あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2017/06/18(日) 神奈川県民ホール大ホール セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
13曲目に演奏

13.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
12曲目に演奏

14.3210

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
14曲目に演奏

15.RAINBOW

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
15曲目に演奏

16.ガストロンジャー

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
16曲目に演奏

17.やさしさ

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
17曲目に演奏

18.四月の風

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
18曲目に演奏

19.俺たちの明日

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
19曲目に演奏

20.風と共に

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
20曲目に演奏

21.ズレてる方がいい

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
21曲目に演奏

22.奴隷天国

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
22曲目に演奏

23.コール アンド レスポンス

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
24曲目に演奏

24.生命賛歌

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
25曲目に演奏

25.TEKUMAKUMAYAKON

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
26曲目に演奏

26.夢を追う旅人

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
27曲目に演奏

27.ファイティングマン

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
28曲目に演奏

28.花男(アンコール1)

前回はメディキット県民文化センター演劇ホール 
29曲目に演奏


bdrdさんのライブレポート

宮本さんが張り裂けそうなくらいハイテンションで観客の盛り上がりも最高潮な時には、宮本さんの周りだけ異様にスローな空気が流れている。時空が歪んでいる。コール アンド レスポンス

miciさんのライブレポート

凄まじい「やさしさ」だった。
ただただ圧倒的。この曲を作ったときの宮本少年が憑依したかのような、純粋な、魂ギリギリの集中力。
みんな声援も忘れて、次の四月の風が始まるまで、長く長く精いっぱい拍手をしていた。

はまっこさんのライブレポート

語りたい気分だったのか、mcとても多めだったおかげか、終わって時計を見たら約3時間たっていました。
曲が終わっても拍手がなかなか鳴り止まないことが何度もありました。
「地元みたいなもんだ!」と言ってくれて、とてもうれしかった。
温かい雰囲気の、とてもすてきなライブでした。
宮本さんも、メンバーも、また横浜でやりたいと、きっと思ってくれたと信じてます!
エレファントカシマシ、ありがとう!

paopaoさんのライブレポート

待ちに待った地元開催!あいにくの雨。ここはかなり前から満員御礼で、宮本も嬉しそう。当たって良かった!今回のツアーは、エレカシライブ初めて?という感じの人を良く見かけるが、この日も目の前の女性は、始まってすぐみんな立ち上ったのを3テンポくらい遅れて周りを見回して、えっ?というリアクションして立ち上ってた。もし初めてだとしたら、この方は幸福。こんなに盛り上がるライブを体験できるんだから。その昔は声を出したり、腕を振り上げるのでさえ逡巡してたなぁ。(苦笑)
で、ライブ。セットリストは郡山で風と共にといつか見た夢が入れ替わったけど、その後はアンコール以外不動。なのに、飽きない。なんだろう。デーデがトミのカンカンから入るのと宮本のギターからのバージョンがあったり、微妙に変えているのが分かる。歌い方もその日の微妙な気分で変わる。グッときてるなぁという場所もさまざま。ご当地Tやスタンプも楽しいけど、なんて言っても歌と演奏がどんどん良くなっているのが肌で感じられる。最終の富山はどんなことになるんだ?
MCでは、桜の花は全然好きじゃないが当時作ってくれと言われた時、実は嬉しかったというようなことを言ってた。翳りゆく部屋のMCでは、荒井由美さんの、と言ってから知り合いでもなんでもないんだからと、荒井由美の、と言いなおしてた。確かに。大好きな、尊敬する歌ですと。丁寧かつ感情をこめて歌ってました。
今回も男性の声が多く聞こえて、嬉しかった。

riyanさんのライブレポート

土砂降りの中、県民ホールへ向かうとフト潮の香りがして、海が近いと実感する。

メンバーが登場すると物凄い歓声と拍手。男性の声も多い。
最初のほうで「気楽に楽しんでくれ!」「ドーンと行こうぜ!」ドーンとって久しぶりに聞いた気がして、前向きな気持ちが伝わってきた。
北とぴあ以来のライブ参戦で、うわさ通りMCが長く流暢になってた。「しゃべるのは好きなんです。でもライブではあまりしゃべらない。今回30周年なんで解説入れてやってます。」
爆笑問題の太田さんに落語やったほうがいいよと言われてましたが、わかる気がした。話も引き込まれる。
慣れてきたんだろうが、MCと歌の切り替え難しいだろうなと思う。
「契約切れた時、みんな辞めちゃうと思ったの。成ちゃんと石くんは結婚してたし。バイトとかしてて。」
「何でエレカシの契約切るんだって、怒ってくれたミュージシャンたちがいた。もっと言えもっと言えって思ってた。あの人もこの人も。でも恥ずかしいから名前は言いません。」
「エピックソニーって何?よくわからない。エピックのソニー?ソニーのエピック?」
「戦う男」のトミがもんの凄かった!目が釘付けになった。普段声を出さないが「トミ!」と声が出た。野茂のCM用に作ったと、投球ポーズの先生。
ディレクターのモノマネあり。低い声で「宮本君、カバー曲やらないか?歌いたい曲ない?」で色々考えて「翳りゆく部屋」にした。自分じゃ気付かないことを言ってもらえるとありがたい、というような事を、そういう事ないですか?と客席に聞く。客席に聞くMCがチラホラ。フレンドリーだなぁと思う。
別のディレクターから「桜の曲作ってください」と言われてエー!?やりたくないけど、そんなに言うならやります(ほんとはやじゃなかった)、的な話を。「桜の花~」は男女問わず好きって言ってもらえて、さいアリで桜吹雪の中歌ったら、良い曲だなって思えたそう。
「3210」の前に横浜の即興曲を力強くうたう。「♪よこはまベイベー みんな大好き横浜 港もあるんだぜ」みたいな。「♪~じゃん!」って言ってたような気がするが記憶があやふやです。
「さん、にー、いち、ぜろ!」って言ってたのが良かった。そこからのRAINBOW最高でした!
「ガストロンジャー」動きが尋常じゃなかった。体ビリビリさせながら足そろえて後ろに移動したり、凄い身体能力!照明効果もバッチリ。自分の中で最高レベルのガスト体験だった。
「風と共に」優しく力強い曲。好きだー。「カップリング曲も録り終えました。いい曲です。」
「TEKUMAKUMAYAKON」ではバレリーナのようにクルクル回って目回らないのかと驚く。左右の花道まで移動して、スタッフさんがコードさばきに懸命だった。
「ファイティングマン」終わりに客席にばばばばっと指差し、6人肩組んで長いお辞儀。
アンコールはトミのカウント「ワンツースリー!」から「花男」。「さ・よ・う・な・ら」終わるのは寂しいけれど限界までやってくれたエレファントカシマシ、本当にありがとう!!

一曲一曲丁寧に、歌詞をしっかり聞かせるように歌う宮本さん。激しい曲でもしっかり歌う+狂気が混ざり合い、バンドの一人一人の熱い想い・演奏と合わさって凄い事になってると感じました。拍手もなかなか鳴り止まなかったです。

ごづきさんのライブレポート

ラストチャンス 立ち見席販売をものにし、今ツアー初参加。
今回予めセットリストへの期待と勝手な落胆が除かれて、
フラットに定番曲たちを聴くと やっぱり良いのだ。
速くないデーデ、インタビューで
なるべく曲のオリジナルの形で的なことをおっしゃってたっけ。
戦う男、カッコイ~。野茂英雄も格好良かった。
バブルの世相の語り、マンションの価格など。
村潤さんはコーラスはしないのね。
宮本氏はRoll & Spiritサイドの曲での声が凄まじかった。
生命賛歌、凄味のある演奏は最高さ。
アニバーサリーツアーとして相応しい内容で満足。

地球の明日さんのライブレポート

少し寒いか…下げて…という優しさを見ましたね。(空調)

kkさんのライブレポート

14-15



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ