エレファントカシマシDB 2009/04/25(土) ARABAKI ROCK FEST. セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.ファイティングマン

前回は日本武道館 
26曲目に演奏

02.悲しみの果て

前回は日本武道館 
9曲目に演奏

03.新しい季節へキミと

前回は日本武道館 
1曲目に演奏

04.ハナウタ~遠い昔からの物語~

前回は日本武道館 
16曲目に演奏

05.笑顔の未来へ

前回は日本武道館 
19曲目に演奏

06.so many people

前回はSOCIETY OF THE CITIZENS 
8曲目に演奏

07.今宵の月のように

前回は日本武道館 
23曲目に演奏

08.四月の風

前回はSWEET LOVE SHOWER 
3曲目に演奏

09.ゴクロウサン

前回はCOUNTDOWN JAPAN 08/09 東京 
13曲目に演奏

10.ガストロンジャー

前回はCOUNTDOWN JAPAN 08/09 大阪 
11曲目に演奏

11.

前回は日本武道館 
18曲目に演奏

12.桜の花、舞い上がる道を

前回は日本武道館 
20曲目に演奏

13.FLYER(アンコール1)

前回は日本武道館 
21曲目に演奏

14.俺たちの明日(アンコール1)

前回は日本武道館 
22曲目に演奏


ミヤさんのライブレポート

雨のアラバキ行ってきました。
ミヤジは白シャツに黒ジャケットで登場。
でもすぐジャケットは脱いでました。
当日は朝から雨。一日雨。私はエレカシに焦点を当てて参戦したので、一日雨の中で過ごしたわけではありませんが…朝から参戦された方はほんとに大変だったと思います。
ミヤジも「こんなに汗をかかないコンサートは初めて」と言ってたように、とてもシャツ一枚で過ごせる天候&気温ではなかったんだけど…ガストが終わったところで、バケツ2杯の水をかぶってしまいました。
「これで平等だぜ!気持ちは熱いぜ!」はいいんですけど…
風邪ひかれたらどーーしようって、心配の方が大きかったです。
雨の中の大トリとなりましたが、お客さんもいっぱいで盛り上がってたと思います。みんな、雨の中ミヤジの歌を聴くために残ってたんだな~と思うと感動。
いよいよ東北にも、エレカシファンが増えてきたかな!!
でも本当に売れるのはこれからだぞ!!って思えるフェスでした。私はso many peopleとゴクロウサンが聴きて嬉しかったです。新曲はハナウタまで。やっぱり名曲ですね。
残りの新曲発表はツアーまで持ち越しでしたが、よかったと思います。

鏨さんのライブレポート

終日、気温一桁台の低温+雨。日暮れ頃には雨足も強まり、ステージトリのエレカシ開始前には足元はすっかり田んぼのぬかるみ状態。寒さに耐え切れず撤退した客も数知れず、昨年より人入りは疎らかと思われたが、エレカシ登場と共にずいずい前に押され、そんな心配も無用だと感じた。 

選曲はフェス用、武道館よりは最近の曲中心。例の一件以後初のステージということで宮本の胸中は穏やかではなかったろうが、少なくとも声にはそれをおくびにも感じさせない張りと伸びがあった。客とのコミュニケーションも取ろうと懸命に頑張っていたように思う。蔦谷氏とヒラマ氏のサポートあり。 
前半はユニバ中心。「ハナウタ」では「自信作です」との弁。宮本のメッセージと熱意がストレートに伝わってくる良曲だった。
盛り上がる定番曲と思われた「so many~」や「ガストロンジャー」で客の乗りが今一つで残念。撤退したファンが多かったためか、客の世代交代が進んでいるためか。ユニバの曲ではそれなりに反応があったと思うので、多分後者なのだろう。「so many~」の「生きよう!」という呼びかけは、武道館における「甘き絶望」「昔の侍」でのMCを聴いた後では感慨深い。 
腕を振り上げたら水飛沫が目に入って大変なことになったが、気にせず楽しんだ。攻撃的にこちらを煽ってくる「ゴクロウサン」や「ガスト~」を聴いて寒さに震えてなどいられない。音響が気に入らなかったのか、宮本が足元のスピーカーを引っくり返す一幕あり。 
「ガスト~」終了後、客の一人から「ありがとう!」との声が飛んだ。聞きようによっては「もう充分聴いた」と受け取れなくもない台詞だ。それに反応したのかやや憮然とした宮本が「あ、もういいですか」と袖に引っ込んだ。戻ってきた手にはバケツ。 
雨天恒例の行水を見るのは初めてだったが、まさか体感気温が真冬並みのこんな日にまでやるとは思わなかった。心臓麻痺を起こさないかと本気で冷や冷やした。被った宮本の表情も相当寒そうだったが、以後二曲を歌っている間中、白シャツ一枚の宮本の全身から蒸気が立ち上り、これ以上ない舞台効果を演出していた。 

アンコールは黒シャツに着替えて登場。吐く息も白くなる酷寒の中、シャツ一枚で14曲もやってくれたことに感謝。「四月の風」も「桜の花~」も、晴天ならこれ以上なく会場の空気にマッチしていただろう。会場内には咲き残りの八重桜が冷たい雨に打たれていた。 
余談だが石君も最初から半袖Tシャツだった。よく見えなかったが、もしかしたらトミもそうだったかもしれない(成ちゃんはダンディにジャケット着用)。プロは凄い。 
雨天時におけるライブ観賞の心得をみっちりと学習させられた一日だった。いつ野音で雨が降ってもこちらは快適に見られる自信があるが、あのバケツ行水パフォーマンスはもう若くないんだから程々にしてください。

ポゲムさんのライブレポート

雨で泥で過酷な状況でしたが、でかいステージでのライヴもたまにはいいなと思いました。宮本先生はバケツの水を3杯くらい頭からかぶって、これで対等だろ!と言ったので笑いました。さすがです。

sakkunnさんのライブレポート

水かぶりw 最前 成ちゃん側

akioさんのライブレポート

この日の服装⇒
パンツ2枚、シャツ2枚、タイツ、靴下2枚、上着、ズボン、モンベルのカッパ上下、長靴  

アイテム⇒
軍手、カイロ、タオル、ゴミ袋、折りたたみイス  

……最強の装備で挑みました!!!


 他のアーティストは普通に聴いていましたが、エレカシになったらカッパの帽子で耳を遮るのがもったいなくて、すぐにはずしました。濡れようが知ったこっちゃない。

 バケツの水をかぶった後に宮本さんから立ち上る蒸気はもはやオーラ・気の類でした。悟空もびっくり!ナルトもびっくり!ゴンもびっくり!  …ゴメンナサイ、ちょっと今テンションが。。

 この日は蔦谷さんが印象的でした。すごく楽しそうにピアノ弾いて、すごく楽しそうに『ハナウタ~』のコーラスして。良かったです!!

 『ソーメニー』『ゴクロウサン』『ガスト』はめっちゃ楽しかった。

 雨で、行くのどうしようか迷ってたけど、雨だからこそ行くべきでした。これぞ野外フェスの醍醐味だと、思い知らされました。

映像備忘録さんのライブレポート

絆(きづな)   (FES&EVENT D-2)



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ