エレファントカシマシDB 2017/05/28(日) 四日市市文化会館第一ホール セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は長良川国際会議場 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は長良川国際会議場 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は長良川国際会議場 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は長良川国際会議場 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は長良川国際会議場 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は長良川国際会議場 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は長良川国際会議場 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は長良川国際会議場 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は長良川国際会議場 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は長良川国際会議場 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は長良川国際会議場 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は長良川国際会議場 
12曲目に演奏

13.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は長良川国際会議場 
13曲目に演奏

14.3210

前回は長良川国際会議場 
14曲目に演奏

15.RAINBOW

前回は長良川国際会議場 
15曲目に演奏

16.ガストロンジャー

前回は長良川国際会議場 
16曲目に演奏

17.やさしさ

前回は長良川国際会議場 
17曲目に演奏

18.四月の風

前回は長良川国際会議場 
18曲目に演奏

19.俺たちの明日

前回は長良川国際会議場 
19曲目に演奏

20.ズレてる方がいい

前回は長良川国際会議場 
20曲目に演奏

21.奴隷天国

前回は長良川国際会議場 
21曲目に演奏

22.いつか見た夢を

前回は長良川国際会議場 
22曲目に演奏

23.Ladies and Gentlemen

前回はわくわくホリデーホール 
23曲目に演奏

24.コール アンド レスポンス

前回は長良川国際会議場 
23曲目に演奏

25.生命賛歌

前回は長良川国際会議場 
24曲目に演奏

26.TEKUMAKUMAYAKON

前回は長良川国際会議場 
25曲目に演奏

27.夢を追う旅人

前回は長良川国際会議場 
26曲目に演奏

28.ファイティングマン

前回は長良川国際会議場 
27曲目に演奏

29.友達がいるのさ(アンコール1)

前回はわくわくホリデーホール 
29曲目に演奏


王子の側近さんのライブレポート

地元!夢かと思ってた。地元にエレカシが来てくれるなんて!

かんざぶろうさんのライブレポート

な列45番

今日の歌凄かった。
2日目なのに最初から声が出てて、それがアンコールまでずっと続いてた。
岐阜では音の厚がないなと思っていたのですが今日は凄かった。
トミのドラムの厚がずっと響いてました。

相変わらずの桜全否定からの「桜の花、舞い上がる道を」すごく良かった
花見が嫌いだと言ってたけど「上野の山」では”俺も花見に入れとくれ”と言ってる。

MCで”人が何言ってるのか分からない。分からないけどはいはいと返事してる。経験値で言ってる”とおっしゃる先生。想像がつくなあ。

熱かった、四日市熱かった。
このツアー、自分が参戦したなかで一番良かった。
アンコールの「友達がいるのさ」で”四日市中の電気を消して”で地元でもないのにちょっと涙ほろり

今日の1番は「戦う男」、「コールアンドレスポンス」、「友達がいるのさ」
いやいや今日は全曲一番

れれれさんのライブレポート

17:35開演・20:25終了(1部終了19:35)
サポート:Gヒラマミキオ・Key村山☆潤

大歓声に迎えられ「歴史」から。
連日の観客が多いのか、手拍子はなく高緑さんのベースが響き渡る。
「歴史」~「ハロー人生!!」まで、ほぼMC無し。
「デーデ」から「ハナウタ~遠い昔からの物語」まで、饒舌なMC入り。

宮本さんはご自慢のお揃いのスーツではなく、パンツは黒スキニー。

「ガストロンジャー」の〆決まらず。〆直し、2度目〆は「Let's go!」でバシッと。

「Ladies and Gentlemen」からの「コール アンド レスポンス」
RISING SUN ROCK FESTIVALの夜明け以外ではありえないと思っていた宮本さんの絶叫に、「奇跡に遭遇した!」と感動。

第2部はMCなしで畳みかけるように続く。
2日目なのに、最後まで声は良く出ていた。

ストーンズ風挨拶をするものの、宮本さんは中断してマイクスタンドを後ろに片付け、もう一度肩を組んで挨拶し、そのままステージ前方まで出てきて、最後は冨永さんと石森さんにぶら下がって足まであげてました。
あっという間の3時間でした。

え33番。良席感謝。

のなさんのライブレポート

(前日の岐阜に行くから、三重は行かなくていいや)と思っていたが、(やっぱりこんなに近くに来てくれてるんだから三重も行っとかないと、後で後悔するかも...)と思い、公演約3週間前、まだチケットもあったので購入。2階の後ろから3列目。
ご当地スタンプは、伊勢えびと伊勢神宮の鳥居、橋。

開演直前、脇目も振らずに通路をさっそうと歩いていく男性、何か見たことある人・・・・・鹿野さん!?鹿野さんっぽいけど他人の空似かな??2階席の前の方、やや石君より?に着席された。翌日になってツイッターを見たら、いらしてたようなので、やっぱりご本人だったと思う。有名人見た(笑)!

17:35~20:30前。
昨日とお話の内容は概ね一緒だけど、違ったところもあった。

「一部の人からは高く評価されて、鳴り物入りでデビューしたんですよ。」お客さん笑う。「笑い事じゃないですよ。」

「話、長いですか?ま、覚悟して。」

ハナウタは「10日後には欲しいと言われて。しかも商標を入れて。」

「人の言ってることが全然分からないんですよ。自己主張ばっかりで。それでも年を重ねて経験値が上がったんで、こういう時はこうしたらいいって分かるようになりました。でも、ほんとは人が何言ってるか、さっぱり分からないんです。分かったふりしてるだけで。アホなんですよ。」
というようなことを言ったような。そ、そうなの???と思ったが、帰ってから、(あぁ、いろいろなインタビューの事なのかな。でも、もしそうだとしても、プロモーションなんだから、自己主張してそれらしく喋っとけばいいじゃん)と思った。・・・違うのかな?そんなことを言ったんじゃないのかな。私も人の言ってることが全然分からないや。

「女の人の歌、歌うの好きなんですよ。」

以下は長いので、話の要旨。忘れた部分は検索しつつ思い出して書いた。
「昔、ヤマハのポプコンに出ました。ポプコンからデビューした人としては、中島みゆきとかチャゲ&飛鳥がいます。ヤマハのコンテストには、もうひとつイーストウェストというのがありました。
シャネルズとか佐野元春とか渡辺美里がいた、エピックソニーというレコード会社からデビューしました。自分たちの1年あとには、ドリームズカムトゥルーがデビュー、年齢は知らないですけど、デビューしたのは1年あと、1年前には、ブルーハーツがデビューしてました。ブルーハーツは違うレコード会社ですけどね。」
へ~~。知らない情報がいっぱいあった。シャネルズは聞いたことないなぁと思ったが、検索したら、後にラッツ&スターに改名とあって、ああ何となく知ってるかもと思った。でもメンバーがこんな顔ぶれだったとは、知らなかった。

「小学校の時、YMOが好きでした。知ってますか?イエローマジックオーケストラ。まあ、いろんな年代の人が来てくれてますから、知ってる人も知らない人もいるでしょうね。」メンバーの名前も全員言ってた。

「日本の方(かた)は桜、好きですよね。桜の花。私も日本の方ですけどね。(前の方のお客さんに)好きですか??私は嫌いです。」

何かの曲の前に。「聴いてくれ!・・聴きにきてるのか。」

奴隷天国だったか、最後、トミの方を向いて、ものすごい声で喚いたかと思うと、頭の高さはほぼ変わらない小さいジャンプをして空中で反って、すぐ着地、曲もばっと終わった。何という身体能力!!

夢を追う旅人とファイティングマン、左右の花道に何度も出てきてくれた。マイクコードがステージから落ちるので、スタッフが客席フロアに飛び降りて、上にあげていた。

友達がいるのさ  2番は「四日市中の」と歌ってた。

そういえば「四日市市」と言う時、毎回(2~3回だけど)「よっかいち、し」と区切って言ってた。
今日もよく声が出ていて、高音でもあまりひっくり返らなかったので、今日の方が良かったかもしれない。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ