エレファントカシマシDB 2015/12/18(金) 名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.ドビッシャー男

前回は日比谷野外大音楽堂 
2曲目に演奏

02.定め

前回は仙台イズミティ21 
2曲目に演奏

03.TEKUMAKUMAYAKON

前回は仙台イズミティ21 
3曲目に演奏

04.愛すべき今日

前回は仙台イズミティ21 
4曲目に演奏

05.悲しみの果て

前回は仙台イズミティ21 
5曲目に演奏

06.3210

前回は仙台イズミティ21 
6曲目に演奏

07.RAINBOW

前回は仙台イズミティ21 
7曲目に演奏

08.昨日よ

前回は仙台イズミティ21 
8曲目に演奏

09.なからん

前回は仙台イズミティ21 
9曲目に演奏

10.シナリオどおり

前回は仙台イズミティ21 
10曲目に演奏

11.永遠の旅人

前回は仙台イズミティ21 
11曲目に演奏

12.Destiny

前回は仙台イズミティ21 
12曲目に演奏

13.ズレてる方がいい

前回は仙台イズミティ21 
13曲目に演奏

14.リッスントゥザミュージック

前回は日本武道館 
12曲目に演奏

15.漂う人の性

前回は仙台イズミティ21 
14曲目に演奏

16.あなたへ

前回は仙台イズミティ21 
15曲目に演奏

17.やさしさ

前回は仙台イズミティ21 
16曲目に演奏

18.桜の花、舞い上がる道を

前回は仙台イズミティ21 
17曲目に演奏

19.石橋たたいて八十年

前回はわくわくホリデーホール(札幌市民ホール) 
18曲目に演奏

20.

前回は仙台イズミティ21 
21曲目に演奏

21.ガストロンジャー

前回は仙台イズミティ21 
22曲目に演奏

22.Under the sky

前回は仙台イズミティ21 
23曲目に演奏

23.雨の日も風の日も

前回は仙台イズミティ21 
24曲目に演奏

24.俺たちの明日(アンコール1)

前回は仙台イズミティ21 
25曲目に演奏

25.デーデ(アンコール1)

前回はSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 
5曲目に演奏

26.赤き空よ!(アンコール1)

前回は日本武道館 
20曲目に演奏

27.風に吹かれて(アンコール1)

前回は仙台イズミティ21 
18曲目に演奏

28.ファイティングマン(アンコール1)

前回は仙台イズミティ21 
28曲目に演奏


小萩木名子さんのライブレポート

ホールライブ初参戦。1回席25列目5番。
入場開始後ホールに入ると何故か白く靄っていた。
立ち上がっていいのか悩んだが、開始早々ほぼ全員立ち上がり杞憂に終わる。
1曲目は【ドビッシャー男】イントロですぐわかった。この曲をライブで聴けると思っていなかったので狂喜乱舞。ミヤジの声は絶好調、バンドの音も完成度が高く、久々にハラハラしないで手放しで聴くことができた。キーボードの音もかっこいい。
途中、ミヤジが何度かトミに向かってリズムの速さなどを打ち合わせしていて、いろんな意味で少しドキドキした。
前回のZepp名古屋で21時前にあっさりと終了してしまったのとは対照的に、
第二部の後のアンコールが止まらないという嬉しいサプライズ。
うろ覚えのセトリが全部消し飛んだ。
お、終わりか?と思う度、ステージライトが消えないのと、舞台袖のスタッフさんが次々とギターを持ってスタンバイするのを見て、あ、まだ歌ってくれる!もっと歌ってくれる!と確信。こうなったらとことん聴こう、と新幹線で帰る覚悟を決めて腕時計を外す。「18の頃…」「ポプコンで…」というミヤジのMCの後、今の自分が歌いやすいようにアレンジしたという【やさしさ】を歌う。今のミヤジにしか歌えない、今までで一番の【やさしさ】だった。ラスト【ファイティングマン】は、間奏中に舞台右手袖ギリギリまで出て歌う。こっちには来てくれないのかあ、と思っていたら、ラスト直前左側で歌いタコ踊り。エンディング直前で舞台中央に戻った辺りで客電が点いた後、無事エンディング。
挨拶の後去り際に白シャツを引きちぎり21時半過ぎに終了。満タン、満足。
会場は最寄駅から5分ほどでアクセスが良く、飲食店なども多いため時間を潰すのに苦にならないロケーション。ロビーで開場待ちできたのもありがたかった。

しげさんのライブレポート

行ってきました(^0^)/
レインボーツアー、名古屋。
大阪なんばハッチの時は、体調崩して行けなかったけども、
今回は体調バッチリ、大丈夫やった(o^^o)

日本特殊陶業市民会館フォレストホール、
素晴らしい立派な綺麗な会場で、
4階まであって、びっくりした。
4階まで満員。
宮本さん、嬉しいやろうなあ。。。。と、わたしも嬉しくなる。

宮本さん、ライブ中、4階に向かって歌ってる感じやった。
ああきっと、4階までこの美しい歌声は届いてると思った。

宮本さん、途中で、調子に乗らずに丁寧に歌おうと心がけてると言った。
宮本さん、綺麗な伸びやかな声。
ホールに響き渡る。
特に、「やさしさ」のときの、歌声は最高!
もう聞き惚れた。感動した。終った時の拍手も最高に多かった。
みんなが感動したよね。

アルバムレインボーの曲は、どれもライブでやると、活き活きとして輝いてた。
やっぱ、ライブは最高!
アルバムで聞くよりも、さらに良さが分かる。

わたしの好きな曲「なからん」「あなたへ」は、もう感動やった。

宮本さん、何度も何度も「ありがとう」って言ってくれた。
嬉しかったんやなあ。
満員のお客さん、沢山の拍手。
曲もいっぱいやってくれて。
ほんと、良かった!

romiomessaさんのライブレポート

15例47番。

3年ぶりの名古屋。このツアー、初ホールの私。
なんばハッチはかなり近くで観れて、大いに盛り上がってそれはそれで良かったのだけど、やっぱね、立ちっぱなしはしんどい!堪える!てのが本音(笑)。その点、お席があるって本当に良いわ。
「日本特殊陶業市民会館フォレストホール」4階まであるとは。お客さんぎっしりで宮本さんもさぞ嬉かった事でしょう(当日券あったけど)。

宮本さん終始ご機嫌さんで、声も伸びやか!
「丁寧にやります」て。で、一曲一曲終わる度に「ありがとう」「ありがとうございます」「サンキュー」いずれか言っては頭下げてたな。
2時間20分、28曲!
中でも「やさしさ」は否の打ち所一切なし、鳥肌モノで拍手が鳴りやまずでした・・・。

やっぱライブハウスとホールは違うと実感、ホール良いね。
23日の奈良で私の今年のエレカシさんは締めくくり!
どんな表情を観せてくれるのか、これまた楽しみです。




Yubeさんのライブレポート

「日本特殊陶業市民会館フォレストホール」と4、5回言うてました。
歌の中でもしっかりフルネーム。
いつもながら律義な男よ。

のなさんのライブレポート

19:05頃始まる。人々が立ち上がるとイスがたたまれてゴトゴトゴトゴト・・・・と音を立てる。

定め 緑の照明、赤い照明。このツアーで聴くのは3回目だが、聴くたびにかっこよさが増していると感じる。じわっと涙が出た。

「日本特殊陶業市民会館フォレストホールにお集まりの皆さん、ようこそ!俺たちもようこそ!」

3210の後、一部のお客さんから歓声と拍手が起きて、少し驚いた。
RAIBOW 歌いながらジャケットを脱いでロンTになる。歌い終わったとき、ヘロヘロで倒れそうになってた。

永遠の旅人 ミヤジは、砲丸投げをするような感じで拳を突き上げながら歌う。7~8割のお客さんも一緒に拳を挙げる。私は(え、永遠の旅人ってこんな曲だっけ?ゆくぜ、ゆくぜ、ゆくぜって歌詞だから、まあおかしくはないか。いやあ、でも、なんか違う気がするなぁ…)などと考えながら、取り残されたような気持ちで観ていた。でもエレカシはそういうことを強要しないから、安心して茫然と眺めていられる。優しい。終わると「ノリがいいぜ、名古屋。」と言っていた。

「1部終了。また出てきます。」
2部は、黒シャツ。

リッスントゥザミュージックが始まると観客から「ほぉ!」と短い歓声が上がった。今日も口笛は正しい音程に届かず、隣の女性は失笑して下を向いているようだった。

やさしさ 「ポプコンって今もあるのかな、ポプコンっていうコンテストに17か18歳の時に出て、その時歌った曲をやります。アレンジは違うんだけど・・・今の自分が歌いやすいように変えてあります。」会場が静かになりきらないうちに、「何をしーても~」と歌いだした。アコギ弾き語り→キーボードのみの伴奏→バンド。う~ん…“なからん”みたいな歌い方で一度聴いてみたいと思った。

石橋たたいて八十年 外国の都市を並べて、次は国内と思ったら、「九州!」「四国!」「北海道!」「東北!」えらく大雑把だなぁ、都市じゃないじゃんと思った。でもそのあと愛知県内の都市をいろいろ言ってくれた。郡上八幡は岐阜県だけど、岡崎、豊橋、名古屋、栄、フォレストホール、他にも言ったかもしれないけど忘れた。

デーデのカウベルの音が今日はいまいち響かなかった。

「渋い曲をやります。さっきリハで練習した、渋い、中年の渋い歌です。若い人も聴いてください。」赤き空よ!

「もう1曲やっていいですか?大丈夫じゃない人はいいので…いいようにとらえて、あと1曲だけやります。」風に吹かれて 手を振った。

ファイティングマン 石くんが前に出て、大きなストロークでギターをかき鳴らす。ふと見ると背景のスクリーンがゆっくりゆっくり上がっている。“あの”渋公の再現だ!!コンクリ(?)の壁、配管などが見える。私も俄然盛り上がって、今日一番楽しかった。間奏で上手へ。スピーカーに張り付いて何とかその先の細い通路へ行き、愛想を振りまく。またスピーカーに抱きついて定位置まで戻り歌う。後奏で下手へ。スピーカーにへばりついて通路へ。帰りはスピーカーの後ろのすきまを無理やり通って、ステージに戻った。

「エレファントカシマシでした。」最後にもう1度軽くメンバー紹介。21:32終了。

ものすごい大ボリュームだった。MCも多かった。

「RAINBOWっていう新しいアルバムができまして、・・・もう1ヵ月になりますか・・・ツアーをやることは前から決まっていたので、アルバムが間に合うかひやひやものでした。ぎりぎり間に合ってよかったです。」

「ここはいいホールですね、風格があって…そう思いませんか?天井が高いし、、歌が上手に聴こえる気がします。でも、それで調子に乗らないように気を付けて歌ってます。その、1番上は地上何階ですか?8階くらいですか?(笑)・・・4階ですか。どうでもいいことを話してしまいました。(笑)」確かに天井の低いビルの4階より、4階席は高かったかもしれない。でも8階は言い過ぎじゃないか。

メンバー紹介「SUNNY、キーボードとコーラス、頼りになります。」「ベース、高緑成治。今日もダンディに決まってます。」「ドラム、絶好調、冨永義之。バンドの兄貴。頼りになります。」「ギター、石森敏行。今日はなんかおしゃれしてきました。」グレーのシャツ。「ギター、ヒラマミキオ。30代。」「総合司会の宮本です。」

ミヤジは、何度も「日本特殊陶業市民会館」と言って、そのうち1回は「日本特殊陶業‘記念’会館」になってた(笑)

今日はトミがよく見える位置だったので、ちらちら見ていたら、数秒間目が合った気がした。ばっと両腕がクロスする瞬間、振りかぶって叩く時、特にかっこいい。写真で見るトミは、眉間にしわを寄せていたりして人相が悪い時があるけど、ドラムを叩いてる時は少年のような顔をしていると、今日改めて気づいた。

ミヤジ、歌い終わると毎回毎回お礼を言っていた。2日後になって気づいたことがある。ミヤジは、名古屋のラジオで矢野きよ実さんに教え諭されていた。「40代に感謝して50歳を迎えんといかんよ。」と。あれは矢野さんに、「自分は感謝を忘れていない」とアピールしていたのでは、と(笑)。違うか。でもあんなにお礼を言ったのは珍しいと思う。

アンコールの時、SUNNYさんはRAINBOW Tシャツ黒、成ちゃんはたぶんポケットTシャツ、トミはよく見えなかったけど黒いTシャツ、石くんはRAINBOW Tシャツ白、ミッキーはたぶんRAINBOW Tシャツ白の上に自分のパーカー。ミッキーは、よく覚えてないけど本編の時からこの格好だったかも。ミヤジは白シャツ。最後退場する時、前をばっと開けて、ボタンがきらりと光って落ちるのが見えた。

ミヤジは、全体的に声がかすれがちだった。でも喫煙時よりはずっとよく声が出ていた。
歌い終わったあと数秒静止することが多くて、疲れてるんだろうなと思った。「どうだ、歌うまいだろ?」っていう意味もあるんだろうけど。ちゃんと食べて、マラソンなんかせずに、しっかり寝てくださいね。

chenさんのライブレポート

初めての会場、宮本さんは広くて音の好い会場で気持ちよさげだった。席も真ん中の割と前の方だったので、顔もよく見え、声も響き渡り、歌詞もライブハウスよりよく聞こえ、とても良かった。席があるのも落ち着いて聴けて嬉しかった。ライブハウスじゃなくても十分盛り上がった。ニューアルバム曲も古い曲もよかった~。どうして昔の曲もこんなに新しく聞こえるのかな。すごいな。
初めての曲を聞くのは大体CDだけど、ホントはライブでききたいなぁ~と感じた。他の歌手ならCDで予習をと思うが、エレカシの場合はライブがあまりにも素晴らしくて、まずは生でと思ってしまう。でもたまにしか行けなくて悲しい。もっと名古屋に来てほしい。

けいとわさんのライブレポート

1階  6列 23番



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ