エレファントカシマシDB 2011/08/27(土) SWEET LOVE SHOWER セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.悲しみの果て

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
1曲目に演奏

02.俺の道

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
2曲目に演奏

03.風に吹かれて

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
3曲目に演奏

04.今宵の月のように

前回は青森 Quarter 
19曲目に演奏

05.幸せよ、この指にとまれ

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
4曲目に演奏

06.俺たちの明日

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
6曲目に演奏

07.ガストロンジャー

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
7曲目に演奏


子象さんのライブレポート

二ヶ月ぶりのエレカシ!朝から気合入れて、石くん側2列目あたりで待つ。まわりはHYファンが多い感じ。朝から雨が降ったりやんだりしていたけど、エレカシ登場直前あたりからかなり強くなっていた。60秒前からカウントダウンが始まり、大歓声の中エレカシ登場!
なんと石くんが金髪!!宮本さん髪切ってさらに若い。「悲しみの果て」なんていい声なんだー!それになんだか、みんなえらく格好いい。トミは黒いTシャツで、ちょっと痩せた?すっきりした感じで、とても男前だった。成ちゃんはチラっとしか見えず、残念。蔦谷さんは黒っぽい服、今日はミッキーは不在だった。でもなんか、全体的に「大人の男」の魅力全開だった。やられた。。フェスの王道といった感じのセットリスト、どの曲もとても丁寧でまっすぐ届いた。宮本さんもかなりご機嫌な様子だった。「幸せよ〜」のあたりで雨がかなり強くなって、ステージ上もビチョビチョに。演奏後「雨がかなりいい感じで降り込んでます。。」と言い、丹下さんに何か伝えて舞台袖に消えた。と思ったら、青いバケツをかかえて出てきた。あ!と思った瞬間、もう頭から水をかぶっていた。会場がワーッと盛り上がっている中、なんだかちょっと動揺してしまった。水かぶるのを生で見るのが初めてなのと、ギター大丈夫?とか、結構寒いのに、しかも明日もあるのに体大丈夫かな?とか、一瞬で色々心配してしまった。そんな中「お湯だと思ったら水だった!(寒い、というジェスチャー)ちょっとタイミング早かったかなぁ。」と宮本さん。ウケてたけど、本当に寒そうだったのでちょっと心配。今日は宮本さんの喉が絶好調という感じではなさそうだったけど、それでもやっぱり素晴らしいステージだった。「幸せよー、みんなの胸に、咲けー!!!」グッときた。このフェスが終わると、夏が終わった気がする。

bdrdさんのライブレポート

ちょっとしたことを箇条書きにします
悲しみの果ての石くんソロはがに股や変顔はなく淡々と演奏
流れるように俺の道へ
イントロを長めにとってじっくりと聴かせる
ビシッとフロアを指差して「女にゃ言っておけ 俺は退屈なだけさって」
最後、「みんなかっこいいぜー」と宮本
輝いてる、かわいい、いい顔してるは今まで聞いたことあったけど、かっこいいって言われるとうれしい

せいさんのライブレポート

2年連続のSLS。入場早々、目にしたのは一面に広がる泥の海…。長靴で良かったと心底思った。
久々に近い2列目!!ステージ前に着いたのは会場時間の10分後くらい。すでにHYのファンが1列目に。
ムッとするというよりは、度肝を抜いた。今9:10で、エレカシが10:30。HYが始まるのは12:10…。膀胱が尋常じゃなく強い。

1分前からカウントダウンが始まり、必然的にテンションが高まる。
登場したミヤジの髪が短くて新鮮だなぁと思ってたら、石くん!髪色が変わっていた。金髪!
てっぺんの辺りはマダラに茶色い部分もあったりして、意図的なのか失敗なのか良く分からない。
坊主の時は特別そうは思わなかったけど、髪の伸びた石くんは少し老けて見えた。髪型って不思議だ。
途中メンバー紹介で「この日の為に髪を染めて来ました!」と指差されてました。

1曲目から『悲しみの果て』。この日は全体的にテンポがオリジナルくらいでどっしり。
朝一だからか、声は絶好調!!まではいかず、水も曲ごとに毎回飲んでいた。でも十分いい声です。
雨も気にせず歌う姿が格好良い。ステージの上も雨で濡れてしまっているのに、時々、いつものようにステージギリギリで立つので少しヒヤリとした。

『幸せよ、この指にとまれ』もむなしく雨脚は強まる。この後、袖に行って何やら丹下さんに指示。Tシャツにでも着替えるのかと思ったらバケツ!!!
蔦谷さんの前あたりでギター下げたまま(!)思いっきりバケツを逆さにしてザッパーーーとやってました。うまいことオールバック状態に。
かぶった直後、目を真ん丸にしてらっしゃいました。その後、「お湯だと思ったら水だった」と。
お湯からの水ならなおのこと冷たかったろうに。富士山拝めなかった代わりにあんなパフォーマンス見れて嬉しいけど、色々と心配です。が、石くんは笑っていました。

初めて見る水かぶりが強烈過ぎて、曲の感想があまり出てこない。
『ガストロンジャー』では「だから胸を張ってさ!」のとこは最初スキャットっぽいアレンジ。動きもキレがありました。
はじめて見た人には豪華なセットリスト。

milkさんのライブレポート

ライブの感想ではありませんが、この日嬉しかったこと。

小雨の降るなか、ひとり、ぼんやりと入場の列に並んでいたところ
前の二人組のお嬢さんの会話が自然に耳に。。。

好きなアーティストのこと、最近行ったフェスのことなんか話して盛り上がっていましたが、
「でもさ、今日も一番感動するのは、エレカシなんだよね」
「そうそう。今日の最後には、結局「エレカシ、カッコいい。やばい!」って
 いうんだよね。いつもそうだもんね。」 と!!

もう、思わず、二人を抱きしめたくなりました。

そして、二人のお嬢さんの言うとおり、今日もカッコいいステージでした。

ラスさんのライブレポート

エレカシがトップバッターだということで、はりきって飛び起き今年も一人車を運転して会場へ。
山中湖は霧雨、気温は19℃という天候。
最後までいるつもりだったので上下レインウェア+トレッキングシューズの防水完全装備。
8:30に開場してステージに向かって行くと地面がぬかるんでいて凄い状態。
ドロドロゾーンを突破して何とかLakesideステージへ辿り着きました。
楽器や機材は本番直前までビニールに覆われていて吹き込んでくる雨から保護されていました。
エレカシは開始カウントダウンの後10:35頃登場。(オープニングアクトはMt.Fujiステージでしたが)

メンバー4人と蔦谷さん。(ヒラマさんはいなかった)登場して・・・石君の髪が金髪!!観客から「石君が!」「石君!」とどよめきが(笑)
「ようこそ!エビバデーー!!」と宮本さん。
一曲目は【悲しみの果て】朝一番どうかなーと思ったけどちょっと声が硬いかな?いつもより。
【俺の道】前奏で「待ちに待ったこの日がやってきたぜ!雨降ってっけどよ!元気じゃねえかエビバデ!」途中からどんどん調子が出てきた!腕を上げるとウェアに溜まった雨が飛ぶ。構わず腕を振り上げる。「ドゥドゥドゥドゥッドゥドゥ~~!!」雨の中マイク握り締めて右往左往して歌う宮本さんも迫力で凄みがあった。
【風に吹かれて】一番前にいると手をどっちに振ったらいいのかわかんなかった・・・。うーん声の伸びがいまひとつに感じた。
「これからはじまるぜ!す、スウィート・ラブ・シャワー!」
メンバー紹介にて「石君、今日の為に髪染めてきました!」 
【今宵の月のように】「朝なんだけど夜の歌、いつの日か、今でも輝いてるけど輝こうぜ!」どんどん伸びてゆく声。雨だろうが朝だろうがいつ聴いても良い。
【幸せよ、この指にとまれ】「雨の日も風の日も、悲しみも幸せも、その辺に転がっているそんな歌です」この胸にで手を上げてピタッと止まった。高音は搾り出すように。雨はどんどん強くなっていく。
終了後、「丁度良い具合に雨が降ってきました!」と丹下さんに何か指示して奥から水色の・・・バケツを持ってこさせて「あっ」と思う間もなくバシャーーーッと勢いよくかぶる!!「ワーー!」「キャーー!!」と観客が沸く。エレキギターを下げたままだったので大丈夫なのかとビックリ!宮本さん飛び上がって「お湯かと思ったら水だった!もっと後でやればよかった」(笑)髪の毛をグイッとぜんぶかき上げてオールバックに。思わずでこぴんしたくなるようなおでこが。
【俺達の明日】水を滴らせ白シャツはシースルー、髪はオールバックのまま演奏。どんどん崩れていきましたが。
【ガストロンジャー】ボタンブチブチ飛ばして下2個のみで左右後ろまで走って行く。雨が降りしきる中で「オーオーオーオー」はヤケクソな感じで楽しかった!
7曲で終了。11:10頃。あっという間だったけど楽しかった!!
高音がかすれたり全体的に出にくそうだったけど、雨だからか朝でも艶のある声だった。

雨はどしゃ降りにはならず降ったり止んだりな一日。
SLSはまったりしたフェスで、他のアーティストも良い雰囲気。
夏の終りに、最後の岡村靖幸まで楽しんで来ました♪

はいりさんのライブレポート

雨の降る中、トップバッターで出てこられました。
宮本さんは、中盤でバケツの水をかぶって震えながら歌ってらっしゃいました。
相撲の砂かぶり席ならぬ、エレカシの水かぶり席とかあったらいいですね、いらないか。
雨のフェスだったんで、田んぼの中を歩いているような足場でした。

かーちゃんさんのライブレポート

雨が降った。みやもっさんが水をかぶった。

映像備忘録さんのライブレポート

悲しみの果て・風に吹かれて・今宵の月のように・俺たちの明日・ガストロンジャー   (SSTV)



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ