あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2008/10/17(金) 水道橋JCBホール セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.理想の朝

前回は大阪BIG CAT 
2曲目に演奏

02.こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい

前回は大阪城野外音楽堂 
8曲目に演奏

03.今はここが真ん中さ!

前回はSOCIETY OF THE CITIZENS 
1曲目に演奏

04.リッスントゥザミュージック

前回は大阪城野外音楽堂 
7曲目に演奏

05.さよならパーティー

前回は野郎共の競宴 SHIBUYA-AX 
3曲目に演奏

06.笑顔の未来へ

前回は野郎共の競宴 SHIBUYA-AX 
7曲目に演奏

07.誰かのささやき

前回はSHIBUYA-AX 
8曲目に演奏

08.雨の日に・・・

前回は大阪BIG CAT 
7曲目に演奏

09.流されてゆこう

前回は日比谷野外大音楽堂 
7曲目に演奏

10.まぬけなJohnny

前回は渋谷C.C. Lemonホール 
19曲目に演奏

11.珍奇男

前回はSOCIETY OF THE CITIZENS 
6曲目に演奏

12.It’s my life

13.シグナル

前回は大阪城野外音楽堂 
19曲目に演奏

14.傷だらけの夜明け

前回はSHIBUYA-AX 
14曲目に演奏

15.FLYER

前回はMONSTER BaSH 
4曲目に演奏

16.未来の生命体

前回はZEPP TOKYO 
15曲目に演奏

17.新しい季節へキミと

前回は野郎共の競宴 SHIBUYA-AX 
8曲目に演奏

18.俺たちの明日

前回は野郎共の競宴 SHIBUYA-AX 
9曲目に演奏

19.ガストロンジャー

前回は野郎共の競宴 SHIBUYA-AX 
10曲目に演奏

20.今宵の月のように(アンコール1)

前回は野郎共の競宴 SHIBUYA-AX 
1曲目に演奏

21.男は行く(アンコール1)

前回は神戸WYNTERLAND 
17曲目に演奏


takeさんのライブレポート

今日の先生は黒シャツで登場。3階席だったが、トミがよく見えて個人的には良席。
オープニングは意外な「理想の朝」。二曲目の「こうして部屋で寝転んでると…」と意表をつく選曲。
「リッスントゥザミュージック」「さよならパーティー」はCDで聴くよりもやっぱり断然ライブがいい。
「FLYER」はいつもながらメンバーが楽しそうに演奏をする。エレカシはロックバンドなのだと再認識(当たり前だが)。
「新しい季節へキミと」もCDでは華やかだが淡々と聴こえるけれどもライブでは本当にエモーショナルだ。
先生は時々歌詞をすっ飛ばしたり、変なMCをしたり(笑)だが、
今日も「邪魔なんだよこれ!!」と仰せになり、モニターをひっくり返しておられた。
日比谷に続いて目撃できて幸せです。

ただ、ステージ後ろの照明が強すぎてほぼ常に逆光状態。メンバーの表情とかがちょっと見えにくかったのが残念…

山田六郎さんのライブレポート

全体的に良かったけれど、歌詞が間違えがちだったのが唯一残念。

khさんのライブレポート

(以下、ライブ直後に携帯にて書き起こしました。)







あーー、…

いま、JCBホールからの帰宅途中。

終わったよ、今年最後のエレカシワンマンコンサートが…。


あぁ…

果てた。圧倒され。


何に圧倒されたって、ラストの曲、

「男は行く」にだよ… … 。



今までのライブで、

この曲で終わったことがあるのだろうか?

おめぇらこれで打ちのめされやがれとでもいうような。

これ以上のなにがあるか?といわんばかりの。


いやぁ…あそこまで振り絞られては

こっちとしても、もうそれ以上受け取るのはもう、、、

ふらふらだよ。

実際宮本浩次この曲を歌い終えたら

まさしくふらふらでありました。

そりゃそうだよね…


あの「男は行く」が今日のコンサートを

がっつりとしめくくり、


わたしはその耳鳴りがぃまだ鳴り止まぬ、

ホームで電車を待っているところ…。


ほんとうにまいりましたよ、おっちゃんよ…。


未公開曲やんなかったなぁ。

バックステージのご対面はいかがでしたのでしょうか。

ライブ後の対面だとしたら、もう、

せっかく伝えたいこといろいろ用意したとしても、

言葉、出ない。(わたしなら)


明日は行かないのだ。残念だが、

しかし、

心に残る日であった・・・。


はー、よいん余韻・・・ ・・・ ・・・




あ、高緑氏が前に出て来て弾いた時は「おっ」と

おもったなぁ。あんまり前に出ない人だとおもってたからさ。

かっこいかったぞぉ~~~~ 重低音たまらぬ、。



太陽ギラギラさんのライブレポート

「傷だらけの夜明け」と「新しい季節へキミと」、ラストの「男は行く」がよかった。石君にキスしてた。

酔茗さんのライブレポート

本日、優しきエレカシファンの方にチケットを譲っていただき行ってまいりました。アリーナにいましたが、音がとてもよかった!!!JCBホールいい。宮本氏が歌う前に丁寧に説明してくださったりするのは、ありがたい。長いエレカシの歴史が凝縮されていた。楽しいライブだったな~。"リッスントゥザミュージック"が切なすぎ。それが非常によかった。生で聞けて本当に良かった。とどのつまりは生きてく人生  今日もエレカシありがとう

Necoさんのライブレポート

特筆すべきはIt's my lifeの石森。エレカシはまだまだ大丈夫だ。

onpyさんのライブレポート

タカミドリ!

showさんのライブレポート

6人とも黒で登場!

やっぱり予想出来ない1曲目。「理想の朝」とは。最新アルバム以外の選曲が実に渋かった。「雨の日に・・・」が再び聞ける日が来るなんて。

Necoさん。私も一番凄かったのが「It’s my life」でした。CD聞いてライブでやったら良さそうだという領域を超えてきましたね。あの気迫のこもった石クンのギターコードのカッティング。気迫がないと成り立たない名曲ですね。

「シグナル」からの「傷だらけの夜明け」は相当きた。

「昔の侍」と「冬の朝」を予想していたのだが、ダメだった。「冬の朝」は今後聞けるのだろうか。
最近単独ライブだと「悲しみの果て」をやってくれない。。。

paopaoさんのライブレポート

単独では大阪以来。このホールはとても見やすい。バルコニーから舞台が見渡せる。男6人渾身のステージは迫力あるし、カッコいいとあらためて思った。宮本を心の生贄にしていた。しかし宮本はようやく先へ進み出したようだ。それを望んでいたのだから。本当かよ。

ミノムシハニーさんのライブレポート

「未来の生命体」に感動~~!!!

風猫さんのライブレポート

第2バルコニー2列で全体がよく見え、アリーナ前方の人波のうねりが凄かったです。
大好きな「町~丘」からの選曲、嬉しかった。特に「雨の~」は曲調が、昔好きだったCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)と似てるようで、重くてねばるトミーのドラムがご機嫌。でも宮本さんの歌がちょっとボロボロで残念。トミーから2番の歌詞を教わっていたのか?
「珍奇男」いつ聴いても歌詞が凄いなと思う。今回は、世間の~ここまで辿りついた、のくだりで突然泣けてしまった。
「未来の生命体」も歌詞が少し朧ろ?でも初聴きで、感激。
しみじみ声が素晴らしかったのは「傷だらけの夜明け」。本当に美しい曲ですよね。
で、最後の「男は行く」。圧倒的なパワーに、耳も心も痺れました。
次回は是非「待つ男」を聴きたいなー。
帰りは余韻を楽しみながらお茶の水のホテルまで歩いた。朧月夜だった。
サンキューエレカシ。

水玉さんのライブレポート

『流されてゆこう』が嬉しかった。
「色々あるけど、でも今はスルッってやって、あとでドーンと
いこうぜ、とりあえず今はスルーしようぜって歌です」
みたいなことを言っていた。
エレカシを聴き始めた頃を思い出して懐かしくなった。
この歌にどんだけ救われただろう。

『今宵の月のように』はもう何度も何度もライブで聴いているはずなのに
“もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける”
の部分になんだかぐっときた・・。改めていい歌だと思った。

たしか『未来の生命体』のイントロでメンバー紹介。
「若いけど頼もしいやつ・蔦谷好位置!大好き」と紹介した。
そして石君の時には
「相棒です・石君!」こめかみあたりにチュッ!
宮本さんが一番大好きなのは石君・・・ふふ。

ねむさんのライブレポート

職場からJRで水道橋。前日の新聞に載っていた「トマトラーメン」を食べようかと思ったがなぜか三崎町のタンタン麺屋でビールとセット。スープはまあまあだったが麺が細く好みではなかったのが残念。あとで調べたら地元にもあったチェーン店だった。
JCBホールのあるビルと白山通りをはさんだ隣にある宝生能楽堂から来たと思しき、和服の男性とすれ違いつつJCBホールに向かう。お初のハコでしたが入口はすでにチェック済みだし指定席で余裕。第一バルコニーの真ん中やや石くんより。
オープニングミュージックに「カーマは気まぐれ」、「パープル・レイン」、U2の曲(曲名失念)、石君が好きな?フランス語の男の人の唄もあった。

メンバーサポート含めオール黒装束。石君の髪が伸び黒になっていてまた別人モード。ヒルマさんと成ちゃんがポニーテール。成ちゃんがミッキー・カーチス(古)に見えて仕方がなかったです。それにしてもプレイ中のトミが大きく見えること。宮本が小柄なせいかもしれないが、遠近感が狂いますね。

しょっぱなの「理想の朝」からこちらのテンションがあがりっぱなしで、歌詞忘れもあまり気にならなかった。「流されてゆこう」は久しぶりだな。「It’s my life」いい曲とは思ってましたがライブ映えするじゃありませんか~!定番化してほしい。「シグナル」「傷だらけの夜明け」もしっとりだった。結構踊り狂ってしまった。アリーナの後方のほうが周りの迷惑にはならなかったのではないかと反省。

「まぬけなJohnny」で「池袋でタクシー拾って~」の次に「戸田橋渡って中仙道を行ってくれ!」とか叫んでいた宮本、彼女さいたまの人だったのか(笑)?

メンバー紹介でツタヤ氏に「大好き」告白、石くんのホッペにチュー、トミに「アニキ」発言。アブない宮本42歳であった。特に石君へのチューは自分の中では「崖の上のポニョ」でポニョが妹とするチューとならぶ今年の「2大イケないチュー目撃シーン」となりました(なんのこっちゃ)。
本編引っ込み後急に引き返し、成ちゃんの手を挙げ「たかみどり~~!」と叫んだのには爆笑。

アンコール、「男は行く」で客電がついたのには、「え?もう?」という感じでした。本人たちは明日があるんですけどね~。せめて、1stで締めて欲しかったです。

競馬ですった宮本のやうに、せめて池袋まで歩こうかと思いつつもいつもの癖で後楽園から電車に。
次の日はいけなかったがかなりいい内容だった様子。いっぺん完璧な「まぬけなJohnny」を見てみたいもんだ。できれば女声コーラスつきのバリバリモータウンバージョンで。とないものねだりな秋。

とはいえおそらく新アルバムをひっさげての来年のワンマンライブに早くも期待。

memento moriさんのライブレポート

「とどのつまり生きて行くように出来てる そんな It's my life!」と叫んでからのアンコール
「男は行く」は凄まじかった

romiomessaさんのライブレポート

一言申し上げるなら、歌詞ちゃんと覚えましょう、いや思いだしましょう、かな。今日の忘れっぷり、間違えっぷりはちょっとあきませんで。声の出はすごい良かったけど、歌詞忘れをそれでごまかしてる感も若干。雨の日に・・・は私的にワーストでした。宮本さんも途中、イラついてた様な。
It's my lifeはめちゃ良かったわ。CDでも良かったけど、ライブだとなお良い!ほんとライブ映えする曲です。
流されていこう、隠れた名曲やね。聴けて嬉しかった。
新し目の曲が多くてちょっと物足りないなあ、て思ってたけどラストの男は行く、最高でした。これこれこれこれ!かっけえなあ~。
第3バルコニーの気持ち石君よりだったんですが、JCBホール見やすいね。良いハコです。

anさんのライブレポート

ファンクラブで18日のアリーナチケットが取れて満足。
・・・できずに17日の指定席を一般でゲット~。よっしゃ!
同じアーティストのライブを2日続けていくなんて、少し前までは考えられないことです…。


大阪野音以来の宮本さんは黒シャツで登場。
「流されてゆこう」が初聴きだったことが意外ですが、いい曲だ、やっぱり。
今回は全体的に、優しい言うか、前向きと言うか、矢印が右上向いてるような曲が選ばれてるような気がしました。
今のエレカシって感じなんかな。

前は「ガストロンジャー」が一番盛り上がると思ってたけど
それに匹敵するくらい「今はここが真ん中さ!」「FLYER」「俺たちの明日」は盛り上がりました。
さらに「It's my life」も!
CDで聴いたときからいいなって思ったけど、生で聴いたらさらに好きになったわ~。これはライブ向きですな。


「ガストロンジャー」が終わって舞台袖に帰るときに、蔦谷さんとがっつり握手。
で、急に思い出したように引き返すから「なに?!」と思ったら
成ちゃんの腕をつかんで「たかみどりぃー!」と一言。
・・・どうせならトミにもやれよ!と思いつつ、特に動揺してないメンバーに、さすがと心の中で敬意を払いました。

あ、あとローディーさんを「タンゲさん(君だったかな?)です」と紹介してました。
何度もみているけど、初めて名前知った。

アンコールは白シャツにチェンジで、2曲。
もうちょっとやって欲しかったけど、指定席で周りを見渡せたのも楽しかったし、いいライブでした。

RMさんのライブレポート

バスは降る

Sinkさんのライブレポート

久々に終演後「あ~あ」と思ったライブ。
声の調子は良かっただけにグダグダ具合がものすごくもったいない思いでした(汗)
何か宮本さん自体ライブに集中できてなかったような気がします。

たきさんのライブレポート

ブログの記事の一部をコピペ。
-----------------------------------
「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」最初の部分の優しい歌い方がよかった。「誰かのささやき」「こうして……」もそうですが、自分で弾き語りをやった曲は細部まで聞ける感じがします。いい演奏でした。「雨の日に」歌詞をものすごく間違えてましたが、演奏はよかった。この曲、もともと好きで、「町を見下ろす丘」の曲を弾き語りするなら、まずはこれと考えていたくらいで、あと、「こうして部屋で……」と「It's my life」にからめてちょっと何か書こうかと思っていたところだったので、おっと思いました。「流されてゆこう」サビの部分のメロディと演奏のからみがこんなにかっこいい曲だったか。「まぬけなJonny」好きなので嬉しい。「It's my life」歌詞間違いまくり。弾き語りを練習していると、そういうのもはっきりわかるようになってしまって、いいとも悪いともいえねえのか。「傷だらけの夜明け」いい声。「鳥が空にはばたくように 僕らもふたたび山を越え行こう」のところ、ほんとうに美しいイメージが広がった。「みんなに」といってから「きみに」と言い直したのはこの日だったか18日だったか。この「きみに」は、観客ひとりひとりに向かって言っているのだ。歌詞を作っていたときに何を思って作ったかはわからないけれど(でも、きっと、実際の恋人というより、歌を聞いている人のことを思い浮かべていたのではないかと思う)、歌っているときには、観客ひとりひとりに、自分に歌われていると思って欲しいと思って歌っているのだと、確信がある。文章おかしいですか。意味わかりますか。この曲だけではなくて、どの曲も、そうなのだ。

elstarさんのライブレポート

JCBホールは2回目。前回は様子がわからず真ん中あたりでじっくり見ていたから他の人に触れることもなく余裕だったけど、今回はもう少し前へ。こんな押し合いゾーンは久しぶりだ。
客層がはっきりしてた。拳など突き上げることなくじっくり聴くタイプととにかく声を張り上げグルーブを全身で表す激しいタイプ。冷静じゃいられない気持ちはよくわかります。が、少しずつ逃げました。
今はここが真ん中さ!は盛り上がるね!すごくいい流れで気分がどんどんハイになっていく。
そしてIt’s my lifeがあんなにライブ映えのする曲だったなんて!

ジュリさんのライブレポート

初めての最前列。

聴くにあたっての変な気合が入りすぎ&余りにも全てが見える事に、テンパッてしまいました。
自分には最前列向いてないようです。

町丘からやらないかなーと思っていたので、今回のセットは満足でした。
ただ、出来は…という気持ちもあり。
今回は両日行くことにして良かったと思いました。

マーチンさんのライブレポート

1日目。

この日をどれだけ待ったことか。
大阪からぁっとぃぅ間にきた気がする。
長かった気もする。

一人で参戦の為、指定でのんびりゅっくり観ょぅと思った。
第3バルコニーの後ろから2列目、石くん寄り。

終始、座りっぱなしのライヴは人生初。

・・・・・・・・・・・・・・ぁたしには向ぃてなかった・・・・・
ゅったり落ち着きすぎてなかなか入り込めず。残念。

ライブの感想としては、ん~~~~~~~~~。。。
歌詞間違ぇすぎ。忘れすぎ!!!!
その度にはっとするんょ。
雨の日に・・ん時は歌ぃ直すかなっち思ったけどなんとか修復。
ぁれはトミに感謝だろなぁ。

練習する時間がなぃのか??
度々ハラハラしました。

ゆうたさんのライブレポート

JCB HALL 1日目。
今日の先生は、黒シャツで登場。
気になる1曲目は「理想の朝」。
照明は全体的に暗め。正面からの光はかなり少なめで、ステージ後方からの照明が後光のように射して、メンバーのシルエットを浮かび上がらせる感じ。
昔観たストーンローゼズ、エコー&バニーメンのステージのような演出(?)でカッコいい!
3曲目の「今ここ」でステージと会場が一気に明るく照らし出された。
宮本の声の調子は、高音がちょっと苦しそうで、本調子でないように思えた。後半は、だいぶ持ち直して、高音も出るようになったけど。。
「さよならパーティ」は、アルバムの中でいちばん好きな曲。この曲のライブでの演奏は、出来/不出来のムラが少なく比較的安定していると思う。
「シグナル」も好きな曲だが、こちらは日によりムラがあり、今日は微妙な感じに思えた。
ライブで久しぶりに聴く「雨の日に」は、途中からグダグダな感じになってしまい聴き難かった。宮本も歌い難そうに見えたが気のせいだろうか?
「it's my life」は、ライブ映えする曲で、メンバーが楽しそうでした。
最後の「男は行く」は圧巻!熱唱する宮本に鬼気迫るものを感じた。

そういえば、メンバ紹介のとき、宮本が石君の頬にキスした。一瞬「ウソ!?」と思ったけど、確かにキスしていた。滅多にない光景を見られてラッキー(^^;。

みずきさんのライブレポート

チューにはびっくり、やはりミヤジは石くんのこと大好きなんだなあ。
勢いが空回ってる感じで、歌詞はボロボロだし高い声は出てないし、息が切れて歌えないのもちょっと気になった。嬉しくてはしゃぎすぎ?
それでもライブは良かったと思えるところがすごい。

akoさんのライブレポート

素敵なエレカシファンの方にチケットをお譲り頂き、北海道より参戦する事ができました。
JCBホール初めてでしたが、とても見易く音も良くて素晴らしい会場です!
宮本さんは白シャツで登場と思いきや、大好きな黒シャツ。4人のお姿を見ただけで、感極まって目頭が熱くなってしまいました。一曲一曲、また宮本さんの一言一言を聞き逃すまいと必死でしたが、あの声に圧倒され私の記憶は所々欠落しております。
「珍奇男」「傷だらけの夜明け」念願の生歌に鳥肌そして涙・・あの場所にいれたことに感謝です。
宮本さんが石君にチューしちゃったり、スピーカーをひっくり返してしまったり、「私の説明うるさいですか?」などなど、皆さんのレポで拝見していた伝説の数々を実際に体験でき、本当に幸せでした。
2日目は参戦できませんでしたが、宿を赤羽にとっていたので、「デア」にて朝食。アイスコーヒーを注文したところ、マスターに「シロップ入れますか?」と聞かれたので「入れます」と答えると既にアイスコーヒーにシロップが入れられていました(笑)
甘さの好みは全くの無視ですが、私的には丁度良い甘さでしたので良かったです。なかなか落ち着く素敵な喫茶です。
以前にどなたかのブログでこの情報は了解していましたが、実際に遭遇し「ホントだ・・・(笑)」と変わらないマスターの人柄が微笑ましく思え、大ファンになってしまいました。
きっと時間が経てば更に思い出すであろうライブの記憶を少しづつ思い出しながら、しばらくライヴの余韻に浸りたいと思います。

中村 遥さんのライブレポート

男は行くですね。あれ聴けりゃあ大丈夫。それから、自分のメアドに使うほど好きな「誰かのささやき」は熱かったし、「流されてゆこう」はライブ映えするやさぐれ歌だった。新譜「あたらしい季節へキミと」だって、ライブじゃあなかなか格好いいですよね。シングル製品版はなにがいけないんでしょうねえ。
宮本先生、歌詞は間違えるくらいなら唸ってください。思い入れのある曲を熱心に聴いているときに歌詞間違いがあるとかなりテンションさがってしまいます・・・

Yubeさんのライブレポート

久々に不完全燃焼。初日はなんだか空回り気味だよなぁ。

弾性限度さんのライブレポート

アリ-ナで、真ん中前列。ウネリの中で横入りする人と格闘しながらの若干集中力のかけるライブ観戦でした。
なんで無理やり横入りするんだ!!!
ステ-ジではググッと熱い演奏はすばらしかった。
HALLの音もとってもよかった。
強烈に印象に残ったのは『flyer』兄貴トミのドラム。あまりの力強さに鼓動が・・・
『男は行く』最後だったからというわけではない。
ミヤジが挑発的だった。

あいにゃんさんのライブレポート

本当に最高でした♪
「こうして部屋で~」聴けたのが何よりもぉ!!!
この日の事は、忘れない♪

宵待ダルさんのライブレポート

♪何台目のバスだぁ~♪ 宮本さん、またバス降らせてましたね。^^
『ガストロンジャー』で「あいつらと、俺の化けの皮剥がしに行こうぜ」って言ってました。やること増えましたね宮本さん!
まだまだまだまだ、これからが楽しみです。

bdrdさんのライブレポート

特徴的なイントロのギターで、すぐに理想の朝と気づく。
渋いとこからきたな!と思ったのに、宮本はといったら「リッスン!」のところでふざけて耳に手をあてるポーズをとっていた。笑った。
笑顔の未来へは慣れたもので、演奏も歌もこなれてて良い。
きたっ!!誰かのささやき!!!大好き!!!あんまり記憶ない。
流されてゆこう。かわいい歌だと思う、好き。
今日の間抜けなジョニーのイントロのアレンジ、かっこよかった。
珍奇男、実はたいして好きじゃなかったのだが、本日良さがわかりました。すいませんでした!!
シグナル、とても丁寧に歌っていて良かった。
傷だらけの夜明け、君に歌ってやるって気持ちで歌います。とゆうので、そのつもりで聴きました。すてき。
FLYER、演奏はいまいち。歌は良かった。でも、石くんのソロは超かっこよかった。
ガストロンジャー、せいさんがまたもやフューチャーされててすげー素敵でした!渋いよ!
男は行く、まじ最高!宮本のギターリフ!変拍子的な?7分とゆう尺!宮本の絶叫!歌詞!昔の曲は演奏も歌もとちらずの安定感!ひゃぁ、超絶かっこよいっすっ!!!!まじかっこよいっす!!頭狂いそうなくらいかっこよい!!ゆっくりな曲なのにこぶしを突き上げてしまって、頭が真っ白になってゆくのがわかった。記憶が遠のいていった。豚に真珠のところでわれに返った。豚じゃねえし。

blueさんのライブレポート

燃え尽きた。なんだかお互いに命を削っているような。でもここでやらなくて、いつそうするんだ、と。

ラスさんのライブレポート

2回目のエレカシライブ。
ファンになって初めてのライブだったので前日から緊張と興奮で
自分でも経験が無いくらい楽しみにしていた。
JCBホールも初めて。一般発売後に知ったのでチケットはヤフオクで購入。
記念すべき1曲目は理想の朝。静かに宮本さんが歌いだし生歌に感動した。
新しいアルバムからの曲が多いのは仕方ないけど、もう少し古いのも聞きたかったな。
It's my life,シグナル,未来の生命体,男が行くが良かった。
ライブは楽しかったけど歌詞忘れが気になって残念。
参戦位置は左側の一番前のポールに手をかけて待っていたら、
ライブが始まった途端前が詰まったのにポールが邪魔で前に行けず失敗した…。
It's my lifeのTシャツ(黒)を購入。

akioさんのライブレポート

『It' my life』!!!
石君しか見れなかった。目が離せなかった。

周囲の人が宮本さんを目で追う中、石君を追ってたら、隣の人と殆ど向き合っていた。ちょっと気まずかった。お互い見たい人はその後ろの人。。

あやきみさんのライブレポート

ちょっとグタグタじゃなかったですか?残念。

junさんのライブレポート

「男は行く」が圧巻でした。

たわらがたさんのライブレポート

勇気を出して初参戦。一生忘れない日になりました。
これからどう生きていけばいいのかがわかった気がしました。18日も行きたかったです。

峠さんのライブレポート

第2バルコニー4列6x番

アロエさんのライブレポート

妊娠中だった

三日月さんのライブレポート

この日はライブが始まるまで友達と、小石川植物園〜神保町とまわり、いい気をもらう。
ぎらぎらした夏の暑さから、心も体も解放される季節に向かう頃だ。
開場時間の6時少し前に着くと、すでにすごい人、人。
しかも若いファンの人が多く、熱気がむんむんしていた。
会場の中は聞いていた通り、ステージから観客席までが近く音響も良かった。
そしてみやじの声もよく伸びてたし、セットリストも本当に良かった。
客席はみんな幸せそうな顔をして、エレカシの世界に浸っていた。
この日の席は成ちゃん側。私の前にいた二人は新しいファンのようで、じっくりと聴き入っていた。
こんなファンていいね!



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ