エレファントカシマシDB 2014/12/16(火) 下北沢CLUB Que20th記念 ONEMAN series [OPERATION UTAGE] セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.俺の道

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
1曲目に演奏

02.ろくでなし

前回は大阪城野外音楽堂 
6曲目に演奏

03.ドビッシャー男

前回はZepp DiverCity 
1曲目に演奏

04.かけだす男

前回はRockDaze! 2014 Special ザ・クロマニヨンズ 対 エレファントカシマシ 
3曲目に演奏

05.生存者は今日も笑う

前回はSHIBUYA-AX 
8曲目に演奏

06.風に吹かれて

前回は新潟LOTS 
23曲目に演奏

07.悲しみの果て

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
2曲目に演奏

08.土手

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
7曲目に演奏

09.ロック屋(五月雨東京)

前回はTOKYO DOME CITY HALL 
12曲目に演奏

10.デーデ

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
3曲目に演奏

11.夢の中で

前回は日比谷野外大音楽堂 
21曲目に演奏

12.石橋たたいて八十年

前回は日比谷野外大音楽堂 
4曲目に演奏

13.寒き夜

前回は渋谷公会堂 
7曲目に演奏

14.明日を行け

前回はZepp Namba 
20曲目に演奏

15.so many people

前回はZepp Sapporo 
23曲目に演奏

16.ズレてる方がいい

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
8曲目に演奏

17.ファイティングマン

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
11曲目に演奏

18.今宵の月のように(アンコール1)

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
7曲目に演奏

19.Destiny(アンコール1)

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
5曲目に演奏

20.生命賛歌(アンコール1)

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
6曲目に演奏

21.ガストロンジャー(アンコール1)

前回はmito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~ 
10曲目に演奏


岩さんのライブレポート

終始ガナリ声でよく通る声で最後までパワフルでした。
ロック屋がすごかった。

yukinaさんのライブレポート

280人(?)すし詰め状態。成ちゃん側真ん中よりやや後ろで参戦。
ミヤジ、石くん、成ちゃん、ミッキー肩から上のみ、トミ時々顔、が見えました。

登場してすぐミヤジ『(観客が)近いな。こんなに近いの久し振り。』

「ドビッシャー男」「かけだす男」
と聴いていくうちに、何となくポニキャニ前に戻ったような感覚に陥る。(当時は居なかったけど)

ミヤジコメント(正確ではありません。順序もバラバラ)
(最前列の人に)『大丈夫?』
(皆に)『気持ち悪くなったら言って下さいね。』『一歩ずつ下がって。何処へも行かないから』

『下北沢なんか来ないと思ってるでしょ。駅前に燃料屋があってね。炭買いに来てたんだよ。』
『喫茶店がいっぱいあってね。3時間位居ても怒られない。』

(CLUB Queが久し振りだから)『リハーサルから盛り上がっちゃって』

『我々にしてはメジャーな曲です』という様なことを言って
「風に吹かれて」
「悲しみの果て」

俺の道からの選曲も多く、「ロック屋」を聴いていたら、2003年のライブハウスツアーの頃を思い出す。

「生存者は今日も笑う」「夢の中で」初聴き。

「寒き夜~」と歌い始めて中断、ギター交換。やめちゃったらどうしようと思ったが、大丈夫だった。
今度は、99年の渋谷クラブクアトロに戻る。

「明日を行け」現在なんだと我に返る。

「ズレてる方がいい」最高!
「so many people」と「ファイティングマン」でジャンプし過ぎて体力消耗。

アンコール、ミヤジ『いつものやっていい?』と言って
「今宵の月のように」
「Destiny」ミッキーのコーラスが綺麗だった。

何やろうか?という感じでメンバーと相談。観客から何曲か声が上がる。
『では、リクエストにお応えして』
「生命賛歌」

『今年はさいたまスーパーアリーナから始まって、フェスがあってツアーがあって、
野音があって、…最後こんな素敵な舞台を用意してくれてありがとう。』

『緊張感もありつつ、こんなアットホームな所で出来るなんて中々ないぜ!』

「ガストロンジャー」

夢のような時間でした。感謝!!



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ