エレファントカシマシDB 2015/11/26(木) なんばHatch セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.うつらうつら

前回は豊洲PIT 
1曲目に演奏

02.定め

前回はZepp Namba 
2曲目に演奏

03.TEKUMAKUMAYAKON

前回は豊洲PIT 
3曲目に演奏

04.愛すべき今日

前回は豊洲PIT 
4曲目に演奏

05.悲しみの果て

前回は豊洲PIT 
5曲目に演奏

06.3210

前回は豊洲PIT 
6曲目に演奏

07.RAINBOW

前回は豊洲PIT 
7曲目に演奏

08.昨日よ

前回は豊洲PIT 
8曲目に演奏

09.なからん

前回は豊洲PIT 
9曲目に演奏

10.シナリオどおり

前回は豊洲PIT 
10曲目に演奏

11.永遠の旅人

前回は豊洲PIT 
11曲目に演奏

12.Destiny

前回は豊洲PIT 
12曲目に演奏

13.ズレてる方がいい

前回は豊洲PIT 
13曲目に演奏

14.我が祈り

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
4曲目に演奏

15.あなたへ

前回は豊洲PIT 
15曲目に演奏

16.翳りゆく部屋

前回は豊洲PIT 
16曲目に演奏

17.桜の花、舞い上がる道を

前回は豊洲PIT 
17曲目に演奏

18.石橋たたいて八十年

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
12曲目に演奏

19.

前回は豊洲PIT 
19曲目に演奏

20.ガストロンジャー

前回は豊洲PIT 
20曲目に演奏

21.Under the sky

前回は豊洲PIT 
21曲目に演奏

22.雨の日も風の日も

前回は豊洲PIT 
22曲目に演奏

23.俺たちの明日(アンコール1)

前回はMr.Children 2マンツアー 
9曲目に演奏

24.ファイティングマン(アンコール1)

前回は豊洲PIT 
24曲目に演奏


こはろうさんのライブレポート

最初にこのライブの情報を知ったとき
「え?なんばHatch?zeppなんばじゃなくて?それもド平日?」って疑問ばかりがドタマに浮かんだことを思い出します。
最近自分にいろんな問題がのしかかってきており、ココロもスケジュール的にもギリギリな状態でエレ友と会場へ。
ライブ開始前に家族の…心配な状況を知りライブへの集中力もいまいち。

まず、11月下旬に外で並ぶって…厳しいですね。
エレT一枚には怖くてなれなかったです。
中に入ってヒートテックを脱ぐ⇒腰に巻くという手段をとりました。
この方法をとっているエベバデは多かったのでは?
事前の情報収集で最近の宮本さんはちょいちょい黒ロンTでライブってのがありみたいだったので「宮本黒ロンT」好きとしては期待しておりました。

照明落ちて宮本さん登場。
「黒ロンT!かっこいい!」とエレ友と喜びを分かち合いました。

うつらうつら。すごいな。これきたか?(豊洲のセトリなどノーチェックでの参戦)
声がとにかく伸びる~伸びる~
なんばHatchの音量の限界では?ってほどの声量に今更ながら圧倒されました。
ほんと歌うめぇなぁ~と思いました。

愛すべき今日。ライブでは初聴き。
この曲は発売以来大好きになって、朝ランのときのパワーソングに設定しているほど。(夜明け~日の出のタイミングで聴くと最高)
CD版はジワジワと力強くって感じだけど、ライブではもっとロックが効いた感じで俺明日のような応援歌のように感じました。
もちろんどっちも良い!大好きです。

悲しみの果て。この曲は私とエレカシの出会いの曲。
5年前の私なりの「悲しみの果て」なときに出会いエレカシに励まされながら生きてきました。
そしてまた現在「悲しみの果て」を感じる私には胸に迫りくるものがありました。
涙が出ました。

3210⇒RAINBOW 
これ…CDみたいに3210終わってすぐに「暮れゆく街の~」って始まるワケにはいかないのですね…。
宮本さんのギターを変更せねばならないのですね。すみません。楽器を持たない者が出過ぎたことを申しました…
RAIBOWはもうもうかっこいい!間違いなく盛り上がる曲。
エベバデみんな大盛り上がり。
しかし息継ぎなしのあの曲をライブでやってのける49歳。
私もまだまだだなぁ、がんばらねば!と体力づくりの面での決意を新たにしました。

シナリオどおり。これめっちゃかっこ良いではないですか?
いや、CD聴いていましたよ。数回ですけど。
でも今回のライブで私の中では一番ヒットした一曲です。
宮本さんのちょっと憎たらしいような(イヤ憎たらしくないですけど…)歌唱法がこれまたライブ映えしていて。
帰りの電車であの感動をもう一度!と思いまして、隣の人が降りた瞬間に音量上げて聴きましたよ。

ズレてる方がいい。最初のワンフレーズ歌ったあとの間奏部分で「おーーさかぁー!!!」って宮本さん叫たんでエベバデ大盛り上がり。
たっくさんの両腕が上がってましたよ。
最後の「ズーーレてる方が~いい~~」もばっちり決まってました。

まさかの我が祈り!この曲の最初の「デェーーーーーー」って長いんですよ。
今CD版計ったら12秒ありました。昨日はこれまではいかなかったけど8秒?それ以上は伸びてました。
マスピツアーのときの記憶があるんですが、あのときはライブ後半にこの曲で、この叫びは4秒とかそれくらいでした。
この叫び部分が個人的に大好きで注意して聴いてたんです。
大病をされてタバコをやめたことが声の伸びにつながってるのかもですね。

翳りゆく部屋。宮本さんが曲前に自ら曲紹介を。おぉこの曲がと驚きました。
周囲もちょっとざわついていました。
村山さんのキーボードは蔦谷さんとはちょっと印象が違って…私にはハッキリと大きく聴こえました。
宮本さんはこれでもかくらいの歌唱力をみせつけてくださいました。

桜の花、舞い上がる道を。この曲の前に宮本さん「冬だけど…この曲を」と語って歌に入りました。
その数秒で私はなぜか?
「え?夏の曲…なに?sweet memory?」とかドタマフル稼働していました(笑)。
今冷静になって考えるとsweet memory夏の曲でもないし。
この曲始まるとエベバデざわついていました。
やっぱみんな大好きな曲なのですね。
私の斜め前の女性もそれまであんまりどの曲も腕が上がってなかったのですが、この桜の花が突破口になったようで。
以降はガンガン腕上げていらっしゃいました。
なんだか私もうれしくなっちゃいました。
そしていろいろと辛かったこと思い出してそしてがんばろうと思って泣きました。

石橋たたいて八十年。最初出だし宮本さんギターかき鳴らして、
え?なに?こんな曲…RAINBOWにあった?って分からなかったのですけど、
トミのドコドコドコ…でハッとしてエレ友さんと喜びました。
最高にカッコ良い!
個人的には今回のライブで一番ノリにのって動きまくった曲だと思います。
この曲はCDよりも断然ライブ版をいつも聴きたい!
途中の都市名を言っていくとこでなかなか大阪を言わない宮本さん。
「九州、熊本、広島…」ってきたときは「おぉ?次か?」といつでも盛り上がる準備をしてるのに
「奈良、京都…」ってきましたから。じらされました。
「おーーさかぁー!」ではもちろんエベバデ大盛り上がり。
「なんばはーーっち!」に至っては嬉しすぎて叫んじゃいました。

俺たちの明日。照明明るい、いつもの俺たちの明日。
私いつもこの曲ライブ時はノリノリの明るい気分で聴いているのですけど、
今回は違いました。涙出てきて。ほんとに「がんばろう」って思えたのです。
今日、ライブがあって良かったなぁって心底感じました。

アンコール二回目でファイティングマン。
最後にブッチー!って白シャツのボタンほぼ全部引きちぎりましたよ!
ボタンがパラーンって飛んでいくのかなり後ろな私でも見えましたから。
投げキッスでさらっと終了。
ちょっとだけ…え?もう?終りなん?ってあっさりさに驚きました。

最後に白シャツなのが今までと逆なお着替えパターンで新鮮でした。
ちなみに第一部終了して黒ロンTから黒シャツにお着替えしていらっしゃいました。

今回は心配事のある中、不安定なココロでのライブ参戦。
でも結果的には前に進む元気と勇気いろんなものをもらえました。
ありがとうございました。
これでまた今日からドーンと行けそうです。

たぷりさんのライブレポート

宮本さんの仰せのとおり、久しぶりのなんばhatch。かっこよかったー。新しいアルバムをもっと聴き込んで次は奈良へ。

じゃすみんさんのライブレポート

2階指定席。見晴らしも音響もとても良い。

宮本さんの声の伸びと振れ幅はいつもどおりの素晴らしさだったが、
今回はバンドとして更にグレードアップしてるんじゃ?という感じがした。
村山さんとミッキーが良い仕事をしてくれて、
エレカシというバンドの無骨な繊細さが際立っていたような・・・。

石橋たたいて八十年、楽しませていただきました。

30年近く全力で走り続けて、しかもいつも瑞々しいというのは、凄いことなんだよな!!

yamaさんのライブレポート

今回のアルバムが正直ピンときてなかったのですが。やっぱり生で聴くと印象変わりますねぇ。吐きそうなぐらいかっこよかった!

kurumiさんのライブレポート

TEKUMAKUMAYAKON の第一声にのけぞった。どこまで高いキーの声が出るんだろう。
個人的には、愛すべき今日、ズレてる方がいい、石橋たたいて八十年がすごくかっこよかった。
昔の曲と今の曲を同時にやっても、やっぱりエレカシだと再認識しました。

チャチャさんのライブレポート

うーん、自分がいた場所が悪かったのか、あんまり声が聞こえなかった。
マイク調子悪くて交換してたけどマイクの音量と演奏のバランス?。歌い方も変えた分、小さく聞こえるのもあるのかな。。
その代わり、石くんのギターがすんごく良く聞こえて嬉しかった!。
相変わらず宮本さん、右へ左へ。しかもすごい端っこ。男椅子のって後ろの人に見えるように大きく手をふる。
目をキラキラさせながら。無意識ででっかいサービス精神。ありがとう。

romiomessaさんのライブレポート

整理番号A203番

2008年1月以来のなんばハッチですね。
スタンディングでは久々に早い方の番号で、そこそこ前で観れるかな位の期待でしたが、実際には前から5列位のど真ん中、宮本さんの真下を確保できました♪

禁煙の成果あってか、凄く声が出てました。絶好調だったのでは。
全編、超絶カッコよかったです。

1部→黒ロンT、2部→黒シャツ、アンコール→白シャツというのも新鮮でした。

笑実さんのライブレポート

わたしにとっての初なんばHatch。
しかし、平日の19時からというのは参加が危ぶまれる設定で。案の定、良番をいかせず、開演間際の到着で、後方エリアからの参加になりました。

なんばHatchはZeppよりコンパクトな会場でした。たとえ見えないにしても、ステージとの距離は近く感じられました。
今回は村山☆潤さんがキーボード。

うつらうつら→定め、と、 宮本さんの絶好調な艶のある歌声をひたすら浴びまくりました。今年、大阪は夏のフェスの出演もなく大阪城野音でのライブもなく、ないとわかるたびに、少なからずがっかりしていました。が、ひとたびこの声が身体にしみていけば、そんなこと、一瞬で吹き飛びました。こんな曲をこんな風に鮮やかにやってのけるバンドはほかにはないでしょう。圧巻の風格です。
そこからのTEKUMAKUMAYAKON!!
ニューアルバムツアーなのでもちろん新譜がメインなのですが、新旧の楽曲の結びつきが練りに練られており、まったく、違和感なし! エレカシの曲たちのまっったく古びることない、存在感。
その一方で、リリース間もないながら、新曲それぞれがすっかり浸透しきっていたように感じました。
なかでもやはりRAINBOWの素敵さといったらもう!! 疾走感と、うっとりするような神々しい歌声の静と動をみせつけられました。
宮本さん、リリースを前にし、様々な出演のなかで、中年になり、初老になり、やがて死にゆく身であるということを受け入れた、と繰り返しおっしゃっていました。病になり傷つき、そして、いろいろなことに寄り添えるココロになったことで、手に入れた懐の深さを実感せずにはいられないライブでした。言うなれば、歌えなくなるかもという、恐ろしい体験とひきかえに、図らずも一段高いステージへと昇れたような。とにかく、美しい、崇高さを増した自由自在な歌声を体感でき幸せでした。

今回は、せいちゃん、トミ、石くんはほぼ見えず。音だけしかと聴いておりました。さすが、磐石のエレカシ!嬉しくなっちゃいます。その四人の音をさらにドラマチックに仕上げてくださった、ヒラマさん&村山☆さん!!
村山☆潤さんは、また蔦谷さんとは違う、鍵盤の音色で。丸いカラフルなピアノ音はなんだか心憎いほどで、エレカシへのリスペクトに満ちた、そしてエレカシに選ばれた若い才能にあふれた人なのだと
感じました。そして、どんなかたなのかしらと、俄然興味が増しました。

ステージの様子はそんなに見えなかったーー涙涙。
でも、やはり行って本当によかったです。

次は奈良!!
年内、まだまだ楽しみが続きます☆

のなさんのライブレポート

RAINBOW TOUR初参加。
17:00頃なんばHatchへ。円柱状の建物の3Fがエントランス。会場はもっと上。
グッズを買ったら、RAINBOW ver.のビニール袋をくれた。
17:30頃、外に出された。外で番号順に並ぶなんて知らず薄着で、超寒い。半袖の人もいた。

番号があまりよくなく、2番目のバーから2列目。前から11~12列目くらいか。
会場は、横幅は広いが、奥行きはあまりない。
空気が乾燥しているように感じた。

19:10頃開演。ミヤジ黒ロンT、ジーパン。
1曲目、うつらうつら。ベースとドラムがブオンブオン鳴って、ミヤジは左右に歩きながら、すさまじい声で歌っている。すげえ、こんなにかっこよかったっけと思った。

2曲目は定めだった。大阪の野音で聴いて大好きになった曲。ハロー人生!!と同じくミヤジにとって大阪でやりたくなる曲なのかもしれない。(DBさんで調べても、近年は大阪でよくやっている曲だった。)独白部分、観客に向かって叫んでいた。

「ト、ト、ト、ト、ト、ト」と言ってトミに叩かせ、「ッチャ、ッチャ、ッチャ、ッチャ、」とハイハットを入れさせ、「みんなでカウント」と、観客も一緒に「ワン、ツー、ワンツースリーフォー」愛すべき今日

RAINBOW 終わった後拍手が鳴りやまなかったが、私は、勢いだけで押し切ってしまったように感じて、もうちょっと落ち着いて歌ってほしいと思った。

ニューアルバムの曲を中心に、ボーカルにテクノロジーを活用しているようだった。エフェクトをかけたり、二人体制のチャットモンチーがやってた、その場で録音して、生演奏と重ねる技術(たぶん)。エレカシの場合はミヤジの声が輪唱みたいになってた。

テンポがゆっくりの曲は特に、ミヤジの美声を堪能できた。

「もう冬だけど、、、『ドーンと行こうぜ』ってそういう歌です。」桜の花、舞い上がる道を

石橋たたいて八十年がたいへん楽しかった。
ライブで一度聴いたことがあり、CDも持っているが、今までよさがわからなかった曲だ。今日の石橋たたいて八十年は、鉄壁のグルーヴ感というのか、エピックの香りは残しつつ、洗練された演奏で、とってもよかった。
中盤にきて、「はち、はち、はち、はちじゅうねん。」と歌うのを聴いて、なんばHatchから連想しての選曲だと気づいてにやにやした。
途中、橋の手前にいるジェスチャーをして「まだ渡ってない」と説明していた。
都市を並べるくだり、「九州!…違うか、熊本!」と言っていた。九州の都市でまず思い浮かべたのは、私の場合、福岡だったので、なぜ熊本?くまモンがいるから?などと考えてしまった。最後は「大阪、なんば、大阪、なんば」と締めくくっていた。
家へ帰ってCDを聴き直したらひとつ発見が。
「喜びもどうかすれば悲劇さ 悲しみもどうかすれば喜劇さ」
今日のライブもCDも、上記のように歌っているが、歌詞カードは、悲劇、喜劇ではなく両方とも刺激である。歌詞カードが間違っているということでいいのだろうか。
*******************************
ミヤジ、第2部は黒シャツ、アンコールは白い普通の形のシャツ。

メンバー紹介はさらっと。いつもと違ったのは成ちゃん、「すましてます。おすまし。」と言っていた。どの辺がすましてたのか私には分からなかった。

ミッキー、村山さんサポート。村山さんは、パソコン係も兼ねていた。
(たしか)ガストロンジャーの中で、「村山じゅんじゅんじゅんじゅん」と言っていた。

「なんばHatchはしばらくぶり。麗蘭とやった時と、単独でも何回かやったことがあるけど、ちゃんと数えてないから分かりません。」

「顔に(空調の)風が当たって、、寒い。」

「聞こえますか?最近よく『滑舌が悪くて、何言ってるか分からない』って言われる。」

ミヤジのギター交換係は、丹下さんじゃない人だったが、マイクコードが引っ掛かった時には静観するのではなく、ちゃんと助けに来ていた。

21:15終了。

*「 」の中はすべて宮本さんのお言葉です。
*私の聞き違い、勘違い等あるかもしれません。

jeyさんのライブレポート

最新アルバムと、古い曲。
そのどちらもが、輝きを失わず、変わらず、いつまでも歌われるのが、エレカシの魅力だと改めて感じました。
今回、ツアー2会場目で、比較的気張らない良い雰囲気でライヴは進んだと思います。
大阪なので、掛け声とかが多いかな?と思ったけど、そうでもなく、最近はあんまり地域差が無くなっているような気がします。
アルバム曲が全曲披露されたのは勿論ですが、その順序もひと工夫してありましたね。
ガストロンジャー後のUnder the skyとか。

あとは、「石橋たたいて…」が、やっぱワクワクした。

アンコールも含め、2時間15分ぐらいだったと思うけど、とても短く感じた。
そして、あっさり終わった気がした。
エレカシのワンマンは、3時間とか4時間とかの長さの時があるので、2時間ちょっとは短く感じるのかしら。。。。

Yubeさんのライブレポート

なんつーか、声がもはやウェポン。

毎度のことながらエレカシのセトリはゾッとする。
RAINBOW→昨日よ
我が祈り→あなたへ
ガストロンジャー→under the sky
絶叫し続けた直後に、柔らかいファルセットやそっと囁く系の曲を平気で繋げてくる。
宮本の喉の強さだからこそできる流れ。

お前の夢を見たのリフを弾き始めたので、心の中でキタァァァァー!!って絶叫した途端、あっさり止めて別の曲を始められた時の喪失感ったらなかった。
5好きの私になんとむごい仕打ち…
しばらく立ち直れんかった…

けいとわさんのライブレポート

100番

れれれさんのライブレポート

PA卓横の1段高い場所で観戦 673番

「TEKUMAKUMAYAKON 」から「愛すべき今日」
最後、「行くしかない」の後、勢い余って「でぇや~!」と絶叫。
バスドラのリズムを刻み、前曲のパワーのままに、「こうなりゃ、皆でカウントダウンだ!」と言って「ワン、ツー、ワン、ツー、スリー、フォー」とカウントアップで「愛すべき今日」へ突入。

シナリオどおり
CDではcoolな曲ですが、Liveではemotional。
宮本さんはギターを弾きながらの熱唱でしたが、リフレインでギターは何処かへ飛んでいき、最後はマイクも飛んでいき「ゴン!」と鈍い音が。
若かりし頃の「マイクゴン!」ではなく、圧倒的なパワーに吹き飛ばされてしまったという感じで、嫌な気分はしなかったけれど、マイクにはダメージが…

永遠の旅人
歌い出し直後からマイク不調。
すかさず高緑さんのコーラス用のマイクを取って歌い続ける宮本さん。
客席には歌声は途切れることなく聞こえたが、高緑さんのマイクはモニターの返しがなかったようで、歌いながらも「いけてる?止めた方がいい?」とスタッフに問いかけつつ、他のマイクを探す宮本さん。直後、モニターに返しがあったようで、演奏は続行。
ローディーさんが不調のワイヤレスマイクを調整して宮本さんに渡し、宮本さんは2本マイクを持って試すものの、ワイヤレスマイクは×。
ローディーさんは別のワイヤレスマイクを持ってきて宮本さんに渡し、宮本さんは2本マイクを持って試し、今度はOK。
宮本さんはワイヤレスのマイクに持ち替えて熱唱。
更にローディーさんが別のワイヤレスマイク(高性能なのかな)を持ってきて、宮本さんは再度マイクを持ち替え途切れることなく熱唱し、マイク騒動は一件落着。
高緑さんのマイクはコードありですが、宮本さんはより良いマイクを求めてか、コードを引きずりながらアチコチうろうろしたので、ステージ上のコードはぐちゃぐちゃ。
宮本さんのマイクが落ち着いた後、ローディーさんはぐちゃぐちゃのコードを淡々と整え、ステージ右手で無事作業を終えると宮本さん以外の全てのメンバーの前をずんずんと横切って、ステージ左手の定位置に帰還。
あぁ、エレファントカシマシのLiveにおけるローディーさんは黒子なのだなと感心。
ちなみにこの日のローディーさんは丹下さんではなく、帽子&髭の方です。

めったなことで演奏を止めないメンバーとスタッフのプロ意識に感服しつつ、次のLiveではじっくりと「永遠の旅人」を楽しみたい。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ