドマイクで一緒に歌ったり、マイクスタンドのところにふたり顔を寄せて歌ったり。

「デーデ」カウベルではなく、ミヤジのエレキギター弾き語りから入る。

以下は、紅白に関連する発言。(記憶が曖昧なところもあるけど、大体のところは合ってるはず)
「『今宵の月のように』がドラマの主題歌になったのもうれしかったけど、今回紅白歌合戦に出ることになってすごくうれしい。紅白歌合戦は、『ゆく年くる年』の前の時間にやってて、両親もおじいちゃんおばあちゃんも好きだったんで、ホントにうれしいです。大晦日は遅くまで起きていられるし、いつも楽しみでした。」
「記者会見の時、ポップジャムの頃から知ってるNHKのディレクターがこの辺で撮ってて(顔の左側に左手を伸ばしてその人の頭の位置を示しながら)恥ずかしくて、『撮らないでください。もう、やめてくださいよ~(笑)』っつって。」
「年末のカウントダウンジャパンも、毎年30日か31日に出ることが多いんだけど、今年は紅白出るかもしれないからって、29日にしてもらって。『出る。出る。』っつってて、外れたらどうしようって心配で、発表があった後のコンサートでネタにして『ダメでした(笑)』って言うのも痛々しいし、、、そういうのも含めて、出られて本当にホッとしてます。」
「昔、エリック・クラプトンがライブのステージで自分の誕生日会をやってて、ダサいと思ったのに、俺もこんなこと言っちゃって...」
「白組の勝利に貢献できるように、精一杯いい歌を歌ってきます。まだ何を歌うか、誰と対戦するかとか全然分からないんですけど、負けないように、頑張ってきます。」

「戦う男」イントロのトミのドラムに気を取られていたのか、ミヤジの歌が冒頭少し遅れる。トミがものすごく生き生きとドラムを叩いていて、音も生き生きしていた。たぶんこの曲の最後の方で、ミヤジが石君のピックをむしり取って床に落としていた。

たぶん戦う男の後だったと思うけど、「あれ?イヤモニが聞こえない。」と言ってスタッフに直してもらう。「あ、あ、あいうえお。抜けてんじゃない?・・・装置が増えると大変なのよ。これ、イヤモニっていうのしてるんですよ。先生にイヤモニした方がいいって言われたから、青いので型を取って作ったんです。でもこれ(イヤモニ)も爆音だから、どうなのかな?・・・あいうえお、あ、聞こえた。」

「つい最近まで、女の人っていうのは崇拝の対象でした。じゃあ今は違うのかと思うでしょうが、『同じものを食べてるんだし、同類、同志だ』くらいには思ってます。」と。「同じものを食べてるんだし」って、女の人のことを、草を食べてるバッタと同じくらい自分とかけ離れた存在だと思っていたのかなと思った。

「今を歌え」ライブ初聴き。CDよりゆっくり。CDを聴いてると「風は木々をゆらし」の後の不協和音がどうも気になるのだが、この日のライブは不協和音ではなかった。

1部終了後に、ミヤジが「前橋、すごい集中力だ。2部もあります。しばし休憩して。」と言ってくれ、トミがお客さんに対して拍手をしてくれた。私はあまり集中できてなかったので、申し訳ないような気持ち。
2部は割と集中できた。ミヤジ黒シャツ、イニシャルの刺繍が入ってた。1部の白シャツはどうだったか見てない。

「ズレてる方がいい」どっかでミヤジがエレキギターをギュリギュリと鳴らして(私は初めて聴いたと思う)、それがとてもよかった。

「コールアンドレスポンス」の前に、小さく「レイディーズアンドジェントルメン」、普通の声で「グッドモーニング!」と言いながら、両掌を上にして何かを持ち上げるような仕草。高らかに叫んだら、間違いなく「Ladies and Gentlemen」だけど、これはどうなんだろう、「Ladies and Gentlemen」とは言えない気がする。ツアーが終わったら、PAOのセトリ発表もあるのかしら?

「生命賛歌」イントロで、大きく抑揚をつけて、人の悪いところを一つ一つあげつらうようなしゃべり方。「物忘れが多い。」「ほうれい線。」「髪の毛が薄い。」「くさい、くさい、くさい、くさい。」鼻をつまむしぐさもしたかも。(今までも「さい、さい、さい」じゃなくて「くさい」と言ってたのね、たぶん。ずっと「く」が聞こえなかったってことなのか。でも何がくさい?前の流れから行くと、加齢臭なのか?(笑))ミヤジは激しくタコ踊りしていた(「ガストロンジャー」でも少ししてた)。

「RESTART」ライブ初聴き。ライブはCDとはだいぶ違うだろうなと予想していたけど、予想以上だった。CDよりゆっくり、もったり。混沌としてた。トトトトトとかの電子音?も一応入っていた。曲のテンポに合わせて、電子音も少しゆっくりだったと思う。

「夢を追う旅人」「風は木々を揺らし~」のところでミヤジ、手をぶんぶん左右に振ってた。木はそんな風に揺れないでしょと思った。

前に出て挨拶の時、ミヤジはサニーさんから順にメンバーの腕を上げていって、最後石君とミッキーの間で肩を組んだので、ぶら下がって足を上げるのはしなかった(と思う)。ミッキーへの遠慮なのか、身長差があって(?)やりにくいのか。

「ここは前橋ですけど、我々は今日、高崎から来ました。」おそらく前乗りして高崎で泊まったということですね。(私は昨晩、新宿で泊まった。新宿の街を歩いていたら、少し前にテレビに出ていた有名人(?)新宿タイガーさんを見かけた。)

No.曲名回数
1歴史7回目
2今はここが真ん中さ!19回目
3新しい季節へキミと23回目
4ハロー人生!!9回目
5デーデ31回目
6悲しみの果て59回目
7今宵の月のように42回目
8戦う男8回目
9風に吹かれて37回目
10翳りゆく部屋13回目
11桜の花、舞い上がる道を25回目
12笑顔の未来へ37回目
13321015回目
14RAINBOW24回目
15ガストロンジャー55回目
16 今を歌え初!!
17四月の風18回目
18俺たちの明日50回目
19風と共に5回目
20ズレてる方がいい31回目
21奴隷天国8回目
22コール アンド レスポンス15回目
23生命賛歌15回目
24 RESTART初!!
25夢を追う旅人15回目
26ファイティングマン47回目
27友達がいるのさ12回目
28花男14回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ