エレファントカシマシDB 2011/04/14(木) 金沢 EIGHT HALL セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.moonlight magic

前回は函館 club COCOA 
1曲目に演奏

02.脱コミュニケーション

前回は函館 club COCOA 
2曲目に演奏

03.明日への記憶

前回は函館 club COCOA 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は函館 club COCOA 
4曲目に演奏

05.風に吹かれて

前回は函館 club COCOA 
20曲目に演奏

06.かけだす男

前回は水戸ライトハウス 
6曲目に演奏

07.いつものとおり

前回は日比谷野外大音楽堂 
10曲目に演奏

08.

前回は函館 club COCOA 
7曲目に演奏

09.ハロー人生!!

前回は函館 club COCOA 
8曲目に演奏

10.何度でも立ち上がれ

前回は函館 club COCOA 
9曲目に演奏

11.いつか見た夢を

前回は函館 club COCOA 
10曲目に演奏

12.珍奇男

前回は函館 club COCOA 
11曲目に演奏

13.明日に向かって走れ

前回は大阪城野外音楽堂 
1曲目に演奏

14.赤き空よ!

前回は函館 club COCOA 
13曲目に演奏

15.夜の道

前回は函館 club COCOA 
14曲目に演奏

16.幸せよ、この指にとまれ

前回は函館 club COCOA 
15曲目に演奏

17.悪魔メフィスト

前回は函館 club COCOA 
16曲目に演奏

18.桜の花、舞い上がる道を(アンコール1)

前回は日本武道館 
21曲目に演奏

19.新しい季節へキミと(アンコール1)

前回は函館 club COCOA 
17曲目に演奏

20.今宵の月のように(アンコール1)

前回は函館 club COCOA 
18曲目に演奏

21.俺たちの明日(アンコール1)

前回は函館 club COCOA 
19曲目に演奏

22.ファイティングマン(アンコール2)

前回は函館 club COCOA 
21曲目に演奏

23.四月の風(アンコール2)

前回は函館 club COCOA 
23曲目に演奏


ラスさんのライブレポート

金沢は暖かく天気もよく、桜が見頃で街中が華やか!!!
兼六園は見事な日本庭園に桜のピンク色が差し色となって和らいだ雰囲気に包まれていました。
石川門に出るとそこも桜に囲まれた美しい景色。とにかく日本の春!という素晴らしい時期。
メンバーがこの景色を見たかどうかは分からないけれど、今日のライブは金沢にピッタリな堂々としたダイナミックなライブだったと思います。
19:00開演 宮本さん:黒シャツ+黒ジャケット、石君:紺のTシャツ、トミ:グレーのTシャツ、成ちゃん:黒シャツ
【明日への記憶】今日は特別素晴らしく感じた。帰宅してからずっと頭に残っていた。最後の方で「金沢!北陸!東京!アメリカ!」と叫んでいた。
かけだす男の後、本日はトミの誕生日!観客から「トミ誕生日おめでとうーー!」と声が上がり、次々と「おめでとうーー!」と一斉に拍手が。宮本さんは「今日トミの誕生日で45歳!」観客パチパチ「明日、成ちゃんの誕生日。14(トミ),15(成ちゃん)で。」再び観客からおめでとうと拍手!「石君が3月18日だからほとんど1歳違いです。早生まれだからね。」と嬉しそうに誕生日紹介をしてくれて会場が温かいムードに包まれました。
「古い曲で、色々あるけどいつものとおりってそういう曲です」観客からおおおーーっと歓声。
しかし出だしをちょっとやってすぐ止めてしまった。「暑さでチューニングが狂いましたのでもう一回」「耳がいいもんですから!」とニヤリ。再開した【いつものとおり】は叙情感もたっぷり、更に力強さも加わり、あれこんな曲だっけ?と新鮮な気持ちで聞いた。いままで気が付かなかったけど名曲だ。
その後の【旅】にはやられた。「いつもの時間に眠たくなってきた ああいつものとおり 明日からまた いつものとおりだろう」から、「俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ 旅に出るのさ 空の太陽 俺の心を照らしてよ!」これだ。今回、古い曲は旅の前辺りに入ることが多いが【旅】が凄く引き立つ気がする。
そこからのハロー人生!!→何度でも立ち上がれ→いつか見た夢を・・・この流れがまた凄い!今回もエネルギーの塊が爆発したかのような凄まじいパワーが炸裂!宮本さんの声がドカンときて、トミの弾丸ドラム、石君の気合入ったギター、成ちゃんの歌うベース、全てが一つに向かって突進していく様を見た!
【珍奇男】の真っ赤なライトに狂気的なギラギラした眼光、ド迫力!「お金を!おかーねを!!おかあーーーねをっ!!!おかああああねぅをおお!!!!」4回に増えてました。
【明日に向かって走れ】この曲は優しくも切ない曲な印象なんだけど、なんといっても今回は演奏が力強い。ものすっごいパワフルな明日に向かって走れ!絶叫する曲とは思わなかったけど、全身がしなり渾身の力を振り絞って歌う姿には感動を覚えた。高音出る出る!!!
【赤き空よ!】前方の人達、結構歌ってました。この日も言葉をひとつひとつ丁寧にじっくり語りかけるように歌い、心をつかまれた。おもむろに宮本さんが男椅子に乗って、石君の右肩に左足をポンと乗せたと思ったらすぐに椅子から降りて石君の首に抱きついて歌っていた。あっという間の事でちょっとビックリした(笑)
【夜の道】「金沢の町をちょっと歩いたけど、金沢の街は清潔で上品で素晴らしくて、いつも歩いている人はわかんないんじゃない?」と金沢の街を褒めてました(^^)そして散歩の曲をと、口笛がとても綺麗に出ていた。
アンコールでは宮本さん白シャツに着替えて登場。
【桜の花、舞い上がる道を】まさか友人と桜の花、やって欲しいねと話していた曲が!!しかし、この日の金沢に一番ピッタリな曲だった!!宮本さんが髪をグッとかきあげた時の、あの静かに燃えるような真摯なまなざしにハッとなる。シンプルないつものステージに桜の大木が見えるかのような見事な歌いっぷりだった。昼間見た美しい金沢の街と、力強いメッセージが重なって涙がこぼれた。

20:55終了。全ての曲が力強くて、ビリビリきた!最後まで全力投球!凄かった!
宮本さんはちょっとどうかと思うくらい目力が凄まじかった。全身から気迫漂う、オーラ出まくってた!本当に絶好調なんだと思う。

はいりさんのライブレポート

日にちが経って記憶が薄れ気味ですが、、。

開始早々、気温が高くてお客もステージ上も汗ダラダラでした。
そのぐらい熱いステージでした!
途中から、空調きいてきて快適になりましたが、観客中央の方を眺めたら、湯気が出ていて一人でニヤついてしまいました!
人間から湯気って出るんですね。
大興奮ということでしょうか。

ハロー人生から赤き空よ、いつか見た夢を辺りの疾走感は目を見張るものがありました。
この一瞬の高揚感、麻薬でも打ったかのようなアレな感じのためにライブにいってるようなものです。
ひひひ。

途中で、トミ氏のおめでとうコールと、宮本氏の、トミが今日誕生日で明日は成ちゃん云々の下り。
石君は早生まれなのでほぼ一歳違うことを説明されていました。

あと、「金沢は上品な街でびっくりした」と宮本氏が仰っていました。
「普段歩いてたら気づかないんじゃないかな?皆さんすでに思ってるもかもしれないけど、誇りに思った方がいいですよ、もっと。
上品と言っても町がね、人じゃないよ。」といって笑いが起きてました。

開始時点ではばっちりセットされていた宮本氏の髪型ですが、前半の熱気ですぐべっちょっと潰れていて、一生懸命に演奏されてるんだなーと思いました。すいません。

暑さでギターのチューニングが狂ったようで、何かの曲を中断して音合わせしていました。
宮本氏は、耳がいいもんですから気づいちゃった、まあ皆さんは音が狂っててもわかんないでしょうけどね、と仰っていました。
確かに、音が狂ってるのわかんなかったわん。

あと、珍奇男あたりで、男椅子の上に上って、ギターをひいている石君の肩の上に足をのせていたので少しびっくりしました。
ドメスティックバイオレンスならぬ、バンド内バイオレンスですね。

何かの曲の前に、「去年、新しいアルバムを出してそれから色々、色々ありました。・・・」といった感じのことを言われていたので、私は勝手に地震のことかなーと思いました。
こういうことは、言葉少なめの方が良いと私も宮本氏の姿勢に大賛成です。
ミュージシャンは音楽を通して何かしたらいいわけで、ペラペラしゃべるような巷の歌手の皆さんは、薄っぺらさがばれるからやめたほうがいいわよねー。さすが宮本氏。と思ってました。

桜が満開(この日がちょうどピークだった)の日にぴったりな、桜の花舞い上がる、、、が聞けたし、大満足で素晴らしいライブした。

以上、偏ったレポートでした。

jeyさんのライブレポート

初参戦ライヴ。今思えば運命の日でした。アコギを持って、椅子に座って始まったライヴ。
そんな感じのバンドだと勘違いしての参戦。。。終わり頃には、フラフラになりつつも、何かが始まった予感で、胸がいっぱいだった。
今でも鮮やかに覚えているのは、ファイティングマンの赤いライティングと、何とも例え難いパワーと熱気。。。最近のフェスで、若者が「エレカシ、すげー!」と言うのと同じく、ワタシも帰り道、「すげーーーっ!」と、言いながら帰った。
それからは、曲の聴きまくり。エレカシ漬けの日々の始まり。(2016.09.26記)



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ