エレファントカシマシDB 2014/12/28(日) FM802 25th Anniversary 802GO! ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.ズレてる方がいい

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
16曲目に演奏

02.この世は最高!

前回はZepp Namba 
2曲目に演奏

03.デーデ

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
10曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
7曲目に演奏

05.風に吹かれて

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
6曲目に演奏

06.Destiny

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
19曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
18曲目に演奏

08.ガストロンジャー

前回は下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] 
21曲目に演奏


りすぞうさんのライブレポート

宮本さんジャケット脱ぎながら登場。白シャツ。
今日は髪に付けるのを持ってくるのを忘れたから髪がボサボサ、坊ちゃん刈りで来ました、と。
メンバー紹介で「ヒラマさんは30代、蔦谷さんも30代、若い。僕らはあと2年で50代」に会場が「えーっ!?」。
武道館の1月4日ばかり強調(チケットが4日の方が余っているからと)。
8曲約40分。声は絶好調。王道のセットリストながら大満足。

笑実さんのライブレポート

私にとって、2年ぶりのRADIO CRAZY!
Zepp以来のエレファントカシマシ!!

「ラジオ……レディオクレイジーに、呼んでくれてありがとう~~!!」 
「髪の毛をぐしゃぐしゃにする、つけるやつを忘れたので、坊っちゃんがりです」
「みんなに捧げます。少し有名な曲です」→で、悲しみの果てだったと思います。
「今宵の月のように」のときは、出だしで会場がどよめき、期待感で満ちていました。私はここで、涙があふれ、コンタクトレンズが片方ずれてしまうという、残念さ。

宮本さんは、終始晴れやか、終始律儀な印象でした。
たぶん、言うように託されていたであろう、武道館の告知も。4日がまだ余っていると。そして、「ま、言ったところでくる人はいないだろうと……」って。
 
とにかく声がのびやかで、うっとりしました。
これぞエレカシ!というのを見せつけた全八曲。圧倒的。ことばが届き、ドラマチックな楽曲は、ほかのバンドにない堂々たる魅力です。素晴らしかった!! 
欲を言えば、さらに、ソーメニー→花男くらいは、やってほしかったなあ。…と、思っていたのですが、その流れは、武道館でされていたのですね(泣泣) 待ちに待っていただけに、あっという間過ぎて、去りがたかったです。

その日私は直前の電気グルーブの時には、二列目にいたのですが、その前からいたONE OK ROCKのファンの女子が、象柄の冬フェスTをわたしが着ていることに気づいたようで、「エレファントの人や。替わってあげよう」 と小声で言い合い、始まる直前に最前列ポジションを譲ってくださいました~なんとありがたい~~。そう! エレカシでなく、エレファントと略している若者多数で、なかなか驚きでした。

エレカシ、最高にかっこよかったです。
なーーんか、別格すぎるんやもの。

今回は、雨だし寒いしビールはやめておきました。

こはろうさんのライブレポート

1分遅れくらいでのスタート。
私は花道的な凹んでるとこの石君サイドの前から8人目くらいで柵をつかんでの参戦。
観やすかった。
宮本さんが一番目に登場。
最初は黒ジャケット着てたのに、ステージに出たとたんに脱ぐ。
(たぶん)Nハリの36の白シャツ
ズボンはApril77

・ズレてる方がいい
うわぁコレきた!って嬉しかった。
最後の「ずーれてる方がいいー!」のアカペラバージョンは今回なしで。
このタイミングかしら?
頭をグシャグシャって宮本さんがやって。
エベバデにとってはもう、ありふれた行為でなにも感じないのですが今日はフェスでしたね。
開場から笑いが。
すると宮本さん
「今日はつけるのを・・・持ってくるのを忘れて・・・」みたいなことを言って。
(細かい言葉は違うかもしれない)
「とっちゃんぼーやみたいになってます」
みたいなことを言ってました。
そっか!?と思って観察してみると・・・たしかに、いつもよりもサラサラ~ってしてる。
へアースタイルも短め(東京からまんまよりはちょい長い)。
ってか今まで?いつも整髪料つけてたん?と思いました。

・この世は最高!
イントロから嬉しくて飛び跳ねてしまう私。
でもフェスでしたね、今日は。
完全に一人で飛び跳ねてました。ツアーでも二回聴いてるんでこの数ヶ月で三回目。嬉しかったです。

・デーデ
「お金よりも大事なものってあるかい?」
「お金がなくちゃメシも食えない」的なことを言って曲に入る。
(twitterでは「おマンマの食い上げ」だそうです)
途中のじゃじゃじゃ、ジャン!ジャン!のところ。
左腕から上げ下げしたら、みごと、宮本さんの腕上げ下げとシンクロしたんで心底うれしかった。

ここで?かな?違うかも?
宮本さん
「今日はラジオクレイジー・・・
レジオクレイジーに呼んでくれてどうもありがとう」と言う。
レディオやけどな・・・ってココロで思いました。

・悲しみの果て
「わりと有名な曲です」との説明。
ワンツー・・・
ワンツースリーとカウントを言い換え?てのはじまり。
会場からは歓声上がっての~歌ってる人多し。

・風に吹かれて
知ってる人多いんでしょうね。始まったときにどよめきがあった気が。
会場のみんなも腕のフリフリ~やってました。

・Destiny
最初の出だし?はミッキーのギターで始まることになってたんでしょうか。
最初ミッキーがひいたのだけど、宮本さん、なんかおしゃべりしちゃって。
「ワリと新しい曲です。っ言っても半年経っちゃってるけど」みたいなこと。
このタイミングだったかしら?
そんで曲名紹介で「デ、デ、デスティニー」って。
その「デ、デ」は・・・宮本さんの中で流行しでいるのでしょうか?他のときもこんな紹介だった気が。
んで、ミッキーに
「ごめんね、もう一回」って優しい口調で言って
ミッキーがギター鳴らして~のワンツーワンツースリーで曲スタート。
ツアーのときもそうだったけど、
曲の途中で宮本さん、手拍子を求めますね?

曲終ってのメンバー紹介。
蔦谷さんは普通に。
成ちゃん「今日もダンディーに決まってます」とアゴをなでられてた(笑)。
トミ「1年6組からの同級生」
(え?それ小学生からって・・・思う人もいるんでは?あ。どーでもいっか?と私この瞬間に思う)
「さっき電車で話してたんだけど36年一緒にいるみたいです」との話。
(電車って・・・新幹線のこと?と私、ココで思う)

石くん「1年6組からの同級生。石森トシくんです」って。
(ココで私「え?トシくん・・・ソレ初めてきいたわ~貴重だわ!」
と自分のドタマにメモった記憶が。)

ミッキー「30代。今日もシャープです」
(え?スマートやった?違ったかも?)
んで、なんか宮本さん的に、はっ!としたのか?
「蔦谷くんも30代。われわれは40代。あと二年で50代だけど」と追加。
ココで会場からどよめき起こる。

んで、総合司会を言い忘れ・・・(涙)。

・今宵の月のように
前を向いて歩いていこうぜ(細かい言葉は違うかも。汗)・・・そんな歌です、という紹介で。
「くーだらねぇと~」で会場からはどよめきが。
ポケットに手を~で本日は左の前ポケットに手を。
おぉ、これは!貴重やな!と私が思っていると、即後ろのポッケに手を移動。
でも、イヤモ二の機械?かな?ポッケに入ってるから狭いのね。
指が二本?やっと入るくらいでした。

今宵が終ると、
何かを思い出したように
「次は一月四日に武道館であいましょう!」と。
三日とは言わずに四日と言った記憶が私にはあります。
私はよく聴き取れなかった部分があるんですが
他の方のつぶやきでは「四日がまだチケットあるんで」みたいなことを言ってたそうで。
二~三回
「武道館であいましょう」と言ってた。
「忙しい人はWOWOWでも見れます」みたいなことも言ってた。

・ガストロンジャー
ここで初めて気付いた!
「ウォー!ウォーウォーウォー!」のとこ。
あれエレカシ単独ライブのとき当然腕を突き上げて叫びますよね?
それで今までは自分の声とか意識したこともなかったのですが、
今回それやったら・・・周囲に叫んでるの私だけで・・・
自分の「ウォー!ウォーウォー!」の声の・・・情けない感じ?にびっくりしました。

初めてのフェス参加。
単独ライブとは違う顔のエレファントカシマシが見れた気がした。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ