あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2017/04/08(土) 北とぴあさくらホール showさんのライブレポート

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

showさんのライブレポート

 北区王子北とぴあ。1F.S39番。飛鳥山公園で桜と象の滑り台と宴の客を見てから会場へ。

 会場入口付近には「チケット譲って下さい」と書いた紙を持っている人が大勢いた。シンプルなステージセットに黒ジャケットを着たミヤジがいつものように静々と登場。サポートはミッキーと村山さん。
 
 ミヤジのQで成ちゃんのベースソロからの「歴史」。「今はここが真ん中さ!」では「今は北とぴあが真ん中さ」「北区へようこそ」。
 
 「ハロー人生!!」好きな曲がやれてよかった。「よくこんな歌をデビューシングルにしてくれた。今じゃ考えられない」と「デーデ」。前半は曲間に結構エピソードを語っていた。残念ながら私の耳が悪いのと会場のマイクが歌う用のセッティングのせいか喋りがうまく聞き取れない。
 
 「この前テレビで演れて嬉しかった」と「悲しみの果て」。「自分の歌がテレビの受像機から流れてくるのが嬉しかった」と「今宵の月のように」

 「戦う男」の最後はビシっと決めて体操選手の着地みたいだった。飛鳥山の話を交えながら「桜の花、舞い上がる道を」。王子、滝野川、岩渕。「王子には区役所がある」と2回言っていた。「でも赤羽のほうが人口が多い」
 
 「オファーがあって女優と俳優が出ている焼酎のCMに書いた」と「ハナウタ~遠い昔からの物語~」「オファー受付中です」と客に言われても。
 
 「3210」~「RAINBOW」~「ガストロンジャー」。ここでいったん終わるのかと思ったが、次の「やさしさ」がキーボードアレンジで本当に素晴らしかった。ステージ後方からの逆向きスポットライトでふりしぼるバラードを歌うミヤジの神々しい姿。この「やさしさ」過去最高だと思う。
 
 「俺たちの明日」で一部終了。ここで妻がトイレに行ったのだがなかなか帰ってこず2部が始まってしまった。あとで聞いたら会場のスタンプを押してくれていた。当然だがガラガラだったらしい。
 
 「TEKUMAKUMAYAKON」は少し崩した感じが良かった。「夢を追う旅人」ではいったん脱いだジャケットをはおらされていた。のちの「ファイティングマン」のラストで後ろ向きにジャンプしたとき背景のアニバーサリーの絵と同期していた。

 最後の「花男」まで一曲一曲全てに魂がこもった最高のステージでツアーの幕が開いた。

No.曲名回数
1歴史19回目
2今はここが真ん中さ!20回目
3新しい季節へキミと21回目
4ハロー人生!!19回目
5デーデ56回目
6悲しみの果て106回目
7今宵の月のように78回目
8戦う男2回目
9風に吹かれて45回目
10翳りゆく部屋14回目
11桜の花、舞い上がる道を23回目
12笑顔の未来へ47回目
13ハナウタ~遠い昔からの物語~26回目
1432103回目
15RAINBOW9回目
16ガストロンジャー90回目
17やさしさ12回目
18四月の風31回目
19俺たちの明日52回目
20ズレてる方がいい18回目
21奴隷天国12回目
22いつか見た夢を13回目
23コール アンド レスポンス33回目
24生命賛歌29回目
25TEKUMAKUMAYAKON6回目
26夢を追う旅人6回目
27ファイティングマン65回目
28花男31回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ