エレファントカシマシDB 2011/12/30(金) RADIO CRAZY セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.今宵の月のように

前回は第1回 日比谷ライブ&マルシェ2011 
1曲目に演奏

02.悲しみの果て

前回はぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ 
1曲目に演奏

03.ワインディングロード

前回はぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ 
5曲目に演奏

04.俺たちの明日

前回はぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ 
4曲目に演奏

05.東京からまんまで宇宙

前回はぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ 
6曲目に演奏

06.パワー・イン・ザ・ワールド

前回はTOKYO DOME CITY HALL 
20曲目に演奏

07.so many people

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
5曲目に演奏

08.ガストロンジャー

前回はぴあ39thFAREWELL “39─THANK YOU─”~車輪小僧の大回転~ 
8曲目に演奏


笑実さんのライブレポート

[Champagne]、SHERBETS、フジファブリックと、エレカシの三つ前から会場に入りました。もう、熱気とお客さんの興奮が凄まじい!!
今回で二回目のRADIO CRAZY。前回、観客があまりに熱く圧倒されてしまったので、気軽には行けないわ~と思っていたのに。エレカシが出るとわかると、即座にチケットを取ってしまいました。結果、これ以上、汗は出ないだろう…というくらいの凄まじさで、エレカシ登場までに既に酸欠状態。もうだめだ~このまま倒れる…もしくはすごい圧迫でどうにかなる??と思いつつ、エレカシ観ずして倒れたらいかんいかん…と、まさに自分との闘い(涙)。よけるによけきれず、押されるままに進んでいったのがセンター3列めくらい。体力勝負でなるべく呼吸を確保するよう意識しながら、限界ギリギリでした。

そんな中、ついに現れたエレファントカシマシ。もう~すべてが吹き飛ぶとはこのことか、というくらいの、今宵の月のように。あの高らかな歌声により、本当に温かな安堵に包まれ、なんだか涙がこぼれました。何度も何度も聴いているこの歌だけれど、この日は一段とかっこいい。エレカシ始まりには、その後に続くバンドのファンの方々がギュギュッと押し寄せ、わたし含め、エレカシ目当てのファンは、見やすいポジションには近づけず…という感じだったんじゃないかな。わたしも大きく後退し、もうステージはほとんど見えずでしたが、それでもよかった。歌声に集中し、たまにステージを垣間見ていました。歌詞が?ん??あれ??と思うところが続いたけれど。宮本さん自身がいちばん焦っていたのでは。ワインディングロードで、一切合切…が、やたら続いていた気がし、様子は全く見えないけれど、むしろ面白く感じてしまいました。今宵~悲しみの果て、と馴染みの歌が続いたあとの新曲は、気合がみなぎりすぎて、一個歌詞が飛ぶと、頭が真っ白になったのでは。なんて、例えば山崎さんとの座談会なら、そんなことを話すかもしれない…などと考えてみたり。俺たちの明日は、途中でついに演奏を遮り、もっと上手く歌うのでもう一度させてください…と。大声援かつ、大合唱が巻き起こり、かえって会場が一つになった気がしました。いい顔してるぜ~と会場を見渡して言う宮本さん。そして、大阪からまんまで宇宙。ほんとうに宇宙だってどこへだって行けそうなパワーを受け止めました。今回は緩やかに始まり、新曲を挟みつつ、パワー・イン・ザ・ワールド、so many people、ガストロンジャー、という、ガツンとロックで締める王道のセットリスト。短いながら、濃いひとときでした。よいおとしを~と、何度も言って去っていく宮本さん。そして、あっという間の終了。

わたしの近くにいた、別のバンドのTシャツを着た男子二人組。すっかり、テレビのトークシーンの宮本さんをイメージして、茶化しながら待ち受けておられ、お手並み拝見的な空気でしたが。もう~のっけから、彼らの圧巻ぶりが見て取れて、なんだか可笑しかったです。誇らしい気持ちでいっぱいになりました。すごいな、エレカシ。演奏曲が少ないからって、手を抜かず、違う神経を遣いながらの真剣勝負。だからこそ、是非ともそれを見に駆け付けたいと思ってしまう。大阪に来られる機会は限られているし、そのチャンスには必ず訪れたい!!と、心から思いました。
ものすごーく近くにいるのに、あまり姿は見えず、モニターも見えず、そこだけがやはり今回は残念。

いろいろあったけれど、今年もエレファントカシマシの歌があり、ライブにも行くことができ、本当によかったなあ…と込み上げる気持ちを抑えながら。ふらふらになりながら会場をあとにしました。

No.曲名回数
1今宵の月のように8回目
2悲しみの果て9回目
3 ワインディングロード初!!
4俺たちの明日4回目
5 東京からまんまで宇宙初!!
6パワー・イン・ザ・ワールド2回目
7so many people3回目
8ガストロンジャー8回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
saaiさんのライブレポート

どうしてもRADIO CRAZYに行きたくて、エレカシが見たくて、前日に仕事を辞めた(笑

頭くしゃくしゃしながら出てきた宮本さん。
1曲目から今宵の月のようにで会場からすごい歓声。

素敵な日々がやってくるぜ、やってきてるんだぜ、そういう歌です。からの、悲しみの果て。
絶対聴きたかったー!だって私はこの歌でエレカシを好きになったから!

俺たちの明日。途中、歌詞飛んじゃった。
曲中、トミー!って叫んで、なんか間が空いて、あれ?ってなって…
ごめんなさーーい!!歌詞忘れちゃいましたぁ!良い歌歌うからもう1回やり直させてください!って、宮本さんかわいすぎます。会場は爆笑。
でも2回目の方が気合い入ってたし、テンポ早かったけど、会場も盛り上がったし逆によかったかも。
お前の悲しみは俺の悲しみ、みたいなフレーズに変えて歌ってたところもあった。

どこだ?ここは。大阪かぁ。って突然1人つぶやく宮本さん。
ってことで東京からまんまで宇宙!
大阪からまんまで宇宙へーって歌ってくれた。
1か所、東京のまま歌ってたとこもあったけど。
この曲、演奏がとにかくかっこいいです!

太陽は何度昇ったんだ?って言って指折り数える宮本さん。
はい、パワーインザワールド!
うわーこれは圧巻。映えます。ロックです。
 
so many peopleは知ってる人も多いみたいで会場みんな盛り上がってたなー。


すべての日本人へ捧げる歌です!からのガストロンジャー!
もうかっこよすぎます。
宮本さんは成ちゃんの帽子を取ろうとしたり、石君の髪の毛を振り回してたり相変わらずヤンチャでした。
とりあえずかっこいいし盛り上がり半端ないしめっちゃパワーもらえるし宮本さんすごい気合い入ってるし!!
 
最後は、よいお年をーって言って投げキッスして帰っていかれました。
ほんと来てよかったなー。よい年越せそう!仕事辞めてよかった(笑

No.曲名回数
1今宵の月のように2回目
2悲しみの果て2回目
3ワインディングロード2回目
4俺たちの明日2回目
5東京からまんまで宇宙2回目
6 パワー・イン・ザ・ワールド初!!
7 so many people初!!
8ガストロンジャー2回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ