エレファントカシマシDB 2008/04/13(日) 神戸WYNTERLAND セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.DEAD OR ALIVE

前回は名古屋ダイアモンドホール 
1曲目に演奏

02.今はここが真ん中さ!

前回は名古屋ダイアモンドホール 
2曲目に演奏

03.さよならパーティー

前回は名古屋ダイアモンドホール 
3曲目に演奏

04.四月の風

前回は名古屋ダイアモンドホール 
4曲目に演奏

05.悲しみの果て

前回は名古屋ダイアモンドホール 
11曲目に演奏

06.笑顔の未来へ

前回は名古屋ダイアモンドホール 
6曲目に演奏

07.リッスントゥザミュージック

前回は名古屋ダイアモンドホール 
7曲目に演奏

08.こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい

前回は名古屋ダイアモンドホール 
8曲目に演奏

09.starting over

前回は名古屋ダイアモンドホール 
9曲目に演奏

10.翳りゆく部屋

前回は名古屋ダイアモンドホール 
10曲目に演奏

11.今宵の月のように

前回はZEPP FUKUOKA 
3曲目に演奏

12.

前回は名古屋ダイアモンドホール 
12曲目に演奏

13.FLYER

前回は名古屋ダイアモンドホール 
13曲目に演奏

14.ガストロンジャー

前回は名古屋ダイアモンドホール 
14曲目に演奏

15.俺たちの明日

前回は名古屋ダイアモンドホール 
15曲目に演奏

16.桜の花、舞い上がる道を

前回は名古屋ダイアモンドホール 
16曲目に演奏

17.男は行く(アンコール1)

前回はSHIBUYA-AX 
12曲目に演奏


もそさんのライブレポート

狭い会場でとてもステージが近く、盛り上がりもすごかったです。前の方はちょっと危ないくらいでしたが、楽しかった。ファンになりたての頃のような熱病じみたエレカシへののめり込みもひと段落し、じっくり見る、聴くを実践しようとしていたのですが、「DEAD OR ALIVE」のイントロで我を忘れてステージに突進してしまいました。エレカシに対して冷静でいるのは無理なようです。宮本さんの魅力を再確認したステージでした。アンコールは長丁場の「男は行く」が一曲だけ。曲数に関係なく満足いたしました。

キッカケは化ケモノ青年きっと俺は化ケモノ青年さんのライブレポート

会場まで迷う。人だかりを見つけ到着。女子多し。思った以上に狭い、石君右手にギブス、ひきにくそう。ミヤジは新春より声出てたなぁ、歌ってるうちにドンドン若返って行くミヤジ、本当に40代なのだろうか?目はキラキラしてて、盛んに『仲間』『仲間』と連呼してたっけ。
僕が女なら間違いなく惚れてただろう(女じゃなくてもか)から女性ファンが多いのは分かるがもっと男がいても良いと思うがどうだろうか?

みよこさんのライブレポート

ライブの前に、にしむら屋でコーヒータイム。あきらかに、エレカシファンの人たち数人。考えること一緒やな~。会場はとても狭く、手を伸ばせばとどきそうなところに、ミヤジがいる。やっぱりライブはええな~迫力あるな~かっこええな~!蔦谷さんがいないエレカシ。金属音だけのメロディがこの打ち付けだけの荒々しい会場とエレカシにあってる。とても熱いライブだった。5列めにいてたのに、いつの間にやら2列めにまで押されてた。ラッキー!!それ程熱かった。ただ石くんの痛々しいギブス姿が気になった。それで開演遅れたのかな~。早く良くなってくださいね。

akitamiyajiさんのライブレポート

正午過ぎに到着した神戸の街を歩き、彼とお昼を食べにラーメン屋さんへ。
食後、一度会場を視察に行こうかとボチボチ歩いて交差点で立ち止まると何と!目の前に宮本さんと石君の後ろ姿!!
一瞬にして緊張が体中を走り、二人でアタフタとなった私の次の行動が宮本さんの右腕を思わずトントンと…。
振り返った宮本さんが着ていたのはグッズの黒Tに黒ジャケ。そう、アンコールで着ていたあのリッスンTです。あろうことか私はそれを指さし『き、着てるんですね…。』宮本さんは笑顔で『あ、はい。』。
そして、ただ道を聞いた通行人では無い、いちファンであることを示さないと!と一瞬のうちに考えた私の次の行動が、前回のグッズで購入したシールを三枚(男、髪グシャ、宮本氏)ペタペタ貼った携帯を『こ、これ…』とチラリ。宮本さんは『あ、有難うございます。』と宮本さんの方から右手をわざわざ差し出してきてくれました。
そして握手…。今思い出すと、右手にお土産袋を持っていたにもかかわらず、持ち替えてくれていたんですね。
とても暖かい、節々はしっかりしているんですが、柔らかい、細い体のわりに大きな手という印象。次に横で待ち構えていた彼も握手。
そして信号が変わり、それを石君が促し『あ、…行きます』宮本さんが頭をペコリしてこちらを見ながらゆっくり歩き出し、私も『(ライブ)…行きます。』宮本さん、石君ペコリ。
何が起こったのか、現実なのか、緊張で胃がグニャグニャで、パニック状態。起こったことを頑張って思い出すとキャー!!私ったら挨拶も無く、ファンです。も無く、いきなり『着てるんですね』。なんじゃそりゃー!全てにおいて失礼だった私は思い出しただけでジタバタしてしまいます。
宮本さん、石君、いちファンの為に立ち止まり、笑顔を有難うございました。感謝感激です。

こんなミラクルなことがあるなんて。こんなときの為に、挨拶力を身につけたいと真剣に思いました…。そしてもう一度、やりなおしたい…。

その数時間後に見たライブもまた、最高の時間でした。
新年のライブよりもはるかにパワフルな歌声。そう聞えたのはあの小さなライブハウスだったせいなのか、蔦谷さんの柔らかい演奏が無かったせいなのか。いやそうではなく、宮本さんの、聞かせたい、勇気を、元気を、パワーを届けたい!と言う今の心の表れかもしれないと思った。

RENさんのライブレポート

開始直後のものすごい盛り上がりにビックリ(顔丸目)でもそのおかげで、久しぶりに全身でライブを楽しめた(顔へへ)(V)「startingover」のイントロアレンジがカッコ良かった~(顔照) 「風」初めて聴けて感動(輝)歌声が美しすぎる!!アンコールではまさかの「男は行く」で嬉しかった(好) ライブの時間は短かかったけど、狭い分すごい近くに感じれて大満足でした(笑)(王)

みずきさんのライブレポート

すっごく小さいハコで、しかもヘタに前の方へ行ってしまい、揉みくちゃの汗みどろになった・・・。こんなに汗をかいたのは久し振り〜。やっぱエレカシに、いい風吹いてる!

anさんのライブレポート

2003年9月のチキンジョージ以来の神戸ライブ!
キャパ400ほどと言うことで、どのくらい狭いんだろう&揉みくちゃになるんだろうとドキドキしてました。

実際、予想以上に小さくてビックリ!まさにハコですね。
宮本さんがジャンプしたら頭打ちそうなくらい天井も低いし、ステージの幅もほんとに狭かったなぁ。

でも、そのぶんとっても一体感があって、エレカシとお客さんとのココロも近かったように感じたライブでした。

今回のツアーは蔦谷さん、参加してないんですね。
鍵盤も素敵だけど、やっぱり4人だけのが嬉しかったです。

すでに記憶がありませんが、印象的だったのは「starting over」。
CDで聴いてたよりもずっとよかったし、宮本さんと石君の、掛け合いっていうんですか?
あれがめっちゃめちゃかっこよかった!
石君の笑顔もいつもより多く見れたような気がして、ちょっと嬉しくなりました。
「ガストロンジャー」はそこまで好きな曲じゃないけど、一番一体感を感じる曲だなと思う。みんな拳がすごいあがってるし!

アルバムツアーだから、他の曲は期待してなかったけど、「DEAD OR ALIVE」と、初めての曲2つ聴けて嬉しかったです。
今までで一番、汗だくになったライブ。満喫しました☆

ミノムシハニーさんのライブレポート

坂の途中にあって、通り過ぎそうになる場所にありました。「WYNTERLANDはココです」って紙が貼ってあって笑いました。でもこれがなかったら、通りすぎてた(^^;

まろんさんのライブレポート

会場めっちゃ狭くて52番だったのに、3列目。盛り上がった。

なおこさんのライブレポート

ライブ時間まで三宮をふらふらしていたけれど、遭遇ならず。
初めて入るライブハウスで、小ささ狭さステージとの近さにびっくり。
宮本も「ライブハウスらしいライブハウスだ」みたいなことを言ってた気が。
開場前の行列を見た感じでは若い男性がいつもより多かったような。
4人での演奏だったが、なかなかのソリッドかつ大人な演奏で、特に「starting over」でのギター掛け合いを初めて目の前にして、相当感激。
ピアノの無い「翳りゆく部屋」もかっこよかった。
買うつもりなかったけれど感激のあまり手ぬぐい等買ってしまう。
帰りは雨でした。

宗次さんのライブレポート

初の地元!
かなり小さいハコだったが、集中できた。
「風」はライヴで聴いても、やっぱりいい。

romiomessaさんのライブレポート

整理番号105番。石君側の5列目位で、スピーカーで石君とトミが隠れてしまって残念でした。石君側は女性ばかりで若干おとなしめでしたが、成ちゃん側は男性が多くて相当な盛り上がりで、そのせいか宮本さんもそっち側ばかり見て歌ってたような気がしました。
前日とほぼ同じセットリストでしたが全体的に前日より良かったです。「風」に入る前の前振りも興味深かったし、MCもいっぱいあったしね。
ガストはもういいよって思ってたんですが、やっぱガスト良いです。盛り上がりが違うもん。宮本さん達と観客が一体になれるというか。この曲の時ドドッと押されて真ん中近くの2列目まで行けました。
アンコールはまさかまさかの「男は行く」で。ラストにふさわしい力の入りようでした。すごかったです。
それにしても余りに小さい会場でびっくりしつつ、ある意味贅沢だなあとも思いました。
しかしさすがに2日連続でスタンディングはちょっときついなあ・・・。

p-.-qさんのライブレポート

記念すべきエレファントカシマシ初ライブ。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ