エレファントカシマシDB 2011/04/19(火) 米子 AZTiC laughs セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.moonlight magic

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
1曲目に演奏

02.脱コミュニケーション

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
2曲目に演奏

03.明日への記憶

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
4曲目に演奏

05.風に吹かれて

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
5曲目に演奏

06.かけだす男

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
6曲目に演奏

07.せいので飛び出せ!

前回は日比谷野外大音楽堂 
10曲目に演奏

08.

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
8曲目に演奏

09.ハロー人生!!

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
9曲目に演奏

10.珍奇男

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
12曲目に演奏

11.何度でも立ち上がれ

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
10曲目に演奏

12.いつか見た夢を

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
11曲目に演奏

13.生命賛歌

前回は日比谷野外大音楽堂 
11曲目に演奏

14.赤き空よ!

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
14曲目に演奏

15.

前回は日本武道館 
24曲目に演奏

16.幸せよ、この指にとまれ

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
16曲目に演奏

17.悪魔メフィスト

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
17曲目に演奏

18.桜の花、舞い上がる道を

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
18曲目に演奏

19.俺たちの明日(アンコール1)

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
21曲目に演奏

20.笑顔の未来へ(アンコール1)

前回は浜松窓枠 
23曲目に演奏

21.待つ男(アンコール1)

前回はFACTORY LIVE 0129 
11曲目に演奏

22.涙(アンコール2)

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
15曲目に演奏

23.ファイティングマン(アンコール2)

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
22曲目に演奏

24.四月の風(アンコール2)

前回は岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
24曲目に演奏


キッカケは化ケモノ青年きっと俺は化ケモノ青年さんのライブレポート

鳥取でエレカシをみれる日が来るとは…。閑散としたシャッター街にある小さなライブハウス。
いつもより客層若い感じがしました。

宮本さん楽しそうだったなぁ。メンバーの皆さんも。
『珍奇男』の際、合いの手をする青年に「お前うるさい。タイミング悪い」と一喝。
でもそのあと笑ってた宮本さん。
『ファイティングマン』の時トミにも「うるさい」といっときながら演奏後「曲の途中でうるさいとか言ってごめんなさい」って謝ってたし…。
今バンドがすごくいい状態にあることを実感したライブでした。

やはりエレカシは別格な存在です。
世間で良いとされる音楽を聴いても良いとも悪いとも思わなかったのは自分が音楽に興味が無いのだと思っていたけどそれはただエレファントカシマシに出会ってなかっただけだと気づいた6年前。
自分は音楽がとっても好きだったのだと知った。その縁ですばらしい出会いもありました。今はただただありがとうと言いたいです。

弾性限度さんのライブレポート

ようこそ米子へ!!!!
待ちに待って一生エレカシは山陰の地でライブをしてはくれないのだとあきらめていた。
本当に来てくれてありがとう!!!の気持ちでいっぱい。

ライブセットリストもすばらしく!
もちろん演奏もすばらしく!
さらにミヤジの声が会場全てを包んだ余裕が今回の米子ベリエでの幸せだったと思う。

個人的には「悪魔のメフィスト」のかぶりの声を入れて完成させてほしいというのは贅沢?
生命賛歌でミヤジの後ろにオオカミが見えたようにおもったのは100%PVのせいだ。
カッコよすぎ・・・

最後にファン同士でいがみ合いたくはないが、
バラード調の曲を大きな声で歌う人には本当にxxxxxxx
あ、暴言を吐いてしまいました。スミマセン

どうかせめてバラードでは一緒に大きな声で歌うのはやめてください。。
お願いします。

ラスさんのライブレポート

今回行く予定のなかった米子、チケットを譲って頂き行ける事に。Uさん、ありがとうございました。
この日、天候は不安定で雨が降ったり止んだり。
気温も低く風も強いので、開場待ちでは凍えるほど寒かった!
米子AZTiC laughsはシャッターが多く下りた商店街の中にあるライブハウス。
19:00開演。宮本さん黒シャツに黒ジャケット、石君紺色Tシャツ、トミ赤っぽいTシャツ、成ちゃん黒シャツ。
狭いライブハウスに宮本さんの声がダイレクトに伝わる。こういうとき本当に歌上手いなーと思う。
今日は男性の声が多くて、メンバーへの掛け声も多かった。歌う人も多かった。
宮本さん今日は白目を引ん剥いて歌う率が高かった。

本日の【明日への記憶】声といい、パフォーマンス最高だった!!ビシッと引き締まって壮大な曲が更に広がり、その世界観に感動してしまった。この日一番丁寧に歌ってたと思う。
【悲しみの果て】目の前に石君がやってきて気合の入ったギターソロ。皆歌ってて合唱状態。
【風に吹かれて】タイミング合わなくてやり直し。曲に合わせて会場全体が右に左に横揺れ。
【せいので飛び出せ!】「渋い名曲を・・・成治さん!」と成ちゃんのベースがうなる!「雨あがーりー!輝く空とーー!」(ライブ終了後は雨上がってました)「せいので!せいので!せいので!」では石君と一緒にコーラス。宮本さん右に左に駆け巡り物凄い盛り上がり!!終わってジャケット脱ぐ宮本さん「ダンディーブラザーズ、成ちゃんと俺と作った良い曲なんです」
【旅】→【ハロー人生!!】弾丸のように通り過ぎていった!!「ハロー!人生!」メンバーのコーラス男気溢れてて今日かなりカッコよかった。
【珍奇男】宮本さんがアコギをかき鳴らすも演奏ストップ。やたら「ハーイ!」と掛け声を掛ける男性に「うるさい。タイミングが悪い。」(男性はごめんなさい!と謝ってた)その後、ちょっとタイミングずらすような歌い方、わざと音程を外すような歌い方をしてた。「お金を」の部分会場によって言う回数が違うみたいだけど、今日は1回のみ。石君と向かい合ってのギターは、2人とも物凄い汗が滴り落ちていた。最後「トミ!!」とドラムソロ。挑戦的な珍奇男だった!!!
終了して宮本さんセットリスト確認(?)して「アレ?」と言ってたから順番間違えたのかな?
確かに今までハロー人生→何度でも立ち上がれ→いつか見た夢を→珍奇男だったから。でも今日もカッコイイ流れ。
【生命賛歌】宮本さんがトミにカウントを指示。トミがスティックでカウントとるも宮本さん「おい落ち着け」と制止。結局自分でカウントとってた。石君があのギターを弾き始めてザワザワっと毛の逆立つ感覚が全身を駆け巡る!あの曲がここで、目の前で!!ドスのきいたザラザラした声で「ひょうろくだまのドタマぶっ飛ぶ土地の愛!!!」最高すぎて血が沸騰するかと。「せいめいさんかよおおおおおおお!!!」絶叫がいつまでも頭の中をこだましてクラクラした・・・!一度ライブハウスで聞いてみたかった曲なので大満足。ドタマぶっ飛んだ!
【赤き空よ!】宮本さんグイッと前に出てきて手を観客に伸ばす。ちょっと高音きつくなってきたな?第二ボタンに手を掛けていじってたから取るのかと思ったけどその時は取らず、後で一気にブチッと飛ばしてた。椅子を前に持ってきて、上に乗って天井のライトを触ったりしたのはこの曲だったかな。
【風】「武道館以来の曲」と言ってた。高音がきつそうだったけど、切々と、声を絞って歌い上げる。「あと五分しか生きられぬのなら 今のこのオレをこえられるというの」胸に広がるじんわりとした感情は涙になって溢れた。
【悪魔メフィスト】聞き慣れてきたからか?歌詞聞き取れるようになってきた。しかし嗄れるどころかどんどん大きくなる声!悪魔と言うより、化け物。

アンコールは宮本さん白シャツ、トミがグッズのメフィストTシャツ白
宮本さん、出てくるなり凄い顔しておしりペンペン(笑)
【待つ男】アンコールで記憶に残ってるのは待つ男。コレに全部持ってかれた。宮本さんのハラワタひっくり返るような凄まじい声!!!鼓膜破れるかと思った・・・スピーカーが割れるかと。会場がどこでも容赦しない宮本さん、一人で圧倒的勝利。完全敗北でした。許容量オーバーです。受け止めきれない!しかしとても気分が良く、スカッとした!!!!しばらくビリビリしてた。

2回目のアンコールに出てきた時だったかな、何故か宮本さんの白シャツ背中に汗と混じって茶色っぽい染み・・・?あれなんだったんだろう。
【涙】待つ男でぐわんぐわんしてる頭に優しく耳に入ってきた音にハッとなる。
【ファイティングマン】石君に腰を低くさせて弾かせる。盛り上がり最高潮の熱狂の渦の最後にゆっくり歌う宮本さん、トミとタイミングが合わず「うるせえ!」とドラム止めさせて「ベイビーファイティングマン!!」と絶叫。終了後「演奏中にうるせえと言ってすみません」とトミに言ってて、トミもニッコリ。
【四月の風】で締め括り。うん、明日も頑張ろう!!
21:00終了

主なMC(ざっくりです)
・トミのTシャツ見て宮本さん「濡れてるの?」赤いTシャツの一部が濡れてるのを発見した模様。(水飲むときこぼれた?汗?)
・石君のメンバー紹介にて「週に一回頭を剃るそうです」
・「米子は上品な街ですね!昨日から来てて資料館行ったりしました。皆行かない資料館に!」「重要文化財になってる後藤家に行ったら後藤さんらしき人が出て来てヒゲの風格ある人が。すごくよかった」
・「44歳くらいになったら億万長者になってる予定だったんですが」
・「米子のエビバデ!皆乗せ上手で、乗せられ上手な俺は乗せられてしまいました!」
・成ちゃんの帽子取って被ろうとしたけど意外と柔らかくてスポッと被れないからやめた。

e-koさんのライブレポート

エレカシのライブは、2010年の大阪野音以来の、今回二度目。まさか鳥取に来てくれるとは!感激!! 隣の島根から電車に乗ってライブ会場へ。ライブハウスに足を運ぶこと自体、15年ぶり位。しかも一人で。自分のエレカシへののめり込みように驚く。                   春は名ばかり、四月といえどその日はものすごい冷え込み。開場3時間前アーケード街の中のビルに入っているAZTICに到着。あまりの寒さにたまらずビル2Fのカフェに逃げ込み、時間潰し。コーヒーだけでは間がもたず、カフェのマスターに、この近くに本屋がないか 聞き、商店街の一角にある古書店へ。そこで、ミーハーにも森鴎外訳のファウストを探すが見つからず、店主に聞くと「最近人気みたいで、今在庫がない」との事。悪魔メフィスト効果!?私みたいなエレカシファンが他にも!?と勝手に妄想して楽しむ。結局東野圭吾の文庫を買ってもう一度先程のカフェへ戻る。店内人がすごく増えてて、吃驚。ライブに来たお客さんが次々私と同じ目的でここに避難してきたらしい。マスターに「相席でもいい?」と言われて、OKする。そのときたまたまご一緒さしてもらった関西から来られたエレカシファンの方と楽しくお話する事が出来た。このEKDBの存在もその方から教えてもらいました。出会いって不思議。相席を勧めてくれたマスターにも感謝。コーヒーのおかわりも有難う。こんな素敵な一期一会もエレカシ」のお陰。                            雨が降り始め、強風で吹き込む飛沫に濡れながら、開場。ツアーグッズのTシャツを着ている方がけっこういて、今回のTシャツのイラストポップで可愛いな~私も買えば良かったなどと思いつつ、入場の列は開場内へと吸い込まれていく。整理番号150番。                      150番台までが、第一陣で会場に入れた。なのに手荷物ロッカーに預けたり、私がもたついてる間にあっという間に前列の方は、人でいっぱいに!結局真ん中よりやや後方のステージ左側の壁よりに陣取ることに。
 ものすごい緊張と期待感ですでに倒れそう。壁にもたれて深呼吸。
客電が落ちて、客席がざわめき出す。エレカシ登場!冷え切ったからだが一気に熱くなる。「みやじ~」すごい歓声!一曲目のムーンライトマジックから大好きな脱コミニケーションとアルバム曲からの流れ。最初の数曲までは、震えがとまらなかった足が、宮本先生の鋭い眼光と気迫溢れるパフォーマンスにぐいぐい引き込まれて、もう他の事を考える余地なし!ステージに釘づけ。まばたきするのももったいない。
 観客のうねりに乗って、いつのまにか前から5列目位の位置、成ちゃんよりに流れつく。ラッキー。皆さんけっこう飛んだり踊ったり。床抜けるんじゃないかぐらいの勢い。楽しい、楽しい!
 ファイティングマンの出だしだったか、トミのドラムとタイミングが合わず、先生「たいこ、うるせえ」 曲終わりにトミの方向いて「うるせーっつちゃって、ごめんね。」との先生に、いつも真剣で険しい顔のトミが、にっこ~り優しい笑顔!おもわず胸がキュンッと締め付けられました。素敵だな~
 後は、もう熱にうかされたような状態で、よく覚えてないんですが、私の大好きな 「かけだす男」
が生で聞けて幸せ絶頂でした。CDとはまた違うかっこよさ!昇天!
 エレカシは、ごまかしの効かない小さなハコでその真価が際立つバンドだとあらためて思った。この充足感はハンパない。今回も全てがここにあり、それ以上でも以下でもない素晴らしい時間だった。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ