あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2011/04/05(火) 水戸ライトハウス セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.moonlight magic

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
1曲目に演奏

02.脱コミュニケーション

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
2曲目に演奏

03.明日への記憶

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
3曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
4曲目に演奏

05.さらば青春

前回は新潟 LOTS 
5曲目に演奏

06.かけだす男

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
6曲目に演奏

07.too fine life

前回は大阪城野外音楽堂 
8曲目に演奏

08.

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
8曲目に演奏

09.ハロー人生!!

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
9曲目に演奏

10.何度でも立ち上がれ

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
10曲目に演奏

11.いつか見た夢を

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
11曲目に演奏

12.珍奇男

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
12曲目に演奏

13.OH YEAH!(ココロに花を)

前回は日比谷野外大音楽堂 
20曲目に演奏

14.赤き空よ!

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
14曲目に演奏

15.

前回は大阪城野外音楽堂 
25曲目に演奏

16.幸せよ、この指にとまれ

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
16曲目に演奏

17.悪魔メフィスト

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
17曲目に演奏

18.Sky is blue(アンコール1)

前回はMUSIC ON! TV presents GG10 
6曲目に演奏

19.今宵の月のように(アンコール1)

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
19曲目に演奏

20.俺たちの明日(アンコール1)

前回は新潟 LOTS 
20曲目に演奏

21.笑顔の未来へ(アンコール1)

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
20曲目に演奏

22.ファイティングマン(アンコール1)

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
21曲目に演奏

23.花男(アンコール2)

前回はZEPP FUKUOKA 
27曲目に演奏

24.四月の風(アンコール2)

前回は長野 CLUB JUNK BOX 
23曲目に演奏


Ayuさんのライブレポート

宮本さんはお客さん一人一人の目を順々に見つめて歌っていたのが印象的でした。全員の顔を見る!位の気持ちが伝わって来ました。
”明日への記憶”を「思い出 後悔 欲望!希望!野望!」と歌ってらっしゃった。聴いていていて希望が沸き立つ思いでした。
キャパ300〜400人とのことらしいけど、1/3位は2階にいる会場の造りなので、実質もっと狭くてぎゅうぎゅうで、ステージがとても近かったです。なんたる贅沢!これだけぎゅうぎゅうで、拳を振り上げたりとたくさん動いて、いつもならぐったりする所。しかし今日は見終わった後、精神的にはもちろん、体力的にも元気に!ありがとうエレファントカシマシ。元気を貰いました。

トルツメさんのライブレポート

ぎゅうぎゅう詰めの水戸ライトハウス、待ってましたという空気で満たされていた。“楽しもうぜエビバデ!最後までドーンと行こうぜ!”
ステージとフロアに距離がなく、“すごい、近い!”と宮本さん。近くに来てくれた時に顔をちゃんと見たらやっぱり男前だった。彫が深いことに気付いた。
「悲しみの果て」の後、“水戸に来てくれてありがとう!”“エレカシようこそ!”と、フロアからの呼びかけに“久しぶりの水戸ライトハウスですエビバデ!水戸!熱いなオイ!俺たちの方が元気をもらっちゃいますよ!!お互い様だけど”と応える。

新潟のセットリストで期待していた「さらば青春」。“大事な曲で、全部大事ですけど、ちょっと古い曲で、えーと、色々あるけど、さようならとこんにちはは同時に進行していて、街も変わっていくけど動いてる、そういう歌です”みたいなニュアンスだったと思う。センチメンタルではなく、力強く真っ直ぐな歌声に励まされた気がした。
「かけだす男」の疾走感、最高だった。この辺りからがすごかった。
「旅」、「ハロー人生!!」、激しい曲なのに言葉がはっきり聞き取れるのは、メッセージを伝えたかったり元気にしたいという気持ちが強いからではないだろうか。“何度でも立ち上がれ、何度でも立ち上がれ”とつぶやいて歌い出した「何度でも立ち上がれ」、「いつか見た夢を」。怒涛のごとくぶちかます。自分の閉塞感など木っ端微塵にされた。メッセージを受け止めるフロアの熱気もすさまじく、もみくちゃになりながらも腕を振り上げリズムに乗る。“エレファントカシマシ史上、屈指の盛り上がり”“すげーなみんな、ありがとう”ということだった。
メンバー紹介、“アットホームな水戸ライトハウス”“ここの人もアットホーム”、みたいな感じでひとしきり感謝の気持ちを述べた後“なーんちゃって”で「珍奇男」のパターン。“おかーねを!おかーねを!おかーねを!なーげてほしいー”顔が見えなかったけど目を剥いていたのではないだろうか。

「赤き空よ!」の“Let's go 明日へー!”をみんなで思いっきり叫んだ。気持ちよく揃った!
練習していなかった「涙」、石君にコードを確認しつつ弾き語る。美声が聞けたらそれでいい。
「幸せよ、この指にとまれ」、鋼鉄の喉により歌い切る。
「悪魔メフィスト」、なんちゅーかっこいい曲、イントロでゾクゾクする。打ち込みっぽい音も入っていた。リフを誰が弾いていたのだろう。ヒラマさんが全く見えない位置だった。
本編があっという間に終わってしまった。

アンコール1曲目に「Sky is blue」。リセットな感じがたまらない。
“まだいっても大丈夫ですか、溢れる熱い涙、心も体も温まる熱い涙”と「今宵の月のように」。
「俺たちの明日」、「笑顔の未来へ」。いつもどおりのパフォーマンスで、なぜか泣けた。フロアから“ありがとう”の声を何度も聞いてまた泣けた。
ほぼ雄たけびの「ファイティングマン」。正義を気取るポーズが近くで見られた。

2回目のアンコールにも応えてくれた。最後に励ましソングの極めつけのようだった「四月の風」。ドーンと行けエビバデ!”の言葉を残して去って行った。様々な想いが集まって、激しくも温かいライブだった。“

普遍的なものが持つ強さを目の当たりにした。
何にも変わらない自分、生活の安易さと怠惰。目をそらさないで奮い立たせよう、頑張ろうと思った。
あの場所にいた方全員、ありがとうございました。

ラスさんのライブレポート

成ちゃん前3列目。
物凄い盛り上がりで2時間弱駆け抜けた!
ギュウウウウッと濃いライブで楽しかった!!

bdrdさんのライブレポート

地震のあと、不安定な気分のなかTVで聴いた「悲しみの果て」。
少し勇気付けられた。
だから、ライブに行っていいものかどうか迷っていたけど行くことにした。
そしてこのライブでもきっと聴けると信じてたけど、曲がはじまって、何度も聴いたこの曲をまたこうして聴くことができて、なんといっていいかわからないけど感動した。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ