エレファントカシマシDB 2017/03/20(月) 大阪城ホール セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.ファイティングマン

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
1曲目に演奏

02.デーデ

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
2曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は日本武道館 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
3曲目に演奏

05.今宵の月のように

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
4曲目に演奏

06.戦う男

前回はZepp Namba 
25曲目に演奏

07.ふたりの冬

前回は渋谷公会堂 
7曲目に演奏

08.翳りゆく部屋

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
7曲目に演奏

09.リッスントゥザミュージック

前回はZepp Sapporo 
13曲目に演奏

10.風に吹かれて

前回はテレビ朝日ドリームフェスティバル2016 
4曲目に演奏

11.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は日本武道館 
15曲目に演奏

12.桜の花、舞い上がる道を

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
5曲目に演奏

13.3210

前回は新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール 
17曲目に演奏

14.RAINBOW

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
9曲目に演奏

15.ガストロンジャー

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
8曲目に演奏

16.やさしさ

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
11曲目に演奏

17.四月の風

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
10曲目に演奏

18.ズレてる方がいい

前回は日本武道館 
21曲目に演奏

19.俺たちの明日

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
6曲目に演奏

20.奴隷天国

前回はZepp Namba 
1曲目に演奏

21.珍奇男

前回は日本武道館 
8曲目に演奏

22.Under the sky

前回は新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール 
15曲目に演奏

23.コール アンド レスポンス

前回はZepp Sapporo 
17曲目に演奏

24.笑顔の未来へ

前回は日本武道館 
14曲目に演奏

25.TEKUMAKUMAYAKON

前回はZepp Sapporo 
4曲目に演奏

26.so many people

前回は日本武道館 
24曲目に演奏

27.夢を追う旅人

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
12曲目に演奏

28.花男

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
14曲目に演奏

29.友達がいるのさ(アンコール1)

前回はSPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 
13曲目に演奏

30.おはよう こんにちは(アンコール1)

前回はrockin’on presents JAPAN JAM BEACH 
1曲目に演奏

31.待つ男(アンコール1)

前回は日本武道館 
28曲目に演奏


しげさんのライブレポート

エレカシ30周年記念ライブ、
大阪城ホールライブ、
行ってきました(o^^o)

9000人入っていたらしい。
満員だったよ(o^^o)

ど~んと期待していったものやから、
ちょっと不完全燃焼で終った感じ。
宮本さん、なんか疲れていた感じがした。
3部まで結局やったけども、2部で終るかと思ったくらい。
曲も、エレカシの基礎?なのかわからないけど、
やっぱり、もっと渋いレアでコアな古い曲で、
おおおお、今回はこんな曲をやってくれたか!っていう曲も聞きたかった。

でも、3部のアンコールにあたる3曲は嬉しかった(^0^)/
友達がいるのさ、おはようこんにちは、待つ男。
これは良かったなあ。

でも、宮本さん、疲れてないかな。
今は、テレビ、ラジオ、雑誌に出まくり、ライブの練習もあるやろうし、
忙しすぎるんじゃないやろうか。
心配になってしまう。

これから、47都道府県ツアーあるけど、
体に気をつけて、無理ばかりしないで欲しいと、心から思う。
ツアー、これから6箇所行きます!
宮本さん、エレカシ、ツアー期待しています!!!!
ド~ン!!

かんざぶろうさんのライブレポート

アリーナ5列64番
石君側スクリーン前、クレーンカメラが邪魔

始まる前からなんか泣きそうで、最初の写真で涙。

最初から最後まで声が出ていてバンドの音もがっちり決まってて最高。
お正月の武道館よりも良かった。

3月に入ってから1曲目は何かとずっと考えていて”1曲目ファイティングマンありかも”
と自分で出した答えがドはまりで吃驚。

1部で"なんか余裕かましてやってるな、ペース配分してるのかな?大人な宮本だなぁ"と思っていたのですが
2部「奴隷天国」での”狂気の宮本”で"これだよこれ!これがエレカシだよ"と
自分が待ってたエレカシがやっと見られた感じ
「戦う男」をやるとは思わなかった
「やさしさ」が素晴らしく声が出ていて良かった
宮本の背中見ながらの「珍奇男」
「珍奇男」を花道一番前で、ホールど真ん中でやってる後姿をみてグッときた
アンコール「友達がいるのさ」"いろいろあったんだろうな、砂を噛むような思いもたくさんしたんだろうな"なんて考えてたら涙
WOWOWでみて初めて気づいた「おはよう こんにちは」での宮本の涙

ありがとうエレカシ

そして3時間31曲で短いと感じる贅沢者の自分に反省
ここから12月までのツアーが始まるんだからペース配分も当たり前

さあまたがんばろう

ありがとうエレカシ、ありがとう

まつさんのライブレポート

梅田タワーレコードの写真展を見てから、午後2時頃大阪城ホールに到着。
階段にものすごい人が並んでいる。「何か他にイベントでもあるのかな」と思いながら近づくと、
エレカシのライブグッズに並んでいる人と判明。なんか、すごいことになっている。
40分ぐらい並び、パンフと湯呑、クリアファイル、タオル、語録、バッヂ、Tシャツを入手。
みんな、たくさんグッズを抱えて、ニコニコ顔でお祭りのようだ。というか、今日はエレカシ30周年のお祭りだ。
エレカシへのメッセージビデオの撮影をしてもらったり、スタンプを押したりと、今までにはない、ライブ前の時間を過ごし、開場。

スタンド、石君がわ、H 11列辺りより、妻と妻の友達と3人で参戦。
いつものとおり10分おくれで始まる。が、エレカシの姿は無く、スクリーンにスライド映像。
デビュー前の写真から駆け足でエレカシの歴史が流れる。これはなかなかいい演出で、会場がざわついていた。
そして4人が登場。一曲目は何か?
『ファイティングマン』からスタート。しかも4人のみ。一曲目に聞くにふさわしいとは思わないが、今日はしょうがないかな。と納得。
「オールタイムベスト」にそったセットリストになるのだろうと。『デーデ』『新しい季節へキミと』『悲しみの果て』『今宵の月のように』と続き、
やっぱり。
宮本の声はとてもとおりがよく、絶好調ぶりが伝わってきた。しかし、会場の音響が酷かった、
本当に宮本のうたを知っている人がセッティングをしているのか疑問だ。広い会場にライブハウスのような割れた音は実に残念。
とはいえ、当の宮本本人はうれしくてうれしくてたまらないのが溢れていた。
だから、今日は細かいことは抜きで楽しもう。と。

曲にまつわるエピソード、解説付きの曲紹介が、「今日は特別な日」をよく表していた。
『戦う男』はCM用の曲で、野茂選手がでてるCMとか、たしか缶コーヒーだったかなとか、
『ふたりの冬』は、若いころの恋愛の思い出を大人になって思い出しながら作った曲だとか、
『陰りゆく部屋』は日本を代表する名曲ですとか、(記憶があいまいなので、まちがっているかも)
『風に吹かれて』はアルバム「明日に向かって走れ」には悲しい曲ばかりが入っている事を今さらながら感じたとか、その中の一曲ですとか
『ハナウタ』は、ハナウタという焼酎のCMがすごく綺麗でとか、この焼酎が今はもう売ってない事を知ったとか、
聞けて良かったという話もあったが、
どこに着地するかわからない解説は、逆にこっちがはらはらしてしまって、妙な感じだった。
でも、
宮本の、嬉しさとファンへの感謝の気持ちを伝えたいというその一心の姿には感動して、
成ちゃん、トミ、石くんのメンバーの3人までもが、宮本を祝福している人たちのように見えて、
ミッキー、村山潤(潤ちゃんて呼ばれてた)、金原さんチームの人たちも全力プレーで祝福していて、
会場のお客さんもあたたかく祝福して、
まさに「涙ほろり」でした。

たいへん申し訳ないが、
やはり、めったに聴けないうたを期待してしまうので、今日のようなセットリストのライブでは物足りなさも感じてしまう。
なんだか、ライブを重ねれば重ねるほど贅沢になってしまう。

どのうたも、充分にいい歌声で、いい演奏で、いい空気を感じるし、
熱い熱量を感じる。それでも、物足りなさを感じさせるなんて、

まだまだ、いっぱいの喜びが待っている。ということなんだろう。


酔茗さんのライブレポート

三〇周年おめでとうございます。
長い年月、エレカシが曲を次々と世に出していた証。

自分の当時の心境、記憶、その後ろで流れていたエレファントカシマシの曲。

今日まで生きてこられてこんなに長くオンタイムで聴き続けられているってとても幸せな事だと感じています

珍奇男からUnder the skyへのシフトが最高な今日でした。
エレファントカシマシ今日もありがとう。

(帰りの都合でアンコールが聴けなかったのが残念)

スタンドG 1列9

トルツメさんのライブレポート

客電つけっぱなしの「ファイティングマン」と「デーデ」、粋な演出だった。正座はしてないけど。
最初から最後まで宮本さんの歌が素晴らしく、復活後に参加したライブでは一番良かった。
「RAINBOW」と「ガストロンジャー」のたたみかけには圧倒された。
アリーナの後方、端までも伝わる直球勝負のパワー。これだからライブに行くのを止められない。
相変わらず死ぬんじゃないかと思うくらい使い果たして去って行った。

何を演るかわからないような緊張感はなかったけど、
鉄板、負けなし、予定調和のような感じも30周年の節目には相応しく
一万人の祝福に満ちたライブを体感できた。そしてやはり、大阪最高。

次はツアーだ!

paopaoさんのライブレポート

さらにドーン!といくぜ大阪城ホール。行ってきた。温かいお日和。スタジアム級に大きかったら嫌だなとおもったら、武道館クラスでほっとした。13時からグッズ販売開始なだけに、3時過ぎには大阪城限定グッズは売り切れ続出。スタンプ押し場も長蛇の列で、開場前から周辺はエレカシ愛が溢れていました。開場の4時になっても”機材調整”ということで10分程度?待たされた。席は1階席前方のほぼ正面でステージや花道が全て見渡せる良席。コントロールされた大人っぽいステージでした。ミッキーと村山君の6名+金原ストリングスチーム。エレカシメンバーは全員おそろいのスーツだと言ってた。デビュー当時衣装とか誂えてもらいたかったそうだから、今回ご褒美か?今まで2曲目くらいで我慢できなくなってネクタイもジャケットも脱いじゃうのに、かーなり(笑)我慢してた。カッコいいステージをやりたかったんだよね。今回も花道!花道から降りたと思ったら歌いながらよじ登ったり、嬉しさを体で表現してましたね~。声は本当に調子が良くきれいに出てました。曲解説をすると決めてきましたとミヤジ。話すのが得意なようで苦手であり、苦手なようで得意とか。今回は二人の冬が私的には嬉しかった!ツアーはどれだけマイナーな曲をやってくれるかなぁ。やってほしいなぁ。さぁ、いよいよ来月からツアー!楽しみ!!!



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ