あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2011/01/29(土) FACTORY LIVE 0129 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.脱コミュニケーション

前回は日本武道館 
3曲目に演奏

02.俺の道

前回はZEPP SAPPORO 
3曲目に演奏

03.悲しみの果て

前回はCOUNTDOWN JAPAN 10/11 
3曲目に演奏

04.いつか見た夢を

前回は日本武道館 
20曲目に演奏

05.so many people

前回はCOUNTDOWN JAPAN 10/11 
11曲目に演奏

06.幸せよ、この指にとまれ

前回は日本武道館 
13曲目に演奏

07.俺たちの明日

前回は日本武道館 
27曲目に演奏

08.ガストロンジャー

前回は日本武道館 
28曲目に演奏

09.ファイティングマン

前回は日本武道館 
29曲目に演奏

10.今宵の月のように(アンコール1)

前回はCOUNTDOWN JAPAN 10/11 
10曲目に演奏

11.待つ男(アンコール1)

前回は日本武道館 
30曲目に演奏


たわらがたさんのライブレポート

せいちゃん側2列目、ステージがめちゃくちゃ近かった。相変わらず圧巻の声は健在で、会場の盛り上がりぶりに先生も嬉しそうだった。会場の熱がどんどんエレカシに伝染していくのが手に取るようにわかった。みんな歓声や「宮本最高!」の声がすごくて、宮本さんが「ありがとうございます」と言っていた。こんなにヨレヨレになったライブは初めてかもしれない。燃え尽きた…。エレカシのみなさんも嬉しそうだった。エレカシにパワーを注入してもらった。あの4人の気合い、見習いたい。明日からまた頑張ります

anさんのライブレポート

1月に大阪を離れ、心機一転東京で仕事をスタートした中の当選。
神様、引っ越し&再就職祝いをありがとう!!

当選番号28番ということで、15:00にフジテレビ前集合。
一旦並び、整理番号38番39番をもらったところで、一回バラしますとのこと。
また16:10に集合して、一面鏡張りのダンススタジオのようなところに立ちっぱなしでギュウギュウ詰めに押し込まれる。
荷物を足元に置いて、16:30ぐらいにようやく収録スタジオのほうへ移動させられるものの牛歩状態。
ようやく中に入れたのは17:00過ぎてたかな?中に入るまでに、かなり疲れた。。
でも若い整理番号のおかげで、やや成ちゃん寄りの真ん中2列目ゲットできました☆

普通のライブとはやはり違って、たくさんのスタッフさんたちが舞台上でチェック。
床の「ばみり」もハンパなかったな~。

17:45過ぎあたりから、オープニングアクトがスタート。
出演のアーティストは全部で、6組でした。
エレカシはきっと早く帰るだろうから、2~3番目くらいかなーと思ったら、トリ!

スガシカオ、miwaが終わったところで、後ろからダダーッと押し寄せ。
そして真心ブラザーズが終わったところで、さらに身動きできないほどギュウギュウに。。
最初はカメラってこんな風に撮ってるのか~なんて感心してたのに、サンボマスターでそんな余裕は消え去った。
もはやライブ。フェスみたいに体力使いました。。

エレファントカシマシSで登場。宮本さんは白シャツ。
今回はエレカシ狙いのお客さんが多かった模様。
21:50~22:40くらいまで、たくさんやってくれて嬉しかった!

「今宵の月のように」をちょっと歌ったところで、ストップかけちゃう宮本さん。
で、蔦谷さん方向を見て「・・・歌うのやめちゃだめ?」と(笑)
心のなかで、いいよ!違う曲でもいいよ!って思ったけど、お客さんからは「やってー!」「最初からー!」の声。
それを受けて「・・・どうしよう」と宮本さん(笑)
ちょっと考え、「やります」と決断の上、無事にやり遂げられました。
まったく、可愛いんだからーっ。
これはオンエアされないんだろうか。放送が楽しみです。

しかし本当に疲れて、翌日の夕方まで寝込んだ。。

まろ0612さんのライブレポート

TV局に入るの初だ~

と浮かれて行ったものの、とにかくとにかく並ばされ、立たされっぱなしの3時間
始まる前にすっかり腰が痛くなってしまった

ようやくスタジオに入れても、ここから又、立ちっぱなしの収録が5時間くらいあるという‥
既に体力限界の私は、端っこをキープし、隙を見て座り込む

スタジオは、広い場所を黒い布で覆っただけの簡易なもの
そこにステージやらスピーカーやら置いてあるだけだから、ホール等に比べたら音響は良くないかもしれないが、ライブハウスと比べると天井は高いし開放感がある

さて、いよいよいよ、本日のトリのエレカシが登場!

集合から7時間ほど経過した私の腰は、もう限界を超え、立っているだけで涙がでそう
なのに体は自然と、じりじりじりステージに詰め寄ってしまう

1月の初めに武道館で会ったばかりだけど、今日は間近に見る先生!(ちょっと痩せた?)
挨拶もなく始めた曲は、『脱コミュニケーション』
ああ、コレコレコレコレコレ!と、私の全身が反応する
そして、『俺の道』
素晴らし過ぎ、男過ぎ、腰痛すぎ、いろいろな想いが相まって、目の前がまっくらになりそう

「こんな時間まで、ごはんも食べずにオマエら、すごい体力だな~!」~22:00頃~
という先生の言葉で、体の痛みが全て消えてゆくーー
更に、目から眩しい光を放ちながら、曲の途中で、あんまり脈絡も無く
「大丈夫だ!」「間違ってない!」
という言葉で、心の痛みやモヤモヤも全て消えてゆくーーー

「今日はみんなから元気をもらいました!俺もあげたけど!」
「今日は素晴らしいゲストがたくさんなので、楽しみにしてきました!お客さんも素晴らしいけど!イヤ、1人1人はよく分からねえけど!」
といった宮本語録も炸裂

TV番組なのにアンコール2曲を含む、計11曲も披露してくれた(どうせ押してるからもう1曲やっちゃう!と言って)
8時間立ちっぱんしで死んじゃうかと思ったけど、生きてて良かった~~

エレファンには、あまりに当然の事実だけど
曲・素晴らしすぎ、歌・上手すぎ、気遣いトーク、安定感、なにもかもが他の追随を許さず

空気の揺れがハンパ無かった

まさに、黒いバラ取り払われ、白い風流し込まれてしまいました



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ