エレファントカシマシDB 2014/10/04(土) 広島CLUB QUATRO セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.歴史

前回は大阪城野外音楽堂 
1曲目に演奏

02.この世は最高!

前回はZepp Nagoya 
2曲目に演奏

03.地元のダンナ

前回はZepp Nagoya 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回はZepp Nagoya 
4曲目に演奏

05.甘い夢さえ

前回はZepp Nagoya 
5曲目に演奏

06.デーデ

前回はZepp Nagoya 
6曲目に演奏

07.パワー・イン・ザ・ワールド

前回はZepp Nagoya 
7曲目に演奏

08.真夜中のヒーロー

前回はZEPP SENDAI 
3曲目に演奏

09.おまえと突っ走る

前回は新潟LOTS 
8曲目に演奏

10.星の砂

前回はZepp Nagoya 
10曲目に演奏

11.珍奇男

前回はZepp Nagoya 
11曲目に演奏

12.旅の途中

前回は仙台Rensa 
12曲目に演奏

13.飛べない俺

前回はZepp Sapporo 
13曲目に演奏

14.あなたへ

前回はZepp Nagoya 
14曲目に演奏

15.笑顔の未来へ

前回はZepp Nagoya 
15曲目に演奏

16.桜の花、舞い上がる道を

前回はZepp Nagoya 
16曲目に演奏

17.俺たちの明日

前回はZepp Nagoya 
17曲目に演奏

18.ズレてる方がいい

前回はZepp Nagoya 
18曲目に演奏

19.ガストロンジャー

前回はZepp Nagoya 
19曲目に演奏

20.明日を行け

前回はZepp Nagoya 
20曲目に演奏

21.Destiny

前回はZepp Nagoya 
21曲目に演奏

22.今宵の月のように(アンコール1)

前回はZepp Nagoya 
22曲目に演奏

23.世界伝統のマスター馬鹿(アンコール1)

前回は大阪城野外音楽堂 
18曲目に演奏

24.ファイティングマン(アンコール1)

前回はZepp Nagoya 
24曲目に演奏

25.待つ男(アンコール2)

前回はZepp Nagoya 
25曲目に演奏


しげさんのライブレポート

行ってきました(^0^)/
広島クラブクアトロ。
前から3列目。
宮本さんが、エレカシが、近い(=^^=)
嬉しかった。

そして、感動のライブ。
歴史から始まり、ずんずんと心にひびく曲が続く。
地元のダンナも、旅の途中も、真夜中のヒーローも、ほんと良かった。
星の砂、ガストロンジャー、俺達の明日、で、必死で腕を挙げる。
宮本さんに手が届きますようにm(_ _)mとばかりに、手を挙げる。
手をガンガン挙げる。歌を一緒に歌う。
なんか、そんな感じやった。

押される押される。
後ろから横からガンガン押される。
もう、必死で立ってて、必死で腕を挙げる。
目は宮本さんを必死で見つめる。
そして、泣いてしまう。
悲しみの果てでは、本気で泣いた。
涙と汗がごちゃまぜで顔中びちょびちょ。
でも、ほんとにジンときた。
マル(うちの飼い猫)の顔がうかんだ。

マルが体調悪くて、食べれなかったり、吐いたりやから、
気になってて。
で、よけいにライブにのめり込んだ。
頭がボーっとなるほど、必死でライブにのめり込んだ。
宮本さんの声やエレカシの音にのめり込んだ。
感動やった。

珍奇男で、一人一人のソロの部分で、
成ちゃんにも手を振った。
石くんにも手を振った。
トミにも手を振った。
もちろん宮本さんにも手を振った。

宮本さん、「広島」って何度も叫んでくれた。
どこだったかで、大好きだって言ってくれた。
そして、会場のほうをみて、顔がわりとよく見えるって言ってくれた。
石くんのシャツのボタンをビチビチと飛ばそうと胸をはだけようとしたけども、
宮本さんのシャツのボタンのように開かず、
ボタンが硬いとか、うまく開かないとか、そんなことを言ってた(o^^o)
緊張のライブ、ってちょっと言ってた。

最後、ありがと~ってみんなが宮本さんやエレカシに言う。
そしたら、宮本さんもありがと~って言ってくれた。
宮本さんも、アンコールで、とてもとても嬉しそうにしていた。

明日を行け、世界伝統のマスター馬鹿。
最高にカッコ良かった(^0^)/
ガンガンの曲やった。

いいライブやったなあ。。。
ほんとうにいいライブ。
エレカシのパワーと気迫と優しさと温かさが、
胸にひびいて、ほんとに感動した。
温かい、そして、力強い、そして、泣いて汗かいて腕を挙げまくったライブやった。

エレカシ、宮本さんありがとうm(_ _)m
心にひびきました。
大切なものを貰いましたm(_ _)m
生き抜くことができます。

(ちなみに、腎臓が弱ってるマルが、10日ぶりにカリカリ餌を食べてくれるようになったので、ほっとしています(=^^=))

まりこさんのライブレポート

素晴らしいライブでした。
小さい会場なので、宮本さん「(みんなとの距離が)近い!」を連発されてました。
背が低いため非常に不利でしたが、私の位置からはトミさんがよく見えて、先生のお姿が見えないときはトミさん集中して見つめました。
「あなたへ」の歌が素晴らしくて、トミさん叩きながらサビのところで先生の歌に合わせて「あなたへ」と口ずさんでおられたのを、ワタクシ見逃しませんでした。
トミさんめっちゃかっこよかったです!
あとは「パワーインザワールド」「ズレてるほうがいい」「Destiny」すごく良かったです。
宮本さんかっこよすぎて綺麗すぎて目眩起こしそうでした。キーボードも素敵でした~!!!
それからミキオさん女の子みたいに可愛かったです。

キセキさんのライブレポート

 今回、セットリストが凄いとの噂でしたが何も知らない状態で参加致しました!

 いまかいまかと、待ちわびていたら、やって来ました!!!
白シャツです!私の中でライブハウスでは黒シャツで厳しい面持ちで登場されるのが多かったのですが、
今日は白シャツで何だか表情が穏やかに見えました。
そして…、なんと『歴史』!!!うおぉぉぉ、渋かっこいい!!!
 『この世は最高!』、どうしたんだ広島!!!っていうぐらい大盛り上がり!!!
お客さんも「最高、最高!」と歌ってました!!!他の県に比べると比較的クールな感じの盛り上がり方
なのに、今日の広島は何かが違う。
最初左側にいたはずなのに、押し合いへし合いで真ん中越えて少し右まで行きました!
最初からこれで最後まで自分は大丈夫かと心配になるぐらい。
でも自分の心境も関係するのか、嫌な感じじゃない!何だか今日は会場の雰囲気がとても良かった!!!
宮本さんも何だか嬉しそうにみえました☆

 『甘い夢さえ』前奏の時だったか、いし君が宮本さんに身体を後ろに預けもたれかかる。
宮本さんもよしよしみたいな雰囲気で曲が始まる。とても印象的な場面だった。
 『デーデ』、雰囲気がいいせいか、宮本さんも気持ちが高ぶったのか、
曲が終わってももう1回「金があればいいー!!!」と歌ってました!
今回こんな感じなのが多かったです!!!

 とても大事な事を言ってたんですけど、イメージは覚えていても言葉が思い出せない。スンマセン。
えっと、30代の時のもんもんとして…なんか…はざまの時に作ったみたいな感じで、
あぁぁ自分の記憶力と語彙力の無さが悔しいです。(↑宮本さんはこんな風には言ってないです。)
『真夜中のヒーロー』、とても大好きな曲が聴けてよかった。

 この時だったか、いし君のシャツをの前をびりりっ!「ガンダーラコンビネーション!」
『おまえと突っ走る』!
『星の砂』これはもう広島でも前から大盛り上がりの曲!!!
皆ノリノリ!、宮本さんもノリノリ!!!ポーズ、決めまくり!色々な顔や動きが見れました!
この曲に限ってでは無いのですが、
宮本さんも「近いです。」とか「フレンドリー。」みたいな事を言ってました☆
私がこれまで行った広島のライブでは珍しいほどの声援の数!

 『珍奇男』、この始まり方は今までに無い感じだった。
この前の声援が関係しているのか何だか分かんないけれど、優しい雰囲気の始まり方だった。
これは初めてだ。この曲で、みんなのソロ演奏!でも最後はビシッと締める。
珍奇男の終わり方はエレカシしか出来ないといつも思う。

 『旅の途中』、この曲が聴けるとは。とても嬉しかった。
 『飛べない俺』、『あなたへ』この2曲に関しては、本当に皆ただただ曲に歌声に耳を傾けるだけで、
終わった後拍手だけが沸き起こり、妙な声援や掛け声など全くとばなかった。


 どの曲だったか終わった後「皆のおかげで上手に歌えました。」と言っていた。

 『俺たちの明日』、気のせいかいつも以上に力強く感じた。広島の事を思って歌って下さったのかな。

 アンコール、いし君だけ出てくるの遅れる。Tシャツに着替えて登場!
 『世界伝統のマスター馬鹿』、いし君とせいちゃんの掛け声がとても印象的で、とても響いていた。

 アンコール2の『待つ男』、始まる前の顔が印象的だった。
嬉しそうな感じを必死にこらえているような?(私の思い込みかもしれませんが)

 
 今回のライブは本当にフレンドリーな感じでした。
このツアーが全部そうなのか広島がこうだったのかは分からないですけど、
いろいろな面を見ることが出来るライブはやっぱり最高です!!!
前の方は押し合いへし合いでしたけど、本当に楽しかったです。
力強さみたいなものもすごく感じました。ありがとうございました★










かんざぶろうさんのライブレポート

福岡に続き広島参戦。
広島初参戦なのですが..Quatroせまっ!
開演前に”前に詰めてください”アナウンスが何回かあり前に詰めるのですが不安を感じました。
大丈夫か?こんなに詰め込んで???
いつもスタンディングライブで感じているのですが「なぜロッカーにバッグを預けない?
そのバッグがなければここまで混まないだろ?もっとライブに集中できるのに」と..
Quatroの場合キャパに対するロッカー数が全く足りてない事もあるんだけど...悶々..

バッグの話は置いといてライブの感想を。
開場直前までリハやっててその中でも「真夜中のヒーロー」を繰り返し合わせてたので
”1曲目今日はこれだな。いいじゃん!”と思っていたらなんと「歴史」!激渋かっこいい!
声がいいなぁ、調子良さそう、今日も期待以上のライブになりそうだな..

「あなたへ」ミッキーと宮本さんギターで始まるんですが、思いっきりギター外してる。
もちろん外したのは宮本さん..歌が素晴らしいのでなかった事にしよう。

「世界伝統のマスター馬鹿」もリハでちらっと聞こえたのですがアンコールに持ってくるとは!
MasterPiceツアーの時よりもいい!!アンコールでここまで声が出てるなんて驚愕。
石君と成ちゃんのコーラス入ってました。

ラスト「待つ男」鳥肌もんでした。声がすごいで出た。25曲目でここまでやるか!
すごいもん見た聞いた。
びっくりしたのは広島のみなさんの「待つ男」大合唱!
いいの?怒り出さないかちょっとヒヤヒヤ。

Zeppより狭い分、逆にかなり盛り上がったし赤いライトもQuatroのステージに映える映える。
宮本さんもしょっぱなから「近い」と連発してた。
すごいライブでした。
次、大阪どうなるんだろ?半端なく期待してます。

りすぞうさんのライブレポート

落ち着いていた。いい歌をじっくり聴けた印象。
今回(というか病気後)、低音がよく出ている気がするが、真夜中のヒーローも低いのでカッコよくてシビれた。

anさんのライブレポート

ライブレポート見返したら、広島にきたの5年ぶりか~。
ファン暦も長くなってきたな…。

QUATROの小さなハコ、愉しみにしてました。
入場してから、スタッフの人に前に詰めてとの指示が2~3回あり、
宮本さんも何度も言ってたけど、なかなか近い!

歴史、この世は最高!と続いて、今日はすごくいい雰囲気だと感じる。
私も自然とコブシがあがる。

ずっとずっと聴きたいなと思っていた「旅の途中」!嬉しい~。

宮本さんもすごくご機嫌みたいで、曲が終わるたびに決めポーズ。
両手を広げお口をプッと膨らませるのがブーム?
小2レベルの決めポーズだったけどめちゃめちゃ可愛かった。
「ズレてる方がいい」だったかなー、最後うまく決めてお客さんの拍手もすごくて
宮本さんもなんだか照れたようにお礼をいってました。

ほんとにどのライブもぜんぜん違って面白いなぁ。
それにしても、ラスト「待つ男」が続いているのでちょっと飽きてきています(笑)

kkさんのライブレポート

初めての広島のクアトロは横広な感じでフロアの後ろに高くテーブル席があってステージを見下ろすような作りになっていた。フロアセンター左寄りに待機。1 曲目は歴史!2曲目で周りの盛り上がりが凄くて右に左に流されるモッシュ。この世は最高からデーデまで同じ流れだけどこの感じが毎回好きで、甘い夢さえの 出だしも時々でちょっと違ったりして楽しい。パワー・イン・ザ・ワールドから真夜中のヒーロー!!聴きたいと思っていた曲で兎に角カッコイイ。そしてガン ダーラコンビネーションのお前と突っ走るがまたよかった。次々といい曲!今日の弾き語りはピアノに戻って飛べない俺。初めてちゃんと伴奏しつつ歌っている ところが見えたけれど歌がとてもよかった。この曲で冷えてしまったようで宮本さんがスタッフの方に室温上げるようにお願いしたのか急にフロアの温度が上がった ようだけど新潟のように我慢できないほどではなかった(お着替えせずに済んだ様子)。宮本さんが客席が近いと言ってたけど他の場所と違って後ろのテーブル 席が迫ってたからかな?この日は「いい顔してるぜ、今日は結構良く見えます」と。ステージへの声も良く聞こえたようで「アットホームな感じ」とも言ってた 気がする。アンコール2曲目はマスター馬鹿!久しぶりに聴けて嬉しい。石くんと成ちゃんのコーラスも決まっててカッコよかった。この日は終始楽しいライブ でした。
209

Yubeさんのライブレポート

歴史のベースから始まった瞬間のゾクゾク感ったらなかった。
ベースだけで歌うと宮本氏の声がさらに際立つ。

真夜中のヒーロー
おまえと突っ走る
旅の途中
なんだ、このファンサービスの徹底ぶりは。

マスター馬鹿ですっかりバカになるほど手を振り上げまくった。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ