エレファントカシマシDB 2008/08/23(土) SOCIETY OF THE CITIZENS セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.今はここが真ん中さ!

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
2曲目に演奏

02.さよならパーティー

前回はPARCO SENDAI Presents エレキレンタル肆 vol2 
5曲目に演奏

03.悲しみの果て

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
4曲目に演奏

04.笑顔の未来へ

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
5曲目に演奏

05.風に吹かれて

前回は名古屋ダイアモンドホール 
5曲目に演奏

06.珍奇男

前回は日比谷野外大音楽堂 
16曲目に演奏

07.ゴクロウサン

前回は日比谷野外大音楽堂 
19曲目に演奏

08.so many people

前回はPARCO SENDAI Presents エレキレンタル肆 vol2 
7曲目に演奏

09.FLYER

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
8曲目に演奏

10.新しい季節へキミと

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
10曲目に演奏

11.俺たちの明日

前回はROCK IN JAPAN FESTIVAL 
11曲目に演奏


太陽ギラギラさんのライブレポート

雨のJCBホール
今日も、エレカシ圧勝!
圧巻は久々「風に吹かれて(ピアノVER)」と「珍奇男」!!
この2曲は気合がすごかった。そして、その空気に吸い込まれてくような・・おそらくエレカシ目当てではない人も度肝抜かれたと思う。CSで放送されるので、この2曲放送されるといーなぁ♪
後半は少しバテてたよーな気もしたけど、相変わらずミヤジの声は絶好調だ。
ふふふ、こりゃ10月のJCBも楽しみだぜぃ。

elstarさんのライブレポート

行ってきた~初JCB
アリーナは地下3階まで階段を延々と降りる。
様子がわからないから不安だったけど。広い!バルコニーにぐるっと囲い込まれている、武道館をコンパクトにした感じ!?
SOLD OUTにしてはスペースに余裕があり、真ん中より前でも押されることはなかった。対バンだから常に全員見ていないからか?
今日の持ち時間は50分!らしい。
テンポよく短い時間の中で11曲もありがとう!
東京事変のメンバーが宮本さんの「everybody」を楽屋でコピーしてたらしい。あんなにかっこよく「everybody」と言えるのは彼しかいない!!
今日のステージももちろん最高だったけど、一番の収穫はニューシングルのフライヤー。そのシングルを飾るであろうドキッとするような詩的な写真にココロを奪われてしまった・・・・・。

showさんのライブレポート

やっちさんと待ち合わせて見た。可愛らしい方だった。よく見えなかったけど。友人に「エレカシの東京ドームのコンサートに行ってくる」と言ったそうだ。爆笑。「消防署の方から来ました」っつう詐欺みたいだ。10月もここなのでみなさんも使ってみたらいい。

このホールは初めて入ったがとても見やすい。エレカシは1番目なんじゃないかと予想したがSCOOBIE DO だった。ごめんなさい。パスして通路で話していた。2番目に椎名林檎が出てきた。1曲だけやって帰って行った。3番目というか実質の2番目がエレカシだった。

いつものサポートがあって6人編成。宮本さん元気だった。キーボードバージョンの「風に吹かれて」は宮本さんの声がよく聞こえて良い。野音で聞いた新曲はいまいちピンとこなかったのだが、さほど悪くないと思った。(素直に良いと書け!)なんか前向きなシングルばかり続くので引きこもり系に飢えている人が沢山いるとみた。

当然最後が東京事変。みんなミヤジの”エビバデ”を真似していたが、使いこなすのは難しい。事変になってからの椎名林檎はほぼ聞いていないのでよく分からず。アンコールで「丸の内サディスティック」をやったのだけ分かった。歌詞に「後楽園」と出てくるからか。

10月のチケットが売られてた。事変ファンが「珍奇男」、「so many people」、「FLYER」を初めて見たとしたら衝動買いした人もいただろう。

ゆうたさんのライブレポート

エレカシは2番目に登場。演奏時間は約50分ぐらい。
蔦谷氏、平間氏が参加。
ミヤジの声は良く出ていたと思う。
時間制限があるためか、ミヤジはいつもより落ち着きがない感じで、かなり急いで進めようとしていた。
曲間の喋りも、何となくしどろもどろ。「何言ってるか分かんねえけど」と何度も言っていた。

セットリストは、フェス向けの無難な感じ。
その中に「珍奇男」、「ゴクロウサン」を入れてくれたのは嬉しかった。
欲を言えば、「待つ男」が聴きたかった。
聴きやすい曲が多かったので、エレカシ目当てでない人たちも楽しめたのではないだろうか。

・「風に吹かれて(ピアノバージョン)」
声が良く出て響いていた。やっぱり、歌うまいなあ。
石君のTシャツの襟首を右肩が出るまで引っ張ってしまった。
その後、しばらく、石君は右肩を肌蹴たままギターを弾いていた。
何曲か後にミヤジが戻してあげていたが。。

・「珍奇男」
圧巻でした。この曲を初めて聴いたエレカシ目当てでない人はどう感じたのか気になる。
やっぱり、”良く分かんねえや”と感じたのだろうか?

・「ゴクロウサン」
途中でトミ(?)に向かって「早い!」と文句を言う。
その後、テンポが落ちたかどうかは微妙。
また、成ちゃんの帽子を取っしまい、オールバックの髪の毛が乱れていた。
ミヤジが帽子を戻しても、乱れた髪が垂れたままだった(^^;。

短い時間で11曲も演奏するとは、良く頑張ったと思う。お疲れ様。

その後、東京事変を(初めて)観たが、結構楽しめた。
椎名林檎が妖艶な感じでした。

takeさんのライブレポート

初めてのJCBホール。2階席より参戦。1バンド目が結構暑苦しい系だが、会場の温度は十分に温まり、2番手のエレカシへ。
速めの「笑顔の未来へ」やピアノアレンジ「風に吹かれて」あたりはエレカシファン以外も楽しめたのではないだろうか。
周囲からは「カッコエエー」とか「歌すげぇー」の声が聞こえてきて、ちょっといい気分。
オープニングが「今はここが真ん中さ!」なので、対バンだから無難なセットリストかと思いきや、
「珍奇男」「ゴクロウサン」あたりの毒吐き散らし系でエレカシファンも熱狂。
scoobie doも東京事変も非常に完成度の高いバンド演奏であるのに対し、
エレカシは一番演奏は粗かったがやっぱり一番凄かった。
エレカシには演奏テクや完成度を超えた何かがあると再認識。

ジュリさんのライブレポート

モッシュゾーン、あまり動きが無いのにギュウギュウ詰めで結構厳しかった。
こういうイベントなのでフェス仕様だろうと思っていたけど、珍奇男とゴクロウサンが聞けて良かった。
声はけっこう出ていました。新曲も、ライブで聴いたら(野音の時にも聞いてるけど憶えてなかったので)思ってたより良かったです。
秋のワンマンが楽しみです。

ミノムシハニーさんのライブレポート

広い広いJCBホールにビックリしました~「石君が外人みたい、カッコイー!」と思っていたらシャツをグイ~ッともろ肩だされ・・・マヌケな姿になってしまった(^^;

やっちさんのライブレポート

日帰りだった為、3組中2組目までしか観られないと言うイチかバチかの初ライブ参戦となりました。showさんと合流出来て心強かったです。
1番目のバンドの後、2番目に林檎さんが登場してすごい歓声があがっていましたが...すみません、私は泣きそうでした。でも1曲さらりと歌って引っ込まれ、スタッフによる丁寧な音チェックの後、暗闇のステージに富永さんを発見!そして遂に白シャツの宮本さんが両腕を広げて登場!!
良かった~(涙)
記念すべき1曲目は「ここはJCBホールの真ん中だぜ~♪」と歌ってみえました。どこまで字数入れられるのだろう?
次から次へと全11曲、特にMCは急ぎ足で訳分かんないのが面白かった。きっと1曲でも多く沢山選曲して下さったからそうなったかも?...感謝!
ライブで聴いてみたかった,ソメニと悲しみ..も聴けて嬉しかった。初めて聴く生歌の迫力と上手さには驚きでした。
まさかの「珍奇男」はshowさんと始まる前に語ってた曲だったので、偶然にびっくり!まさかリサーチされていた?私達の前にいた蔦谷さん似の人物はもしや本物だったとか?(笑)脱線。
宮本先生のアコギがカッコよかったです!!
TVカメラが入っていたけど失敗もなく、いいライブだったので良かったですね!宮本さんのいたずらで、石君のTシャツびょ~んと伸びちゃって、石君かた肌脱げて遠山の金さんみたいだった。放映されるかな?(笑)
JCBホールは周辺も楽しい所なので、今回早く到着した私はラクーアで温泉も入って来ましたよ(笑)ナトリウム温泉で施設もアメニティも充実してるので手ぶらでOKです。若い女性が多いのに驚きました...さすが東京!地元じゃおばあちゃまだらけ...。って何のレポ?!すみません、初レポこんなんでいいですか?(汗)

ごづきさんのライブレポート

アリーナ後ろから100番以内だろう番号だったが、開演して客の詰まった後ろに付くとそれほど遠くない。
スクービーはエンターティナーだった。
斜前ノリノリのおネエさんの肩から入る揺れに“ファンキー”を感じる。
向井サプライズ。林檎とのkimochi、いいもの聴けた。
エレカシ登場時「ミヤモトー」の歓声多し。
「風に吹かれて」ピアノverは声が際だって会場を制する力があった。「珍奇男」、宮本がアドリブ上乗せしてくると演奏との噛み合いにハラハラしてしまう。アウトロにグルーブが感じられないまま、やけくそぎみに走った「ゴクロウサン」。宮本は最初もっとタメて歌いたかった(がすぐに諦めた)ように見えた。
インストセッション挟み、東京事変。
林檎嬢さっきのラフなスタイルから一変、髪型可愛い。
キンキン声に聞こえるのは音響のせいか?「娯楽」中心のセット。アンコの「丸サド」。浅いファンとしては単純にうれしい。

mdropさんのライブレポート

前日にチケットを譲ってもらえる事になり、いきなりの初ライブ。初めてだったので気合い入っていて、一番すごいゾーンに入り込む。
近い。いつもCDで聴いてDVDで鑑賞していた人が目の前で歌っている!!いい声だなあ〜。(当たり前ですね)
白シャツだあ。他のメンバーもいる!(当たり前だ)
ものすごい醒めた目と、ひんむいた目が忘れられません。

宵待ダルさんのライブレポート

新曲、野音に続いて2回目でした。
実は、最初は「・・・???・・・」だったんですが、
少しづつ、どんな曲なのか分かってきたように思います。
私は、サビよりもAメロが好きかもしんないです。
少し抑えた感じの旋律と、トミの16ビートが疾走してカッコいい!

シルバー☆さんのライブレポート

水道橋JCBホールをずっとJTBホールだと勘違いしていた。
旅行業界って不況っぽいのに、JTBって金あるんだぁ~と思ってた私はバ~カでしょーか。(汗)
昼は東京ドームホテルでバイキングのランチ。2回目なんだけど、ここのララチャイナっていう中華は結構美味しいです!でも、やっぱりホテルなだけにお値段が高い。雨なのでギリギリまで粘りマッタリする。
開場になって並んで入ると、アリーナは地下って事でどんどんどんどんひたすら下りる、下りる。下がりきったところでチケット拝見って係りの人。え?こんなとこで。。持っていたからよかったけど。次回も気をつけよう!すでに真ん中前方はギッシリだったので、石君側端っこ2列目ぐらいに陣取る。最初スクービー。単独ライブも1度行ったほど好きなバンドなので盛り上がる。喋りで1回噛んだのが面白かった!約40分のステージ、踊りまくって終了。エレカシは2番手だった。今日もサポートメンバー2人。フェスと同様のセットリストを予想していたら、珍奇男、ゴクロウサン、などもやってくれて、満足!今ひとつピンとこなかった新曲もこの日はとても良いと思って、それ以来つい口ずさんでしまう。。バンドのテンションひとつで曲の感じって変わるのか・・それともアレンジしたのか不明。最近のライブではフレンドリーなミヤジが多く、物足りなかったのだが、今日のライブは気合!狂気!オラオラ、な感じが凄かった!翳りゆく部屋をやるかと思ったのに、予想を裏切り「風に吹かれて」withツタヤさん。唄いながら力が入ったミヤジが石君のTシャツをずり下げ、肩があらわに。(笑)久々の石君イジメが見れました。ホールの音響もとてもよくて、ミヤジの素晴らしい声が響きわたる。このホールで10月もライブが見れるなんて嬉しい!!!
林檎は相変わらず妖艶かつ衣装がとてもカワユク、肌はツヤツヤ☆アンコールで林檎の曲で一番好きな「丸の内サディスティック」が聞けたのでとても満足。セット交換時にザゼン向井と林檎のデュエットもあり、とても贅沢なライブだった!

びおらさんのライブレポート

ワンマンライブじゃないからと迷いながらも、やっぱり行って良かった。
JCBホールなんていつの間に出来たんだろ?なにせ要領がつかめません。
アリーナスタンデイングなんて、めちゃくちゃ久しぶりの体験だったので、体力的に不安だったのですが、よせばいいのに前の方へ行ってしまいました。
今まで見た中で、最も近い距離で宮本さんを見れたので、思わず「近い、近い」と言ってしまった。
『風に吹かれて~ピアノバージョン』を動画サイトで見た時は、元のギターサウンドの方が良い気がしたけど、ピアノバージョンの方が『宮本さんの歌』が引き立つんですね。
ホールだったからか、ものすごく声の伸びが良く響いて、ココロに響きました。

『珍奇男』の中でも合間に「42歳」とか、MCでも「毎日(年齢的な面で?)挫折の連続だけど…」みたいなことを言ってました。ホントにずっとトシを気にし続ける人ですね。
前向きな新曲バージョンが続く中で、私も毒がなくなった感を感じてましたが、この珍奇男を目を剥いて歌っている姿を見てたら、「まだまだ大丈夫だ」と思ってしまいました。(何がだ?) 

東京事変の椎名林檎さんの声も天性のもので、すごいですね。生で聴くと圧倒されます。あの方も、東京を良く歌っていて、文学的なところもあり(ちょっと種類が違うけど)、亀田誠治さんがメンバーだったりして、翳りゆく部屋もそうだし、共通点多いですね。大物感を目の当たりにしました。
だけど途中で疲れてロビーで休んでたら、聴きたかった閃光少女(じゃなかった、丸の内サイケデリックでした。余計に観たかった!)が終わっちゃった。
今度の10月は無理せずペース配分考えよう。

memento moriさんのライブレポート

バンドVer.の「珍奇男」
「私は誰でしょう?42歳」と歌い出し、
「私はバカでした」って過去形にしていた

映像備忘録さんのライブレポート

今はここが真ん中さ!・笑顔の未来へ・FLYER・新しい季節へキミと・俺たちの明日   (フジテレビ721)

paopaoさんのライブレポート

第2バルコニー7列57番



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ