エレファントカシマシDB 2010/07/19(月) ap bank fes 2010 セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.今宵の月のように

前回はROCKS TOKYO 
5曲目に演奏

02.真夜中のヒーロー

前回は大阪厚生年金会館大ホール 
2曲目に演奏

03.女神になって

前回は日比谷野外大音楽堂 
3曲目に演奏

04.はじまりは今

前回はSHIBUYA-AX 
16曲目に演奏

05.悲しみの果て

前回は日比谷野外大音楽堂 
24曲目に演奏

06.幸せよ、この指にとまれ

前回は日比谷野外大音楽堂 
14曲目に演奏

07.俺たちの明日

前回はJAPAN JAM 2010 
9曲目に演奏

08.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は日比谷野外大音楽堂 
19曲目に演奏

09.ファイティングマン

前回は日比谷野外大音楽堂 
3曲目に演奏


ラスさんのライブレポート


日比谷2日後で行こうかどうか迷いつつチケット何度も落ちたので諦めかけたら友人が見事当選したのでツアーバスに申し込みました。10:30到着。
当日は快晴!物凄い暑くてクラクラしつつエレカシまで日影に避難してまったりライブ観戦。
ステージはAとB2つあり、隣り合っている作り。向かって右がA、左がBステージ。Aは主にBankBand4回(内2回スキマスイッチ・PUFFY/RHYMESTER・久保田利伸)
が演奏、Bは(BankBandとカラミなし)THE BAWDIES Dragon Ash Mr.Children エレファントカシマシだった。演奏順はAとBの交互で12:00~Aスタート→19:30頃A終了。
エレカシは17:20分頃出演。直前にAステージでBankBandとRHYMESTER・久保田利伸が盛り上げ、salyuが美しい歌声を残していった。ミスチルが終わっているのですいすいと前に行けてど真ん中5列目辺りで観戦。(しかしスタンディングゾーンほぼ最前列なのになんでこんなに荷物が置いてあるんだ…)エレカシどうかな…と思っていたらメンバー登場!今日は蔦谷さん欠席。キーボードはサニーさん。「今日は俺たちを呼んでくれてありがとーー!」と一発目【今宵の月のように】手拍子で皆盛り上がる。この曲はフェスで皆聴きたいんだろうな。声の調子は良さそう。「渋い曲です」と【真夜中のヒーロー】意外!華やかなこのフェスに哀愁漂うこの曲を日が傾いてきた西日が横から射す中雰囲気があってなかなか良かった!「お嬢さーん!おねえさーん!おかあさーーーん!」と叫び【女神になって】これは声の伸びが素晴らしく鳥肌立った!!「サンキュー男は辛いなぁぁぁぁあああああーーーーーサンキューオマエ女神になってぇぇぇぇええええーーー!」声出る出る!どこまでも伸びていく!石君と向かい合ってギターをちょこっと。演奏途中小さくなって消えて(声がかすれて色っぽい!)・・・大きくなって!今日一番声出てた曲。吹っ飛びそうになった!そしてまさかの!ジャーンとギターが・・・このイントロもしや!【はじまりは今】!!!前方のエレカシファン大喜び!!!「おおおーーーっ」とどよめく。高音も裏声で綺麗に出てる。「沈む町の陽を君は見つめてる一人」で涙がこぼれた。腕をちぎれんばかりに挙げる。初めて聴いたがとても力強いはじまりは今だった。そして【悲しみの果て】この流れは良かったなあ。はじまりは今の余韻が響く。前方は合唱する人多数。「チキショー!」で【幸せよ、この指にとまれ】うーんやっぱり高音がきつそうだ。前の曲が綺麗に出ているから目立つ。でも、[悲しみの果て→幸せよ、この指にとまれ]の繋がり好き!(確認したらJAPAN JAMでもそうだった)【俺たちの明日】おもむろに右側へ走り出して端っこの方へ。しかし弾いてないギターのコードがいっぱいになって慌てて丹下さんが機材から抜けないように抑えてピーンと綱引き状態に(笑)その様子を微笑ましく見守る人と爆笑する人。十代、二十代、三十代と歌うところが音程低いので1オクターブ上げたり下げたりして歌っていて、ちょっと聴きにくいのが残念。せっかく良い歌詞なのになあ。しかしいっぱい拳上がってた。宮本さんこの辺から自由スイッチ入る。メンバー紹介の時、石君のむぎわら帽子ひっぺがしてほっぽらかす。石君の所有物としては比較的長く持ったほうでしょうか。なんかヒラマさんの紹介の時「この人が・・・」で詰まってたな。【ハナウタ】とても丁寧に歌っていた。ここで最近お約束の成ちゃんの帽子を奪い取り自分がかぶる。カッコイーの声。で、放り投げる(笑)しばらくした後ちゃんと拾って成ちゃんの頭に戻してた(石君のはそのまま)コーラスはいつもはツタヤさんのハリのある高い声だが、今回はサニーさん(私はサニーさんのコーラスも好きだ)この曲だったか非常にキレのよいお尻ペンペンであった!カッコイイと思う日が来るとは・・・あと投げキッスしようとして途中で止めて股ぐらから観客を覗き込む格好。どちらも左側に寄って行った。ラストは【ファイティングマン】!!!嬉しい!!!このフェスではやらないかと思っていたけど凄い盛り上がり!!ノリノリの宮本さん今度は右側にだーーーっっと駆け出してマイク一つでAステージに乗り込みコードの限界まで引っ張って1人で歌いまくる!!さぞかしAステージ前にいた人は驚いただろう(笑)今度は左に突進してこれまたギリギリまで行くがなんとそこでマイクの音声が切れて聞こえなくなる。しかも一番好い所で!宮本さん「音出ねえ!」って顔で戻ってくる。慌ててスタッフが出てきて出るようになるが、その後は大人しく真ん中でちゃんと歌ってた。終了18:00頃炎天下だった一日が段々と日が落ち始めてようやく涼しくなっていくのが丁度エレカシの時間だった。やはり夕暮れが似合う人達だ。
日比谷後でどうかなと思ったけどメンバー元気でした!他のバンドも素晴らしく、観客も温かい反応で宮本さん終始ご機嫌な様子。行って良かった!!!
フジテレビのトラック見たので放送あるのかなと思ったらCSでやるみたいです。
終演後見事な花火を見て帰りました。

茎さんのライブレポート

個人的な話しになりますが、
たまたま出店のスタッフサイドで行っていたので中に入れると思っていませんでした。

3日目の終盤でリストバンドが手に入ったのでエレカシを見ることが出来ました。
ラッキー

* * *

女神になってなど渋めの曲もありましたが
わりと分かりやすく爽やかな選曲だったように思います。

女神になっての紹介で「おかーさーーん!」と叫ばれていたのが面白かった。
この曲は色っぽい曲だな。

メンバー紹介では
「相棒、石くんです!以後お見知りおきを」
と紹介していて石くん推しでした。笑

はじまりは今はレアだったので嬉しかった!!
ライブで演奏されるのはとても久しぶりなのでは??

欲を言えば、フェスの雰囲気を破って「男は行く」…は難しいとしても、ガスト辺りやって貰いたかったです。
欲を言えば。

kimiさんのライブレポート

ap bnk fesは初年度からの皆勤参加。                                                                  いつかエレカシが参加してくれるんじゃないかと待っていた甲斐あった。                                                                               
フェスの中ではポップフェスなapに合わせたセトリだったように感じた。                                                                               やっぱりどんなフェスにもエレカシは自分流で居てほしい。                                                                                      奴隷天国が聴きたかったけど、オーディエンスを考えるとセトリばっちりかな^^

はいりさんのライブレポート

一緒に行った子が「サムライがいた!」と宮本氏を見てぼそっと漏らしていた。

ペコさんのライブレポート

毎年行っているap bank fes。
例年とは違った感じで、バンドがたくさん出演した。
その中にエレファントカシマシを見つける。

「エレカシ見てみたい!!」
単純にそう思った。

エレカシがステージ出てきて、生の宮本さんを初めて見た。

エレカシってこんなバンドだったの!!?
知らなかった・・・。


また見たいって単純にそう思った。

映像備忘録さんのライブレポート

今宵の月のように・俺たちの明日   (フジテレビNEXT)
女神になって(ダイジェスト)・はじまりは今   (DVD)



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ