エレファントカシマシDB 2007/04/29(日) ARABAKI ROCK FEST.07 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.ガストロンジャー

前回はZEPP TOKYO 
21曲目に演奏

02.今宵の月のように

前回はZEPP TOKYO 
1曲目に演奏

03.悲しみの果て

前回はZEPP TOKYO 
2曲目に演奏

04.四月の風

前回はZEPP TOKYO 
14曲目に演奏

05.笑顔の未来へ

06.デーデ

前回はZEPP TOKYO 
7曲目に演奏

07.俺たちの明日

前回はZEPP TOKYO 
22曲目に演奏

08.花男(アンコール1)

前回はZEPP TOKYO 
19曲目に演奏


ミヤさんのライブレポート

まずはお天気がよくて、よかったです。エレカシは18:20~。程よく日が暮れてきて、アンコールの花男の頃には、きれいな月が出てました。ライブはすごく盛り上がってて、ミヤジが「アラバキに呼んでくれてありがとう!!」といっていたけど、私は「来てくれてありがとう!!」と心から思いました。新曲2曲。涙のテロリスト、俺たちの明日。常に新たなエレカシって感じで、よかったです。俺たちの明日は、盛り上がりながらも涙が出そうでした。アルバムのリリースが待ち遠しいです。このアラバキで、また新たなファンが増えたことを祈って。次は野音だ!!

宵待ダルさんのライブレポート

《フェスのエレカシ》を堪能。
前方は、若くイキのいい男子が多く
「宮本カッコいい!」の掛け声が飛び、ガナリ声の大合唱が響く!
宮本さん、とても嬉しそうでした。

シルバー☆さんのライブレポート

黒ジャケットに黒Tシャツで出てきた宮本さんは、体型がよりスリムになって、とてもカッコ良かった!1曲目がガストロンジャーで、すごい盛り上がった。今宵の途中でなんだかわからないけど、すごい胸にグッと来て涙が出てきて、いつものラインナップの曲なのに、不思議と胸に響いた。いい曲できたんで嬉しくて、と始めた新曲。涙のテロリスト、笑顔の未来へ、とタイトルを言っていた。とてもポップで驚いた。歌詞はラブソングだと思った。何かが宮本さんの中で変わっているのか新春ライブとは全く違う力強さとやさしさを兼ね備えた、一回り人間が大きくなっちゃったみたいで別人のようだった。新曲の俺達の明日、カウントダウンでも聞いているのにアレンジが変わっていた。こっちのが断然私は好きだ、と思った。サビがドーンと来て、イントロの展開が聞きやすく、がんばろうぜ~が素直に胸に響いた。林の中へ夕日が落ちていき、暗くなってからアンコールで出て来てくれて「花男」。もう、エレカシという大御所の舞台だった。
ホントにカッコイイ!!

ちゃーさんのライブレポート

アラバキに来てくれて感激。
地元民としてエレカシのステージを見れたことが誇りです。

ハタハタステージトリ。
ガストロンジャーで登場。この日のガストは凄まじかった。
終わりにギターを投げたのでチューニングが狂う。地味に直してた。笑
四月の風「アラバキの風~♪」
涙のテロリスト(新曲)にジーン。
デーデでおしりぺんぺん。
周りが静かに聴いている中、かなりノッてしまった。本当に40歳?な宮本少年です。笑
俺たちの明日。同世代への応援歌。アコギでした。
花男「19歳の頃の曲です!」色あせない。 

MC 
「かっこいい!(男)」 
→「かっこいいのは今にはじまったことじゃないさ。お互い様だせ?でも今全部吸収しました。ありがとう!」 
「お前らも相当いけてるぜ?」 

「ひろじー!」 
→「おじさんをからかうんじゃないよ」 

「よく見ると美男美女ばかりじゃねぇか。乾杯!」 …去る。

夕暮れでふらふらになっている時に元気貰いました。しかし夕日が似合うなぁ~ 



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ