エレファントカシマシDB 2017/10/28(土) 和歌山市民会館大ホール セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は新潟県民会館 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は新潟県民会館 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は新潟県民会館 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は新潟県民会館 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は新潟県民会館 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は新潟県民会館 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は新潟県民会館 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は新潟県民会館 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は新潟県民会館 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は新潟県民会館 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は新潟県民会館 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は新潟県民会館 
12曲目に演奏

13.3210

前回は新潟県民会館 
14曲目に演奏

14.RAINBOW

前回は新潟県民会館 
15曲目に演奏

15.ガストロンジャー

前回は新潟県民会館 
16曲目に演奏

16.今を歌え

前回は新潟県民会館 
27曲目に演奏

17.四月の風

前回は新潟県民会館 
18曲目に演奏

18.俺たちの明日

前回は新潟県民会館 
19曲目に演奏

19.風と共に

前回は新潟県民会館 
20曲目に演奏

20.ズレてる方がいい

前回は新潟県民会館 
21曲目に演奏

21.奴隷天国

前回は新潟県民会館 
22曲目に演奏

22.コール アンド レスポンス

前回は新潟県民会館 
23曲目に演奏

23.生命賛歌

前回は新潟県民会館 
24曲目に演奏

24.RESTART

25.夢を追う旅人

前回は新潟県民会館 
26曲目に演奏

26.ファイティングマン

前回は新潟県民会館 
28曲目に演奏

27.涙(アンコール1)

前回は島原文化会館大ホール 
28曲目に演奏

28.花男(アンコール1)

前回は新潟県民会館 
29曲目に演奏


れれれさんのライブレポート

18:05開演 1部終了20:00 20:50終演 SOLD OUT
サポート:ヒラマミキオ、SUNNY

まさかの最前列。近過ぎて視線は合わず、眼力フラッシュが頭上をかすめていく。

会場のPAではほとんど聞こえない石森さんのギター、アンプから直接で届き堪能。
宮本さん、「石君独り占め」のため、本気で自分だけが聞こえたらそれでいいって指示してるのでは? 

「今宵の月のように」 石森さんと高緑さんのユニゾンに聞き惚れる。
聞きなれたヒット曲なれど、Liveのたびに新たな発見と感動がある。

「RESTART」初披露。ギターのリフで湧きあがるような歓声。
MV公開翌日なのに観客は大合唱。
宮本さんがぴょんぴょん跳ねながら歌うから、観客も腕振り上げながらぴょんぴょん跳ぶ。
「息継ぎが少ないぜ!こんなポップな曲とは思わなかった!ご唱和ありがとうございました!」と宮本さん談。

「今を歌え」は渋いけれどものすごい熱く激しくて、胸倉をつかまれるよう。
激しくLive化け。

「3210」から「RAINBOW」の間、静寂ではなく歓声が湧き上がる。
静寂が模範解答と思っていたが、正解は1つではないのがLiveの醍醐味だと実感。
大歓声で始まる「RAINBOW」も素晴らしい。

生命賛歌は「嫌だ~!潰される!」と。

アンコールは「涙」と「花男」
「花男」のラスト、宮本さんは後ろを見ずに手で合図し、トミが〆。

romiomessaさんのライブレポート

か列12番

■「和歌山、初めてなんです」→観客大歓声。下向きつつニヤリとされてました。コンサートの間、何度も何度も「初めて」と言ってらした。 

■「生命賛歌」で「サイサイサイサイ・・・」超超ロングバージョン。「潰される~、潰される~、嫌だ~」て。 

■「笑顔の未来へ」のMVは非常に評判が良く、自分でも何度も観た、と。「真っ赤な女の子」て言い方が印象的でした。「腕を引っ張られたりして・・・」て。あれから10年、真っ赤な女の子ももう女子高生か。成長した彼女との再共演が見たいなぁ(もう芸能活動はされていないようですが)。 

■「クリスマスや桜の曲なんて恥ずかしくて。」「やりましょうよ、と言われたけど、やらないやらない、「いや、やりましょう」と乗せられて、やらないやらない・・・よし、やりましょう!」と。1人ボケツッコミ。 

■「風と共に」。「行き先は自由です」と言うつもりが「自由だす」と言い、「だす、だって」と照れ笑い。 

■シンプルなステージが良い。ライティングが素晴らしい。 


曲数は他の公演と変わらないのに、18時5分始まりの20時50分終わり、2時間45分はこのツアーでかなり長い方。和歌山初めてだから、曲の紹介やエピソードをいつもに増して丁寧にやってらしたと感じました。 
初めてエレカシにまじかで触れた和歌山の方々(私も含め他府県の方もいっぱい来てたでしょうが)の心をギュギュッ!!と鷲掴みにした事、間違いなし!!

りすぞうさんのライブレポート

記録用



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ