エレファントカシマシDB 2009/05/29(金) ZEPP FUKUOKA セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.Sky is blue

前回は高松オリーブホール 
1曲目に演奏

02.星の砂

前回は高松オリーブホール 
2曲目に演奏

03.おかみさん

前回は高松オリーブホール 
3曲目に演奏

04.まぬけなJohnny

前回は高松オリーブホール 
5曲目に演奏

05.さよならパーティー

前回は高松オリーブホール 
6曲目に演奏

06.悲しみの果て

前回は高松オリーブホール 
7曲目に演奏

07.BLUE DAYS

前回は高松オリーブホール 
4曲目に演奏

08.

前回は高松オリーブホール 
8曲目に演奏

09.ネヴァーエンディングストーリー

前回は高松オリーブホール 
9曲目に演奏

10.ジョニーの彷徨

前回は高松オリーブホール 
10曲目に演奏

11.暑中見舞-憂鬱な午後-

前回は高松オリーブホール 
11曲目に演奏

12.リッスントゥザミュージック

前回は高松オリーブホール 
12曲目に演奏

13.It’s my life

前回は高松オリーブホール 
13曲目に演奏

14.笑顔の未来へ

前回は高松オリーブホール 
14曲目に演奏

15.あの風のように

前回は高松オリーブホール 
15曲目に演奏

16.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は高松オリーブホール 
16曲目に演奏

17.桜の花、舞い上がる道を

前回は高松オリーブホール 
17曲目に演奏

18.FLYER

前回は高松オリーブホール 
18曲目に演奏

19.新しい季節へキミと

前回は高松オリーブホール 
19曲目に演奏

20.今宵の月のように(アンコール1)

前回は高松オリーブホール 
20曲目に演奏

21.男餓鬼道空っ風(アンコール1)

前回はRISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO 
7曲目に演奏

22.俺たちの明日(アンコール1)

前回は高松オリーブホール 
22曲目に演奏

23.ガストロンジャー(アンコール1)

前回はZEPP TOKYO 
15曲目に演奏


pommeさんのライブレポート

宮本さんに一言
「一曲一曲、一生懸命、魂込めて歌ってくださって
本当にありがとう〜!!!!!!!!!」
と伝えたい。

「絆」は断然ライブの方がよかった。ココロに響いた。
「BLUE DAYS」もCDだととばしたりしたが(ごめんなさい)、絶対ライブむきだ。
もう一度生でききたかった「さよならパーティー」と「FLYER」が聞けたし、
「男餓鬼道空っ風」も!
最後の締めが「ガストロンジャー」って、、、、、最高だ。

おまけ:前日に天神でラジオの公開放送があったので、見に行った。
脚の細さが私の半分くらいしかなかった(ように見えた)。
「あ、あの歩き方、好き、、、」と思った(←アホですね)。

マーチンさんのライブレポート

いやぁ。
最高でした。
元気いっぱい貰えました。

せいちゃん前の4列目。
客電消える瞬間、押される事もなく、とてもよかった。
自分なりのノリ方でノレたので大満足のライブ。

今まで一番よくメンバーを見渡したかもしれん。
みやじばっかり目で追うのではなく。

絆からネバーは凄すぎて動く事さえも忘れて見入ってしまった。
みやじよう声出とったなぁ。

It,s my lifeん時、石君がせいちゃんの方にきて
サニーさんと絡んだりして、すげぇいい顔で客席の方みて
ギター弾くもんで、痺れたわぁ。
フライヤーん時の石君のゆるヘドバンも最高でした!!

なかなか地元でライブを見るのは難しいけど
まだまだ来てほしいし、カシマシには
いっつも貰ってばっかなので
何か恩返ししたい気持ちでいっぱいです。

ありがとう、だけじゃ足りんわぁ。

taitaiさんのライブレポート

全曲ハズレなしの素晴らしいライブでした!

宮本さんの声は最後までとてもよく出ていました。
ブルーデイズでは宮本氏もギターを弾いていましたが、これがかっこよかった。
終了後のMCで「23年ぶりくらいにブルーデイズでギターを弾いた」と言っていました。

「男餓鬼道」も嬉しかった。

犬カラさんのライブレポート

ライブ自体、初めて行きました。家を出てからライブが始まるまで緊張のしっぱなしでした。会場は思ってたよりも狭く、同じモール内にある、映画館くらいの広さだと思いました。いい空間でした。時間が経ち、客電が消え、メンバー登場。本物がいる!宮本さんの表情は迫力あるなぁと思いました。そしてすぐに演奏がはじまりました。Sky is blueから始まり、音が大きくて内臓からドコドコなってる感じで緊張は消えていきました。  
BLUE DAYSや男餓鬼道空っ風が聴けたのがすごくうれしいと感じた。笑顔の未来へ 新しい季節へキミと 男餓鬼道空っ風 さよならパーティなんかはリズムにのるのがすごく楽しくて、一体感ってこういうのなんだ。きわめつけはガストロンジャーでほんとにかっこよかった。 
待ち時間があんなに長かったのに、ライブの時間はあっとゆうまに過ぎていったので、ひとつひとつはっきりとあまり思い出せませんが最高だったのは間違いありません。終わったあとはお酒を飲んだみたいにボーっと気持ちよくなってました。絶対にまた行きたいと思います。 

曲以外で覚えてること。
「石君と中州からタクシーで乗ってきた」
「地元のひとも知らないようなとこに行った」とかよく聞き取れなかったけどそんなこと言ってました。
あと、曲中、石君のおなかをポコポコ太鼓たたきみたいにたたいてました。
スタンディング席で右側にいたのですが、わりと前の方にいたのかな?押されることなく宮本さん、石君、ヒラマさんの表情もけっこう見えました。
右側にいたので耳が飛行機にのったときになるような状態が翌日の朝まで続いてましたが、仕事中もいつもより元気でいられたので、これはエレカシから力をもらったなあと改めて思いました。

akikoさんのライブレポート

3回目のエレカシ。
その中でも一番ステージと私の距離が近い。それだけで、始まる前から緊張して足が震えだす始末。そんなに緊張したライブは未だかつてない。正直言うと、今年は某アーティストの再結成にかまけてアルバムも大して聞き込んではいなかったのだけど、実際いまから生でエレカシの演奏が聴ける観れるとなるとやっぱり反射的に緊張感が高まるもの。黒シャツで出できた宮本さんを観れば一気にエレカシの世界へ。今回は本当によく歌が聴こえてきて、歌係宮本浩次の本領発揮という感じ。一曲一曲丁寧に歌うという宮本さんの言葉通り、どの曲も心に響いてくる。ひとつひとつの歌詞が全て意味のあるもののように感じ、ひとつも聞き逃すまいと全身でエレカシを体感してきた。満足すぎるくらいのライブだった。特に印象にの残ったのは絆、さよならパーティー、桜の花~、ネバーエンディングストーリー、ガストロンジャー。やっぱりエレカシは最強だった。

たわらがたさんのライブレポート

半休もらって空路で福岡へ。博多に着いてホテルまで走ってチェックイン、唐人町でタクシー拾ってZEPPに着いたのは会場時刻。意外と前のほうで見ることができ、周りの人の雰囲気もよく、自由にノッたり拳突き上げたりできた。今回の『星の砂』はクールな感じ。「ハレンチな〜」で体をまさぐったり「ウ!」の決めポーズとかはなく、宮本さんは客席を終始冷たい目で見渡しながら声だけが暴れていた。「耐えろ!」とか言っていて目眩がするほどかっこよく、思わず唸り声が出てしまった。今回もMCは少なめでひたすら歌に集中するライブ。とにかく最強だったのは『絆』。『悲しみの果て』も素晴らしかった。『おかみさん』『ネヴァーエンディングストーリー』はどんどん良くなる。『リッスントゥザミュージック』は「40になっても…50になっても…70になっても…尽きない、尽きない思い」が良かった。『ハナウタ』も心をこめて丁寧に歌っていて、呑まれたように聴き入った。『桜の花、舞い上がる道を』『今宵の月のように』『俺たちの明日』は涙が出た。そして『男餓鬼道空っ風』とは!盛り上がった。最後は『ガストロンジャー』でビシッと締まった。(「だから胸を張ってさ」のところで石くんの両胸をドコドコ叩いていた)この日の「いろいろあるけどよ、行くしかねえんだ、頑張ろうぜ!」はすごく沁みた。ありがとう、ありがとうと何度も思った。新潟・仙台はフレンドリーで温かさを感じたけれど、福岡はすごく気魄のある、密度の濃い、熱いライブだった。こうまで毎回違う味とは驚愕です。すべての瞬間は「もう二度と戻らない」から、宮本さんはいつも「俺の全部精一杯で」捧げるように全身で歌うんだと思った。死ぬまでにあと何回、あの「光さす丘の上で落ち合える」んだろう。本当にありがとうありがとう、エレカシ。この感謝をいったいどうやって返したらいいのか。。。

showさんのライブレポート

金曜日で遠征組みも少ないせいか当日券が出ていた。最後部ブロックは立ち入り禁止になって密度を高めていた。

サニーさんの紹介で「ミスチルなんかのサポートをしているサニーさんです。歌うまい!」と言ってた。ミヤジに歌うまいなんて言われたら嬉しいだろう。暑中見舞のコーラスが声が出ていてよく聞こえてよかった。

捨て台詞っぽく「明日も太陽は昇る。忘れちまえ」と吐いていた。忘れちまおうと思った。

アンコールの「男餓鬼道空っ風」は普段冷静に見ている私もかなりきた。「俺たちの明日」が終わったのでポケットのドリンクコインを探し始めたら「ガストロンジャー」が始まった。失礼しました。

よく聞こえなかったし、それを知らないので忘れてしまったが、多分「漢委奴国王印」を見てきたと言っていた。違ったらすみません。

1曲毎の説明や初めての人アンケートは東京2日目からやめたが、その分流れが良くなって1、2曲増えたようだ。やめた理由は翌日の広島で言っていた。

Sinkさんのライブレポート

ここ数年の異常なまでにフレンドリーな感じではなく、極力MCを省いてとにかく歌うこと、きっちり届けることに集中していると感じ。 
おかげで演る側も見る側も適度な緊張感を保った非常にいいライブだったと思います。

BLUEDAYSシビれました。 

あんじぇらさんのライブレポート

度目のエレカシライブ。前回よりも、近くで見れたことが、ほんとに嬉しかった。
 ちょうど2週間前に交通事故で右半身負傷&ムチウチのまま参戦。さすがに気圧の低い曇り空の下、2時間強立ち尽くしは途中から気力のみで立っている感じで、意識が飛びそうだった。
周りが盛り上がってるのか、どうなのかはさっぱりわからなくて、歌のエネルギーを受け止めるのに精一杯で、でも、痛みが激しくなってくると、歌の転調や変速やPAにハラハラして気になったり、このエネルギーを受け取りながら、この程度のレスポンスしかできねぇのか、福岡の連中は?とかかなりくだらないことが頭をよぎったりもした。歪んでるなぁ。
でも最後には、宮本さんの声とあの音のまん前にいられた昂揚感が、私の中のもやもやした悩みや、イラつき、その他もろもろのぐちゃぐちゃしたどす黒いものも、全部浄化してくれた、ほんと、よかった。
 まっすぐの歌をまっすぐ聴けるとき、もう、まっすぐにしかならないんだろうな。 
ただ、ライブレポートなので、印象に残っていることを思いつくままで書くと、
BLUE DAYSで、『地獄を見たけりゃ 生きてるだけでいい』と歌ってたところ、
暑中見舞いで、『天国も地獄も知らない~』のときの指の動きが天国が人差し指で下を指し、地獄が親指を上につき立てていたところ、
リッスントゥーザミュージックで尽きない思いが『30になっても40になっても…』と、70まで言ってたな、というところ、
まぬけなジョニーで、『中州あたりでタクシー拾って…進まねぇ』、『ジョニー!ジョニー!ジョニー!サニー!』と歌ってたところ(思わず吹いてしまったです)、

男餓鬼道空っ風は、ライブで歌ってるところをどうしても見たい・聴きたいと思っていた曲で、それを目の前で歌ってもらえて、聴けただけでも、もう最高の気分でした。 
あんまり嬉しくて、初めてライブで声を出して言ってしまったのは、『ありがとう』でした。もうそれだけです。でも、ライブでありがとうって、どうなんだろう?…と、かなり恥ずかしかったです。でも、言わずにいれなかった。 
そのあと、別に私の声なんかは聞こえてなかっただろうけど、宮本さんが客席からうつむき加減で顔を背けてにやりとはにかみ笑いのようなクレヨンしんちゃんを髣髴とさせる笑い方をしたのが、なんだか印象的で、もし福岡までライブに来てくれて、なんらかの『にやり』と思えるような瞬間・手応えが感じられたんなら、それは最高だなぁと思った。 
まいった、やっぱりかっこよかった。
ありがとう、エレファントカシマシ。明日からもがんばろうっと。

HIMOさんのライブレポート

自転車でエレカシライブに行けるうれしさよ!でも当日は冬のような寒さでして・・・なんとか2列目中央あたりをゲット。前日の岩田屋公開ラジオに続き2日連続間近で見られるとは、ラッキー♫セットリスト良かった。Blue Daysやってくれてありがとう。初めて聴けた。ハナウタ、桜花、絆、新しい季節、などはNEW AlBUMからだが、すでに定番曲の貫録!大好きな「Listen To the Music」沁み入りつつも口笛でハラハラ、アンコールの「ガストロンジャー」観客も力強く拳振り上げ、「おーー!」と大熱唱。またぜひZeppでやってほしいが、当日券が最後まで出てたのが気になる・・・

hanaoさんのライブレポート

17:30のチャイムの音とともに,会社をあとにしましたが,開場時間に間に合わず。せっかくの整理券番号119番を生かせませんでしたが,一つ目のバーのすぐ前,正面で見ることができました。運よく背の高い方が前にいらっしゃらなかったので,よく見えました。気合あふれるライブでした。ていねいに歌い上げた「絆」に聞き惚れました。「ハナウタ」ライブで聞くとココロ浮き立つ感じがあふれてきました。「BLUE DAYS」すごいものを見せていただきました。ずっと声も出せずに聞き入ってましたが,アンコールの「ガストロンジャー」でおーおーおーと声を張り上げました。1週間後の今も余韻にひたってます。エレカシに出会えたことを心から感謝し,幸せに思えたライブでした。

エレガントカシマシさんのライブレポート

歌唱力、表現力・・・宮本サンは凄い!! 【絆】【ハナウタ】・・・今は【It's my life】にはまってしまっていつも『午前2時過ぎ首都高ドライブ!』が頭の中駆け巡る(笑) 【男餓鬼道・・】にはワクワク・・こんなに様々な曲を作れる宮本サン、ありがとう!!

くるみさんのライブレポート

当日までセトリを見ず参加。前から5列目宮本さん真正面でいきなりSky is blue。スライドギターを弾くセクシーな宮本さんにノックアウト。星の砂でテンションあがり、おかみさんの間奏部のギターにやられ、この日のライブの映像を残してほしいくらい私的に良かったです。高音の声が裏声ではなくめっちゃ出てた気がします。BLUE DAYSの地獄図も見れたし、男餓鬼道空っ風も楽しかったなー。昇れる太陽ツアーライブ映像あったら見たいなー。一緒にいた友達も喜んでくれてよかったです。

NANANさんのライブレポート

ZEPP!ZEPP!それだけではしゃいじゃいました。音がいい、声がいい、会場でかい!すごいよかった。
芸能人て感じがした。大人な感じがした。また行きます。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ