エレファントカシマシDB 2010/12/31(金) COUNTDOWN JAPAN 10/11 セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.脱コミュニケーション

前回はRADIO CRAZY 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回はZEPP SAPPORO 
4曲目に演奏

03.悲しみの果て

前回はRADIO CRAZY 
6曲目に演奏

04.good morning

前回はRADIO CRAZY 
3曲目に演奏

05.

前回はRADIO CRAZY 
4曲目に演奏

06.笑顔の未来へ

前回はRockDaze! 
6曲目に演奏

07.いつか見た夢を

前回はRADIO CRAZY 
7曲目に演奏

08.ガストロンジャー

前回はRADIO CRAZY 
9曲目に演奏

09.俺たちの明日

前回はRockDaze! 
10曲目に演奏

10.今宵の月のように

前回はRADIO CRAZY 
11曲目に演奏

11.so many people

前回はRADIO CRAZY 
8曲目に演奏

12.コール アンド レスポンス

前回はJAPAN JAM 2010 
13曲目に演奏

13.ファイティングマン

前回はRADIO CRAZY 
10曲目に演奏


たわらがたさんのライブレポート

(興奮のあまり記憶が飛んでいるので、MCのタイミングなど違っているかもしれません)宮本先生白シャツでご登場。昨日と別人のような明るい表情。会場のすごい歓声に「イェーイ!」とポーズつきで二度ほど。「いやー緊張しますね。今日は盛り上がってこうぜーエブリィバディ!じゃあまずニューアルバムから激渋の曲を聴いてくれ」。来ました『脱コミュニケーション』!イントロのギターで会場も大興奮。今日の先生一段と歌が良い、声がすごい!「みんな今年はどんな年でしたか?俺なんか今日、大阪からの帰りの新幹線でチャボに会っちゃいました!どうだうらやましいだろー!」と。そして『今はここが真ん中さ!』ワクワクで気分上昇!アガる。この曲に限らず、基本的にお客さんも終始大合唱だった。「今は幕張がど真ん中!」手もキラキラしたりクラップしたり。「始まるよーー!」と。先生上ずった声で「じゃあみんなに捧げます!素晴らしい日々を送って行こうぜって歌です」で『悲しみの果て』。大歓声、大合唱。先生極上の声の伸び。泣く余裕もない。「ちょっとマニアックな曲だけど、ここからみんなで一緒にドライブに行こうぜ」で『good morning』!この曲、意外とフェス向きかもしれない。ちょっと踊れるというか。「昔、高速道路を…飛ばさなきゃいけないもんだと思っていたので、300キロくらい出してたんです」みんなえ~っ!「あれでスピンして壁に激突してたら…すいませんね死ぬ話で…でもいいでしょ俺の話だから。もしそうなってたらニュースになってましたかね」そんなことになってたら困ります。そしてひとこと「自慢。」と。石君にマイクを向けて「どうですか石森さん今のジョークになってましたか」石君めちゃくちゃあせりながらうなずく。「ここで石森さんから一言」盛り上がる会場。石君、何か言ったが聞こえなかった…すみません。『旅』の前にMCをなさったのは初めて聴いたかも。「別にモンゴルの大平原に行かなくても、俺たちは毎日を旅してる。そう思いませんか」。この日の『旅』ときたらとんでもなかった。宮本浩次の歌は全くの別格だ。感動とか感激を完全に超えていた。この歌が生まれて本当に良かった。歌い終わると子供みたいな顔で時計を見て「あと10分?え、5時間?ってことはないよな!あと10分だってよエブリィバディ今年も!」わードキドキ!「2年前に大阪でカウントダウンした時、6秒前からみんなに教えてもらったっていう苦い記憶が」笑。あの時はハラハラした。「じゃあ蔦谷さんひとこと」とまたマイクを向けて、蔦谷さん「え…っとあけましておめでとうございます」蔦谷さんまだです!「高緑さんはどうですか」成ちゃん「(渋い声で)…こんばんは」「じゃあ初詣がわりに歌わせてくれ!2010年、悲しいことがあった人もいるかもしれないけど、新しい年、みんなで素晴らしい未来へ行こうぜ!」みたいなことを叫んで、『笑顔の未来へ』。これも会場じゅうが大合唱。拳の波、クラップの嵐。終わると先生すぐ時計を確認して「……。びっみょーー…」と。そしていきなり歌い始めた『いつか見た夢を』超高速バージョン!あまりの楽しさに笑いが止まらなかった。先生「大急ぎだ大急ぎだ!」って。終わると先生、「…時間が余ってしまいました」。大笑。「じゃあ30秒前からカウントダウンしような!」ついに…。「27、26、25…」先生がよく見える。エレカシ、今年も本当にありがとう。「10!9!8!7!」今この瞬間に、ここにこうしていられてしあわせだ。「2…、1…、」どっかーーーん!!大歓声、歓喜の渦。「あけましておめでとうエブリィバディ!」左右いっぱいに走る先生。「どうなんだ新しい年は!え!?エブリィバディ!」なんと2011年一発目は『ガストロンジャー』!盛り上がりすぎて覚えてない。続く『俺たちの明日』はみんな大喜びで、泣けた。「自分の力で、熱い涙を流せるのって最高ですよねエブリィバディ」と言って『今宵の月のように』。隣の男性が感激のあまり「あぁ~…!」と泣きそうな声をあげた。宮本さん、あなたの歌声はほんとに最高だ。次が『so many people』。ガンガン行くなぁ。跳ねすぎてもうわけわからないです。「エブリィバディ、だがここで悲しみの宣告だ!」まさかの『コール アンド レスポンス』!新年早々死刑宣告が受けられるとは。「全員、死刑です」にみんな大喜び。「今日はほんとありがとうエブリィバディお互いに!俺はみんなに、元気をもらいました!俺は、あげました!」とミヤジ節。「エブリィバディ、ファイト、ファイティングマン!!」これはもう書くまでもない。本当に最高の、最上の、光り輝く素晴らしい時間でした。ありがとうエレカシ!2011年もドーンと行きましょう! 

No.曲名回数
1脱コミュニケーション7回目
2今はここが真ん中さ!10回目
3悲しみの果て34回目
4good morning7回目
57回目
6笑顔の未来へ20回目
7いつか見た夢を10回目
8ガストロンジャー27回目
9俺たちの明日23回目
10今宵の月のように29回目
11so many people12回目
12コール アンド レスポンス4回目
13ファイティングマン22回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
ラスさんのライブレポート

前方真ん中エリア8列目辺り。23:25蔦谷さん含め6人で登場。蔦谷さん久しぶりだー。男性率高くてモッシュも凄かったので結構前に押し出されたが、フェスならではの大合唱で盛り上がった!!私の前方ではしゃいでいた男性が後半聞き入るようにじっと動かなくなったのが印象的でした。【今はここが真ん中さ】今は幕張がど真ん中!!ステージ端の行ける所まで走って右に左にサービス満点!【悲しみの果て】わあああっ!!!と歓声が上がって皆大声で大合唱♪♪ 【クッドモーニング】曲の前に「大阪からの新幹線の中で仲井戸麗一、チャボと会っちゃったぜ!日本の最強ギタリスト!仲井戸麗一と!いいだろおーー!!!」と少年のような笑顔で観客に自慢した後「ドライブ!ドライブ!」曲後に「首都高速で飛ばさなきゃいけないと思って、300kまで出しちゃって」に、観客の男性が「イイ車乗ってんなーー!!」と叫んだのが私的にツボでした(笑)「壁に激突して死んじゃってたらニュースになったかな?」・・・引き気味な観客に「失礼しました!」石君に「シャレになってました?」と振られて石君とりあえずうなずく・・・。【旅】曲の前に「モンゴルの大平原に行かなくたって毎日旅をしてるんだ!」曲の後「10分くらいだぜ!」と言った後「あと5時間ー!!」と前列の男性の声(CDJ終了までの意味?)に「えっご5時間!?」と動揺しつつ「大阪で皆に6秒から数えてもらったっていう悪い経験があるから、皆頼むぜ!」どうやら大変気にしている様子です。「始めよければ全て良しだ!!イエーーーーー!!!」観客から笑いと拍手が沸き起こりなんとも和やかな空気に。【笑顔の未来へ】年越し10分前にこの曲は良いですね!!物凄く盛り上がって笑顔の未来へ!終わって「・・・ビミョー!」に爆笑!私の隣の男性が「やっちゃえ!やっちゃえ!」と叫んでてこれまたウケました。宮本さん物凄い形相で悩んだ顔してましたが「ワン・ツー!」と始まった!!【いつか見た夢】高速バージョンでトミ凄かったなあ・・・ズパパパパパンドドドドドドって!「大サビだ!大サビ!!」って短縮バージョンすぎて「時間余っちゃった・・・無礼講でくつろいでくれ!!」えっくつろぐ!!??爆笑でした~そうこうしてるうちに「1分30秒!」石君どうでした?とマイクを向けて→蔦谷さん(あけましておめでとうございますとフライング)→成ちゃんときたから次トミと思ったら紹介だけで「ミッキー」「総合司会宮本」「幕張の皆イエーーー!!」と言いつつ両手を挙げていつものポーズだけど足元の時計に視線が釘付け(笑)そして27秒からのカウントダウン(長っ・・・笑)皆でカウントダウンしたけど宮本さん1秒ごとにポーズ決めててそれがまたコミカルで危うくカウント間違えそうになったよ!「ゼロ!」の瞬間ドーーーーンと音がしてテープが降ってきて無事成功!「あけましておめでとうーーー!」なんとも楽しい年明けになりました。【ガストロンジャー】年明け一発目にガスト!痺れました。勿論オーオーオーは拳と共に皆ほぼ絶叫状態。【コールアンドレスポンス】「悲しみの宣告をさせていただきます」と新年早々の死刑宣告(笑)どこかで「2010年さようなら!2011年こんにちわあああ!もう初詣行かなくても大丈夫」と言ってた。とうわけでご利益確実な2011年初ライブでした。楽しかった!!!
そういえば石君のサングラスは最後まで石君かけたままだった。宮本さん、いじる余裕がなかったのかなー?

No.曲名回数
1脱コミュニケーション7回目
2今はここが真ん中さ!12回目
3悲しみの果て30回目
4good morning7回目
57回目
6笑顔の未来へ19回目
7いつか見た夢を9回目
8ガストロンジャー24回目
9俺たちの明日21回目
10今宵の月のように23回目
11so many people10回目
12コール アンド レスポンス5回目
13ファイティングマン23回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
りすぞうさんのライブレポート

最初出てきた時から明らかに緊張&ハイテンション。この幕張の大イベントの年越しカウントダウンを俺がやらねばならぬプレッシャー、をひしひしと感じた(笑) 脱コミュニケーションの出だしをオクターブ高く歌っていた。
下手側舞台袖でスタッフが全員腕時計を凝視するなか、宮本さんが大慌てで始めた「いつか見た夢を」は、皆さん書いている通り速い速い。始まった瞬間、蔦谷さんが笑ってたそうです(友人の目撃談)。
カウントダウンが終わったら明らかにホッとした様子で、「…それにしてもどうなんだよお前」みたいに速攻でガストロンジャーが始まった。新年1発目、とても粋だった。

昨日が終わって今日が来て明日が来ることに変わりはないのだが、年越しはやはり感慨深いものがある。その瞬間を宮本さんのカウントで、一緒に過ごせるなんて。すごくうれしかった。

No.曲名回数
1脱コミュニケーション5回目
2今はここが真ん中さ!11回目
3悲しみの果て30回目
4good morning5回目
55回目
6笑顔の未来へ21回目
7いつか見た夢を6回目
8ガストロンジャー24回目
9俺たちの明日21回目
10今宵の月のように25回目
11so many people11回目
12コール アンド レスポンス4回目
13ファイティングマン23回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
takeさんのライブレポート

暗転するとメンバー登場、わーっという歓声に、先生はいきなり髪をぐしゃぐしゃに。
『緊張してます』と珍しいMC。
『前にやった大阪でのカウントダウンはお客さんが6秒前からやってくれました。
 今年もみんな頼むぜ、エブリバディ!』そんなこと頼まれても。。。
『ニューアルバムから激シブの曲を』で、「脱コミュニケーション」。
声がバリバリに出ていました。
しかし、カウントダウンが気になるのか、右下にあるカウントダウンモニターに、
ちらちらと眼を遣る先生。相当に気になっている様子。
大阪での出来事がトラウマになっているのかも。
モニタとセットリストが頭にあるのか、『微妙…』とのMCも。
舞台袖にいるスタッフさんも相当に時間を気にしておられました。
「笑顔の未来へ」「いつか見た夢を」は最速のテンポ。
トミのドラムがカッコいい!
急いで演り過ぎて『時間が余っちゃった』。
30秒前からのカウントダウン開始も、先生は10秒前から。
特効の花火テープが舞うなか、新年の一曲目は「ガストロンジャー」。
新年早々、『死刑宣告です』と「コールアンドレスポンス」。
『俺達はみんなからエネルギーを貰ったし、俺達もあげた。』
『だから初詣はいらない』と絶好調。

フェス向けながら新旧の名曲を織り交ぜる絶妙なセットリスト。
声は相当に調子が良さそう(後半はヘタり気味)なので、
武道館は期待できそうです!!

No.曲名回数
1脱コミュニケーション3回目
2今はここが真ん中さ!13回目
3悲しみの果て33回目
4good morning3回目
53回目
6笑顔の未来へ22回目
7いつか見た夢を4回目
8ガストロンジャー30回目
9俺たちの明日26回目
10今宵の月のように28回目
11so many people14回目
12コール アンド レスポンス6回目
13ファイティングマン17回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
showさんのライブレポート

 KREVAの演奏中、徐々に前へ。終わったらモッシュゾーンへ。

 蔦谷さん&ミッキーの6人。ミヤジ白シャツ。登場で「イェーイ!盛り上がろうぜ。激渋な曲聴いてください」で、『脱コミュニケーション』。押されてこの時点から嫁と離れ離れ。ミヤジソロにトミのドラムが絡みついていく。ヘビーなサウンドで会場全体を否が応でもエレカシワールドに染めた。いきなり一緒に歌うヤカラども。ミヤジのキーについてゆけずいきなり諦める。

 観客と一緒に1、2、1、2、3、4、で始まった『今はここが真ん中さ!』。当然ながら今は幕張が真ん中さ!と。
 
 『悲しみの果て』大合唱。客は自分の声が聞こえないせいもあっていつも以上に下手くそだが、良いか悪いかは難しい。いつものあなたを知らないけど。
 
 新幹線でチャボと会ったことを報告。「マニアックな曲」「ドライブ行こう!」で『good morning』。アナログ式のストロボライト?だったのでミヤジの云う速度に合わせて光っていた。

  「下手なのに首都高300Km/hで走ったことがあると」激白。「失礼しました!大丈夫?シャレになってる」と石君に。「モンゴルの大平原に行かなくったって俺達は毎日旅をしている」。で『旅』。
 
 カウントダウンはおととしぐらいに大阪でやったときは6秒くらい前からお客さんに数えてもらった。「笑顔の未来へ」。手拍子が凄かった。終わって(時間が)「微妙」。客から「やっちゃえやっちゃえ」。で「ワンツースリーフォー」『いつか見た夢を』。やっちゃったら横のスタッフが腕で丸を作っていた。カウントダウンの時間に間に合うように超高速モードで。「いつもと同じ~」のところからトミに更にテンポアップを要求。蔦谷さん爆笑。かつ、あきれ顔でキーボードを弾くのをやめてた(笑)。ターボがかかる。観客爆笑で手拍子追いつかず。「大サビだ大サビだ」と指示し「勇気がない」の箇所をはしょって「やり方なら自由」のところへワープ。超短時間で終わった。。。と思ったら「時間余っちゃった」。。。観客大爆笑!!不器用なエレカシ。ありのままだ。

 「こうなったら無礼講で。ドーンと行こうぜドーンと行こうぜ。。。あと1分30秒。」メンバー紹介を始める。27からカウントダウン。年が変わって爆音とともに天井から金銀のテープが落ちてくる。「おめでとうーーー、どうなんだよ?」で照明が赤くなり怒涛のガストロンジャー。目出度さもあって全員、拳振りまくりだ。 
 『俺たちの明日』は大合唱になっていた。「熱い涙を今年も1粒でも多く流したいと思ってます」で『今宵の月のように』これまた大合唱。『so many people』ではじけた。「みんなと新年迎えられて俺は嬉しかった」と言って意外な選曲『コール アンド レスポンス』。全員死刑ですってやりたかったんだろう。「俺たちはみんなからたくさん元気をもらいました。そして俺たちもあげました。2011年こんにちは」。『ファイティングマン』。
 
 2010年の終わりと2011年の初めはエレカシと一緒にいた。その後嫁と合流した。あけましておめでとう。

No.曲名回数
1脱コミュニケーション2回目
2今はここが真ん中さ!13回目
3悲しみの果て77回目
4good morning4回目
52回目
6笑顔の未来へ30回目
7いつか見た夢を8回目
8ガストロンジャー61回目
9俺たちの明日33回目
10今宵の月のように59回目
11so many people32回目
12コール アンド レスポンス27回目
13ファイティングマン37回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
ちゃーこさんのライブレポート

石君側前方にて登場待ち。周りはエレカシファンの人というよりフェスのお客さんが多かったように思います。

宮本先生、登場して「いえーい!」お客さんも熱く「いえーい!!」もう一度さらに大きな声で「いえーい!!」のやりとり。「緊張してます」と珍しい告白。
「新しいアルバムから激渋の曲聴いてください」と「脱コミュニケーション」。
先生の声が素晴らしく出ている!ものすごく調子がよさそう。
そして、「今は幕張が真ん中さー!!」大盛り上がりの会場。
「みんなに捧げます」と「悲しみの果て」。
「これからみんなでドライブに行こうぜー!昔、首都高をものすごい速さで走ってました。そうしなきゃいけないとか思っちゃって。。。300kmくらい出してました!自慢です。」で「good morning」ヘ。
ZEPPツアーのときよりはだいぶ控え目でしたが、ピカチカタイムありました。
「別にモンゴルの大平原に行かなくても、毎日が旅じゃないかエビバデ?」で「旅」。最後は「照らせサンシャーーーーーイン!!」とオクターブ上で歌いあげ、ものすごいカッコよかった!
ここで、「あと10分ですよみなさん。カウントダウンまでね。」そのあとお客さんの誰かが「あと5時間!」とか言ったんでしょうか。「え、5時間のわけねえしな・・・。ちょっと、オレ2~3年前の大阪で、6秒前からお客さんにカウントダウンしてもらったっていう前例があるんですよ。だからそういう(惑わすようなこと)のやめてください!」
というトークのあと、「みんなを笑顔の未来へ連れてくぜ!」で「笑顔の未来へ」。間奏短く、テンポも速く、時間を気にしている様子。
演奏が終わった後、しばし足元にあるらしき時計を見て「微妙」とつぶやく。その言い方がほんとに「びみょう」な感じを表しててとても面白かった。
「どうしようかなー。。。」と迷う先生。舞台袖にいるスタッフを見る。と、スタッフの皆さん全員腕時計とにらめっこwやはり皆さん心配なんだ。実は私も心配です。
と、突然「ワンツースリー!いつかみーたゆーめをー♪」と歌いだす。しかしバンドも一切遅れることなくぴったりついていく!
時間が気になるらしくどんどんどんどん早くなっていって、途中をショートカットして「次は大サビだ!大サビだぞ!」とバンドに伝え、「やり方なら自由!」の大サビへ。超早口!
有り得ないほど高速で歌いきって、次に出た言葉は「時間余っちゃった」ちょっとーwこの辺は面白すぎて、周りを見渡してもみな大笑いでした。
困った先生は蔦谷さんにマイクを向け、蔦谷さん「明けましておめでとうございます」。先生「いやまだ明けてないから」とかいうやり取りしてみたり、石君を前に出してみたりという無茶振りしまくり。
で、「30秒前から数えよう!」長すぎますwで、自分で言っておきながらメンバー紹介とかしてる間に30秒を過ぎてしまい、結局やっぱりお客さんに数え始めてもらう。
先生は27秒からカウントし、20までしか数えず、10秒お休み。10秒前から「10!9!」とカウントし、めでたく新年を迎えましたー!!「明けましておめでとう!」上を見上げると銀色のテープが降ってきてとても綺麗。
「・・・、とはいえよう、どうなんだこの頃は、え?」と一転トーンが変わり、新年一発目はガストロンジャー!「オー!オーオーオー!」大合唱!
そのあと「俺たちの明日」「今宵の月のように」のヒット曲2連発では、これまた一転して暖かい雰囲気。でも熱い盛り上がり。先生の声も全く衰えない。
そして激しく燃えた「so many people」のあと、まさかの「コールアンドレスポンス」!新年早々の死刑宣告は、フェスではどうかなーと余計な心配をしてしまったけど、「全員死刑です!」といわれた観客から「キャー!!」の声がw良かったです。
最後の「ファイティングマン」、観客も大合唱!「みんなからたくさん元気をもらった!俺たちもあげた!」はい!沢山沢山もらいました!ありがとうございました!

こんなに楽しく年越しできるとは、正直思ってなかった。ほんとに来てよかった!

*どーでもいいことですが、年越し用にと作成されたTシャツ、せっかくだからと購入し着たのですが、他に着ている人がほとんどおらず、いささか寂しかった。。。やっぱりデザインが・・・だから・・・?

No.曲名回数
1脱コミュニケーション3回目
2今はここが真ん中さ!13回目
3悲しみの果て34回目
4good morning3回目
53回目
6笑顔の未来へ22回目
7いつか見た夢を4回目
8ガストロンジャー31回目
9俺たちの明日26回目
10今宵の月のように29回目
11so many people15回目
12コール アンド レスポンス6回目
13ファイティングマン18回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
せいさんのライブレポート

30、31日と行ってみました。
余談ですがその前日に「ま乃」へ行ったら、どうやらコミケ?に行かれた方々の打ち上げが大いに始まり、
石くんが座っていた席に軍人コスプレの男性が着席。丸坊主にしてやろうかと思った。

KREVAを小脇で見終わって、前へ移動。脇寄りの凹っとなっている柵のところ。よい場所でした!
テンション高いミヤジが登場。いい年越しになるに違いない。
『脱コミュニケーション』。イントロのギターでお客さんからヒュ~と声が上がっていた。
『good morning』。まさかここでもやるとは思わなかった。速くなるところで照明もチカチカ。
高速を300km/hで走ったとか。そりゃドタマが真っ白だ。しかも「自慢」ってあなた。。。

『旅』がやっぱ格好良い。ライブバージョンの「照らせサンシャイン!」での終わり方が今のエレカシな感じで好きです。
めずらしく成ちゃんがしゃべった。しかもハッキリ口調の「こんばんは」。
「こんばんは!」のビックリマーク付でもいいくらいに感じましたが、そうでもないかも。
前に失敗したというカウントダウンのタイミングを、しきりに気にしていて不器用さ丸出し。愛おしい。
焦るあまりの倍速並みな『いつか見た夢を』が良い!!速すぎで蔦谷さんが思いきり笑っていて楽しそうだった。
30秒もアドバンテージを設けてのカウントダウン。1月1日。銀のテープが舞った。
「あけましておめでとう!」『ガストロンジャー』、『俺たちの明日』、
「とはいえ悲しみの宣告」『コールアンドレスポンス』、「今年もドーンと行け!」『ファイティングマン』。
こんなに良い年越しをむかえることが出来て、本当に幸せだ。

「初詣行かなくても大丈夫」とか言っていたけど、言われなくても本当に初詣した気分。
良い思い出すぎるので、掴んだ銀のテープを手帳に貼っておいた。
初めて見たOKAMOTO'S、Cocco、andymoriも良かった。

No.曲名回数
1脱コミュニケーション3回目
2今はここが真ん中さ!2回目
3悲しみの果て10回目
4good morning3回目
53回目
6笑顔の未来へ6回目
7いつか見た夢を5回目
8ガストロンジャー7回目
9俺たちの明日6回目
10今宵の月のように5回目
11so many people4回目
12コール アンド レスポンス4回目
13ファイティングマン8回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
映像備忘録さんのライブレポート

脱コミュニケーション・今はここが真ん中さ!・旅・ガストロンジャー・今宵の月のように・ファイティングマン   (WOWOW)
今宵の月のように   (FES&EVENT D-1)

No.曲名回数
1 脱コミュニケーション初!!
2今はここが真ん中さ!10回目
3悲しみの果て44回目
4good morning2回目
5初!!
6笑顔の未来へ23回目
7いつか見た夢を4回目
8ガストロンジャー33回目
9俺たちの明日27回目
10今宵の月のように33回目
11so many people10回目
12コール アンド レスポンス5回目
13ファイティングマン16回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)
太陽ギラギラさんのライブレポート



No.曲名回数
1 脱コミュニケーション初!!
2今はここが真ん中さ!11回目
3悲しみの果て23回目
4 good morning初!!
5初!!
6笑顔の未来へ18回目
7 いつか見た夢を初!!
8ガストロンジャー22回目
9俺たちの明日20回目
10今宵の月のように23回目
11so many people9回目
12コール アンド レスポンス3回目
13ファイティングマン9回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ