あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2011/04/02(土) 新潟 LOTS セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.moonlight magic

前回は日本武道館 
4曲目に演奏

02.脱コミュニケーション

前回はFACTORY LIVE 0129 
1曲目に演奏

03.明日への記憶

前回は日本武道館 
18曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回はFACTORY LIVE 0129 
3曲目に演奏

05.さらば青春

前回は日本武道館 
7曲目に演奏

06.かけだす男

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
7曲目に演奏

07.偶成

前回は日比谷野外大音楽堂 
4曲目に演奏

08.

前回は日本武道館 
5曲目に演奏

09.ハロー人生!!

前回はZEPP FUKUOKA 
12曲目に演奏

10.何度でも立ち上がれ

前回はZEPP FUKUOKA 
11曲目に演奏

11.いつか見た夢を

前回はFACTORY LIVE 0129 
4曲目に演奏

12.珍奇男

前回は日本武道館 
9曲目に演奏

13.普通の日々

前回はSHIBUYA-AX 
9曲目に演奏

14.赤き空よ!

前回は日本武道館 
10曲目に演奏

15.夜の道

前回は日本武道館 
11曲目に演奏

16.幸せよ、この指にとまれ

前回はFACTORY LIVE 0129 
6曲目に演奏

17.悪魔メフィスト

前回は日本武道館 
23曲目に演奏

18.新しい季節へキミと(アンコール1)

前回はZEPP FUKUOKA 
2曲目に演奏

19.今宵の月のように(アンコール1)

前回はFACTORY LIVE 0129 
10曲目に演奏

20.俺たちの明日(アンコール1)

前回はFACTORY LIVE 0129 
7曲目に演奏

21.FLYER(アンコール1)

前回はファンクラブ会員限定スペシャルライブ 
11曲目に演奏

22.ファイティングマン(アンコール1)

前回はFACTORY LIVE 0129 
9曲目に演奏

23.星の降るような夜に(アンコール2)

前回はZEPP TOKYO 
21曲目に演奏

24.四月の風(アンコール2)

前回は日本武道館 
26曲目に演奏


ラスさんのライブレポート

18:00ピッタリに開始。石君側5列目付近。エレカシ4人+ミッキーの5人。
凄まじく素晴らしいライブで、口はカラカラ心臓はドキドキ手には汗・・・!
ファンになって数年行ける限りライブには足を運んだが、私の中では1番なライブとなった。
何と言っても宮本さんの声!!言葉をそのまま力に変えられるほどの圧倒的な歌声に息を呑んだ。
押し寄せる感情の嵐の中、最初から最後まで振り落とされないように必死についていくのに精一杯。
宮本さんの歌詞にこめる思い、一言一言がハッキリと噛み締めるように歌に乗せて私達に届いた。
なんだか何を言っても陳腐に聞こえる。あーこんな言葉じゃ感じたことの1mmも伝えられない。
漠然とあった不安や悲しみを取り払ってしまった。エレカシがいれば大丈夫だと思わせるライブだったんだ。
なにがあっても、生きなければ。
感極まって何度も泣いてしまった。全てのことに感謝したい気持ちになった。
この日のことは一生忘れない。

【覚えていること】
・宮本さんメンバー紹介の時、成ちゃんを「オンドラム・・・じゃなかった」と2回程間違えた。2回目の時、石君後ろ向いてギター繋げている時に紹介されてた。
・赤き空よ!でシャツの第二ボタンブチって飛ばしてた。アンコール出てきたとき真ん中のボタンだけ留めて出てきた。
・「古い歌で・・・さらば日々よ、でこんにちはオレの日々よ」でさらば青春。切ないほど優しく美しく、しかし力強く、とめどなく涙が溢れる。(ジャケット脱いだのはこの曲の前だったかな)
・「ちょっと挑戦で、久しぶりな難しい曲なんですが・・・20代のデリケートな男の子が悩んでる時の歌です」ここでまさかの偶成!!40代の宮本さんがよどみなく歌い上げる、素晴らしかったとしか言葉が出ないくらい素晴らしかった。他になんて言やあいいんだ・・・!
・もう思い出すだけでも涙が出てくる程の魂のこもった曲達、感動に打ち震えた
・ハロー人生は最後のコーラスでは成ちゃん・石君・ミッキーが「ハッロー!人生ー!」
・「秘蔵の曲を・・・(石君に向かって)まあ落ち着けよ」普通の日々よに観客から歓声!さっきまで珍奇男歌ってた人とは思えない程の穏やかで優しい歌声。胸の奥があったかくなる。
・新旧取り混ぜたセットリストだったが、悪魔のささやきからの曲が引き立つように感じられた。確かに初期の曲はレアだし滅多に聞けないから嬉しいけど、新しい曲達の美しくも力強いことといったら!改めて再認識させられた。
そして私が一番心にガツンときたのは赤き空よ!だった。
・本編終了して退場する時、いつもは左側から出入りするけどLOTSは右側からを宮本さんすっかり忘れてるようで左側の方へスタスタ歩いて行った。左側にいた丹下さんが「違う違う、向こう」とジェスチャーしてくるんと回れ右で退場して行った。
・今宵の後、俺たちの明日をやろうとして「もっかいもっかい!」とやり直し。ヒラマさんがギターチェンジしてなくて「失礼、私の勇み足でした!」仕切りなおしてもう一回。
・Wアンコールも嬉しかった!ファイティングマンの「黒いバラとりはらい白い風流し込む」ってああそうだよなあって納得してしまった。
・星の降るような夜に 成ちゃんと肩組んで「歩こうぜー!」とコーラス。石君もすすすっと宮本さんに近寄って行って肩組まれにいって仲良くコーラス。「楽しかったこと辛い思い出諦めはしないぜ 
たとえ月日が流れようと歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を」友人を思い出しては号泣してしまった。どうか、どうか届きますように。「成ちゃん、後で帽子洗濯した方が良い。股間を拭いちゃって!」(笑)帽子は石君が持って帰りました。
4月の風で20:00終了。帰るとき宮本さんが手を振って退場。トミと成ちゃんはお先にどうぞと譲り合いつつ横に並んでニコッとしてくれた。
初日にして最終日のようなライブだった。

はまさんのライブレポート

ハロー人生!、偶成、普通の日々・・・ライブ初めて聴く曲が多く行ってよかったーと思いました!
普通の日々・・・高音出るか!?と心配して聞いてましたがちゃんと出てました。
四月の風、久しぶりで個人的に色々落ち込んでいた気分が晴れました。ほんと嬉しかったです。

Necoさんのライブレポート

とても充実した濃い時間だった。
今回は新譜ツアーなのだが、ライブは何か統一された想いで選曲されているように感じた。
各曲の歌詞のあちこちにその想いが散らばっていたように思う。

anさんのライブレポート

楽しみにしていた3/20の「GO!FES」が中止になって、ツアーもダメかなぁって思ってたので
一部を除いてだけど通常通りにスタートしてくれたこと、本当に感謝です。

珍しく、ほぼ予定時刻通りにスタート。
地震のことにはあえて触れない、いつも通りのエレカシが嬉しかった。
宮本さんの気持ちが、歌に現れてたような気がします。

そんなにいい整理番号ではなかったけど、いつの間にかやや石くん寄りの2列目あたりで見れた。
「かけだす男」のスピード感が最高に楽しく、「普通の日々」がじわりと沁みました。

天気雨さんのライブレポート

静かな、熱い、感動のライブ。
曇り空の天候。外は風が強くてとても寒かった。
中に入って始まりを待っているとき、なにか特別な空気が会場に漂っているように感じた。
緊張感や期待、それ以上のなにか、濃縮された感情。
ムーンライトマジックが始まり、その感情がダッと溢れた。
みんながこのツアーの開始を待っていた。
宮本さんの歌声を待っていたし、きっと宮本さんも歌うことを待っていただろう。
歓声と拍手に包まれたムーンライトマジック。

この日のライブは、自分の心境も含めて一生忘れないだろうと思う。
演奏からいろんな気持ちが伝わってきた。
優しさ、伝えたいという思い、喜び、でも苦悩や葛藤も。
この複雑な思いが伝わってきたのは、次に行った会場では感じなかった、初日の新潟だけ。
自分の気持ちも変わったからそれもあると思うが、それにしても特別なライブであったことは間違いない。

MCで「あんまり喋ってないけど、いいよね?喋ることもなにもない気がするし」っていうような事を言っていたけど、こういうところが好き、というか信用できるなあと思った。
歌声だけで充分すぎるほど様々な感情を伝えることが出来る人。才能。

ものすごく楽しいライブ!というのとはまた違ったのですが、ものすごく心に沁みる、そしてまさに心に灯がともるような、音楽の力を信じられるライブでした。
本当にこのツアーをやってくれたことがうれしくありがたい、と思った。

そして宮本さんは、自分の為ではなく、ぜったいにみんなの為に歌ってた。
それがとにかく伝わってきた。

あと、特筆すべきは写真集が素晴らしいこと。
エレカシ愛に溢れた、素晴らしい写真。すっごい良い。






たてちゃんさんのライブレポート

仙台に続き家族4人で参戦してきました。

震災後初めてのライブだったのでどんなライブになるのか
正直心配でした。

言うまでもなく素晴らしいステージでした。

やまさんのライブレポート

37



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ