エレファントカシマシDB 2009/06/03(水) ZEPP OSAKA ラスさんのライブレポート

一番下へ

ラスさんのライブレポート

私のいた場所は宮本さんと石君の間くらいの3列目。ラストだからセットリスト変えてくるかなと思ったら東京2日目と同じ流れ。MC無しで勢い良く曲を繰り出す。
「あの風のように」の後、宮本さんがパイプ椅子を引き寄せ片足を乗っけてギターのコードを確認するように鳴らし、歌詞を呟いていた。そして、静かに「通りを超え行く」…訥々と歌い上げる美しい曲に感動した。初めてライブで聞いたが凄く良かった。
「リッスントゥザミュージック」で蔦谷さんのキーボードが物凄い揺れてて、落っこちるんじゃないかと思うくらいガンガン弾いてた。静かに始まって切ない歌詞のこの曲がラストに向かって激しく盛り上がっていくのは毎回見事!!今日は特に良かった。途中、宮本さんが歌詞間違えつつもタイミングを計って上手く歌い直してたなー。
「BLUE DAYS」でトミと合わなくて2回やり直し、宮本さん「俺を怒らせたいの?」若干の緊迫感漂うも会場から笑いがおこってた。そしてお決まりのコーラスで石君を呼び寄せる宮本さん。石君「BLUE DAYS!」と一緒に叫ぶ。2回目は手を前に出して定位置でコーラス。
アンコールの盛り上がりは凄まじかった。「今宵の月のように」から始まり「風に吹かれて」うう~やっぱりいいなぁっ!!そして「it's my life」では石君が右往左往に蟹股で移動。これもお決まりで蔦谷さん成ちゃんの所へ。そして宮本さんは成ちゃんの帽子をパッと取って自分がかぶったんだけど、か、かっこいい!髭があったらまさに歌う次元!!細身のジュリー!!(すいませんもっとカッコイイ例えがあると思うんだけど)成ちゃんもベースをかき鳴らすマフィアのようで激渋だった。暫くしたら成ちゃんの頭に戻してた。
その後の「ハロー!人生」!!!!まさか予想していなかった!が超嬉しい!もう体が勝手にビートを刻んで跳ねる。うぉー早い早いっ心臓がバクバクする。「ひーをーとーもーせえぇぇぇぇー!!」大合唱。大興奮で全力疾走した曲だった。たしかメンバー全員で「ハロー!人生!」とコーラスしていた。終わった後、「現在この大阪(に言い換えてた?)じゃあさほど俺の出番望んじゃないようだが」と歌いたくなったと言ってた。50m走を6秒台で走りきったような瞬発力のある演奏だった。
「俺たちの明日」安定した盛り上がりでアンコール1回目終了。ラストだからもう一回やってくれるかと思ったら出てきた!アンコール2回目は「so many people」き、きたぁー!!最後にして念願の曲がやっっと聴けた。「定めなき世の定めだぜ…」夢にまで見た歌い出し。嬉しすぎて細かい所全然覚えていません(笑)つま先から頭のてっぺんまでエネルギーの塊になった宮本さんと客席が一体化してるように思えた。「FLYER」での石君とヒラマさんの向かい合っての演奏(私には石君の頭の振り具合を見てもらう時間に思える)、流石にヒラマさん慣れたのか(笑)石君にちょっと微笑んで、すぐ演奏に集中しているようだった。あーこれが見れるのも今日が最後?フェスでもヒラマさんサポート入るのかな?演奏はガツンと決まった。今度は何が来る?!おなじみのギター音が…「ファイティングマン」!!!やったあー!ウォーーーッと歓声が上がる!宮本さんがギターを持たないこの曲は右に左にマイクコードを引っ張って観客に向かって歌い上げる。腕を上げる場所の奪い合い(笑)皆大好きな曲なんだ。「自信を全て失っても 誰かがお前を待ってる オーイエー!!」心に刻み込まれた。渾身のファイティングマン。もうヘロヘロで腕の筋肉が限界を迎えようとして…「待つ男」えっ…ぎゃああああ!!!何コレ凄い迫力!!限界を迎えようとしている腕が自然と上に上がる。まさか目の前で…「富士に太陽 ちゃんとある~」「きさまに人が信じらりょかっ」宮本さんの搾り出すような歌いっぷり。繰り広げられる光景と歌声に感激した。まさに昇れる太陽ツアーのファイナルに相応しい曲だったと思う。そして結構皆歌ってた。合唱状態だけど、1人ライブみたいな嫌な感じじゃなかった。盛り上がって一つになった一体感。もう、大満足で終演後は放心状態。何だか体に力が入らない。翌日は筋肉痛と何故か首が寝違えたかのような痛み。
追加:MCにて「手紙で元気もらってるって書いてあることがあるんだけど、とんでもねぇ、みんなに元気をもらってんだよ!」
後半、なんの曲か忘れたけど宮本さんが石君に蟹股をさらに深く強要。石君と同じように蟹股で向かい合ってた。今日は石君のギターの音が大きくてよく聞こえた。石君の目の前だったからかな?と思ったけどやっぱり大きい。後半でスタッフが機材をいじって音(?)を調整したら、少し小さくなって他の音と馴染んだみたいだった。

新潟→東京→高松→大阪と行ったけど荒っぽい演奏が段々成長していく過程が見れて楽しかった。勿論、観客や会場の大きさなど地方によって色々条件違う所があるんだけど。それもまた楽しかった。病み付きになりそうだなぁ。それにしてもお金の減りが早かった(笑)

No.曲名回数
1こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい4回目
2悲しみの果て7回目
3新しい季節へキミと7回目
4今はここが真ん中さ!5回目
5おかみさん4回目
6BLUE DAYS4回目
7まぬけなJohnny6回目
8さよならパーティー6回目
95回目
10ネヴァーエンディングストーリー4回目
11桜の花、舞い上がる道を5回目
12あの風のように4回目
13 通りを越え行く初!!
14ハナウタ~遠い昔からの物語~5回目
15ジョニーの彷徨4回目
16暑中見舞-憂鬱な午後-4回目
17リッスントゥザミュージック6回目
18to you3回目
19笑顔の未来へ7回目
20Sky is blue4回目
21今宵の月のように8回目
22風に吹かれて4回目
23It’s my life6回目
24 ハロー人生!!初!!
25俺たちの明日7回目
26 so many people初!!
27FLYER7回目
28ファイティングマン3回目
29 待つ男初!!


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ