エレファントカシマシDB 2011/04/24(日) 鹿児島 CAPARVO HALL セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.moonlight magic

前回は熊本 Be-9 V-1 
1曲目に演奏

02.脱コミュニケーション

前回は熊本 Be-9 V-1 
2曲目に演奏

03.明日への記憶

前回は熊本 Be-9 V-1 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は熊本 Be-9 V-1 
4曲目に演奏

05.風に吹かれて

前回は熊本 Be-9 V-1 
5曲目に演奏

06.地元のダンナ

前回はZEPP FUKUOKA 
3曲目に演奏

07.さらば青春

前回は熊本 Be-9 V-1 
7曲目に演奏

08.

前回は熊本 Be-9 V-1 
8曲目に演奏

09.ハロー人生!!

前回は熊本 Be-9 V-1 
9曲目に演奏

10.何度でも立ち上がれ

前回は熊本 Be-9 V-1 
10曲目に演奏

11.いつか見た夢を

前回は熊本 Be-9 V-1 
11曲目に演奏

12.珍奇男

前回は熊本 Be-9 V-1 
12曲目に演奏

13.to you

前回はZEPP OSAKA 
18曲目に演奏

14.赤き空よ!

前回は熊本 Be-9 V-1 
14曲目に演奏

15.

前回は米子 AZTiC laughs 
22曲目に演奏

16.幸せよ、この指にとまれ

前回は熊本 Be-9 V-1 
16曲目に演奏

17.悪魔メフィスト

前回は熊本 Be-9 V-1 
17曲目に演奏

18.新しい季節へキミと(アンコール1)

前回は熊本 Be-9 V-1 
18曲目に演奏

19.今宵の月のように(アンコール1)

前回は熊本 Be-9 V-1 
19曲目に演奏

20.友達がいるのさ(アンコール1)

前回は大阪城野外音楽堂 
16曲目に演奏

21.俺たちの明日(アンコール1)

前回は熊本 Be-9 V-1 
22曲目に演奏

22.笑顔の未来へ(アンコール1)

前回は熊本 Be-9 V-1 
25曲目に演奏

23.デーデ(アンコール1)

前回は熊本 Be-9 V-1 
21曲目に演奏

24.ガストロンジャー(アンコール1)

前回は松山サロンキティ 
24曲目に演奏

25.ファイティングマン(アンコール1)

前回は熊本 Be-9 V-1 
23曲目に演奏

26.桜の花、舞い上がる道を(アンコール2)

前回は松山サロンキティ 
18曲目に演奏

27.四月の風(アンコール2)

前回は熊本 Be-9 V-1 
26曲目に演奏


かんざぶろうさんのライブレポート

グッズほしくて開演前にいそいそとCAPARVOへ向かったのですが...
STAFFの「8階まで階段で上がってください」に撃沈..
1階のロッカーも残り少なかったのでロッカーに荷物を叩き込んで階段をひたすら登りました..
整理番号6番だったので8階まで..(各階の踊場に整理番号1~50という感じでした)

一番前、せいちゃんのまん前でした。石君以外はみんながよ~く見える場所でした!
ライブは最高でした。宮本さんの「鹿児島目指してやって来た」に大歓声!
MCは少なめでしたが、逆にノリノリでよかったです。至福の時をありがとう~

覚えてるのは、宮本さんがマイクスタンドにつまずいて転びそうになった事。その後また床にビニテで止めてある電源ケーブルにつまずいて転びそうになった事..

あと「ロマンテックな曲を」と言って「友達がいるのさ」
まさかこの曲が聴けるとは..うれしい..

鹿児島に来てくれてほんとにありがとう!!でした


ちゅんさんのライブレポート

友達がいるのさでしびれました。

ラスさんのライブレポート

朝小雨の降る中、熊本城を観光。石垣の素晴らしさに感激し、その後鹿児島へ。
賑やかな天文館から少し離れた所にあるファッションビル一番上の8階。
階段に整理番号順に並び、ひたすら上を目指し階段を昇っていく。
18時開演。
この日はメンバーへの掛け声や声援が多く上がっていて盛り上がりも凄かった!
でもやっぱりギュウギュウにはならない。ハロー人生あたりで押されるようになったかな。
宮本さんは真剣な眼差しに、晴れ晴れした表情。メンバーは宮本さんと一体になるべく集中MAX。

【moonlight magic】いちばんいい所で宮本さん歌詞飛び!ずっこけました(笑)
【地元のダンナ】腕が多く上がる!「ゆかなきゃ!ゆかなきゃならねえ!!」力強いメッセージに会場更に盛り上がる!!
【さらば青春】「こんにちはこんにちはこんにちはさようならさようならさようならで一生終わる」と言って始まった。周りからおお~っとどよめき。宮本さん歌いながらひたすら左手で下に下げるジュスチャーをしていた。ヒラマさんのアコギの音を下げろという事だったのかな?
【旅】地元のダンナ→さらば青春→旅のメリハリが効いたセトリ。この悪魔ツアーは旅で引き締まる感があって、会場によって印象が違うのでとても面白いと感じた。ホールはどうなるんだろ。この曲でジャケット脱ぐ。
【ハロー人生!!】会場の熱量が一気に上がり腕を上げるが場所が無い!場所を奪い合うようにして腕を振り上げた!いったん終了するも宮本さんはギターを弾き続けて歌い出し、ギターのみで終わった。と思ったらまた弾き始めたのでトミも合わせて3回目でようやく終了。
【珍奇男】会場ごとに変化していくこの曲、今回はなんと「お金を!」の部分8回!!!!!!!!最後は「おくぅわああーねぅをぉおっ!!」となってて痛快。観客も一緒にお金コール(笑)皮肉たっぷり、憎たらしい、白目剥きまくりでありました。
【to you】「渋い曲を、あ、鹿児島が渋いんじゃなくて、音楽通が多いということで!」「ちょっと前の曲です」と、初っ端から鼻に手を突っ込んでた(笑)いい曲なのに、なんだかアグレッシブな動きが多かったような。
【赤き空よ】「鹿児島でも北京でも何でもいいんだけど、この空の下生きてるって曲です」(何故北京?と頭の中ぐるぐる)ライブハウス(一応)最終日に相応しい見事な演奏!会場一人づつの顔を見るかのようにじっくり見回して歌う宮本さん。テンポ変えてゆっくり、うまく合わせていくメンバー達。まるで演劇のように身体全体を使って表現する様子は、まさに宮本劇場!
【涙】赤き空よ!→涙 この流れは泣けた・・・。
【悪魔メフィスト】髪の毛バサバサで顔が隠れて、髪の毛の隙間からギラギラした眼光が覗きゾクッとした。
アンコールから戻ってきて走りこんできた宮本さん、両手挙げて頬っぺた膨らませたポーズで停止(笑)
【新しい季節へキミと】一回目のアンコールで白シャツで出て来た。新しい季節へキミとを聴いている最中、力強い、どっしりとした演奏に、何か印象が何かに似ていると思ったら、今朝見た熊本城だった!あの強固な石垣はメンバー、宮本さんは天守閣みたいな。私の目にはそう映って感動した。
【友達がいるのさ】「おい、おい・・・」と始まった瞬間うわーーーっ!と歓声!!ものすごーく聴きたかったので嬉しかった!!!センターにギターを弾く石君を立たせて天を仰ぎ歌う宮本さん!涙がとめどなく溢れた・・・。「かーばーんーにーつーめーこーんでーー」でお尻ペンペン!マイク片手に前後左右に動きまくり、元の位置に戻った石君の横にダッシュして戻って来たりとステージ中駆け回って歌っていた。しかし、本当にいい曲だ・・・。歌詞は「鹿児島中の電気を消して」に。
【俺たちの明日】二十代の所で指2本鼻に突っ込む(笑)本日鼻に突っ込む系多し。また歌ってる時に何か言ってた。(下げろ?だか、取れ?とかなんとか)
【デーデ】カウントとるトミに宮本さん「速い!」とダメ出し。ラストへ向かって一直線に走る!!
【ガストロンジャー】この日一番の盛り上がり!!!観客の声で宮本さんの声が聞こえなくなるほど。腕が上がり腕の隙間からステージがようやく見える状態で渾然一体となった会場!!!!

アンコール一回目は大サービス!新キミ、今宵、友達がいるのさ、俺明日、笑顔の未来へ、デーデ、ガスト、ファイティングマン!これでもかっ!!っていうくらい大熱唱!曲と曲の間でも歓声は途絶えず、大円団的な盛り上がりだった。そんな中、宮本さんもニヤリとしていた。
一回目のアンコールが終り、観客から「アンコール」のコール!!いつも手拍子だけだからビックリ。しかしなんだか楽しかった。
二回目のアンコールは宮本さんグッズの黒いTシャツを着ながら出てきたのでお腹がちらりと見えた。
【桜の花、舞い上がる道を】MCで「桜は散ってしまったけど」ちょうどこのツアーは桜の季節で、九州は桜が終わった後だったけど日本中に花を咲かせていくような、そんなツアーだった。この曲は4月のライブハウスツアーを象徴する曲だったように思う。
【四月の風】ああ終わってしまう・・・「明日も頑張ろう」「君に会えた四月の風」締めくくりに相応しい、心に温かい風が吹吹き抜けた。moonlight magicから四月の風まで、全曲ぶっちぎりで突っ走った我らがエレファントカシマシs!完全燃焼!!!
アンコール、観客から「ありがとう!」「エレカシ最高!」の声が沢山!曲が終わっても鳴り止まない拍手と声援。宮本さんも沢山ありがとうと言ってた。
終了は20:18!沢山やってくれました。

・メンバー紹介で成ちゃんを「ナイスミドル!」
・ヒラマさんのメンバー紹介の時、宮本さん一番長いコメント。「最初から最後まで来てくれました」的なあたたかい言葉にヒラマさん照れ笑い。こっちまでニコニコ。
・「折り返し地点なんで、鹿児島目指してきました!」
・何の曲だったか、終了して「高緑さんベース上手いな!」と一言。
・宮本さん本編終わって退場する時また出口間違える(新潟でも左と右間違えてた)

shararaさんのライブレポート

とてもとても濃厚で、熱い、温かい、すざましい2時間(超)でした。
宮本さん「鹿児島をめざして来ました・・・折り返し地点です。」と言っていました。
この勢いでこれまで10ヶ所を突っ走ってきたのかと思うと・・・ただただ凄い!
息も切らさず走り抜けたのでしょうね。あらためてやっぱりすごい人です。

みんなの顔を見つめながら、丁寧に、そしていつものように体中のすべてをふりしぼって心を込めて最後までしっかりと届けてくれました。(目が合って感激した人、たくさんいたでしょうね☆)

悪魔メフィストでは、宮本さんの顔が緑色になって前髪で顔半分は隠れて、おどろおどろしく妖気漂っていたのが記憶に残っています・・・(笑)

終盤、会場から「ありがとう~!」「ありがとう~!」がいっぱい飛び交って、宮本さんもそれに応えるように歌い続けてくれて、エレカシと観客みんなの熱い気持ちが会場中にあふれているようでまた感動!
どれだけありがとうと言っても言い尽くせない感謝の気持ち。ホントーに楽しかった!!

エレカシ、知覧、芋焼酎・・・ありがとう鹿児島!素敵な町でした。
           (ライブハウスの名前、何て読むのかな?)

Yubeさんのライブレポート

ツアー折り返し地点。観客もエレカシも気迫のこもったライブだった。
涙と友達がいるのさにかなりもってかれた。なんであんなええ声なんやろ。
俺たちの明日、実はそれほど好きやなかったんやけど、この日は歌詞にぐっときた。
アンコールで手拍子と一緒に「アンコール!」の声が広がり、めっちゃ気持ちよかった。
なんやわからんけど、終わった後の達成感というか幸福感ったらなかったなぁ。

かーちゃんさんのライブレポート

一番おもしろかったのがエレカシのコンサートで初めて「アンコール、アンコール!!」
と言ったことでした。
九州のこういうところが好き。

折り返し地点ということで熱気のあるコンサートでした。

珍奇男の成ちゃんキメまくってて「ベースうまいです」っていわれてました♪



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ