エレファントカシマシDB 2012/05/26(土) ROCKS TOKYO riyanさんのライブレポート

一番下へ

riyanさんのライブレポート

機材セッティングで、石くん、成ちゃん、キーボード、サポートギターなのだなと確認。
ドラムがないのが寂しい。
鹿野さんが出て来て、トミのことを説明。そして宮本さん一人で白シャツで登場。
すぐにアコギで『今宵の月のように』会場もワッ!となって、一人の宮本さんを支えるように手拍子がおきる。声も調子良さそうで力強い。最後ギター、ジャ~ン!でキメポーズ、その後ニコッと笑顔^^
『悲しみの果て』宮本さんのギターだけなので、間奏では違う曲みたいに感じた。(違う風に弾いてたのかな?)終わりにまたキメポーズ(笑)のってるね?宮本さん。
「一昨日と昨日練習してきました」RCの『スローバラード』聴けて嬉しかった!宮本さんの声で歌われるとなんて沁みるんだろう・・・
新曲のさわりだけ、と『ココロをノックしてくれ』鹿野さんがレコーディングの取材に来た曲ということで、MUSICAの写真が頭に浮かんだ。「鹿野さん、お菓子食べてました。」
『漂う人の性』意外な選曲だが、好きな曲なので嬉しい。
メンバー登場。でメンバー紹介。キーボードは「プロフェッショナル」サニーさん。サポートギターは「スーパーギタリスト」藤井謙二さん。The Birthdayのギタリストなんですね(宮本さん談)。
「ツアー延期になっちゃったけど、ツアーにも来てくれます。」
『大地のシンフォニー』「旅は、ま~だ続くけれど~」と歌い出し「あっ違った」と仕切り直し。
ドラムは打ち込み。振り付け多く、歌い方も伝えようという気持ちがばんばん伝わってくる。
2回思い切りおしりペンペン。モニターに片足乗っけて体を折り曲げて歌う。最後ギターが背中に回ってリュックを背負っているようだった。
終わってメンバーに「はい、さよなら。また来るけど。」また宮本さん一人に。
「思い出はセピア色じゃなくて・・」曲についてのMCの後「七色の、なんだっけ」(笑)『七色の虹の橋』声が伸びるところ素晴らしい。一発で好きになった。
藤井さんと二人で『我が祈り』ギター凄かった!宮本さんよく見えなかったけど凄い顔して弾いてたんじゃないだろうか(想像)。藤井さんのギターカッコ良かった!
叫びも凄い!すごい体力使いそうだけど、宮本さん、この曲歌うと気持ちいいんだろうなぁっ思った。
ハァハァ息が上がりながら男椅子の背に座り、メンバー揃って『男は行く』会場に向かって歌いかける。フェスだと知らない人も多いだろうし、以外な選曲だと思ったが、今日はまさに宮本浩次が「男は行く」だった。バンドなのにボーカル一人でここまでやれるなんて、歌に力がないとできないこと。でもやっぱり一人は寂しかっただろうなぁ。
投げキッスをしてあっさり去って行った。45分位。

トミがもう退院したこと、心配ないことを宮本さんの口から聞けて良かった。
「30日にアルバムMASTERPIECE発売です。宣伝です。」と。
思いきって行って良かった。宮本さんありがとう!!

No.曲名回数
1今宵の月のように4回目
2悲しみの果て10回目
3 スローバラード初!!
4 ココロをノックしてくれ初!!
5漂う人の性2回目
6 大地のシンフォニー初!!
7 七色の虹の橋初!!
8 我が祈り初!!
9男は行く3回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ