あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2012/06/24(日) Zepp Sendai セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.大地のシンフォニー

前回は新潟LOTS 
1曲目に演奏

02.moonlight magic

前回はTOKYO DOME CITY HALL 
1曲目に演奏

03.おはよう こんにちは

前回は青森 Quarter 
2曲目に演奏

04.東京からまんまで宇宙

前回は新潟LOTS 
4曲目に演奏

05.約束

前回は新潟LOTS 
5曲目に演奏

06.ココロをノックしてくれ

前回は新潟LOTS 
6曲目に演奏

07.Darling

前回は新潟LOTS 
7曲目に演奏

08.穴があったら入いりたい

前回は新潟LOTS 
8曲目に演奏

09.眠れない夜

前回はZepp Sapporo 
9曲目に演奏

10.ゴクロウサン

前回はZepp Sapporo 
10曲目に演奏

11.珍奇男

前回は新潟LOTS 
11曲目に演奏

12.ワインディングロード

前回は新潟LOTS 
12曲目に演奏

13.七色の虹の橋

前回は新潟LOTS 
13曲目に演奏

14.世界伝統のマスター馬鹿

前回は新潟LOTS 
14曲目に演奏

15.飛べない俺

前回は新潟LOTS 
15曲目に演奏

16.我が祈り

前回は新潟LOTS 
16曲目に演奏

17.俺たちの明日(アンコール1)

前回は新潟LOTS 
17曲目に演奏

18.悲しみの果て(アンコール1)

前回は新潟LOTS 
2曲目に演奏

19.桜の花、舞い上がる道を(アンコール1)

前回はZepp Sapporo 
17曲目に演奏

20.ガストロンジャー(アンコール1)

前回は新潟LOTS 
19曲目に演奏

21.ファイティングマン(アンコール1)

前回は新潟LOTS 
20曲目に演奏


せいさんのライブレポート

半年ぶりのエレカシ。待ちに待ったこの日のミヤジは、
まだ皆の用意が出来ていなくてもギター弾き始めたり、短いリフをやってみたりと、
喋る間もほとんどなく、ストイックに歌と演奏に集中していたように見えた。

何度も思うことだけど、前日も歌ったとは思えないくらい喉が強い。
「ムーンライマーーーーーーーーーー」の声!吸い込まれるような感じがした。

『moonlight magic』の出だしのドラムが格好良かった。『おはよう こんにちは』ではドラムスティックが折れて飛んでってた。
久々のせいか要所要所でハッとさせられるトミの頼もしいドラム。

『東京からまんまで宇宙』は前半の歌詞に「お前だよ」、「お前だ」と絡ませながら歌う。
6曲目が終わった辺りでようやく「仙台エブリバディ!」と一言。

アルバムの曲がどれもかっこよかった。
『穴があったら入いりたい』はリフでもうそれと分かるとヒャー!と会場から声が上がった。私もこの曲が一番聴きたかったので高揚。
ライブだとドラムがたくましく、盛り上がる感じが好い。
成ちゃんの帽子を序盤で払い落したり、キーボードを対面側からジャジャジャと弾いてみたり。
1回「入いりたい」ではなく「入れたい」と変えていて、おぉと小さく反応してしまった。
歌詞に載ってない部分も2度歌っていたけど、やっぱり聞き取れなかった。最後「本日はサンデー!」

前のより「椅子が高い」とか言って座る準備をしてた『珍奇男』、目茶苦茶かっこよかった。
途中それぞれソロも。ミヤジが何か言った後、成ちゃんが短めにスラップを披露!!
確かここで終わった後メンバー紹介。成ちゃん「ナイスミドル」、「帽子被んなくていいの?」みたいな言葉でようやく成ちゃん帽子を拾う。
藤井さん「日本を代表するギタリスト」とか紹介されて、んなことない、みたいな手を横に振るジェスチャーで謙遜。

『飛べない俺』、まさかとは思ったけどキーボードに座りだした。
そんなに難しくはないであろう手元を何度も確認して歌うミヤジ。
これだけはまるで子供の発表会を見守るような気持ちで一杯になった。可愛すぎる。
かと言ってスラスラ弾きながら器用に歌われたら、それはそれで違和感あるかもしれない。

『我が祈り』の照明が、なったことないけどテンカン起こしちゃうかもと思うくらい点滅が激しかった。
アルバムであの声は、多分ライブでは聴けないんじゃないかと思う。難しそうだった。

アンコールもそのまま白シャツで登場。『ガストロンジャー』は今までの中で一番キレッキレに動き回っていてた。
石くん・藤井さん方向にほとんど痙攣(声も)してる風に見えた場面が思わず爆笑!
ドラも鳴らし、キーボードもでたらめにガストロンジャーな感じで叩いていた。こっちの弾き方の方がミヤジらしい気がする。
キレッキレさ加減に触発されてか前の方がモッシュっぽくなっていた。

『ファイティングマン』では気合のガニ股で決めた石くん。8時ジャストに終了。




新幹線の待合所に変な喚く人がいて居心地が悪い。かなり早いけどホームに向かったら握手を求められるご一行が…。
あわよくばな気持ちも無くはなかったけど、いざそんな状況になると遠巻きに見るしかできなかった。雲の上すぎる。
石くんに無邪気な笑顔を向けていたのが見えた。

同じ新幹線だったらもうずっと悶々としちゃって大変だったと思う。
乗車位置も同じだったのでミヤジと石くんの立っていた場所で次の新幹線を待ってみた。
まるで「お慕い申しております」な状態で可笑しくなってしまった。

ありがとう、さよならZepp sendai。

kkさんのライブレポート

初の仙台、そして最初で最後のZepp Sendai。自分にとってのツアー初日。
Zepp Sendaiはこじんまりとしていて見やすい。センター3,4列目くらい。
はじめに大地のシンフォニー!なんとなく、我が祈りかな?と思ってたので少し意外な感じがしましたがじっくり聴かせるこの曲での始まりよかったです。宮本さんは前髪で隠れて表情が見えない。続けてすぐMoonlight Magic。この曲の瑞々しい感じがやっぱり好きです。
とても力強くおはようこんにちは。昔のeZのMVと同じ表情の宮本さん。東京からまんまで宇宙はかなりロックテイスト。穴があったら入いりたい~珍奇男は尖り気味でした。久しぶりの珍奇男はセッションがすごくよかった。
新譜の曲は丁寧に歌っているようでした。どの曲もCDとは違う感じだけどすごく好きです。アコギでのDarlingと七色の虹の橋はとても良くて切ない感じで声が素晴らしかった。七色の虹の橋の時は最後の方ちょっとぐっと来ていたように見えました。観ている方もぐっときました。マスター馬鹿はカッコよかった!飛べない俺のピアノ!キーボードがあったのでもしや?と思ってましたが弾き語りよかった!そして聴きたくて待ってた我が祈りもテンションあがりました。ライブメフィストを彷彿とさせるものがありました。
アンコールのさあ頑張ろうぜと悲しみの果ては仙台へのエール?桜の花舞い上がる道をは聴けると思っていなかったので驚きましたが嬉しかったです。この曲を初めて聞いた時のことを思い出しました。最後のガストとファイティングマンは会場もヒートアップ。全員ファイティングマン!楽しかったです。

りすぞうさんのライブレポート

宮本さんからは終始「怒」を感じた。「東京からまんまで宇宙」で「お前だよ」を連呼して「奴隷天国」のよう。
ガストがすごかった。どこまでもどこまでもガーーッと血圧が上がって行く感じ。
あり余った怒りをぶつけるように、「飛べない俺」以外でも何曲かピアノの鍵盤を叩いた。ガストでも叩いてすごく決まっていた。

岩さんのライブレポート

「おはようこんにちは」で宮本はギター弾いていた。かなり珍しい。

anさんのライブレポート

ZEPP SENDAI、駅のすぐそばで便利なのに、もうなくなってしまうんですね。。残念。
前日の新潟が成ちゃん側だったので、石くん側へ。

”moonlight magic”のイントロ、色気があってカッコイイ。
”眠れない夜”は北海道のセトリに入っていて、「こんな曲あった?新曲?」と思ってしまった。。
「good mornig」はどれも好きなのに、何故かどれもタイトルをちゃんと覚えられていない私。

ガストでは動きのキレが凄かった。目で追っても追いつかないくらい。
ドラを叩いたり、鍵盤叩いたり。

”我が祈り”でストロボライトみたいなのが、ものすごいチカチカして
石くんの頭振る姿がスローモーションのような感じに見えてかっこよかったし、面白かった(笑)

ミヤさんのライブレポート

zepp仙台では、最後のステージ。
会場前、sold outの張り紙の前で、思わずガッツポーズ。
ストイックで、しびれるライブを体感。
マスターピースの全曲はもちろん、「眠れない夜」が聴けてうれしかった。
この先の過密なスケジュールも、きっと大丈夫と信じられる、パワフルトミの復活に感謝。
私のツアー参戦は仙台だけですが、十二分に楽しませて頂きました。
エレカシ、ありがと~~~。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ