エレファントカシマシDB 2011/04/16(土) 浜松窓枠 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.moonlight magic

前回は金沢 EIGHT HALL 
1曲目に演奏

02.脱コミュニケーション

前回は金沢 EIGHT HALL 
2曲目に演奏

03.明日への記憶

前回は金沢 EIGHT HALL 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は金沢 EIGHT HALL 
4曲目に演奏

05.風に吹かれて

前回は金沢 EIGHT HALL 
5曲目に演奏

06.おまえと突っ走る

前回は日比谷野外大音楽堂 
14曲目に演奏

07.過ぎゆく日々

前回は日比谷野外大音楽堂 
20曲目に演奏

08.

前回は金沢 EIGHT HALL 
8曲目に演奏

09.ハロー人生!!

前回は金沢 EIGHT HALL 
9曲目に演奏

10.何度でも立ち上がれ

前回は金沢 EIGHT HALL 
10曲目に演奏

11.いつか見た夢を

前回は金沢 EIGHT HALL 
11曲目に演奏

12.珍奇男

前回は金沢 EIGHT HALL 
12曲目に演奏

13.季節はずれの男

前回は日比谷野外大音楽堂 
14曲目に演奏

14.赤き空よ!

前回は金沢 EIGHT HALL 
14曲目に演奏

15.

前回は水戸ライトハウス 
15曲目に演奏

16.幸せよ、この指にとまれ

前回は金沢 EIGHT HALL 
16曲目に演奏

17.悪魔メフィスト

前回は金沢 EIGHT HALL 
17曲目に演奏

18.桜の花、舞い上がる道を(アンコール1)

前回は金沢 EIGHT HALL 
18曲目に演奏

19.今宵の月のように(アンコール1)

前回は金沢 EIGHT HALL 
20曲目に演奏

20.俺たちの明日(アンコール1)

前回は金沢 EIGHT HALL 
21曲目に演奏

21.FLYER(アンコール1)

前回は新潟 LOTS 
21曲目に演奏

22.ファイティングマン(アンコール1)

前回は金沢 EIGHT HALL 
22曲目に演奏

23.笑顔の未来へ(アンコール2)

前回は函館 club COCOA 
22曲目に演奏

24.四月の風(アンコール2)

前回は金沢 EIGHT HALL 
23曲目に演奏


りすぞうさんのライブレポート

縁あって急に行けることになった。浜松まで遠征してよかったと心から思えたライブ。
宮本さんは黒シャツ黒ジャケ、途中でジャケ脱いで、アンコールは白シャツ。全編通して落ち着いていたように見えた。
「過ぎゆく日々」はすごく好きな曲なので狂喜。丁寧な歌唱ですばらしかった。
「珍奇男」はとても偽悪的に歌って、この曲にまた新しい魅力を感じた。
「赤き空よ!」のあとで、「昨日『鬼平犯科帳』を見ていたらこの曲が2回くらい流れて驚いた」。クルマのCMですね。
「ファイティングマン」では「エブリバディ、ファイティングマン」と念を押すように何度も何度も言っていた。

ごづきさんのライブレポート

浜松窓枠 コインロッカーは無し、袋預かり500円。
後ろ壁にはり付いた狭い2階も自由に上がれるようだった。
整理番号53で3層目、センターマイクがすぐそこ。五十嵐みたいなヒゲのローディー。
客電落ちればすごい圧。宮本黒ジャケット。
moonlight~ 途中から白いライトが降り注ぐ。
脱コミュのイントロ CDと違う音を響かせつつ破綻させず纏める。
黒のボディーに臙脂のマーブルのギター、これがtangemanか。
このあたりずっと鬼太郎ヘア、どこかでおでこ丸出しに髪を掻きあげて右目も見えるようになった。明日への記憶、気合の入った歌いっぷり。
悲しみの果て にはFNSの影響か、客席に「待ってました!」の空気が。
ガンダーラコンビネーションの曲と紹介があって、おまえと突っ走る!!予想外の選曲に歓喜!
この曲だったか、宮本ギターすぐ下ろしトミにテンポアップ煽る煽る。
続いて「丁寧に作ったけどぜんぜん売れず」「失恋のダイナミックな(感情の動きを手の波で表す) 生きているっていう」説明後、過ぎゆく日々。完璧だった。
ハロー人生~何度でも立ち上がれ 縦ノリのすごい盛り上がり。宮本さんも汗滴る。
珍奇男 お金4連続。激しくイヤイヤと首を振ったり、頬をふくらましたり。男イスってパイプ部分もあんなに汚いんだ。
季節はずれの男、これも聴けてうれしい。背筋が伸びる厳しい歌ながら、色っぽくもある。
赤き空よ!「昨日〇〇見てたらこの曲が2度もかかって驚いた」〇〇=鬼平だそうだ。
一昨日のBOSSでもCM流れてた。
「弾き語りで」涙
この後急にステージを見上げて首を反らしているのが辛くなり離脱

kkさんのライブレポート

水戸に行くはずが交通機関なくて行けなくて初の地方ライブ。いつも東京で見るライブとは感覚が違うライブ。入場前風吹く中で体力奪われてたところに最初のワッショイで更に体力奪われ肝心のライブに集中できず残念。「涙」がとてもよかった。311後に聴いて印象がとても変わった曲も。ライブを通して頑張ろうとメッセージもらえたようでジーンときました。こうやって平和な中でライブを見に行けるって普通なことのようでいてとても幸せなんだなぁ、とライブ中に思いました。窓枠はいいライブハウスでした。

子象さんのライブレポート

おまえと突っ走る、そして、ハロー人生!!〜何度でも立ち上がれの盛り上がりがすごかった。前方にいたので、ぎゅうぎゅう&もみくちゃ、汗ビッチョリ。でも最高に楽しかった。こんな時だけど、幸運にも参加できるライブを思いっきり楽しもうと思った。
宮本さんは終始ご機嫌で絶好調なようだった。過ぎゆく日々のあとかな?「いい曲たくさんあるんですよ。俺たち。」というようなことを言って、客席から拍手が起こるとニコッと笑った。間近で見る笑顔にやられた。過ぎゆく日々、素晴らしかったなぁ。何の曲だったか、こちら側に身を乗り出してくれた時に見た、宮本さんの瞳のキレイさに見とれてしまった。成ちゃんを紹介したあと「その帽子は洗ってるんですか?」と質問する宮本さん。成ちゃんが何か答えるとまた振り返って「毎日?」とさらに質問。成ちゃんは「たまに」と答えたらしくお客に向かって「たまに、だそうです」と報告してくれた。帽子をとって「ロマンスグレー!」とも言っていた。アンコールでメンバー紹介した時も、宮本さんが成ちゃんを前に押し出し、横から左手を持ち上げる→さらに後にまわって両手を持ち上げてパタパタさせていた。成ちゃんも少し笑っていた。石くんとのカラミもいいけど、宮本さんと成ちゃんのカラミも微笑ましくて好きだ。すごいパワーと幸せをもらって、これでまたしばらく頑張れると思う。エレカシありがとう!

王子の側近さんのライブレポート

会場狭っ!ステージ近っ!!いつものようにみやじと石くんの間3列目辺り。
個人的に『季節はずれの男』『何度でも立ち上がれ』が聴けて嬉しかった。へこたれそうな時にいつも聴いてる大好きな曲。。。『珍奇男』久々に至近距離で拝見、赤い照明に浮かぶみやじの鬼気迫る表情に釘付け。3・11以降だからか、という選曲(に勝手に感じた)に、エレカシなりの優しさを感じた。
でも、、、ライヴでの『悪魔メフィスト』はあれが完成形なんですかね???
久々に(思い出せばそんなに久々でもないんだが、)スタンディングで燃えました。
どーーーーーんと行こうぜぇぇぇ(パ)

memento moriさんのライブレポート

未曾有の震災を経験し、誰もが何かをしたいと思っている。
アーティストは何かを伝えたいと思い、オーディエンスは力をもらいたいと思い、
お互いに音楽の力を信じたいんだと思った。
 
ひねくれ者の私は、だからといって、音楽でひとつになろう!などと言われると、
ケッと思ってしまう。
音楽はプライベートなものだし、ヘンに持ち上げたりするのも違うような気がする。
 
震災後のライブを、エレカシは、エレカシファンは、どんなふうに楽しむのだろうと思った。
 
ひねくれたヤツですみません。
 
全体を通して感じたことは、エレカシは変わらないってこと。
それぞれが淡々とそれぞれの係りを全うしていた。
もう一つは、宮本さんは自分の気持ちを語気に表していたってこと。
届けたい言葉の語気が強くなっていた。
 
選曲も然りだろう。
より前向きな曲が多かったし、オーディエンスも一緒になれる曲が多かった。
 
これがエレカシのメッセージなんだと思った。
そして、それはちゃんと届いていると思った。
 
疾風怒濤の2時間だったけど、静かな感動のライブだった。

ひろやまさんのライブレポート

小さなライブハウスは初。
帰省と合わせて行ってよかった…!

ひとりひとりの目を見て、いつも以上に丁寧に歌っていた。
「過ぎゆく日々」から「旅」の流れがすごくよかった。
思っていることは、月日が経っても変わらないんだな。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ