あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2014/10/12(日) Zepp Namba セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.凡人-散歩き-

前回は日比谷野外大音楽堂 
8曲目に演奏

02.この世は最高!

前回は高松オリーブホール 
2曲目に演奏

03.地元のダンナ

前回は高松オリーブホール 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は高松オリーブホール 
4曲目に演奏

05.甘い夢さえ

前回は高松オリーブホール 
5曲目に演奏

06.デーデ

前回は高松オリーブホール 
6曲目に演奏

07.人生の午後に

前回は日比谷野外大音楽堂 
16曲目に演奏

08.どこへ?

前回はTOKYO DOME CITY HALL 
6曲目に演奏

09.ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ

前回はさいたまスーパーアリーナ 
8曲目に演奏

10.星の砂

前回は高松オリーブホール 
10曲目に演奏

11.珍奇男

前回は高松オリーブホール 
11曲目に演奏

12.生きている証

前回は大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪) 
20曲目に演奏

13.飛べない俺

前回は高松オリーブホール 
13曲目に演奏

14.あなたへ

前回は高松オリーブホール 
14曲目に演奏

15.笑顔の未来へ

前回は高松オリーブホール 
15曲目に演奏

16.桜の花、舞い上がる道を

前回は高松オリーブホール 
16曲目に演奏

17.俺たちの明日

前回は高松オリーブホール 
17曲目に演奏

18.ズレてる方がいい

前回は高松オリーブホール 
18曲目に演奏

19.ガストロンジャー

前回は高松オリーブホール 
19曲目に演奏

20.明日を行け

前回は高松オリーブホール 
20曲目に演奏

21.Destiny

前回は高松オリーブホール 
21曲目に演奏

22.今宵の月のように(アンコール1)

前回は高松オリーブホール 
22曲目に演奏

23.星の降るような夜に(アンコール1)

前回は盛岡 CLUB CHANGE WAVE 
20曲目に演奏

24.ファイティングマン(アンコール1)

前回は高松オリーブホール 
24曲目に演奏

25.花男(アンコール2)

前回は高松オリーブホール 
25曲目に演奏


しげさんのライブレポート

行って来ました!
エレカシライブ、ゼップなんば1日目。
すばらしいセットリスト、
すばらしいライブだった(o^^o)

前から2列目。
成ちゃん側。

「凡人-散歩き- 」 から始まった。ほんまにすげ~
感動した。
古い曲をいっぱいいっぱいやってくた。
嬉しかった。

「どこへ」
「生きている証」
「ヒトコイシクテアイヲモトメテ」
それにね、
「星の降るような夜に」

ライブが始まって、
成ちゃんに、宮本さんが「まじめにやれ」「ばーか」ってね、
怒っててね。
なんか、今日は始まってそうそうに成ちゃんにキツク当たってるなあ。。。。
と思ってたんよね。
どうしたんやろうって。
そしたらね、最後の最後、アンコールでね、
成ちゃんの作った曲「星の降るような夜に」をやってくれてね。
ああああああああああ、
それで、宮本さんは、成ちゃんに頑張れって言う意味で、怒ってたんやなあって納得できた(o^^o)
それもね、
曲を始める前にね、宮本さんが、
「とってもいい曲です。みんなに好きになってもらえると思います。」って言ってね。
それから、曲が始まったの。
もうねえ、成ちゃん嬉しかったと思うんよね。
わたしも、嬉しかった。

今回も、わたし、一生懸命腕を挙げて、必死で宮本さんやエレカシに応えて。
宮本さんも、エレカシも、ミッキーも、
ガンガンに必死でお客さんに伝えてくれた。
よかったなあ。ライブ。

2日目は台風で、きっと中止になるやろう。。。なんて思ってて、
今日がツアーラストのライブになるかもしれない。
一生懸命に聞こう、見よう、エレカシと向き合おうと思ってて。
よけいに感動した。

「大阪~」って宮本さん、何度も言ってくれた。
そういえば、宮本さん、曲のラストで決めポーズで、タコの口みたいなのをして両手を広げるポーズが何度かあったなあ。
ノッテル感じ。

「珍奇男」は、やっぱり、これぞエレカシって感じ。
宮本さんはもちろん、成ちゃん、石くん、トミ、みんなが活き活きとしていた。

今回はAKB好きの旦那様が始めてのエレカシライブに参加してくれて。
で、わたしの横で一緒にエレカシを見て聞いてて。
で、ライブが終った後に、エレカシライブの感想を聞いたら、80点って言ってくれて(^0^)/
嬉しかった。
エレカシを好きになってくれて嬉しかった。
もともと「笑顔の未来へ」はいい曲やなあって、言ってくれてたけども、
「生きている証」は、ええ曲やなあ、、、、って一回で歌詞と題名まで覚えてくれてて。
やっぱ、いい曲は初めて聞いた人でも、感動するんやなって、改めて思った。

わたしの好きな、「俺達の明日」も、やってくれて。
大好きな「明日を行け」も聞けて。
ほんと最高。

今回も、やっぱりエレカシから、
大切なものをもらえた。
生きること死ぬこと。今を一生懸命に生きること。
不器用でもなんでも頑張って今を生きること。
ありがとうm(_ _)mエレカシ。
不器用に一生懸命に生きていきますm(_ _)m

ミノムシハニーさんのライブレポート

ツアーでは初の二階指定席でした。すごい、すごい!みんなの拳がステージ中央に向かってガンガンで、何年も前にAXで見たドラゴンアッシュの ファンのすごかったのを思い出しました。満杯の1階に感動でした。立ってるのは辛く憧れの二階でしたが、座ってるのもけっこう辛いのには、ビックリでした。

じゃすみんさんのライブレポート

「凡人~散歩き~」から始まったライヴ。
宮本さんしょっぱなから気合十分でアグレッシヴ。
2階から観ていると観客も熱気いっぱいだった。

宮本さんの声は終始よく伸びていて圧倒された。
「人生の午後に」
「生きている証」
「星の降るような夜に」
胸に染みココロ踊る歌の数々・・・。

13日のライヴは台風の影響で延期になってしまった。
メンバーもファンもがっかりだとは思うけれど、
「また会おう」の合言葉を胸に、
歩こうぜ~、頑張ろうぜ~!

かんざぶろうさんのライブレポート

「凡人」きたよ1曲目。
願いが叶った。もう頭真っ白。
野音じゃなきゃ聞けないのかな?と諦めてたけど
願いが叶うとは…
さらに聞きたかった「どこへ?」に、まさかの「生きている証」
泣いた。自分の思いと重なってタオルで顔を覆って嗚咽した。
今日のファイナル延期になったので、今年最後のエレカシライブになってしまった。
けどいいです。
「生きている証」が聞けたから。
ありがとう。

rollさんのライブレポート

初めてライブレポ書きます。
最初っから最後まであっという間の2時間弱。
初めの1曲目が、「凡人ー散歩きー」!!あの第一声。好きな曲だったけど、ライブでやるとチョーかっこいい。
どの曲もライブはかっこいいけど、もう鳥肌ものでした。
そして、宮本さんははじめっからガンガン飛ばして、もっともっとと曲をまいて早く早くのいつものジェスチャーをされていました。
そして「生きている証」これも聞きたかった曲なんですが、もう心にしみまくりでした。
本当に丁寧に大事に大事に歌われていました。最後のお辞儀ももう深々と心をこめてありがとうと言われている感じでした。
感動しまくりです。涙が出ましたよ。
どこかの会場で、宮本さんが感極まって泣いてたという話を始まる前に隣の人としていて、
大阪でも宮本さん泣くほど感動してくれないかなとか言っていたのに、こっちがものすごい感動で泣かされました。全体的にすごく盛り上がって、宮本さんも嬉しそうでした。
そしてそして、大好きな「星の降るような夜に」!!!!!そろそろ聞けるかなとは思っていたけど、
途中途中の曲で、宮本さんが「歩こうぜ!」を繰り返されていたので、もしかしたら、と思っていたけど、いざ曲が始まったらすごくうれしかったです。
「どうしようか…、もうタバコも切れた~ぜぇ~」堪能させていただきました。
石君と肩組む姿は見られなかったのが残念でした。
13日が延期になってしまったので、2daysのはずが1日になってしまったけどすごく満足しました。
トミのパワフルドラムも、石君のギター、ミッキーのギター、成ちゃんのベース、そして宮本さんの歌、参加したみんな、すべてが1つになって最高のライブでした。
ありがとう、エレカシ!

笑実さんのライブレポート

おもむろに「凡人」!!
想定外のウレシイ激渋スタート!!!
驚き、一気にドキドキが加速しました。

しかし序盤から、成ちゃん、トミあたりを振り返り、「真面目にやれ」を連発の宮本さん。一区切りごとに「真面目にやれ」なので、あかん、ピリピリモード…!?と思いきや、そうではなく。石くんのロングヘアーを左右から取り、鼻の下で結んだり。さらに曲始まりには、え!?ちぎれてない??と、思うくらい、その結んだ髪を雑に引きほどいたり。ありえない低さに石くんのマイクを下げたり…って石くんへのちょっかいが多すぎで、可笑しかったです。

「久しぶりの大阪なんで、張り切って曲も考えてきました」と。その言葉どおり、ココロの深いところにさし込んでくる、とっておきの曲が大阪のためにえらばれていました。大阪へのスペシャル曲たちが始まるごとに、悲鳴をあげそうなくらい!

 「生きている証」。はじめて生で聞きました。どうしようもなく、涙か溢れました。   人生が刹那的であること、普通の日々のなかに理想が存在しているということ。いちばん尊いもの、温かでキラキラしたものを、そっと手のひらに置かれたような。曲を、歌を超越した、ただただ素晴らしい体験。美しい声で、ライトを浴び、丁寧に歌う宮本さん。圧倒的な歌係としての、存在感を見せつけられました。

「星の降るような夜に」。レポートを書くにあたり、こちらのページで、2011年の盛岡以来の演奏であることを知りました。あれこれ語らず
、歌に込められた思いにじわっと温かな気持ちになります。大好きな歌。エレカシというバンドの素晴らしさを感じる華やいだステージ! その後慌てて、スタッフの方に、ギターを持ってくるように指示し、おもむろに、「流れ星のやうな人生」みたいなコードをチラリと弾き、「まあいいや」って……!? で、ギターを置き→なにごともなかったように「ファイティングマン」へ。思わせぶりな行動に、関西風味にコケないかんとこやろか…と、思うほどですが。ま、かっこいいのでモチロン許容です。……なんと、愛すべき人なんだ。


「俺がついてるぜ」ってことば、宮本さん以外に誰がピタリと嵌まるでしょうか。延期の千秋楽に行かれる方、どうぞまた違った、しめくくりのスペシャリティを堪能してきてください~ウラヤマシイ!
今年はRADIO CRAZYで、エレカシにまた会おう、と期待しつつ☆


石くん側二列めにて。


paopaoさんのライブレポート

1日目も台風の影響で待たされている間も強風でチケット飛んだらどうしよう的な。
3つ目のバーあたりで参戦。Sweet memoriesやった!凡人やった!まさか日比谷野音以外でこの曲が聴けるとは!今のエレカシなら、どんな曲も(古いのは特に)最強の武器になるよなぁ。とにかく素晴らしいライブに堪能しました。

kkさんのライブレポート

大阪ツアーファイナル初日。ステージに登場した宮本さんは今日はちょっと機嫌よい感じ?と考えていたところで、始まったのは「凡人」!ビリビリするような気迫で圧倒されてただじっと聴き入る。凄かった!オープニングではこのツアーで初めての初期の曲。こういう感じ、やっぱりいいですね。続くこのツアーの定番曲もとてもいい。「悲しみの果て」が特によかった。久しぶりの「人生の午後に」。アルバムが出た当時は好んで聴く曲じゃなかったけれど、この日は胸に迫るものがあり、聴き入ってしまいました。じっくり聴かせてすぐ「どこへ?」。カッコイー!次は宮本さんが「好きな曲です」と「ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ」。「愛と夢」は好きなアルバムでライブで聴けるのが嬉しい。新春のホーンが入ったバージョンもよかったけどバンドだけの方が好き。「大阪は沢山変えてきました!」と宮本さんいうだけあって日替り曲は全部このツアーで初聴き。「生きている証」も「星の降るような夜に」も全部聴けて嬉しかった。
この日の歌も演奏も素晴らしくカッコよかった!ギターもベースもドラムもカッコよかった。石くんと成ちゃんのコーラスも回を重ねるごとにどんどんカッコよくなってた(コーラスはこれからも続けてほしいです)。
翌日のツアー最終日は台風の影響で10/30に延期。もちろん駆けつけます!
374

Yubeさんのライブレポート

凡人!!!凡人!!!!
リフが始まった瞬間、どうしたらええかわからんかった。
すごい声がくるんやろなぁと身構えてたらその数倍の破壊力だった。
声を全身で浴びた感じ。えげつなかった。

人生の午後に。
少しあっさりというか、おだやかというか、
すごく大人な感じというか、さらっとしてるのにエロいというか
なんともうまく言えないが、めっちゃよかった。

生きている証、ただただ号泣。

romiomessaさんのライブレポート

整理番号472番。

1年ぶりの参戦!
まさかの「凡人」で始まった!
「生きてる証」に聞き惚れた!
「星の降るような夜に」やっぱ良いね!タバコ吸う仕草、かっこよすぎ!


13日のライブは延期になったけど、30日また来てくれるのが嬉しい。
大阪でツアーファイナル、盛り上がる事間違いなしでしょう!




持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ