エレファントカシマシDB 2016/10/14(金) Zepp Tokyo セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.俺の道

前回はZepp Nagoya 
1曲目に演奏

02.ズレてる方がいい

前回はZepp Nagoya 
2曲目に演奏

03.未来の生命体

前回はZepp Nagoya 
3曲目に演奏

04.TEKUMAKUMAYAKON

前回はZepp Nagoya 
4曲目に演奏

05.星の砂

前回はZepp Nagoya 
5曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回はZepp Nagoya 
6曲目に演奏

07.なからん

前回はZepp Nagoya 
7曲目に演奏

08.Destiny

前回はZepp Nagoya 
8曲目に演奏

09.愛すべき今日

前回はZepp Nagoya 
9曲目に演奏

10.デーデ

前回はZepp Nagoya 
10曲目に演奏

11.DJ in my life

前回はZepp Nagoya 
11曲目に演奏

12.おかみさん

前回はZepp Nagoya 
12曲目に演奏

13.リッスントゥザミュージック

前回はZepp Nagoya 
13曲目に演奏

14.世界伝統のマスター馬鹿

前回はZepp Nagoya 
14曲目に演奏

15.i am hungry

前回はZepp Nagoya 
15曲目に演奏

16.風に吹かれて

前回はZepp Nagoya 
16曲目に演奏

17.コール アンド レスポンス

前回はZepp Nagoya 
17曲目に演奏

18.RAINBOW

前回はZepp Nagoya 
18曲目に演奏

19.生命賛歌

前回はZepp Nagoya 
19曲目に演奏

20.笑顔の未来へ

前回はZepp Nagoya 
20曲目に演奏

21.夢を追う旅人

前回はZepp Nagoya 
21曲目に演奏

22.俺たちの明日

前回はZepp Nagoya 
22曲目に演奏

23.ガストロンジャー

前回はZepp Nagoya 
23曲目に演奏

24.ファイティングマン

前回はZepp Nagoya 
24曲目に演奏

25.悪魔メフィスト(アンコール1)

前回は日比谷野外大音楽堂 
31曲目に演奏

26.明日に向かって走れ(アンコール1)

前回は大阪城野外音楽堂 
12曲目に演奏

27.歩いてゆく(アンコール1)

前回は新春ライブ2016 大阪フェスティバルホール 
13曲目に演奏

28.四月の風(アンコール1)

前回はZepp Nagoya 
27曲目に演奏


トルツメさんのライブレポート

宮本さんは最近では、ライブの2日後くらいに腰が痛くなるらしい。
帰りは月が奇麗だった。

ヒラジ。さんのライブレポート

このバンド、やっぱり唯一無二だ。ああぁ、、、、ココロまたもってかれた。。。エレカシの4人+ミッキーのゴリゴリのバンドサウンドがたまらなく好き!リッスントゥザミュージック、明日に向かって走れ、DJ in my life・・・素晴らしかった。

paopaoさんのライブレポート

宮本は白シャツ&ジャケットで登場。トミは奇麗なブルーのシャツ。似合う。東京のオーディエンスはいきなり盛り上がらず徐々にヒートアップする感じ。声援は途切れなく飛んでいたし、男子の声も結構聞こえた。途中までMC無くガンガン続く。セトリはパターンどおりだが、ライブごとに演奏がソリッドに鍛えられている。悲しみの果て、ぐっと来た。1段上がったバー最前列はステージが俯瞰できて最高。5人の息を合わせるタイミングを測るところや、トミやせいちゃん、ミッキーの熱い演奏やコーラスも丸ごと見える。ステージ直前は個々の演奏や表情がバッチリ見えるが、バンドの醍醐味は引いて見た方が良いと実感した。Zepp Tokyoは昔からやってた、東京はホームグラウンドだ、最近すぐに疲れが出ず、2〜3日後に腰に来るなどのMC。アンコールで急遽、歩いて行くを演り出したが、ギターがよたよた。石君に出だしの音を確認してやり直すも、薄氷。強引に最後まで。でもやってくれた気持ちはバッチリ受け取ったよ!うれしかった。東京だから、武蔵野を意識したのかな。今日もストーンズみたいな挨拶、と言って全員前に出て。トミが最高の笑顔!バンドの状態は今凄く良いんだろう。最後に宮本が、みんな、ありがとう!と叫んだのが印象的だった。

riyanさんのライブレポート

かなり後ろで参戦。段差があるので視界は良好だった。
金曜日なので、仕事帰りと思われる方がちらほら。

宮本さん「じゃあ始めます。」と言ってからスタート。
声が出にくそう。大丈夫かなぁと思っていたら、3曲目『未来の生命体』では普通になっていたように思う。
というか、未来の生命体すごーくカッコ良かった!この後を暗示するかのような演奏。
『TEKUMAKUMAYAKON』成ちゃん石くんミッキーが「オーオオオオー」コーラス。男っぽい。
今日石くんがノリノリですごく楽しそうに弾いていたのが印象的。
『星の砂』皆の手がヒラヒラ。宮本さんのボルテージも上がる。ハレンチは控えめでした。
『Destiny』最初弾き語りで、そのあとバンドが入ってきた。
『DJ in my life』宮本劇場。色気があってかっこいい。最高。
『おかみさん』間奏で石くんが弓を持ちキーコキコ弾く。幻想的な音だった。宮本さんのマイクも
エコーがかかる。今まで聴いた「おかみさん」で一番良かった。
ミッキーと二人で始まった『リッスントゥザミュージック』声が美しかった。
「♪世界伝統のーマスターバァーカ!」から『生命賛歌』まで圧巻!!の流れで1部終了。
きっちり「2部を始めたいと思います。」と言ってから『笑顔の未来へ』。
何度も聴いてきたのに、いい曲だなぁと自分の中で新発見。
『夢を追う旅人』はすっかりライブに定着しているよう。盛り上がる。
アンコールで出て来た時に、「若い頃はそんなことなかったけど、その時はいいんだけど(ライブ後)2~3日すると「あれ?腰が痛い?」みたいになって。腹筋はやってるんだよ。」「あ、ミッキーは若いから違うよ。」
から始まった『悪魔メフィスト』にビックリ!
『明日に向かって走れ』が聴けるとは!宮本さんの気持ちが込められているのかなぁ。声は全然衰えていない。
急に決めたであろう『歩いてゆく』弾き始めるがやめて、石くんに「コード何だっけ」と聞く。
最後までギターは怪しかったが、歌いたいと思って演ってくれたのは嬉しかった。終わって「リハーサルしてないから。。おそまつ様でした。」みたいな感じで言ってた。
「大好きな曲です。」とラスト『四月の風』
5人固まって挨拶。石くん帽子取られず。優しさを残して去っていった。
どこかで・・「僕は音楽が大好きです!みんなもそうでしょう!」
曲終わりには「ありがとう」「ありがとうございます」と。

進化していた。鍵盤無しで物凄いカッコイ良い、バンド!!を見せてくれた。


showさんのライブレポート

 サポートはミッキーのみ。斉藤和義が「セットリストは声と体力と指の調子を考えて順番を決めるのでリクエストにはこたえない(笑)」と言っていた。そうだよな。さすがに体力使う曲を並べたら大変なことになる。。。などという心配を軽く一蹴してくれた宮本浩次の選曲。50絡みのおじさん達がロック色全開で固め打ちしてきた。セットリストはおおよそ知っていたのだがそれでも驚きのステージだった。

 ドラムの音がすごくいい。「おかみさん」はバイオリン奏法と高い声のかけあい。ツェッペリンを彷彿させる。でも言ってることは「布団干す」。このギャップに心奪われる。エレカシは実はビートルズ色が濃いと個人的には思う。Rainbowではメンバー全員がミヤジの「く」を待つ事に集中している。この年齢で作る曲では無い。(褒めてます)

 「悪魔メフィスト」が素晴らしかった。5人並んで挨拶して終了。トミの笑顔が印象的だった。出て見上げれば観覧車のお尻と月の夜。みんな名残惜しそうに会場の写真を撮っていた。

 野音のエレカシ、ライブハウスのエレカシ、ホールのエレカシ。色が違ってまるでrainbow。バンド歴30年近く。260曲近いオリジナル曲を抱えているので色んなことが出来る。ますます武道館が楽しみだ。

かんざぶろうさんのライブレポート

「DJ im my life」は大阪で聞いた時にミッキーのギターいい味出てるな
と思ったのですが、トミのドラムもすごくいい味出てました。

まさかの「悪魔メフィスト」!!もう聞けないのかなと思っていたのでにんまり。

泣けた「明日に向かって走れ」
初めてエレカシのCD買ったのは「明日に向かって走れ」
グアム旅行から帰ってきた日に乗り換えの飛行機の時間までの時間潰しの為に入ったタワレコ。
お店のど真ん中に大量に平積みされたCDとポップ見て「あぁ”今宵の月のように”好きなんだよね」
と何気なく手にして買ったCD。
あの頃いろいろあってしんどかったよなぁとか、なんでドはまりしたのでその後CD買わなかったんだろうとか..
宮本が丁寧に歌ってるの聞いてたらチョット涙ほろり..

今日もありがとう

koutaさんのライブレポート

「俺の道」からスタート。なんとなく、声が出ていないように感じた。それでも、曲が進むにつれて調子は上がってきた感じ。
トミのドラムがほんとに素晴らしかった!
キーボード無し編成は荒々しくて、カッコいい!
1部のラスト3曲はとてつもないエネルギーに圧倒されつつ、負けじと盛り上がるファンの相乗効果で凄かった。
アンコールで登場した時、みやじが一瞬見せた笑顔が良かった。

りちょうさんのライブレポート

整理番号2200越。zeppでこんなに後ろから観たのは初めて。
俺の道が始まる。なんて高まるイントロなんだろう。
TEKUMAKUMAYAKON、星の砂でコーラス、おかみさんでは
弓弾きで石君が目立ってた。
愛すべき今日、ミッキーがギターもコーラスもいい仕事してる。
DJ in my lifeが今日一だったかな。
世界伝統のマスター馬鹿、i am hungryの高音も出てる。
風に吹かれては原曲よりテンポ早めのため、間奏のギターソロがないのがちょっと残念。
RAINBOWもどんどん早くなってる様な…?
一時期の笑顔の未来へ程ではないかも知れないけど。
夢を追う旅人はライブで聞くととても良いですね。
アンコールでは久しぶりの悪魔メフィスト。
大好きな曲の四月の風でラスト。
マイク投げ捨て帰るより、ストーンズ風の挨拶これからも続けて欲しいです。

bdrdさんのライブレポート

DJ in my lifeのナイフのような声が胸に刺さる。
ついにわたしは明日に向かって走れを聴けた!
RAINBOWのタイミングをはかるため、後ろを向き集中するように顔を伏せる。
目配せをして合図を送るわけでもないのに合わせられるのがしびれる。
トミのドラムが鬼気迫っていた。キレキレだった。

アンドロメダマさんのライブレポート

「ホームグラウンド」って言ってましたね。東京ジェラシー感じましたね。初日の大阪が熱かった分、とってもクールなライブだった。整理番号がかなり後半だったため3柵目。誰ともぶつからずスカスカしてました。空調が効きすぎてクールを飛び越して正真正銘寒かった…。

りすぞうさんのライブレポート

満足満足。「みんなも音楽好きでしょう?」

こぼるんさんのライブレポート


やまさんのライブレポート

A655



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ