エレファントカシマシDB 2017/04/29(土) 岡山市民会館 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は市原市市民会館大ホール 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は市原市市民会館大ホール 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は市原市市民会館大ホール 
3曲目に演奏

04.ハロー人生!!

前回は市原市市民会館大ホール 
4曲目に演奏

05.デーデ

前回は市原市市民会館大ホール 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は市原市市民会館大ホール 
6曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は市原市市民会館大ホール 
7曲目に演奏

08.戦う男

前回は市原市市民会館大ホール 
8曲目に演奏

09.風に吹かれて

前回は市原市市民会館大ホール 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は市原市市民会館大ホール 
10曲目に演奏

11.桜の花、舞い上がる道を

前回は市原市市民会館大ホール 
11曲目に演奏

12.笑顔の未来へ

前回は市原市市民会館大ホール 
12曲目に演奏

13.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は市原市市民会館大ホール 
13曲目に演奏

14.3210

前回は市原市市民会館大ホール 
14曲目に演奏

15.RAINBOW

前回は市原市市民会館大ホール 
15曲目に演奏

16.ガストロンジャー

前回は市原市市民会館大ホール 
16曲目に演奏

17.やさしさ

前回は市原市市民会館大ホール 
17曲目に演奏

18.四月の風

前回は市原市市民会館大ホール 
18曲目に演奏

19.俺たちの明日

前回は市原市市民会館大ホール 
19曲目に演奏

20.ズレてる方がいい

前回は市原市市民会館大ホール 
20曲目に演奏

21.奴隷天国

前回は市原市市民会館大ホール 
21曲目に演奏

22.いつか見た夢を

前回は市原市市民会館大ホール 
22曲目に演奏

23.コール アンド レスポンス

前回は市原市市民会館大ホール 
23曲目に演奏

24.生命賛歌

前回は市原市市民会館大ホール 
24曲目に演奏

25.TEKUMAKUMAYAKON

前回は市原市市民会館大ホール 
25曲目に演奏

26.夢を追う旅人

前回は市原市市民会館大ホール 
26曲目に演奏

27.ファイティングマン

前回は市原市市民会館大ホール 
27曲目に演奏

28.友達がいるのさ(アンコール1)

前回は茨城県立県民文化センター大ホール 
28曲目に演奏


しげさんのライブレポート

エレカシの岡山ライブに行ってきました(o^^o)
とっても良かったです!!!!
感動しました(^0^)/
 
6時過ぎてから始まり、8時50分に終わるライブでした。
宮本さんが、「ソールドアウトだって」って言ってくれました。
岡山の満員のお客様たちの拍手の熱いこと熱いこと。
最初から、エレカシを圧倒するかのような拍手でした。
 
セットリストは、ツアーが始まっているのでほぼ同じ感じと分かってました。
それでも、とてもとても感動したライブでした。
宮本さんが、ライブが終わり最後に帰る時、「一生忘れません」って言ってくれました。
私も一生忘れません。今日のライブ。このツアーのこと。
ほんとに岡山ライブに来てよかったです。
 
歴史、ハロー人生、翳りゆく部屋、風に吹かれて、、、
どの曲たちもほんと素晴らしかったです。
特に私の記憶に残るのが、四月の風と俺たちの明日でした。
わたし、この2曲の時、泣きました。
ぐっとこみ上げてくるものがありました。
感動しました。
やさしさも、素晴らしかったです。
ほんとに美しかった。
生命賛歌は、凄かった!です。
今までよりももっと強くどでかくなった感じです。
 
最後のローリングストーンズ風の挨拶の時に、メンバー紹介してくれました。
みんなで肩組んでお辞儀してくれました。
素晴らしい素晴らしいライブでした。
次のライブも楽しみで仕方ないです。
次は、広島ライブに行きます!!!!
どーーーーーん!!!

じゃすみんさんのライブレポート

東京・大阪以外では初の地方遠征。
近年にない良席だったのもあるかもしれないが、素晴らしいライヴだと感じた。
第1部は端正に丁寧に。第2部は激しく振り絞るように。
エレカシのライヴパフォーマンスの真骨頂だった。

これは地方ならではなのか、「よく来てくれた待ってたぞエレカシ」感が凄い!
その思いがステージにも伝わるのか、相乗作用で歌も演奏も声援も凄いエネルギーで、
市民会館ぶっ壊れるんじゃないか?と思うほどだった。

一曲一曲魂を込めて歌い切った後「ありがとうございます」と深々と頭を下げる宮本さん。
最後に「ありがとう、一生忘れません」と言ってステージから去って行った。
あれは歌の神様への50年分の感謝の気持ちだったのかな、と思った。

ちなみに岡山は私の生まれた所、数十年ぶりの市民会館だった。

れれれさんのライブレポート

18:05開演 20:50終了 SOLD OUT
サポート:ヒラマミキオ、村山☆潤

歴史 歴史前夜が好きで、こちらは敬遠してきた曲だけど、今日はすんなり心に沁みた。

トミ、3曲目で上着を脱ぐ。

戦う男 疾走感あふれ、思わず飛び跳ねる。〆は何か手違いかフェイントがあったのでしょうか?んんん?となったけれど、何が、んんんなのか凡人にはわからず。

風に吹かれて 村山さんの音は前に出ていて存在感があるけけど、出すぎではない絶妙なバランスでよかった。

3210からRAINBOWへの展開で、ローディーが間に合わず、宮本さんはアコギを床に置いて(ゴチって鳴った)からになった、観客は息をつめて待つ。
ローディーはいつもの方々ではなかった。

ガストロンジャーの掛け合いは、ちょっとフェイントの後、村山さんに仕掛けられ、ステージが超緊迫したが、絶妙な返しを受け快感に昇華したと感じた。(個人的妄想です)

宮本さんは、ミッキーかステージサイドに、たびたび「何か」を抑える要求をしていた。なんだろう?

俺たちの明日 宮本さんが白シャツの袖をまくりつつ歌っていて、頑張る営業マンのようだった。

ズレてる方がいい の歌いだし、宮本さんのコード間違い続き、やり直しとなった。問題なし。

奴隷天国 トミにスピードアップ要求。宮本さん、こわかった(畏怖)。

生命賛歌 床で横一回転していた。

テクマクマヤコン 今までは頑張ろうぜ!的だったのに、この日は意地悪気、怪し気で悪魔色を強めていた。

いつもは気づけないだけなのかもしれないが、ベースが激しかった。高緑さんの運動量はトミに匹敵する重労働だと思った。

曲の〆後、宮本さんだけでなく、メンバーもしばし静止することが多く、静謐でシルエットがただただ美しかった。

ストーンズ挨拶後ミッキーが落ちていた宮本上着を男椅子にそっとかけて去っていった。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ