エレファントカシマシDB 2005/12/31(土) COUNT DOWN JAPAN 05/06 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.理想の朝

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
1曲目に演奏

02.化ケモノ青年

前回は函館Baycity's Street 
5曲目に演奏

03.悲しみの果て

前回は渋谷クラブクアトロ 
2曲目に演奏

04.風に吹かれて

前回は渋谷クラブクアトロ 
3曲目に演奏

05.すまねえ魂

前回は渋谷クラブクアトロ 
1曲目に演奏

06.やさしさ

前回は札幌ペニーレーン24 
10曲目に演奏

07.シグナル

08.デーデ

前回は渋谷クラブクアトロ 
5曲目に演奏

09.ガストロンジャー

前回は渋谷クラブクアトロ 
8曲目に演奏


中村 遥さんのライブレポート

セットリストもバランスよく、演奏も声も調子よく、会場の盛り上がりもかなりのものだったと思います。
グッズTが素敵で笑えました。やさしさがきけて嬉しかった!です。

hiroseさんのライブレポート

すごかった。感動した。声がすごいでかかった。来年はやるよって言ってた。やさしさに感動した。風に吹かれてがかなりアレンジが違っててかっこよかった。悲しみの果て、ガストをみんなで大合唱したのがうれしかった。最後から3曲目の新曲がかなり気に入りました。はやく聴きたいっす!ステージが高くて宮本と石くんしか見えなかったのが残念です。

普請虫さんのライブレポート

会場にある3つのステージの内で一番大きなアース・ステージに、2番手として登場したエレカシ。観客のつまり具合もほどほどに、登場してきた宮本浩次御大もはじめからご機嫌の様子。これはと良質のステージを期待したところ、フェス特有の上機嫌空回りモードも手伝って、即興歌詞を連発するは、石君やトミを挑発しすぎてリズムを乱してしまうなど、何かと実力を発揮しきれない様子のエレカシだった気がします。
でも、それっていつものことといえば、いつものこと。観客もブーイングや白けた様子はなく、「悲しみの果て」「デーデ」「ガストロンジャー」では大合唱も起き、盛り上がりのあるセットでした。この日一番良かったのは、ゆっくり一言一言かみしめながら歌った「やさしさ」。初期エレカシの名曲を本気で歌うときの宮本浩次の実力はただものではない。あの1曲のために魅了された、他アーティストのファンもきっといたと思う。
それにしても、リズム隊にプレッシャーかけすぎだよ、ミヤジ。

シルバー☆さんのライブレポート

9月8日ぶりのエレカシライブに緊張!
真心の次に登場したエレカシ。
みやじは久々の黒スーツ姿が、気合が入っていてカッコイイ!
最初の曲(リッスン)から演奏がボロボロだったのが残念だったが
「悲しみの果て」あたりから盛り返してくれてよかった。
1曲目、歌詞を無視して、「来年はやるぞ~」「来年は行け~」と
連呼してくれて、こっちも「おお~やるぞぉ~!」と気合が入った。
「バケモノ」は年末年始恒例!にして欲しいほど、お正月気分を盛り上げる曲だと思った。
「風に吹かれて」がかなり替え歌になっていたが、メロディも詩も
なんだかジーンとした。
今日始めて聞いた「新曲」が本当に良くて泣けた。
歌詞はまだ未完成のようだが、やさしくて、力強い名曲になりそうな予感。
今日のベスト1は何と言っても「やさしさ」だろう。
大きなホールの中に宮本さんの声が響き渡ったのには鳥肌が立った。
(間奏の石君のギターもめちゃかっこよかった!)
この1曲でどれくらい新たなファンを掴めただろうか・・
こういうエレカシの真骨頂みたいな素晴らしさが
2006年、多くの人たちに届きますように・・と祈願してしまうぐらい素晴らしい1曲だった。
そのかっこいい曲の途中に黒のハイネックを脱ぎ、さらに下に黒Tシャツを着ていた宮本さん。
黒のランニングに見えて笑いそうになりましたが、それでも、何でもかっこいいです。笑

MC・・「レコード大賞の時間だよ~」に始まって「紅白出ないでこっち来てよかった、いやおやじギャクで・・すみません」とバケモノ青年の「この国の男の・・・・はすっこんでんだ!」等々MCも冴え渡っていました。笑

新春ライブも期待増!!

みずきさんのライブレポート

久々のライブでこっちもハイだったが、それ以上にミヤジの方が↑ってたようで。最初の3曲の演奏が、ばらんばらんだったときには冷や汗かきましたわ、ホント。でも“やさしさ”で彼のあの声が、広大なホール中に朗々と響き渡ったのにはちょっと感動。唯一無二の声を再確認。

SOUさんのライブレポート

今年で3回目のフェス、年々動員数が増え混んでました。
物販は相変わらず人気が無いエレカシ、でも一番大きなステージでも萎縮することなく、毎年自分たちのファンじゃない人の前で、ノビノビ楽しそうにやってくれるのが嬉しい。
ある意味気楽なのかも。近くの女の子達も去年も楽しかったねと話してたので、ちゃんと伝わってるんですね。
この日やっぱり一番印象に残ったのは、「やさしさ」一万人の客がじっと静かに見つめる
中で、エレカシの激しい曲とは違う、胸に迫る曲の良さをアピール出来たんじゃないかな。しきりに来年はヤルゾーと言っておられたので、来年はやるんだなとしかと受け止めて帰って来ました。

てってさんのライブレポート

元気に登場し会場の盛り上がりもよかったです!ライブでの化ケモノ青年は楽しい。(宮本さんが勝手なリズムで歌うので演奏がばらばらしてましたが。)声が大きくて音割れてました。ただ歌の合間に息が上がっていて凄く心配になりました。肺が、、。煙草を減らさないと黄金の声があ~~~~!やさしさの声の美しさと表現力に圧倒されました。

スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

石森さんが厚着だった。「やさしさ」が会場中に響き渡ってすばらしかった。

tomo-kingさんのライブレポート

”やさしさ”がもう、最高すぎて、号泣してしまった。
あのデカいホールの、あの静けさが忘れられない。
あと、まだ歌詞が完成していなかった”シグナル”。
そのメロディの美しさにヤラれました。

三日月さんのライブレポート

この日が私の初のライブ参戦デビュー。
とにかく興奮して弾けた記憶がある。
そしてトミのドラムも弾けていた。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ