エレファントカシマシDB 2007/08/04(土) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007 たきさんのライブレポート

一番下へ

たきさんのライブレポート

凄かった!

斉藤和義では遠慮して後ろの方にいましたが、それでも 2 列目真ん中よりちょっと右というすてきな場所に立てました。
以下、曲順と正確な MC の記憶があいまいですが……。

最初、正式に出てくる前に姿が見えて、拍手と歓声。メンバーが出てきた後、宮本さんはふらふらーと出てきてマイクに頭をぶつける。エンターテイナー。

*最初に「ガストロンジャー」。
*「今宵」。「今日の空のように輝こうぜ」って言ってたけど、観客にとってはちょうど良いくらいに曇ってました。
*観客に、「美男美女!」と呼びかけていた。何度か呼びかけた後、「そんなに美男美女かはわかんないけれども」って言い直してた。楽しい。
*新曲。正確な歌詞は覚えていないけれども、苦しい胸のうち、というような感じで始まって、「パーティから出て行こう。だって、つまんない。」というようなのがサビで(印象的な歌詞だったのに、なんで覚えられないのか、私は。)、もっと広い世界に出て行こうというような歌だった。曲調は、「俺たち」や「笑顔」と似ている。いい曲。
*「悲しみの果て」。
*「風に吹かれて」。楽しみにしていたので嬉しかった。声がハスキーにならないで、はじめっからよく出ていた。
*そういえば、タバコをやめてから声がよく出てます、というので歓声を送ったら、「2、3 日やめただけですぐ出る」とか言うのだった。実は止めたのは 4 日前だそうで、「40 過ぎたらタバコの本数減らした方がいいよ!」と言っていた。だれか、「完全に止めたらもっといいですよ」って言ってくれないものか。いつも言おうかと考えるが言えない。
*「笑顔の未来へ」。野音のときは「いとしい人」って「昔の恋人? それとも今の恋人?」とか考えてしまい腑に落ちなかったのだが、今日聞いたら、リスナーのことだと思っていいのかな、と思った。デビューした頃とは俺は変わってしまったのかな、でも、っていう曲なのかって、思えた。
*すぐに「待つ男」。古い曲はこの曲だけだった。しかし、パワフルな曲だ。歌い方もすごくパワフル。「笑顔」よりもパワフルさでは勝ってるよと思っちゃった。
*「俺たちの明日」。いい曲だー。どんどん好きになってます。
*メンバー紹介で、「ギター、石森敏行、トシくん! 違った、イシくん!」って言ってた。言い間違いらしい。笑った。イシくんも笑ってた。イシくんと言えば、なんか、そんなに、仁王様みたいじゃなくなってたような気がする。でも、これは、私が今まで「ギター、イシくん!」て言われたときにしかイシくん見てなかったから知らなかっただけで、いつもいつも仁王様みたいというわけではなかったんでしょうか。やさしいイシくんぽい顔で弾いてたような気がしたのだけれど。
*あと、「笑顔」の前に、「最新の、自信作」というようなことを言ってから、突然「ごめんなさいね」と謝った。私は一瞬、シングルが出るのが遅れてることを謝ってくれてるのか? と思ったけれど、何を謝ったのかは結局謎のまま。

最後は、ふらふらと会場を出てきました。泣きそうになってた。フェスは初めてだったけれど、行ってよかった。来年も行きたいな。

No.曲名回数
1ガストロンジャー6回目
2今宵の月のように5回目
3 さよならパーティー初!!
4悲しみの果て6回目
5風に吹かれて3回目
6笑顔の未来へ2回目
7 待つ男初!!
8俺たちの明日4回目


持帰り用体験回数(コピーしてご利用下さい)


持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ