エレファントカシマシDB 2017/11/03(金) 福岡サンパレス セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は守山市民ホール大ホール 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は守山市民ホール大ホール 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は守山市民ホール大ホール 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は守山市民ホール大ホール 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は守山市民ホール大ホール 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は守山市民ホール大ホール 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は守山市民ホール大ホール 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は守山市民ホール大ホール 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は守山市民ホール大ホール 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は守山市民ホール大ホール 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は守山市民ホール大ホール 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は守山市民ホール大ホール 
12曲目に演奏

13.3210

前回は守山市民ホール大ホール 
13曲目に演奏

14.RAINBOW

前回は守山市民ホール大ホール 
14曲目に演奏

15.ガストロンジャー

前回は守山市民ホール大ホール 
15曲目に演奏

16.今を歌え

前回は守山市民ホール大ホール 
16曲目に演奏

17.四月の風

前回は守山市民ホール大ホール 
17曲目に演奏

18.俺たちの明日

前回は守山市民ホール大ホール 
18曲目に演奏

19.風と共に

前回は守山市民ホール大ホール 
19曲目に演奏

20.ズレてる方がいい

前回は守山市民ホール大ホール 
20曲目に演奏

21.奴隷天国

前回は守山市民ホール大ホール 
21曲目に演奏

22.コール アンド レスポンス

前回は守山市民ホール大ホール 
22曲目に演奏

23.生命賛歌

前回は守山市民ホール大ホール 
23曲目に演奏

24.RESTART

前回は守山市民ホール大ホール 
24曲目に演奏

25.夢を追う旅人

前回は守山市民ホール大ホール 
25曲目に演奏

26.ファイティングマン

前回は守山市民ホール大ホール 
26曲目に演奏

27.シグナル(アンコール1)

前回は日比谷野外大音楽堂 
17曲目に演奏

28.花男(アンコール1)

前回は和歌山市民会館大ホール 
28曲目に演奏


pommeさんのライブレポート

『満員御礼だそうで』って宮本さんがうれしそうにおっしゃっていました。立ち見もでたようです。
昔のすっかすかの福岡サンパレスを覚えてるので、私もすっごくうれしかったです。
幼稚園児くらいの子から、杖をついたご婦人まで、老若男女でした。すごい。

『生命賛歌』のときだったか(?)、歌いながらずっと客席にお尻をつきだしながら横に動く、ってのがあって笑ってしまいました。あれは何ですか??

「死ね」と言われ、「死刑宣告」され、「生命賛歌」される。感情をゆさぶられるライブでした。

アンコールの『シグナル』、感動しました。やっぱ名曲。イントロで拍手がおこったので、好きな方は多いんだなと思いました。

6人で肩を組んだところのかっこよさ。エレカシ最高。また来て下さい。
ありがとう!!!
1階5列

アンドロメダマさんのライブレポート

3階に立ち見席。宮本さんも「感謝してます。」とポロリと話してた。

約20年前のサンパレスも3階席までお客さんで埋まった時があったんです(今思えばバブルが弾ける寸前だった…そう言えばその後しばらく我が家も辛かった)。それからここまでのしばらくは1階席の後ろまで埋まればなんとか…という状況が続きましたが、今回できっちりと挽回したエレファントカシマシ!さすがです!これからもそのまま駆け抜けてほしい!

福岡の会場はみんなが真っすぐ宮本さんを見つめてた。

他に参加した(4か所ですが)九州会場は和気あいあいの温かい雰囲気の中、各々がコンサートの合間にお水を飲んだり、タオルで汗を拭いたり、座ったり、隣の友達と話したり…とまるでエクササイズ会場のような自由な感じでしたが、福岡のお客さんはエレファントカシマシの楽曲に興味深々、前のめりに次は次はと宮本さんに期待していた気迫のコンサート会場だった。

『今を歌え』は「今回のツアー中に作った曲で、それをこのツアーで歌える事が嬉しい…」と仰っていた。
その生まれたての楽曲を、同じくこのツアーで聴ける私たちも本当に幸せ者です!(強くて美しい曲だった)

新曲『RESTART』披露!新曲なのにまるで聴きこなしてきた楽曲みたいに会場中ノリノリで、宮本さんに合わせてピョンピョン跳ねる跳ねる。宮本さんも目をまん丸に見開いて全身全霊で歌ってた。

宮本さんの作る楽曲はすべてが自分の中のメジャー級なんだなと実感したコンサートだった。

こはろうさんのライブレポート

いよいよ待ちに待った地元福岡でのコンサート。
Tシャツは絶対に買いたかったので早めに到着。
念のため販売の女性に「これ明太子の色ですよね?」と尋ねるとぬぅわんと!
「太宰府天満宮の色みたいですよ~ウフフ・・・」と返答が!
はぁ~その手があったかと驚きました。
宮本さんがこのTシャツ色セレクトに関与しているのか?
いつの日かこの真相知りたいものです。

6列目。
福岡サンパレスなかなかの広さですね。
6月に私が参加した鳥栖市民会館と比較すると横幅だけでも二倍近くありそうでした。

開演すると、待ってましたの大歓声。
いやぁ、なかなかでしたよ?
私は去年まで関西に住んでいたので関西との比較ですが、負けてないです。
ぴゅーーい!ってなるやつ、、、指笛っていうんですかね?
あれもけっこう鳴ってました。

「こんにちは」と宮本さんの第一声。
でもそのあと律儀に「こんばんは」と言い直していらしゃいました。

一曲目の歴史。
手拍子が!すごくなってます!(鳥栖と比較)
んまぁ、インタビューでも宮本さんが「うれしい」的な認める発言ありましたからね。
私も安心して手拍子を聴けました。

翳りゆく~のとき、高音を出すのがつらそうだなぁと感じました。
まだまだ、始まったばっかやけど。。。って。ここで母の気持ちになる。
でもね!
これを最後にこの声出ない、心配問題はなくなったんです!

そう、つまりこの後は声出てたんです!

ほんと驚異的なのどですなぁ。

そんで翳りゆく~が終わったあとすぐに、宮本さんトミにけっこう長い間なんか言ってました。
トミも時にうんうん、的にうなずいて。
反省会?
会場はシーーーンと見守って。

んで終わった様子で
「ありがとうございました。
この曲はユーミン・・・松任谷由実さんの・・・あ、俺が「さん」ってつけちゃうと知り合いみたいになっちゃうから・・・松任谷由実の代表曲で~」みたいな話が。

はぁ?そーゆうこと!
私はかねてより宮本さんがテレビやラジオで著名な方を呼び捨てするのを聴いて、勝手ながらちょっとハラハラとしていたのです。
宮本さんの中での基準があることが分かって良かったです。

一部の最後の風と共に、が終わって大歓声。
いつまでも鳴りやまない拍手。
もう、ライブ終了?ってなレベルの拍手で。
宮本さんもみんな?大丈夫?まだあるよ?って思ってくださったのか?
「一部が終了です。また出てきますからね」と二度ほど言ってくださいました。

生命賛歌。
鳥栖ときがあまりにも衝撃的な・・・宮本さんに何かがのりうつった?というような生命賛歌だったので
かまえてたんですが、福岡のは穏やかでした。
「(おなら?)おしり出してプーっ」て三回くらい言ってました。
ご丁寧に腰を折っておしりを客席に突き出して、
片手でおならが出るジェスチャー付きでの表現でしたので
鳥栖とは真逆な・・・熱量?表現?の生命賛歌に感じました。

夢を追う旅人のときに花道まで来てくださったので端だった私は
宮本さんを遮るものはなにもない状態でまじまじと観察することができました。
短い髪の毛~良い!すてき!かっこいい!
個人的な意見ですが、長い髪のときは私の日常には絶対いない51歳なんで遠い存在だったのです。
でも短い髪だと・・・奇跡を信じるとですよ?
かなーり難しいことではありますが
勤務先や店員さんに似ている人を探せる可能性ができるな、と。
その発見にどきどきしました。


「集中力がすごい」
「熱い」
なんだか忘れちゃいましたけど、とにかく福岡サンパレスベイベーは宮本さんからたくさんのおほめのお言葉をいただきました。

2017年の私のコンサートは納まってしまいましたが
最後までこちらの掲示板で追いかけたいと思います。

管理人さまこの場をご提供くださってありがとうございます。

かんざぶろうさんのライブレポート

1階13列成ちゃんの前

やっぱり「歴史」で声出ず。ただ今日は声ひっくり返らず。
あまり声の調子は良くないが徐々に復活。

「戦う男」がすごかった。トミのパワフルドラムが炸裂。先生も「戦う男」ではギター外さない。
大分か栃木で先生が”戦う男は97年、乗ってる時に作った曲なので今でもワクワクする”と言ってたくらいなのでホントに外さない。

「今を歌え」はライブで初聴きしたかったのでMV見るのを我慢したのですが本当にいい曲。
ドラマ終わりに流れる部分聴いただけでグッときたので、ライブで通して聴けて本当にいい曲だなと実感。

先生がボソッと”新曲「RESTART」”と言って始まった「RESTART」最高でした。
何故か曲終わりに息切れしてる自分・・

”ベスト盤に入れるか最後まで迷った渋い曲”と言って始まった「シグナル」に泣いた。

今日の「戦う男」アウトロがすごくかっこよかった。
後半戦は明らかに前半戦と違う。
曲はほぼ同じなのに徐々に箍が外れてきてる。
「デーデ」のイントロや「戦う男」のアウトロ「奴隷天国」、「生命賛歌」の狂気、今までやってないアンコール曲。
ちょっと通常モードのライブに寄ってきてる。
今日もありがとう。

今日の一番は「戦う男」

showさんのライブレポート

 8列19番。サポートはサニー&ミッキー。このツアー形式では千葉以来の参加。妻が「あのツアーなの?」と驚いていた。
 登場で暖かい拍手。

 「戦う男」トミのドラムがすさまじい。「奴隷天国」トミのドラムがすさまじい。サンパレスは跳ね返りの音がうるさい気がする。

 こちらからはどうしようもなく解散しちゃったり、停滞しちゃったりするバンドもある中、私の人生においてこんなに凄いバンドを追いかけてきて本当に良かったと思う 30周年でここまで全力なバンドがかつてあっただろうか知らないけど。

 RESTARTが凄い。ぴょんぴょん飛び跳ねてる。同年代とは思えない。俺が悪いのかミヤジが化け物なのか。その両方だろう。アンコールは渋めの曲ではナンバーワンと言って「シグナル」。福岡に夜に染みた。

 今時のCD販売方式で、初回限定盤が何種類もあることについて、エレファントカシマシなんかデビューアルバムがCD,レコード、カセットテープで、負けちゃいないと笑わせました。今回の通常盤と初回盤のジャケットが同じなのは、ミヤジがそれでいいと言ったらしい。商売っけがない。

 日本シリーズ中日なので、来る時の飛行機に大洋ホエールズの選手が一緒だったとか。横浜ベイスターズのことですね。今宵は福岡に泊まるらしいです。

ぴょろれいんさんのライブレポート

かなり遅れてのライブレポ書き込みで、すみません。
あれから3か月以上が過ぎましたが、今でも目をつぶると、11月3日サンパレスのステージが目に耳によみがえります。幸せ♪

30周年ツアーは、あえて事前情報を一切入れずに参戦しました。なんと、アルバム「ALL TIME BEST」も聴くのを我慢して・・・
だから、1曲目に「歴史」のベースが聞こえた時には、叫びたいぐらいに感動・興奮しました!
どの演奏も良かったけれど、とくに新曲が印象深かったな~。
初めてフルで聴いた「風と共に」と、まったく初聴きの「今を歌え」では、気づかぬうちに涙が流れていました。
アンコールで宮本さんが「渋い曲の代表・・・シグナル」と紹介された時には、思わず拍手!エレカシの4人にしか出せない味わいを持つ名曲ですよね。

名曲・定番曲のオンパレードで、いつにも増して時間が過ぎるのが早く・惜しく感じられました。
会場の熱気もすごくて、30周年をみんなで喜び 祝福しているような雰囲気。それを体感できたことが、ファンとして嬉しくてしょうがなかったです♪

笑ってしまったのは、中盤と終盤、会場が超盛り上がってるときの宮本さんのコトバ。
客席に向かって「みんな いい顔してるぜー!!」と叫んだ直後、後ろを向いてボソッと「ほんとは良く見えないけど」・・・
そりゃろーだろうけどさ(笑)

りすぞうさんのライブレポート

記録用



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ