エレファントカシマシDB 2006/07/21(金) FUJI POP 2006 LIVE FACTORY721 (ZEPP TOKYO) セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.地元のダンナ

前回は大阪BIG CAT 
16曲目に演奏

02.悲しみの果て

前回は大阪BIG CAT 
5曲目に演奏

03.デーデ

前回は大阪BIG CAT 
3曲目に演奏

04.今宵の月のように

前回はSHIBUYA-AX 
21曲目に演奏

05.男は行く

前回は大阪BIG CAT 
14曲目に演奏

06.シグナル

前回はSHIBUYA-AX 
12曲目に演奏

07.今をかきならせ

前回は大阪BIG CAT 
12曲目に演奏

08.I don’t know たゆまずに

前回は大阪BIG CAT 
17曲目に演奏

09.やさしさ

前回はSHIBUYA-AX 
19曲目に演奏

10.ガストロンジャー

前回は大阪BIG CAT 
15曲目に演奏


taitaiさんのライブレポート

良かった。「やさしさ」は完璧だった。「男は行く」のあと即始まった「シグナル」が最初歌いづらそうで、歌詞があやふやになってしまったのが残念。「男は行く」のテンションを引きずってしまった感じだった。

普請虫さんのライブレポート

久しぶりの対バン・イベント参加で、さらに6バンド中5番目の出場だった。ほかのバンドが熱の入った演奏をしていたためか、それに影響されたように熱のこもったライブになった。この日の宮本氏は歌手モード。あまりギターを長く手にしなかった。そのかわり言葉をかみしめるように歌い、出場バンド中でも出色のできばえを見せた。セット・リストは見ての通り、ベスト盤+『町を見下ろす丘』という内容でサプライズはなかった。最近のエレカシはこうしたイベントでは、全部新曲とか、全部仮歌とか、あるいはEPIC時代の曲ばかりとか、そういう濃い内容のライブは展開せず、比較的知名度のあるキラーチューンで盛り上げようというサービス精神に満ちている。そのためか、出場バンドのなかでも1番の盛り上がりどころであった気がした。どの曲もやりなれているとあって、大きなミスもなく、2番の出だしを間違えた「シグナル」以外はとてもいいパフォーマンスのように感じた。宮本氏のモニターが聞こえづらかったのか、途中でマイク音量を上げさせたため、演奏よりも歌だけが不自然に前に出たきらいがあった。男椅子やアコースティックギターが用意してあったので、「珍奇男」を期待したが、今回はやらなかった。しかし「やさしさ」はいつもどおりの名曲ぶり、また「I Don't Know たゆまずに」が今回のセットの中ではいちばん心に残った。ラストの「ガストロンジャー」で、石君に「チューニング違うけどそのままやるぞ」と無理矢理はじめたものの、「そのままでできるわけないでしょ」とやっぱり演奏を止めてギターチェンジを促す。自らそれでいいと言って、にもかかわらず突っ込みを入れる、宮本氏のイタズラごころ溢れる演出でした。マイクコードが短かったので、いつものようなコードの絡まりがなく、マイクスタンドの右往左往もなくスタッフが一度もコードをほぐしに来なかった。それが一番のサプライズかもしれない。

こおりさんのライブレポート

声が素晴らしかったです。とくにやさしさが完璧でした!選曲も偏らず、エレカシファンじゃない人も盛り上がっていたと思います。

らなさんのライブレポート

息子を連れて参戦。しかも用事があったのでエレカシの出番の1時間前に最寄駅をでた。
少し位遅れても仕方ないとタイムテーブルが出てからチケットを買ったけど、当日になると意地でも最初から観たいと思ってしまった。
電車の中以外は全て走って行きZeppの中に入ったらちょうどエレカシの準備中。間に合ってうれしかった。
エレカシすごく力が入ってました。すごすぎて音が割れて耳が痛いほど!息子の耳が心配になってタオルを頭からかぶらせた。
「シグナル」の音が上がったり下がったりみやじすごく歌いにくそうだったな。
「やさしさ」だけは息子もタオルを取ってしっかり聴くことができて「みやじはすごい。かっこいい」と感想を言ってた。
Zeppの音は最悪だなぁと思ってたけど、みやじののびやかな声に聞き惚れてしまった。

今回初めて出待ちをしてみた。出口付近に行くともう15人位が待っていた。
30分位してみやじを先頭に4人が出てきたけど、うつむいて周りを見もせずマイクロバスの中に入ってしまった。
トミだけは乗らずにメンバーに声をかけてドアが閉まった。
ちょうどトミの近くにいたので手を出すと笑って握手をしてくれた。大きくて温かい手だった~。感激!!
隣にいた息子に気付いてくれて息子とも握手をしてくれた上頭をナデナデしてくれた。その仕草が本当に自然で笑顔が優しくて、親子でトミのこと大好きになってしまった。

みずきさんのライブレポート

盛りだくさんで濃いイベントだった。開場からずうっと前方にいたので分からなかったが、Zeppはずうっとガラガラで、エレカシのときが一番人が多かったらしい。へえ。悲しみ・今宵・ガストは対バンの三種の神器ですかねえ。ずっと聴いてるファンには物足りないけど、そうじゃない人には正解なのだろう。“やさしさ”が絶品だったんで、とにかく満足。これでまたファンが増えるといいなあ。

宵待ダルさんのライブレポート

会場の中ほど、
テレビカメラのアームの辺りで観てました。
う゛~~~~~んんん
私には暗中模索な音に聴こえました。
うねる人波の外側に居たからかもしれません。

ハチススさんのライブレポート

男は行くが良かったです。

スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

歌がよかった

映像備忘録さんのライブレポート

全曲   (フジテレビ721)



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ