あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2017/07/02(日) 神戸国際会館こくさいホール セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は松山市民会館大ホール 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は松山市民会館大ホール 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は松山市民会館大ホール 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は松山市民会館大ホール 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は松山市民会館大ホール 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は松山市民会館大ホール 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は松山市民会館大ホール 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は松山市民会館大ホール 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は松山市民会館大ホール 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は松山市民会館大ホール 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は松山市民会館大ホール 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は松山市民会館大ホール 
12曲目に演奏

13.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は松山市民会館大ホール 
13曲目に演奏

14.3210

前回は松山市民会館大ホール 
14曲目に演奏

15.RAINBOW

前回は松山市民会館大ホール 
15曲目に演奏

16.ガストロンジャー

前回は松山市民会館大ホール 
16曲目に演奏

17.やさしさ

前回は松山市民会館大ホール 
17曲目に演奏

18.四月の風

前回は松山市民会館大ホール 
18曲目に演奏

19.俺たちの明日

前回は松山市民会館大ホール 
19曲目に演奏

20.風と共に

前回は松山市民会館大ホール 
20曲目に演奏

21.ズレてる方がいい

前回は松山市民会館大ホール 
21曲目に演奏

22.奴隷天国

前回は松山市民会館大ホール 
22曲目に演奏

23.Ladies and Gentlemen

前回は鳴門市文化会館 
23曲目に演奏

24.コール アンド レスポンス

前回は松山市民会館大ホール 
23曲目に演奏

25.生命賛歌

前回は松山市民会館大ホール 
24曲目に演奏

26.TEKUMAKUMAYAKON

前回は松山市民会館大ホール 
25曲目に演奏

27.夢を追う旅人

前回は松山市民会館大ホール 
26曲目に演奏

28.ファイティングマン

前回は松山市民会館大ホール 
27曲目に演奏

29.so many people(アンコール1)

前回は鳴門市文化会館 
29曲目に演奏


かんざぶろうさんのライブレポート

8列47番

よかった、このホール音響良かった。
場所により聞こえ方が違うんだろうけど今日は音の圧もあり良かったです。

山崎さんもブログで書かれてましたが、エレカシのライブは日々変化してる、進化してる。

無理して参戦するライブはどれもすばらしくて、やっぱり無理してでもあと1本、またどこか行きたくなる。

「rainbow」「コール アンド レスポンス」「生命賛歌」「TEKUMAKU MAYAKON」が特に良かった。

「デーデ」でトミの入りがズレて先生がプチキレ(ブチではない)一旦やめて、再度やり直す。
が曲が終わり”目で合図して入るんだけど、私が忘れて歌ったので彼は素直に待ってたんで私が悪いんです”と言うような反省の弁を述べた先生!びっくりだよ謙虚な先生!
トミは笑ってました。

自分が参戦できる前半戦最後のライブ。
いつも以上にギター凄いミッキー。
味のある優しいアコギもガンガン弾くエレキもどっちも良くて、もはやエレカシライブに欠かせないギタリスト。

あと村山さん。
エレカシに新しい風をありがとう。
「コール アンド レスポンス」前に「ladys  and gmailman」をやる時に村山さんがCDのようにエコー?かけてる。
村山さんも楽しそう。

どの曲もいつものライブよりテンポを落として(曲によってはCDより落としてる)丁寧に歌って、演奏して届けたい気持ちがヒシヒシと伝わって…
4人の状態も最高じゃないかな?
でもまだ本人達は満足していないんだろうな。

9月まで長いな。

今日もありがとう。

サムライさんのライブレポート

ファン歴約20年で、初の最前列(ライブハウス以外で)。
神戸国際会館こくさいホール、前回は15年前の2002年、アルバム「LIFE」のTOUR。
あの時のLIVEは客の入りが悪くて、宮本先生の機嫌もあまりよろしくなく、
ドラムセットにギターを投げつけたり、客の手拍子を注意したり、
「神戸が俺を嫌いでも、俺は神戸が好きだー。」なんて叫んだりと、ピリピリと緊張感漂うLIVEでした。
LIVE後は、「もうこのホールには来てくれないんじゃないかな。」なんて思いました。
でも、今回はすごく和やかで「神戸はいち早くSOLD OUTになりました。神戸の人は、ROCK好きが多い。音楽意識が高い。」
なんておっしゃってました。
素晴らしいLIVEでした。また神戸に来て下さい。
30周年おめでとう! そしてありがとう! エレファントカシマシ!

Y39さんのライブレポート

「歴史」 低音のめっちゃエエ声でスタート。
「戦う男」 最初にトミ見たら目が離せず結局1曲まるまるトミに釘づけ。一度も歌係の人を見なかったのは初めてかも。
「翳りゆく部屋」 すごく好きな曲なんです、と。この曲にしびれる男の人だということがこの人の良さだなぁと思う。キャンディキャンディとか。間奏で「バイバ~イ」って言うのが大好きなんですが、今日は小さく2回入りました。
「3210」 解放される。泣けてくる。
「風と共に」 フル初聴き。すごく良いメロディ。シンプルな歌詞なのにグイーーーッとすごい力で引き上げてくれる。たぶんずっと支えてくれる曲になると思う。
「夢を追う旅人」 タイトルについて、何それと思うかもしれないけどホントに皆そうなんですよ、というお話。これがすごく良かった。からの、「さぁ、ゆこうぜー」で全員のコブシがあがったのではないかと。☆潤さんの視線につられて上の階を見たらホントにいい光景でした。4人ずつのバルコニーみたいな席は演者さんから見たら一番目立つ席だと思う。

1部、お話がいっぱいあって頭の中で「なにこれ、おもしろい」がグルグル。でも曲にはビシッと入るから精神的に忙しい、そして嬉しい。
結構長く(たぶんRAINBOWまで)ジャケット着用だったから、寒いのか?風邪気味なのか?とか気になってしまった。お元気そうでしたが。
前方の端の席だったので曲終わりに先生とトミが同じ角度で同じ時間頭を下げているのがよく見えた。
ライブ終わりは、すごい楽しかった!って感じたんだけど、翌日思い出したらなんだかボロボロ泣けてきた。
次も楽しみにしてます。

しげさんのライブレポート

エレカシ30周年47都道府県ホールツアー、
神戸ライブに行ってきました!
 
とってもとっても良かったです(o^^o)
 
5時35分に始まったライブ、
いっぱい宮本さん、しゃべってくれて。
いっぱい力を込めた曲をやってくれて。
8時40分に終りました。
ほんと、素晴らしいライブでした(^0^)/
 
宮本さん、神戸~可愛いぜ!
可愛いぜ!って、言ってくれました(o^^o)
そして、「幸せ空間」って言っても良いんじゃないかって、
言ってくれてました。
神戸にはジュンク堂(本屋さん)が多いって、最後に言ってもくれてました。
これ、聞き取りにくかったけど、エレ友さんのご主人様がちゃんと聞いててくれてました。
 
宮本さん、どんどん、お話が上手くなってますね。
ほんと、ちょっとした演技込みで、話してくれてます。
とっても嬉しい楽しいです。
このツアーが終っても、お話はずっとしてほしいと思いました。
1部はお話が沢山、2部は曲をどんどんやっていく、そしてアンコール。
そんな感じのライブが、とってもいいですね~
 
地元なんで、地元Tシャツを買って、着換えて、ライブに臨みました。
宮本さんやエレカシに応えようと、一生懸命に腕を振り上げました。
座席が幸運にも、1階のど真ん中、宮本さんの正面だったので、
いつも宮本さんがこっちむいてくれてる、私のために歌ってくれてると、
思って聞けました(o^^o)
 
初めて、風と共にをフルで生で聞けて、最高に良い曲だと思いました。
ほんとにみんなのうたで聞くより、何十倍も素晴らしく素敵な曲でした!
生命賛歌は、いつ聞いても素晴らしい!
やさしさは、いつも、優しい!
どの曲も力がこもっていて、ほんとに素晴らしかったです。
拍手が鳴り止みませんでした。
 
神戸ライブ、良かったです。
次は名古屋ライブ行きます(o^^o)

romiomessaさんのライブレポート

1階4列 20番

bdrdさんのライブレポート

仕上がりがエグい。ゆっくりでも聴かせる。

笑実さんのライブレポート

3月の大阪城ホールへ行ってから、首を長ーくして待っていた神戸!
そしてそこで見られたのは、見たことないエレカシ、別次元のパフォーマンスでした。

これまでCDやライブで何度も聞いているのに、曲そのものの素晴らしさを改めて痛感。
バンドの音がまったく微動だにしない一つの塊になっていて。歌唱もさらにさらに想像を超える「聴かせる」意識の高さ!
特に「今宵の月のように」の美しさはすごかったです。ベストオブ今宵が、この日またまた更新されました。
心底うっとりする、神憑りな歌声。
かと思えば、本物の悪魔!?と、釘付けになる、「生命賛歌」の恐ろしいくらいの絶唱!!
底力、振り幅のすごさが、終始、鳥肌ものでした。

契約が打ち切られ、事務所もなくなったときの話。さまざまな方が関係各位にあたってくれたと。「皆、同じような思いをされてきたからか、意外と……」と言いかけ、「意外……いや、勝手に優しい!」ときっぱり。意外ではなかったのね、と、その実直さが沁みました。「デーデ」のときか、「バブルって知ってますか?」と、地価の高騰の話。桜の歌を作ってほしいと言われた話。「桜やクリスマスソングなんて、冗談じゃない恥ずかしくて~」と思われたと。……ん??話が大阪城ホールよりも、うまなってるやん!!!と、おかしくて仕方なかったです。私の視界の前におられた、男前・ヒラマさんも、ひたすら爆笑をこらえ、タオルで汗をぬぐうようにして、おかしさを紛らしていたのが、ツボでした。
神戸はいち早く売り切れて、音楽好き、ロック好きが多い、音楽の意識が高い、ありがとーーと。場内の拍手喝采。
CD音源に忠実な、テンポアップしない、たっぷりとした演奏が本当に完成度が高くキラキラしていました。
まさに、「幸せ空間」!宮本さんの口からそう発せられて、感無量。まったくもう、お互い様だぜ!!!
終演前、6人で肩組みフィナーレからの前進&半回転。メンバー皆の笑顔が眩しかったです。



大阪城ホールにたくさんの人がきてくれて、いいコンサートになって、エレファントカシマシは愛されていたんだと自信がもてたというコメントを、さまざまな媒体で聞いたり、見たりしていました。
自信。。。そりゃそうです、我らがエレカシ!!宇宙いち、愛すべきロックバンド。確かな「自信」を武器に、新たなステージへ進化したエレカシを神戸でしかと目に焼きつけました。
30周年を迎えても、驕らず、惰性に埋もれない清々しさが、本当に素敵です。

まだまだ日本中を席巻し続けることでしょうね。旅はまだまだつづく。。。

しばらく会えませんが。
次がまた、待ち遠しいです☆

れれれさんのライブレポート

17:35開演 1部終了19:50 20:40終演 SOLD OUT
サポート:ヒラマミキオ、村山☆潤

交通至便の会場のため、知人友人を誘って参加する常連が多いもようで、早々にSOLD OUT。
初エレファントカシマシの友人は、「ベースがあんなに激しかったとは…」と感動していました。

3210の前の即興曲で「俺は大人になったんだ~。何故なら、みんな可愛いぜー!!」と歌われ、「え???」と。

RAINBOWが素晴らしく、あそこまで完璧に歌いこなしているの初めて聞いた気がする。終わった後、全員がしばらく静止していて、神々しい光景でした。

今日は演奏後の拍手がずっと鳴り止まない感じで、熱狂というよりも暖かい情熱を感じた。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ