あやめちゃんを救う会

エレファントカシマシDB 2007/09/29(土) SHIBUYA-AX セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.シグナル

前回は大阪城野外音楽堂 
12曲目に演奏

02.この世は最高!

前回は名古屋E.L.L. 
2曲目に演奏

03.クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-

前回は名古屋E.L.L. 
3曲目に演奏

04.さよならパーティー

前回は名古屋E.L.L. 
4曲目に演奏

05.甘き絶望

前回は名古屋E.L.L. 
5曲目に演奏

06.面影(おもかげ)

前回は名古屋E.L.L. 
6曲目に演奏

07.覚醒(オマエに言った)

前回は名古屋E.L.L. 
7曲目に演奏

08.誰かのささやき

前回は名古屋E.L.L. 
8曲目に演奏

09.悲しみの果て

前回は名古屋E.L.L. 
9曲目に演奏

10.珍奇男

前回は名古屋E.L.L. 
10曲目に演奏

11.笑顔の未来へ

前回は名古屋E.L.L. 
11曲目に演奏

12.コール アンド レスポンス

前回は名古屋E.L.L. 
12曲目に演奏

13.流れ星のやうな人生

前回は日比谷野外大音楽堂 
26曲目に演奏

14.傷だらけの夜明け(アンコール1)

前回は名古屋E.L.L. 
15曲目に演奏

15.今宵の月のように(アンコール1)

前回は名古屋E.L.L. 
13曲目に演奏

16.桜の花、舞い上がる道を(アンコール1)

前回は名古屋E.L.L. 
16曲目に演奏

17.ガストロンジャー(アンコール2)

前回は名古屋E.L.L. 
1曲目に演奏

18.俺たちの明日(アンコール2)

前回は名古屋E.L.L. 
17曲目に演奏


takeさんのライブレポート

オープニング曲が「シグナル」と意外なチョイス。新曲群は総じて聴きやすい(難解ではない)が、宮本先生の凄さがよく出ていてニューアルバムに期待感大。特に「桜の花舞い上がる」はキャッチーでありながら凄みを感じさせるという、新たな名曲誕生の予感。「珍奇男」も良かったが、個人的に今日のベストは「覚醒(オマエに言った)」。名古屋とセットリストがあまり変わらないので、新鮮度は高く無かったが、演奏にカッチリ感があって安心して聴いていられたし、いいライブで大満足です。明日も参戦!

山田六郎さんのライブレポート

メンバーの中でも特に石くんがハイテンション。特に「流れ星のやうな人生」の時は別人のようだった(笑)。セットリストも新鮮。新曲「桜~」は歌詞もメロディもよくこの先が楽しみ!

たきさんのライブレポート

いやあ、いいライブだった。三列目真ん中あたりで見れたということもある。はじめての曲もいろいろ聞けたし。宮本さん声出てたし。よかったなあ。MCも楽しそうだった。えーと、「面影」の後でニューヨークの話をだーっとしてたり。「さくら」の新曲の前には、シグナルの歌詞の花を咲かせるっていうのはあるんだ、そういう曲だ、とか。あと、からまったコードをほどきにきたローディーさんに抱きついてたりした。イシ君が宮本さん風にお尻で成ちゃんを前に押してたりもしてたな。宮本さんが目の前で一瞬しゃがんで顔がすごく近いところに来てびっくりした。「俺たちの明日」の「三十代、愛する人のための命だってことに気付いたな」の後でウィンクしてた。バンドもかっこいいし、ほんとに絶好調。明日も楽しみだけど、指定席で遠いのが残念。

naoさんのライブレポート

とても良いライブでした。セットリストも新鮮で、久しぶりにMCも多くてうれしかった。

taitaiさんのライブレポート

新曲がどれも良かったですね。特に「桜の花舞い上がる」は圧巻!

酔茗さんのライブレポート

いいライブだったなぁ 
宮本さんの声が太く 力強かったような印象 魂はいっている感じでした
陽気なる逃亡者たる~,覚醒 に思いを馳せてなんだか心熱くなった 新曲も好き エレカシは全曲いいのだ エレカシ最高
今回、私としたことが、うっかりチケットをとりそびれていて諦めかけていましたが、チケットを譲ってくださる優しい方がおり、感謝。まわりの方に助けられ生きているのだと再確認。そして こうしてエレカシを聞ける。明日も頑張ろう!ありがとう

ねむさんのライブレポート

原宿から向かったらV6の代々木コンサートの入れ替えとやらですごいラッシュだった。そちらはメンバーのプライベートな話題でマスコミ関係などたくさんいたようだが、同じ音楽を楽しむもの同士、そこはかとない連帯感を覚えながらAXに向かった。人気が出るのはいいけど、FCでも券が取れないというエレカシにも一時期あった風にはなって欲しくないとエゴながら思った。
FCのかなり後ろの券なので気合を入れず遅めに行ったらもう一般席の入場時刻で、仕方がないから一番後ろにはりついて開始を待った。オープニングSEは好位置さん趣味かな?と思われたJazzが前半だったが最後にスティービー・ワンダーが流れてうれしくなった。
さて感想。のっけが「シグナル」で頭が真っ白になり、もう宮本の声すごい、石君成ちゃんトミすごいすごいと小学生以下のレベル意識となってしまいました。第一部ラストの「流れ星~」の2コーラス目、やっぱり「四の五の~」と歌わず1コーラスの繰り返し。光太郎さん作成パートなのかな。新曲もどれもすばらしい。「さくら~」は、一時期いろんなアーティストが食傷するほど桜関連の曲を出していて「エレカシもとうとうキタか」と内心がっかりしていたが今回初めて聴いた感想は、「さすがエレカシ」であった。新曲たちのアレンジはCD化される時また進化しそうで楽しみである。
MCも面白かった。福田新総理バージョンと勝手に命名した「ガストロンジャー」も聴けてシアワセであった。しかしサビの「オ~」はいつ聴いてもドゥービーブラザーズの「ロング・トレイン・ランニン」を彷彿とさせる。帰ってから「原曲」を聴いてしまった。どちらも大好きな曲だ。
とにかく今日は宮本の声のよさに感動しっぱなしだった。わが国の宝である。
会場を出たとき、お客さんに本物の小学生がいてびっくり。V6じゃなくてよかったのかなと余計なお世話。でもこっちもよかったと彼女が大人になったときそう思うのであろう。
帰りは渋谷まで歩いた。

showさんのライブレポート

大杉漣氏とユニバーサルから花が。ユニバーサルって。。。身内じゃん。

私はひそかにこんなセットリストが理想というのを書いていて『シグナル』が1曲目。理由はこの曲は声が良い状態で聞きたいからだが、まさにその1曲目が現実としてきたので確信したのだ。今日はきっと素晴らしいライブになると。

『この世は最高!』はライブでやると更に素晴らしい。思わず無理やり前にしゃしゃり出て行く人が数名。

『クレデミ』はすごく好きな曲。演奏後『なんて素敵な奴等なんだ』と客をおだてる。今日はやたらと客をおだてていて、こっちもその気になり雰囲気が良かった。

『さよならパーティー』ははじめて聞いたが、商品として出たらヘビーローテーションで聞きまくりたくなるだろう。気に入った。

『甘き絶望』。シングルカットしたかったそうだが、「冗談じゃねえ」と一蹴されたとか。ユニバーサルだったらどうなったのだろう。。。

「面影さざめく」とは我ながらよく言ったもんだと紹介し『面影(おもかげ)』へ。演奏後「テロで飛行機が空いていてニューヨークのスズメはでかい。そういう歌でした」と訳のわからないことを。

『覚醒(オマエに言った)』約4年ぶりに演奏。曲が多すぎて埋もれてしまうのを探してくれた選曲か。

『誰かのささやき』では石君に目をやってからしばらく見入ってしまった。ミートホープの社長(豚)風に言えば「大丈夫か。顔おかしくなってるぞ」ってか。

『悲しみの果て』はどんどんどんどん太くしっかりした演奏になっている。

『珍奇男』。初期の曲はこれだけであった。

『笑顔の未来へ』たしか野音で聞いているはずだが、違う曲のような印象。新曲たちを聞くと、次のアルバムはちょっとしたきっかけがあればかなり売れるかもしれない。普段買わない人が買うのではという意味で。

『コール アンド レスポンス』5年ぶりに聞いた。屋久島(椰)旅行でヘビロテで聞き込んでいたので当時を思い出した。屋久島にはまったく似つかわしくない曲だが。「soul rescue」も聞きたいのだがそういうモードではないんだろうな。でも「ガスト」はいまだにやってくれているからいいか。

『流れ星のやうな人生』で本編終了。

再登場はミヤジ一人。白シャツから黒シャツへ。エレキの弾き語りで『傷だらけの夜明け』はかなり良かった。

残りのメンバー登場。「みんないい顔してるぜ、見えないけど」と爆笑させてから『今宵の月のように』

「花」とか「輝く(輝)」系の曲は沢山書いたけど、到達点の曲が出来たんで聞いてください。『桜(桜)の花舞い上がる』。格好いい。かと言って力まず。”到達点”と自信を持って表現するこの曲。大人のエレカシ。

一度引っ込んだがすぐ登場。「引っ込むことなかったかな」と言いながらいつもの酔っ払いの問いかけ風で始まった『ガストロンジャー』。相変わらずのパワーで持っていく。持っていかれる。

終わりかと思ったら『俺達の明日』これやらなければレコード会社にしかられてしまう。時は流れて立派な大人さ今はそれぞれの道を行く。私もお世話になった社長とこの10月からそれぞれの道を行くことになった。おじさんも諦めてはいけない。かなりのエネルギーをもらって帰ってきた。いろんなことに頑張ろうと思いながら寝てしまった。

最後に。 1,2,4,5,6枚目からの選曲がゼロというライブも珍しいのでは?

ゆうたさんのライブレポート

オープニングは予想外の「シグナル」。何度聞いても良い曲だ。
声の調子も良さそうで、良いライブになりそうな予感がした。
セットリストは、まあ満足だが、欲を言えば、エピック時代の曲をもう少し入れて欲しかった。
でも、ライブには満足。ちょっと歌詞を忘れてグダグダのところがあったのはご愛嬌(^^)。
「コール アンド レスポンス」はライブ初体験。『全員死刑です!』を生で聞けた。
アンコールでメンバが入ってきた後にミヤジが『誰か一人ぐらい手でも上げて入って来りゃいいのに。。ま、それが良いのか。武骨な男ということで。。』みたなこと言ってたな。
初めて聞く「さよならパーティー」、「桜の花舞い上がる(?)」も名曲の予感。
「俺たちの明日」、「笑顔の未来へ」といい、ファンの贔屓目かも知れないが、ここ最近の新曲は、良い曲ばかり。
NEWアルバムへの期待が高まる。

workingmanさんのライブレポート

宮本さんの歌はもちろん、演奏が素晴らしくて勝手に体が動いてしまいました。久しぶりにかなり前の方で楽しんだので熱かったです。新曲はどれも素晴らしくてかなり期待できそうでした!

ものものさんのライブレポート

「シグナル」からしっとりと始まったオープニングから、「今夜は最高」「クレ・デミ」でアゲてくれました。トミのドラムが最高で飛び散る汗をしっかりと目にしました。宮本さんの声もよく出ていて、最後の「俺たちの明日」の後はフラフラしていて、あんなに細い体で18曲歌い上げたら体力消耗するだろうなと思い、さて、私は仕事で精一杯やれているだろうか?と考えてしまいました。頑張ろう!!宮本さんは「俺が3つ目の目でみているから、どーんと行け!」みたいなことをおしゃってました。他にも「俺がおまえらを保障してやる、大丈夫だ」みたいなことも言ってて、感動した観衆も多かったのでは。私はラッキーな事に一列目でみれたのですが、いろんな物が見えるために、集中力に欠けるコンサートになってしましました。しかしエレカシの何かを伝えようとする意思はしっかり感じられたコンサートでした。

岩さんのライブレポート

力強い声。素晴らしいライブだった。面影が良かった。悲しみの果ても今宵の月のようににも毎回、進化している。新曲の桜の歌もいいできでアルバムが楽しみ。

ミノムシハニーさんのライブレポート

「桜」よかったです~。久々に後ろでみたら見晴らしはよいけど、やっぱ、も少し大きくみたい~~(^^;明日は前でと、結論しました~(^^)v

ぐりさんのライブレポート

桜の新曲がよかった。

Sinkさんのライブレポート

覚醒が個人的にこの日のベストアクト。
当時のエレファントカシマシの状態と今の自分の状態が頭の中でリンクして目頭が熱くなってしまいました。
バランスの取れて雰囲気も良いライブだったと思います。
新曲がちゃんとした形になって聴ける日がとにかく楽しみだー!

Necoさんのライブレポート

面影、コール&レスポンスが聴けて嬉しかった。
新曲が増えていて来年?のアルバムが楽しみ。

haruさんのライブレポート

セットリストは名古屋とほぼ同じだったので比較的落ち着いて聞くことが出来ました。名古屋のときよりも演奏はしっくりしてる感じがしました。感じたことはやっぱり面影はいい曲だなということや、桜の花の新曲が力強くていい感じであること、珍奇男は凄い迫力だと思いました

gonzapさんのライブレポート

『流れ星のやうな人生』で石くんのエフェクターのACアダプターが抜けてしまっていたのか、何のエフェクトもないギターの音がスルーで出ちゃっていて、せっかくの石くんソロが弱まってた。でもそれでも最後まで盛り上げようとしてたのがさすが!

中村 遥さんのライブレポート

野音から随分久しぶりな感じがしていて、どんな顔をして参加すりゃいいのやらとか撮り越し苦労をしていました。
いざ一曲目が「シグナル」、別になにも案ずることは無いかっこいいエレカシに酔いしれればよいのに気付いて、安心してのれました。
「流れ星のやうな人生」のいしくんのはしゃぎぶりは凄かった。
新曲は売れそう。ほんとにいい曲でした。

アカヒレ人生さんのライブレポート

2度目の生エレカシ。宮本さんに保証してもらったこの人生、友よ、さぁ輝こうぜ!

宵待ダルさんのライブレポート

、、、トミ見えない。ステージからさほど離れてなくても見えないものは見えない。
この日は、音に身を任せて思う存分アセかきました。ちょうど揉みくちゃエリアでした。

また新曲が聴けて嬉しかった。『♪桜の花舞い上がる~♪』って。
宮本氏が行く道にはやっぱり「風」が吹いているんですね。
目に浮かぶようです。

anさんのライブレポート

初遠征でした。
名古屋か東京、すごく迷って後者を選んだので、
24日の名古屋で「クレッシェンドデミネンド」をやったと聞いて悶絶してました。
うわー東京ではやらんのやろうな…って思ってたら、聴けた。。(涙

ここ半年で全曲聴きまくってたので、セットリスト全部の曲名がすぐわかって感動~。
新曲の「桜の花~」ってやつが気に入りました。
早くアルバム聴きたいなぁ。


宮本さんが愛する東京でのライブ、とっても心に残るものになりました。
また東京いくぞー。

Yubeさんのライブレポート

ほぼ一番後ろだったため、ほとんど姿が見えない状態で聴くはめに。しかし、余計に声と楽曲の素晴らしさを再認識することができた。

ちゃーさんのライブレポート

チケ番が良かったのでセンター(先生前)で鑑賞。
この世は最高!で火がついた。
クレデミ、ライブで聴くとさらに良い。バンドサウンドが前面に出ている。
優しく強く歌い上げる面影。じーん。
覚醒、自分の人生と重ね合わせた。
誰かのささやき。。。素直にならなきゃなぁ。
コールアンドレスポンスで死刑宣告。
傷らだけの夜明け、この季節に聴くとしみます。
「桜の花、舞い上がる道を」素晴らしかった。涙出そうになった。

bdrdさんのライブレポート

遅刻してクレッシェンド・デミネンドの途中から観た。
噂の新曲さよならパーティをはじめて聴いた。
曲が終わった時、あまりにかっこよくてため息。
もうだめ、やっぱまちがいない、ファンクラブに入ろうと決意。

峠さんのライブレポート

2階A列3x番



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ