あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2017/10/15(日) サンポートホール高松大ホール セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は宇佐文化会館大ホール 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は宇佐文化会館大ホール 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は宇佐文化会館大ホール 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は宇佐文化会館大ホール 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は宇佐文化会館大ホール 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は宇佐文化会館大ホール 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は宇佐文化会館大ホール 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は宇佐文化会館大ホール 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は宇佐文化会館大ホール 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は宇佐文化会館大ホール 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は宇佐文化会館大ホール 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は宇佐文化会館大ホール 
12曲目に演奏

13.Destiny

前回は宇佐文化会館大ホール 
13曲目に演奏

14.3210

前回は宇佐文化会館大ホール 
14曲目に演奏

15.RAINBOW

前回は宇佐文化会館大ホール 
15曲目に演奏

16.ガストロンジャー

前回は宇佐文化会館大ホール 
16曲目に演奏

17.やさしさ

前回は宇佐文化会館大ホール 
17曲目に演奏

18.四月の風

前回は宇佐文化会館大ホール 
18曲目に演奏

19.俺たちの明日

前回は宇佐文化会館大ホール 
19曲目に演奏

20.風と共に

前回は宇佐文化会館大ホール 
20曲目に演奏

21.ズレてる方がいい

前回は宇佐文化会館大ホール 
21曲目に演奏

22.奴隷天国

前回は宇佐文化会館大ホール 
22曲目に演奏

23.コール アンド レスポンス

前回は宇佐文化会館大ホール 
23曲目に演奏

24.生命賛歌

前回は宇佐文化会館大ホール 
24曲目に演奏

25.TEKUMAKUMAYAKON

前回は宇佐文化会館大ホール 
25曲目に演奏

26.夢を追う旅人

前回は宇佐文化会館大ホール 
26曲目に演奏

27.ファイティングマン

前回は宇佐文化会館大ホール 
27曲目に演奏

28.友達がいるのさ(アンコール1)

前回は弘前市民会館 
28曲目に演奏

29.so many people(アンコール1)

前回はミュージックタウン音市場 
31曲目に演奏


れれれさんのライブレポート

17:34 開演  1部終了19:30   20:20終了 Sold out
サポート Gヒラマミキオ・Keyサニー

前半戦、Sold outにならなかった会場を経験し、ひと席でも埋めたいとの思い、公式先行で、チケット購入。
結果:このツアーでの最高位、最右翼の3階4列右端。
6人立ち位置はバランス良くまとまっていることや、宮本さんはステージギリギリまで出て歌っていることや、客席の隅々まで視線をおくっていることや、ドラムの後ろへの回り込み方や、スタッフのシールドさばきの巧みさや、ライトの美しさ等々、見どころ満載。

Liveでは、しばしば高緑さんのベースに時々耳が釘付けに。
「歴史」、「ハロー人生!」に加え、今回は「今宵の月のように」に心を掴まれる。

サニーさんのキーボードは、優しくて明るい音。
なのに、同年代だからなのか、琴線に触れる音で、思わず胸が締め付けられ、涙腺崩壊寸前。
そしてコーラスも危険水域。

MC少なめ、全体的にシャープな印象。
2部は抑えられた感じがかえって恐ろしく、淡々とした「奴隷天国」に3階席なのに、ビビり、「生命賛歌」では、2度の「何だ馬鹿野郎!」発言に凍りつく。

実はアクシデントあり。
最前列の客が前に出過ぎているなぁと思っていたけれど、2部で1度ならず2度までも宮本さんの脚に触る行為があり、直後、脚を手で払い落すようなしぐさで、嫌悪感を露わに。
「宮本さん、すみません。もういいですよ」と申し訳ない気分なのに、その後も何度もステージギリギリまで出て熱唱し、更に、アンコールの「友達がいるから」の後、時間を確認し、「ギターいける?」で急遽「「so many people」を演奏。

結論:3階席って、ステージ全体が見え予想外に面白い。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ