エレファントカシマシDB 2015/07/26(日) NUMBER SHOT 2015 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.悲しみの果て

前回はLIVE FACTORY 2015 
2曲目に演奏

02.デーデ

前回はLIVE FACTORY 2015 
6曲目に演奏

03.今宵の月のように

前回はLIVE FACTORY 2015 
4曲目に演奏

04.愛すべき今日

05.ズレてる方がいい

前回はLIVE FACTORY 2015 
5曲目に演奏

06.俺たちの明日

前回は日本武道館 
22曲目に演奏

07.ガストロンジャー

前回はLIVE FACTORY 2015 
8曲目に演奏


pommeさんのライブレポート

ナンバーショット、台風が心配でしたが無事開催されました。

まさにフェス仕様のセットリストでした。

メンバー4人&ヒラマさん。

エレカシは「山笠」ステージだったんだけど、
『デーデ』のとき宮本さんが隣の「どんたく」ステージのはじまで行ってしまい、
山笠ステージ前にいた私はアレレ?ってなりました。

歌いながら、誰もいないステージ奥に向かって、
客席に背を向け歩いて行ったり。
スクリーンの前で、客席とスクリーンをくるっくるっと交互に向いたり。
石くんの帽子を宮本さんが被ってポイッと捨てたり。
石くんにガニ股奏法?をさせたりと、いつもの宮本さんでした。
(フェスなので、初めてエレカシを見た人がどう思ったのかちょっと知りたい。)

『今宵の』のときは、もう定番の「 一番売れた曲です。」で始まり。

「今、配信ってのがあるんですね。」で新曲披露。
もうものすごい声量で、どこからそんな声が出るんだろうと思うほどの迫力でした。
歌い終わったあと「買って聴いて下さい。250円なんで。」だそうです。

メンバー紹介では、「トミとはもう37年の付き合いになる。」
ヒラマさんには「まだ30代です。若い!。って39歳ですけど。」

ときどき小雨も降る中、ものすごい湿度だったので、ギターのチューニングが狂っちゃうのかなと思う場面もありました。
皆さん暑い中おつかれさまでした。
ありがとう!!!






kkさんのライブレポート

今年の夏フェス第1弾。数日前から台風が接近していて開催が危ぶまれたりもしましたが無事に開催。
このフェスの数日前に新曲も配信が始まっていたので新曲聴けるかな…と期待した通りにバンドバージョン聴けました!爽やかな感じの配信バージョンとだいぶ印象違いましたが、力強くて元気になる曲!ライブでもいい曲でした!また聴きたい。30分と短かったけどライブ楽しくてまたまた元気になりました!

ラスさんのライブレポート

7/26、台風が遅い速度で九州に近づいているので飛行機は飛ぶのか、開催されるのか、非常にハラハラしましたが無事に開催されました。
福岡のフェスに行くのは初めてでしたが、友人のお陰でスムーズに会場入り。(感謝です)
会場は海の中公園でステージは左右に2つ並び、すり鉢状になっている前方がAブロック、通路挟んでその後ろがBブロックと分かれている。
2日通し券はリストバンドに交換してもらえたみたいだけど、1日券はリストバンドが無くチケットを見せてブロックに入るという状態がいちいち不便でした。
暑くて良い天気だったけれど、台風が近づいている影響で後半だいぶ雲が出てきて時折雨もぱらついたりしていた。でんぱ組の時もサーッと天気雨が。海から吹く風が心地良かったけれど、とにかく暑かったので雲が出てきて陽射しが和らぎ助かった。

16:00メンバー登場。予定よりもちょっと早いスタート。(タイムテーブルは16:10~だった。天気の心配があったからかも?)
宮本さんギター抱えつつ「こんにちは」と一言。
【悲しみの果て】隣の男性がうおーーって喜んでいた。ガツンと一発目に悲しみの果て!声も演奏もFACTORYに引き続き良い感じです。ちょっと硬かったかな・・・?ギターソロ石くん前に行けとアゴで指示。「エビバデようこそー!」終了して宮本さん両手万歳ダブルピース!
【デーデ】カンカンカンとカウベルが響いて「金を稼ごうぜー!」叫んでスタート!上手→下手へ元気いっぱいに走り下手側スクリーン前の花道へ、スクリーンに映っている自分の姿を見て、観客の方見て(スクリーンは宮本さんのアップ)スクリーン見て(宮本さんの後頭部が映るw)を跳ねながら見ているコミカルな動きに爆笑w金があればいい~でお尻ペンペン、隣のどんたくステージへそのまま移動し(次のABEDON+OT準備してるスタッフも笑ってた)更にマイク持ったまま上手の花道端っこまでどんどん進む宮本さん。マイクコードめっちゃ長いwしかもスタッフも平然としていたのでマイクコードは予想された長さだったのでしょうかw戻って石くんの胸ぐら掴んで前へ引っ張り出し、石くんの帽子奪って自分で被って投げるお決まりの帽子芸。アゲアゲで終了したかと思いきや、隣のステージに向かって「うるせーよ!人が歌ってんのに!馬鹿!!」とキレてた。(確かにこっちが演奏中でも隣でマイクの音出しが気になった)ちょっと引く観客(○_○;)。再度、「金があればいいーー!」と歌って締め。
【今宵の月のように】「くーだ…」と歌い始めて止まり「・・・音違った」とやり直し。手拍子が沸き起こる会場。石くんのサラサラロングヘアが風になびく。ポケットに手を~パンツの左前ポケットに入らず後ろポケットへ突っ込む。ギターはいつも通りブラブラ逆さまに。そのまま成ちゃんの後ろへダッシュして私の視界から消えるwそれにしても隣のステージからの音が気になる宮本さん、何度か眼光鋭く隣のステージを見ていた。(睨んでいたというか・・・)(実際私も音が気になった)ラストの、ああ~~であちこち指差し「良い顔してるぜよく見えないけど!」言い放って終了。石くんに帽子返却。「あんた帽子無いと&%#$だから」(何言ってるか聞き取れず)
メンバー紹介。成ちゃん→トミ→石くん→ミッキー→総合司会。
【愛すべき今日】「配信っていうのがあるんですか今」「丁寧に歌います。他の曲も丁寧に歌ってるけど」ワンツースリーフォー!とカウント取ってスタート。きたーーー!新曲ライブ初披露の瞬間を聴きたくて福岡までやって来たので待ちに待った瞬間。宮本さんハンドマイク、すごく緊張しているように見えた。ちょっと音が上ずったり。思い抱きしめ~で胸を両手で抱くように、大空~は指で上を差す。渾身の歌に大振りな身振り手振りでぐわっと両手を上げるのでカラフルなおパンツがぐわっと見えました。見事な歌に1番終了して、観客から自然と拍手が沸きあがる。(これすごく良かった)「エビバデー!」と叫んでキャンピング投げキッス!ふと石くんを見るとガニマタ奏法。同じ場所~で掌を下にヒョコッとヒヨコの様にしてたのがかわいかった。曇り空だったのがスッと陽が差し込む。それが何ともドラマチックに宮本さんの顔を照らし出す。更にモニターの上で熱唱、前のめりに力が入りまくり、顔が床に付かんばかり。闘いの~でシャツの裾を待つ男ばりにひっぱりながらドスの効いた迫力満点の歌いっぷりで、シャツも裂ける寸前(破けてはなかった)隣の男性はあまりのドスの効かせっぷりに笑っちゃってた。私はというと、予想外の絶叫に随分音源の印象と違いますね・・・と呆然としてしまった。雨の日も~でまさかの本当に雨がサーーッと降ってきて素晴らしい演出!!終了して「ご静聴ありがとうございました」「ありがとう、買ってください。250円なんで。」初聴きが全くキラキラしていなくて予想以上にビックリしたけど、良い意味で裏切られた。(その後のライブでどんどん落ち着いていったので初披露ならではの音が聴けて良かった)
【ズレてる方がいい】「ナンバーショットエビバデェェェ!!」と叫ぶ!胸を両手でゴリラ並みに叩く。「もっといけ!」石くん前に出てギターソロ!かりそめの~でイヤモニ取る。どうせ流す涙なら~で石くんにガニマタの見本を見せてやらせる→肩組んでそのままマイクの所へ。ズレてる方がいい~で両手を胸の前で平行に交差させる仕草。終了して石くんに「~だよオマエ」何か言ってた。宮本さんエレキギター音鳴らしつつ「あれ?」と呟きギターチェンジ。
【俺たちの明日】冒頭、石くんと2人で向かい合ってギター弾く。ギター抱えたまま上手側へ行ったと思ったら隣のステージへw流石にギターのコードは短かったようで丹下さんギターコードを握り外れないように引っ張る。もっと先に行きたい宮本さんと、これ以上行くとアンプからシールド抜けるから手を離さない丹下さんの攻防。久しぶりに見た伝統芸ww宮本さん諦めて戻るw石くんの横をすり抜け後ろへ回りこむとコードが石くんの足元でひっかかり石くん跨いでた。男椅子の上に乗って「さあ!がんばろうぜ!」成ちゃんも前へ出してた。ちょっと泣きそうになってたかな、と思う所がありつつ踏ん張った印象。
【ガストロンジャー】でかけようぜ~で手を腰に当て上を見るポーズキメてた。カッコよくギター鳴らす石くんに「オマエうるせー!俺が喋ってんだ」とギター石くん止めてその後めっちゃギター煽ってた。比較的サラッと終わったかな。「サンキュー!ありがとう!」「最高だぜ」「また会おう!」投げキッスして退場。16:32頃終了。あっという間の約32分の演奏時間。

なんといっても新曲の破壊力にやられたのでライブ後もしばらく絶叫の曲として私の頭の中を占拠していましたが、今となっては段々薄れてきてしまったのが残念。気合充分、気持ちが歌詞以上に前に溢れ出てきた歌いっぷりでした。もう一回聴きたい。

エレカシ以降天気が崩れ始め、まとまった雨が降り始めました。KANA-BOONで豪雨になりつつも短時間で上がり最後まで中止にならなくて良かった。思い出いっぱいの福岡になりました。

りすぞうさんのライブレポート

新曲を聞けた。サビの熱唱が宮本さん壊れちゃうんじゃないかというくらいすごかった。こういう歌だったのか。
新曲も2015年のライブも、ここからフェスでどんどん集中力を増してよくなっていくんだろうなと予感させた。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ