エレファントカシマシDB 2016/01/05(火) 新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.脱コミュニケーション

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
2曲目に演奏

03.悲しみの果て

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
3曲目に演奏

04.デーデ

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
4曲目に演奏

05.彼女は買い物の帰り道

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
5曲目に演奏

06.あなたへ

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
6曲目に演奏

07.TEKUMAKUMAYAKON

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
7曲目に演奏

08.なからん

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
8曲目に演奏

09.昨日よ

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
9曲目に演奏

10.シナリオどおり

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
10曲目に演奏

11.永遠の旅人

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
11曲目に演奏

12.愛すべき今日

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
12曲目に演奏

13.曙光

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
13曲目に演奏

14.Under the sky

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
14曲目に演奏

15.雨の日も風の日も

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
15曲目に演奏

16.3210

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
16曲目に演奏

17.RAINBOW

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
17曲目に演奏

18.I am happy

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
18曲目に演奏

19.ドビッシャー男

前回は名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール 
1曲目に演奏

20.めんどくせい

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
20曲目に演奏

21.偶成

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
21曲目に演奏

22.リッスントゥザミュージック

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
22曲目に演奏

23.Destiny

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
23曲目に演奏

24.桜の花、舞い上がる道を

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
24曲目に演奏

25.笑顔の未来へ

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
25曲目に演奏

26.新しい季節へキミと

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
26曲目に演奏

27.ズレてる方がいい

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
27曲目に演奏

28.ガストロンジャー

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
28曲目に演奏

29.ファイティングマン

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
29曲目に演奏

30.俺たちの明日(アンコール1)

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
30曲目に演奏

31.友達がいるのさ(アンコール1)

前回は日比谷野外大音楽堂 
27曲目に演奏

32.風に吹かれて(アンコール1)

前回は金沢本多の森ホール 
28曲目に演奏

33.花男(アンコール1)

前回は新春ライブ2016 東京国際フォーラム ホールA 
32曲目に演奏


bdrdさんのライブレポート

シナリオどうりがビシッと決まっていた。
笑顔の未来へは蔦谷さんがいるいないでかなり印象が変わる。

romiomessaさんのライブレポート

1階21列47番。

「自分でネクタイ結べないからやって貰いました」
「ネクタイしてきて良かったね、成ちゃん」て。

前日とほぼ同じセトリ。
「偶成」聴いてる内に泣けてきました。




JUNKOKIRARIさんのライブレポート

RAINBOWツアーのホールに参加できなかったので、勝手に新春はRAINBOWツアーの豪華版と思っていたのが、後に宮本さんからそのように説明があり嬉しかった。
アルバムRAINBOWから全曲とエレファントカシマシの代表作を織り交ぜての素晴らしいコンサート!

歌うようなMCがたくさん。東京国際フォーラムの歌綺麗なメロディーにのせて昔は都庁がありましたね〜♪と。
東京をよく知らない私みたいなおのぼりさんにはホッと嬉しい宮本さんの東京案内です。

そこからの曙光!生で聴いたのは初めて。凄い迫力だった。
一節毎にどしんどしんと声がカラダにぶつかってくる感じ。歌詞がアタマに叩きつけられるようだった。
本日の私的ベストアクトでした。わかりきっていることだけど歌がものすごく上手い‼︎


のなさんのライブレポート

18:35過ぎに始まり、21:38頃終わる。

今日は、最初からミヤジの声がよく出ていると感じた。
「お正月だからネクタイしてきました。自分で締められないんですよ。やってもらいました。」

今まで何度か思ったのだが、ライブで 昨日よ のイントロを長めにやるとstarting overが始まるのか?と思ってしまう。
「雨の日も風の日も歩いていくんだよなあ!若い人たちも、同年代のやつらも、年上の方もいらっしゃると思いますが、みんな、そうだよなあ!暑い日も、寒い日も、風邪をひいたりしながら・・・愛すべき今日!!」私もそうだけど、マスクをしてるお客さんが多くて、それがステージからも見てとれたから言ったんだろう。風邪の人も風邪予防の人もいるんだろうけど。

「ニッポンのお正月~、でも平日~♪」って歌ったのはUnder the skyの冒頭だったようだ。(どっちの日のどこだったか覚えていなかったが、SPICEのライブレポを読んで分かった)

I am happy 「総理大臣」のとこで、安倍晋三の顔を思い浮かべた。両日とも「頑張りましょう~」を、2回繰り返して言っていた。大阪では3~4回言っていた。どこかのインタビューで「みんな、ミヤジが『さあ、頑張ろうぜ』と言うのを期待している」というようなことを言っていた気がするけど、私は別に期待してないんだけどなぁと思った。ミヤジが口に出して言わなくても、彼らのライブを見るだけで、充分明るい前向きな気分になれるのだから。

ドビッシャー男 エピック期の歌い方だった。そうか、この曲は、ポニーキャニオン1枚目のアルバム収録だった。作ったのはもっと前かもしれないし。
偶成 「きのうやったら、喜んでもらえたので、調子に乗って今日もやります。若い時に家に引きこもってる時の歌です。まあ、引きこもりって言葉が適当か分からないんですけど・・・。若い時なんて半分くらいそうだと思うけど、家にずっといてうじうじしてる時の気持ちを歌ってます。」
笑顔の未来へ 蔦谷さんには悪いけど、私の好みで言えば、この曲、村山さんのキーボードの方が好きだ。

ビオラは、フルガワラヒロヒトさん。ミヤジが「すごい名前だ」と彼だけ繰り返し紹介するので、覚えてしまった。(金原さんと笠原さんは以前から存じております。)
ガストロンジャーの前、スタッフに案内されてお客さんが席に着いていた。やむを得ない事情があったのだろうが、お気の毒だ。

俺たちの明日 イントロがおかしかった。ベースかドラムがズレていたのかな?
「隠れた・・・好きな人は好きな曲をやります。」何だろう何だろう・・・どの曲も好きな人は好きな曲だと思うんだけど・・・(笑)と思ったら、友達がいるのさ だった。はい、好きです!

最後「よいお年を、また来年!」と言って、後ろの女性が「気が早い」と言っていたけど、実際次にエレカシのコンサートに来るのは来年の新春という人も何%かいるのだろうと思った。それほどいつもとは客層が違った。男性が3割くらいはいたと思う。私の周りにたまたま男性が多かっただけだろうか。

2階の真ん中辺、ミッキーの前くらい(CD先行チケット)バスドラムの音で何かが共鳴して音を立てるのが気になった。左斜め後ろの方からブルブルと音がした。

蒼月さんのライブレポート

まず、金原ストリングチーム入場。まさかのチゴイネルワイゼン!そこから〈3210〉と渾然一体となって始まった2016新春コンサート。ああ、ミヤジはクラッシックも好きだったな~となんだか嬉しくなった。金原さんもこれは緊張したんじゃないだろうか(生で弾いてたのか定かじゃないけれど)。

だいたい、ライブが1日限りであろうと2日連ちゃんであろうと、ミヤジが一つ一つ手を抜かず全身全霊なのはもう判っていたので、この日東京国際フォーラム2日目、喉の調子はどうだろうと心配していた。
〈脱コミュニケーション〉。昨日もこりゃ全てを使い果たしたな、と思わず笑ってしまった。そうでなくちゃ!
喉の調子は少し酷使したように思えたけど、でもそんなことはライブが進むにつれて、気にならなくなった。というか、なんなの!上り調子で良くなっていく。

1部は主にNewアルバム『RAINBOW』から。
聞くたびにその哲学的な歌詞に打たれる〈あなたへ〉。初聴きの時は、難解で軽い拒否反応さえ覚えた(笑)けども、ミヤジも言っていたが「ここにきて完成形を見ました!」。本当に聴いてる私たちにも曲というものは生もので、自分の中での理解も感激も、時がたつにつれ変化していくものだと痛感させられた。曲の持つ本来の意味が伝わった気がして素晴らしかった。
だからエレカシの曲は食べにくいで終わらせてはもったいないのだ!←
それから私は個人的にこのアルバムの中では〈なからん〉が一番グッときていたので、ライブではどうなるか楽しみにしていた。アルバムの中のストリングスでは泣いてるような叫んでいるようなロングトーンに被るミヤジの絞り出すような「なから~ん!!」。ミヤジのファルセットと唸るような地鳴りのような声の落差。そして「愛の戯言も」の甘い囁き。この楽曲はミヤジにしか歌えない。天才。ライブでの〈なからん〉は少しアレンジが変わってスケール感が増していた。その分心臓の片隅をつねられるような感じはなかったけれど、会場全体に覆いかぶさるような迫力があったと思う。
それから今か今かと焦らされた〈3210〉からの〈RAINBOW〉。もう!(憤)曲間の「キャー!」は頂けない。そこが残念だったけれども、この曲はもうメンバー全員が恰好良かった!

2部は〈I am happy〉から。ミヤジが「お正月らしく…」みたいな事を言っていたけど、歌詞は辛辣で痛快で(でも死んじゃうのよ~♪)って「お正月」らしさはどこ(笑)?でもIam happy!ノリノリで踊れた。それでいいじゃないって事かな。後はユニバーサル期の名曲たちを絶好調に謳い上げた。〈桜の花舞い上がる道を〉はいつ聴いても私を持ち上げてくれる。

皆さんが泣けたという〈曙光〉と(偶成)のレポは私が口を出すのもおこがましい気がする。もう聴けただけでも幸せですと、両手をあわすのが精一杯だった。

次の日仕事があったため、泣く泣く〈友達がいるのさ〉が終わった所で後ろ髪引かれて禿げながら会場を去らざるを得なかった。〈風に吹かれて〉が聞きたかったな。

新春コンサートとして、4回連続で参戦している。初参戦の2012渋谷公会堂(c.c.レモンホール)の時を思えば、年々大規模になっていってるので、嬉しい反面だんだん偉大になっていくエレカシに多少寂しさもある。そして今回特に、『RAINBOW』で路線が2つに分かれた気がしてエレカシはどうなっていくんだという気持ちも持ちつつ聴いていた。
私は『STARTING OVER』の分岐点のファンの戸惑いを知らないが、アレンジャーが変わるということはこういう事なのかもしれないと思った。それをエレファントカシマシとしてやっていく以上私はエレファントカシマシと共に生きる。そういう性なのだ。恰好良くてもダサくても私を掴んで離さない限り、共に生きるのだ。大いなる星に導かれてしまったのだから。そして私もいつか誰かの花束になれるように己の全部使い果たせたらな。

たわらがたさんのライブレポート

エレカシの新春ライブに連日参戦できる幸せ。一曲め『脱コミュニケーション』の「窓の外拡がる…」「泣かないでbaby…」の声で、良いライブになると確信。悪魔ツアーの頃、こんなによく声が出ていた脱コミはなかったと思う。『悲しみの果て』冒頭のジャジャッジャジャ!も見事にピシリと揃っていた。昨日はなんとなくココがぐしゃりとしていて、ちょっと本調子じゃないのかな?と感じたが、今日はコンディション良さそう。『あなたへ』素晴らしい歌と演奏。「すごく思い入れがあって。丁寧に歌いました。今日が完成形のような感じです!」とおっしゃっていた。このホールは、バンドとストリングス全体の立体的な音のダイナミックさと、今の宮本先生の「声」の魅力が、くっきりと研ぎすまされた形で味わえる。『なからん』の、まっすぐ深遠まで突き通る透明な声よ。こんな美しいファルセットがこの世にある?やっと今、宮本さんがご自身の法外すぎる才能をハンドリングして形にできているのかも、などと思った。『昨日よ』前日に引き続き名演。初めてライブで聴いた時は印象的な演奏に心奪われたが、拝聴する度に先生の歌ぢからの存在感が増している。演奏に対する信頼と安心感か、気持ち良さそうに裏声と地声を巧みに行き来させていた。いやーみやもっさんて、ほんっとに底なしに、うたがうまいな。そして『愛すべき今日』がとんでもなく凄かった!こんな凄い歌を聴かせてもらって、ひれ伏したいくらいの気持ちになった。『Under the sky』の前に「お正月…、でも今日は、平日…。こんなにたくさん、ありがとうー。エブリィバディー…」と、すごくきれいな高いファルセットで歌ってくれた。「東京国際フォーラムにお集まりのみなさん。雨の日も、風の日も、晴れの日も、ちょっと風邪引いたりなんかしながら、ずっとこうしてみんな、歩いてきたんだぜ。そうして今日ここに集まっているんだぜ!」の言葉も嬉しかった。そして今日も『偶成』が聴ける奇跡。「我々も今、ミッキーや村山さんという若い人たちに一緒に手伝ってもらってるんですけど。あと金原さんたちね。金原さんはあの、どう、同世代、なんだけど…」会場笑。「古い曲もいっぱいあって。そういう古い曲も、今の曲としてみんなの前で堂々と歌えるのが嬉しいです」とのこと。「昨日もやったんだけど、思い切ってやってみたら上手にできたんで、今日も調子に乗って、やろうかなと。若い頃、引きこもって…っていう言葉が適当か分からないですけど、部屋でうじうじ…まぁ若い時って半分ぐらいそんな感じかもしれないですけど。その頃に作った曲です」。この曲の圧巻すぎる魂の叫びには、感情とか感傷を超えた、もっと深い動物的な本能のところを鷲掴みにされ、ただただ涙が流れた。『リッスントゥザミュージック』は聴き慣れた発声法と違い、ソフトで潤った新しい声に感じた。金原さんの熱演にも惹き込まれました。『Destiny』は「バシッとかっこよく決まって、出来た時「新境地!」って感じですごく嬉しかった曲です。デスティニー、デスティニー。日本語にすると「運命」とかいう意味だそうです…なんてそんなのどうでもいいですか?ハッハッハ!」となぜか笑う先生。可笑しくて、曲の最中も苦しかった。終盤に至ってもまったく疲れを見せない先生の声。どんどん凄くなっちゃって怖いくらいだった。『ガストロンジャー』のラストもバシッと決め、『ファイティングマン』では、オフリードの宮本先生はますます自由に駆け回り、舞台右の客席脇へ出ようとしてライトか何かを倒してしまい、律儀に直しながら歌っていらした。最後ステージに戻ってくるのが間に合わず、もいっちょーと言いながら真ん中まで走り「ベイビー、ファーイティングマン!」とジャンプして決めました。絶好調すぎ。これがもし初日だったら翌日が心配になるなと思った。アンコールで「好きな人は好きな曲」と紹介した『友達がいるのさ』も嬉しい選曲。「立ち止まったっていいぜ、振り返ってもいいぜ、なんだって、かまわないぜー!」には胸が熱くなった。フィナーレは『花男』。最高潮の熱気の中、恐ろしく凄い声で力いっぱい歌う先生は、もはや化ケモノ化していた。最後も決まってドワァッと歓声。なんだ今日、決まりすぎ。かっこよすぎ。宮本さんはサンキューと手をあげ「良いお年をー!」さらに「また来年!」と言うので、観客から「えーっ!」と声が上がりつつも、微笑ましい雰囲気と満場の拍手と喝采の中、退場して行かれました。4日が「人間・宮本」が前面に出ていたライブだとしたら、5日はバンドやストリングスとの息も合って、やる曲やる曲決まりまくり、先生のテンションも上がって最後は化ケモノみたいになっていた。でも、4日と5日のどちらが「良かった」かと言えば、それは甲乙つけがたい。人間くさい宮本さんも、人間じゃない宮本さんも、どちらも素晴らしいから。今年の新春は去年のようにバリバリにセトリを変えてくる構成ではなかったけど、両日とも全く別の顔のコンサートを見せてくれて、やっぱり二日間参戦できて本当によかった。こんなすごいしあわせをもらって、きっと今年も頑張れる、頑張ろうと思いました。エレカシに会えて、エレカシの愛を浴びることができて、最高の年明けの二日間でした。

峠さんのライブレポート

1階10列3x番

りすぞうさんのライブレポート

今の声で歌う「友達がいるのさ」が良かった。

トルツメさんのライブレポート

ニッポンのおしょうがつ〜 でも平日〜 
エブリバディ!たくさん〜ありがと〜〜うぉううぉう〜〜
おんがくのじかんです〜〜とうきょうこくさいふぉーらむ〜〜
このそらのした〜〜うぉううぉう〜〜
ありがとう〜〜ありがとう〜〜、、、
と、アコギで即興的に歌っていた。

三度目のファンファーレから待ちに待った「RAINBOW」。
歌い出しまでの間、照明が落とされたホールは
期待と緊張で息ができない。楽しすぎてしんどい。
暗闇の中、ギターを渡す宮本さんのシルエットがぼんやり見えた。
オリジナルよりも少し長い「間」なのであった。

気楽に聞いてくれと言われても、それは難しい注文だ。
「花男」の途中、“われわれ、なんたらかんたらほにゃららほにゃらら、
歌を歌い続けていきまする!”と言っていた。
辛うじて聞き取れた言葉がファンとしては嬉しい。
_____

雑感。
日々押し寄せるニュースにパンクしそうになったり
理想と現実のギャップに悩まされて生きているけど
苦しいのは、生きるが故の証なのだ。
“金があればいい”という言葉に癒されてしまう。
「デーデ」がバラードになりうるのは、エレカシの曲だからなのだろう。

せいさんのライブレポート

この日はちょうど真ん中あたり。ドラムの振動も強く感じた前の日に比べると、全体的に聴きやすい。ストリングスも聴きやすかったような気がする。
あとこの位置からだと、照明もいい。舞台の両袖の方も広く光を使っていてダイナミックだ。
始まる前、昨日と同じSEを聴きながらお客さんを眺めていた。小学生位の男子もチラホラ見かけた。小さい男の子がエレカシTシャツを着ているのが愛おしい。そしてそれが幼い頃の思い出になるなんて、なんて羨ましい人生だ。最後に掛っていたSEの、昨日とほぼ同じタイミングで始まる。

『なからん』、ストリングスがあるとやっぱりとてつもなく良い。狂おしくうねっていく感じ。ストリングスチームの柳のようにたおやかに揺れ交じる姿も美しかった。
『昨日よ』、どんどん好きになっていく曲だ。しんとした静けさの「夏の日の夜」からじわじわと力が滲んで溢れていく所。気持ちが高まる。
そして『曙光』と『偶成』。また聴けるのが嬉しすぎる。しっかりと覚えておきたくてもの凄く集中して聴いたけどこの日も迫力が凄かった。

本人たちにとってはとても変化がある正装、この日もネクタイしてますとかトミ苦しくないとか話していた。
ネクタイ結べない発言には笑ってしまった。結んでもらってる姿を想像すると今年50のおじさんがまたかわいく思えてしまう。

それから思いがけない『友達がいるのさ』。たくさんありがとう。ラスト2曲は、さようならな曲。

帰りに遠巻きに見た国際フォーラム、照明で船が浮いているように見えた。かっこよすぎ。今まで気付かなかった光景だ。

やまさんのライブレポート

1F18列8



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ