エレファントカシマシDB 2009/05/27(水) 高松オリーブホール セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.Sky is blue

前回はZEPP TOKYO 
18曲目に演奏

02.星の砂

前回はZEPP TOKYO 
2曲目に演奏

03.おかみさん

前回はZEPP TOKYO 
5曲目に演奏

04.BLUE DAYS

前回はZEPP TOKYO 
6曲目に演奏

05.まぬけなJohnny

前回はZEPP TOKYO 
7曲目に演奏

06.さよならパーティー

前回はZEPP TOKYO 
8曲目に演奏

07.悲しみの果て

前回はZEPP TOKYO 
2曲目に演奏

08.

前回はZEPP TOKYO 
9曲目に演奏

09.ネヴァーエンディングストーリー

前回はZEPP TOKYO 
10曲目に演奏

10.ジョニーの彷徨

前回はZEPP TOKYO 
14曲目に演奏

11.暑中見舞-憂鬱な午後-

前回はZEPP TOKYO 
11曲目に演奏

12.リッスントゥザミュージック

前回はZEPP TOKYO 
12曲目に演奏

13.It’s my life

前回はZEPP TOKYO 
13曲目に演奏

14.笑顔の未来へ

前回はZEPP TOKYO 
17曲目に演奏

15.あの風のように

前回はZEPP TOKYO 
12曲目に演奏

16.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回はZEPP TOKYO 
13曲目に演奏

17.桜の花、舞い上がる道を

前回はZEPP TOKYO 
11曲目に演奏

18.FLYER

前回はZEPP TOKYO 
21曲目に演奏

19.新しい季節へキミと

前回はZEPP TOKYO 
3曲目に演奏

20.今宵の月のように(アンコール1)

前回はZEPP TOKYO 
20曲目に演奏

21.風に吹かれて(アンコール1)

前回は日本武道館 
6曲目に演奏

22.俺たちの明日(アンコール1)

前回はZEPP TOKYO 
22曲目に演奏


トルツメさんのライブレポート

開始10分前にオリーブホールへ入る。想像通り狭くて、新宿JAMがちょっと広くなったくらいなんじゃないかと思った。
収容人数は350人だと思ったが整理番号500番まで呼ばれていたのを聞いたのはどういうことだろう。
ステージも狭い。石君は、成ちゃんのところで宮本さんに、“また戻るに戻れなくなっている。帰るなら堂々と帰りなさい!”と言われていた。あのシチュエーションは前にも見たことがあって、漫才っぽいなあと思う。

後ろの方で聴こうと思っていたのにいつの間にか真ん中くらいの位置にいた。
ステージが低いのであまり見えない。
一番前はものすごい近そうだった。目線も大して違わないし。
あそこまで近いとお互いにやりづらくないかしらと思ったが大きなお世話だろう。

時間が経ったらいろいろ忘れてしまった。
「リッスントゥザミュージック」。宮本さんの尽きない思いはライブでしか味わえない。エレカシのライブは最高だとつくづく思う。
「ハナウタ」。“皆を祝福する歌です。祝福の歌”ほとんど何かの上に乗って顔を見せてくれていた。俺からの贈り物だよのところで胸に当てた手を前に差し出す。キュンとなる。
「FLYER」の解説の“約束の歌”というのは、どこかで落ち合おうという約束の歌だと初めて気付いた。今まで“お約束の歌”だと思ってしまっていた。アホやん。
“ままままま”が多かった。“ままままま、いろいろとあるんすけどスカッとしたいときなんかのやり方は、俺はドライブに行くことがあって、東京には首都高があって環状線っていうのがあって・・・”と「It's my life」。
「風に吹かれて」。これはかなりオリジナルに近くてドーーーっと体に入ってきて動けなくなってしまった。ちょっぴり涙が出てしまった。
「今宵の月のように」もいつも一切動かずに超集中して聴くことにしている。

小さい箱でも何も変わらない全力のパフォーマンス。宮本さんの歌は絶好調だったし、音響がとても良かった。実は音響はあまり期待できないかもしれないと思っていた。すみませんでした。本当に行って良かった。

近くにいた男性が湯浅教授のような動きで、さすがに親指は立てないけども、たまにロカビリーチックな腰を振るダンスィングだった。・・・見とれてしまった。

次は名古屋だ!

tripperさんのライブレポート

ZEPP TOKYOに2日間参戦し、ど~しても小さいホールでエレカシに会いたくなって高松に行って来ました。チケットは定価で譲っていただきましたが、整理番号が早い方だったので感謝!前から5列目、成ちゃん寄りでした。小さいホールだけあってメンバーがものすごく近い!ステージギリギリまで来てくれると、手が届きそうでした!宮本さんのギラギラした目がとにかく印象的。魂を込めて歌っているのが目に見えてわかりました。

セトリは、東京1日目のアンコール「so many people」と「to you」の代わりが「風に吹かれて」になったくらいで、それ以外は同じ?「風に吹かれて」は4月の武道館でも聴いてますが、近距離で聴いた今回のほうが断然印象的。
「ハナウタ」はみんながこの世に生まれた事を祝福する歌です!と前置き。「365日の音と色」をステージギリギリまで来て、前のめりになってを柔らかく歌ってくれました。
「リッスントゥザミュージック」は個人的に大好きなので毎回聞くたびに涙ぐむんですが、今回も同様、どこで聴いても泣ける曲。良く見りゃ私の斜め前の方も涙をぬぐってて、その方にちょっと親密感。

アンコール3曲だけだったのが残念でしたが、19時過ぎに終わってほぼ2時間ぴったり。
地方のライブハウスは初めてでしたが、高松の皆さんはとってもノリが良かったです!高松の後、高知の友人宅に遊びに行きましたが、友人曰く、高松の方は四国一ノリがいいんだとか。高松の皆さんとエレカシに感謝!

ラスさんのライブレポート

仕事終了後高速バスに乗り27日高松へ。ライブ前にこんぴらさんに行き奥の宮まで1000段以上階段昇ってきた。気分爽快。
オリーブホールって商店街の中にあるんだ…しかもその斜め前の婦人服店が「みやじ」(吹き出した)写真取る人多数。18:15から整理番号順に並んで18:30開場。3階まで階段で上がって行く。物凄く狭い会場を想像していたら、意外と広かった。ステージが低い。ステージと観客の手すりが近い。終演後に見たら、最前列~3列目位まで8cm位?の段差があって高くなっていた。ステージが低いのに前の方が高いって何故??私は5列目辺りにいたけど、見えにくそうにしている人が多かった。
19:10メンバー登場。宮本さん・成ちゃん黒シャツ、石君黒Tシャツ、トミVネック黒Tシャツ、ヒラマさんグッズの黒ジョニーTシャツ、サニーさんシャツ。セットリストはツアーの基本的な流れと一緒。後半は変えてくるのかと思ったけど2日目の東京は特別だったのかな?
こなれてきた感じのライブ。最初見た新潟が気迫凄まじく、インパクトあったので回数を重ねてサラッとしてきた印象。とはいえ、声も良かったと思う。何よりトミが素晴らしかった!!前回も感動したが、今回更に感動。宮本さんも「トミ!今日も絶好調!」と言っていた。そして悲しみの果てとか出だし結構口ずさんで歌ってたのが印象的。途中右のスティック飛ばしちゃってた。
えーと印象に残った場面をいくつか思い出しながら…最初のski is blueの宮本さんのギター段々良くなってる気がする。慣れて来た?何曲目かに前に出てきた石君に「帰るならもっと堂々と帰りなさい」と言ってて笑った。石君、定位置に戻る時コソコソっと帰るのが個人的に好きだ。その後も何度か前で弾く石君。そしてコソっと戻っていく。BLUE DAYS(だったと思う)で最初石君に宮本さんのマイクで一緒に歌うように指示。抱え込まれて一緒にコーラス。2回目はどうするのかと宮本さんチラチラ見ながら石君自分の所でコーラス。まぬけなジョニーで弾きながら歌ってたのが途中ギターをぽいっと放り投げる。スタッフが拾って調整。宮本さんヒラマさんに弾くように指示。歌に専念…再びギターを抱えなおして弾きながら歌ってた。絆はやはり良く声が出る。一番良い音域なのか、思い入れが強いからなのか。声に圧倒される曲。ジョニーの彷徨は歌詞…飛んだのが残念。最初は順調だったんだけど段々とアヤシクなり。一方、成ちゃんのベースは痺れた。光の輪をまき散らす~の部分!弾くような、技術的なことは分からないけどカッコイイ。トミも打ち込みに合わせてドラムが跳ねる!…歌が無かったけど。暑中見舞いは引きずることなく盛り上がった。It's my lifeは石君が成ちゃんの方へ行こうとしたら宮本さんにつかまれて自分の定位置に戻り苦笑い。宮本さんは青のタンバリン持ってハンドルに見立てて回して歌ってた。楽しそう~。桜の花、舞い上がる道をの前に「さっき、ちょっとお城見に行ってきたんですが…高松も桜も綺麗な所あるでしょうけど…」とか言ってたような。相変わらずお城好きなんだなぁ。FLYERで石君が大いに頭を振ってるのを見てヒラマさんが微笑むのは定番化しているようです。後半は勢いに乗っていて調子よく進んだ。新しい季節へキミとは聞く度に良くなっている気がする。聞く度に好きになる。本編終了。
アンコールは何と言っても風に吹かれてが泣けた。ジャーンの出だしは最高に好きだし、宮本さんのギターソロも良かった。俺たちの明日は会場全員(多分)で拳振り上げた。21:10終了。
後半、宮本さんがパイプ椅子に何度も上ってくれた。が、マイクスタンドの位置が変わらないので歌う時は下りる。やっぱりステージ低い。椅子が立たなくて何度か足で器用に立てようとしてた。流石、椅子の扱いが上手い。
そして私は未だにこのツアーでso many peopleが聞けてない…。大阪で聞けるか?!
追加:ライブ後、商店街を抜けて帰ろうとしたら、エレカシのTシャツを着た男女2人がテレビカメラの前で何やらやっていたので取材?と思ってちょっと見てた。よく見ると2人は手にペプシを持っていてもう1人から説明を受けている。そして指示に従っている様子。CMの撮影かなぁ?暫く4人を眺めてました。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ