エレファントカシマシDB 2005/06/18(土) 福岡DRUM Be-1 セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.すまねえ魂

前回は郡山 Hip Shot 
1曲目に演奏

02.パワー・イン・ザ・ワールド

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
2曲目に演奏

03.デーデ

前回は郡山 Hip Shot 
2曲目に演奏

04.悲しみの果て

前回は郡山 Hip Shot 
4曲目に演奏

05.今宵の月のように

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
11曲目に演奏

06.人生の午後に

前回は郡山 Hip Shot 
6曲目に演奏

07.甘き絶望

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
6曲目に演奏

08.OH YEAH!(ココロに花を)

前回は梅田 HEAT BEAT 
13曲目に演奏

09.うれしけりゃとんでゆけよ

前回はSHIBUYA-AX 
2曲目に演奏

10.奴隷天国

前回は札幌ペニーレーン24 
3曲目に演奏

11.極楽大将生活賛歌

前回は札幌ペニーレーン24 
13曲目に演奏

12.明日に向かって走れ

前回は郡山 Hip Shot 
13曲目に演奏

13.ファイティングマン(アンコール1)

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
13曲目に演奏

14.珍奇男(アンコール1)

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
14曲目に演奏

15.星の降るような夜に(アンコール1)

前回は郡山 Hip Shot 
10曲目に演奏


はこべさんのライブレポート

珍奇男、完璧でした。「やさしさ」のアコギバージョン、最後まで聞きたかった。

tomo-kingさんのライブレポート

当日券は出ていたけども、ほぼ満員という状態でした。なんだかこの日の客は威勢がよく、みやじも「八百屋みたい」と言っておりました。あたしがエレファントカシマシに出会った頃の曲をたくさんやっていた。久々に聞いたが、今までとは全く印象が変わった。ロックだった。今まで思っていた以上に、ロックだった。アンコールの珍奇男の前に、やさしさのイントロを4回やり直してはやめ、傷だらけ~を少し歌ってはやめ、珍奇男に入った。やっぱり、生で聞く珍奇男が1番好きだ。また会いたい。エレファントカシマシに会いたい。いますぐに。

やすさんのライブレポート

初エレカシライブで後ろの方でしたけど最高のライブでした。宮次の歌声に圧倒でした!!ますます、エレカシが好きになりました!!

showさんのライブレポート

石クン、サングラスで登場。3人登場したが、ミヤジ出てこず。演奏が始まってからいつものクールビズスタイルで登場。『すまねえ魂』サングラスをとりあげ、自分でかけ、再び戻す。

『ココロに花を』をやってくれた。美しいアルペジオ。『うれしけりゃ』のイントロのギターはミヤジと石クンでズラしながらユニゾン。

『奴隷』ではみんな目が合わないよう必死だ。『おめぇだよ』と凝視されたら視線を外せなくなる。たてつづけの『極楽』。

福岡県立博物館に行って大陸文化と日本が融合した福岡の客は元気だと言っていた。だみ声の歓声に『八百屋さんみたいだ』と。

『やさしさ』をやりかける。一度目は石クンのチューニングがおかしく、やめて『石クンは音にうるさいから』といい、マイクを近づけると、石クン『すみませんでした』。二度目は成ちゃんのベースが間違えた。『成ちゃんの音聞いてから歌うので出来ない』と。三度目も同じところで間違えた。苦笑いの成ちゃんに『笑い事じゃない』と。ミヤジ、アコースティックに持ちかえるので、『珍奇』かと思いきや、ひとりで『やさしさ』をやる。『体がおもたくて』でギターを間違える。『やめた』。4度トライしてやめたのは初めてだろう。

『珍奇』『星の降る』で終わり。『星の降る』はラストにふさわしいのだった。気合いが空回りしていなくてとても良いステージだった。

HIMOさんのライブレポート

ライブ1時間前に地下鉄の駅で単独行動の宮本に遭遇!夢のようなハプニング体験でした^^ライブでのMCからすると博物館からの移動であろう、時間帯からしてリハ無しだと思われる。新曲は思いのほか耳に馴染み良く、全体として選曲のバランスが良かったです。個人的には「ココロに花を」「うれしけりゃ飛んでゆけよ」「奴隷天国」「極楽大将」の流れがグッときました。今回はやはり石くんが仰天もので、グラサンににがみつぶした表情で、え?松ちゃん??という印象。ついつい視線が流れてしまい、宮本の動きがマトモに見えやした。本人上機嫌でしたが、威勢のいい姉さんのおかげでメンバーも客も最初からノッテ行けた感じでした。途中石くんとトミが視線を合わせながら演奏しているのが印象的でした。宮本の言う通り、確かに石くんイメチェン中のようです。乞ご期待!!

ぐりさんのライブレポート

福岡市博物館に金印を見に行ってから会場にいった。ダフ屋がいたが隣のLOGOSライヴチケットだった。当日券がでていたが、ほどよく埋まっていて見易い感じだった。スタッフが週刊文春?を持っていた。「クドカンの記事にエレファントカシマシのことが載っています」とマジックで書いてあった気がする。メンバーに見せたのだろうか?「ココロに花を~♪」で宮本氏「鼻」を指して歌っていた。ハナつながり。なんとなく山田まりあの「先生は、手の動きが伴っていないんですね」を思い出した。ハンドクラップをやってみたがテンポが難しかった。素晴らしくて感動し、涙した。この曲が一番思い出に残っている。Be-1は舞台袖からではなく、舞台後方に扉があってそこからメンバーが出たり、入ったりするのがちょっと面白かった。新曲の3曲目が一番好きだと思った。私が今まで見た福岡ライブの中で一番激しかった気がする。

夜空の向こうにさんのライブレポート

長浜公園交番前の街角に立つ「西部警察」大門仕様のグラサン姿のあなたは色白でした。の巻。
前回のツアーから約半年振りの福岡。地方者の私にとっては、またこうやってエレカシの姿が福岡で観られる事がとても嬉しかった。ライブハウスも今までのロゴスのお隣のBe-1でお初の会場だった私。Be-1はロゴスの縮小版のような会場で横長。段差も狭い会場の割には程よくあって、とても見易い会場だったと思う。この日の私のチケ番は良番だった為、成ちゃん側の最前ゲットに成功!ここからトミの姿が良く見える。うへへっ。本来、石君ファンの私ではあるが、石君側だとトミのドラムのシンバルがちょうどトミの顔にかかって見えないという難点があるのだ。石君側に未練タラタラであったがいざライブが始まるとそんな気持ちは、ぶっ飛んでしまった。まさかのまさか!石君が大門仕様のグラサンで登場!!!連れのエレ友さんと顔を見合わせて(笑)もちろん会場全体も驚きと笑いに包まれていた。そして、新曲「探してる」が始まる。前々から既にライブに行ったエレ友さんより噂で聞いていたカニ道楽スタイルで石君は演奏開始。しっ、渋すぎた。くうう~~~っ(はあと)視線も真っ直ぐ会場後ろに向けている。驚きだ。今までの石君には考えられない堂々とした面持ちである。でもカニ道楽、ステージ上でまで体鍛えてどうするんだ!?と突っ込みを入れたくなってしまった(笑)さて本編。新曲「探してる」はとても完成度が高く仕上がっているように思えた。歌詞が今の宮本さんの姿、そのまんまに感じられた。「探してる」に続く新曲群も良かった。個人的には「うれしいこと悲しいこと」が好きだ。そして「悲しみ」も聴いて、「今宵」も聴いて、しまいにゃ「OHYEAR!(ココロに花を)」ときたもんだ!私は『ココロに花を』のアルバムからのファンであるが、実際にこの曲を聴いたのは初めてなのだ!それも厚みのあるロックな曲調での演奏だった。そうさ、いらない音はそぎ落とされたバンドの音。これが本来の姿だよ。トミのドラムがすこぶる利いていた。かっこよかった。それまで気づかなかったのは、あまりにもトミの演奏が安定しすぎていたため普通に聞き入ってしまっていたのだ。すごいよトミ!!!トミは本当にドラムを叩きながらよく唄っている。そこで目を見張ってしまったのが「極楽大将」で唄っているトミの姿だった。「あんたが大将~♪」のとこは唄ってなかったが、むふふふふっとにやけてしまったのは私だけだろうか?(笑)でもって、アンコール1曲目は、お約束ソングになってる「ファイティングマン」!!!…でも私は心の中で「またかよ。」とつぶやいてしまった。どうもノレない。これをやればいいだろ?って感じがあるような気がしてならないのだ。決して「ファイティングマン」が嫌いではないのだけれど…。…でもって、なんだかんだあって、吉本新喜劇ばりにこれでもか~これでもか~とずっこけて、やっと軌道修正して始まった「珍奇男」は宮本さんがめちゃくちゃかっこ良かった!よく考えるとライブの感想で宮本さんを誉めた記憶がないのが不思議である(笑)ラスト「星の降るような夜に」は、石君が成ちゃん側に来てくれた!!!ウロウロしながら「歩こうぜ~歩こうぜ~♪」と唄っている。どっ、どうしたんだ!?石君!?この脱皮しすぎた姿は!いつもの着たおした無地のリバーシブル紺Tでなく、おnewらしいの濃紺のポロシャツなんか着ちゃってるし(笑)ステージに真ん中で宮本さんと一緒に「歩こうぜ~♪」とへばりついているではないか!!!う~む。笑えた。この大変身振り。この大変身振りは岡山のライブへと続きます(笑)…しかし、最後に成ちゃん。どの曲でかは忘れたが、なぜ宮本さんがステージ前にひっぱって連れて行こうとしたら2回もそれをかわしたのか???客に尻を向けて演奏したらいかんぜよ!と思ってしまった。どうしたんだ!このふたりは???と疑問に残った福岡ライブでありました。






NANANさんのライブレポート

何だか最近難しく考え過ぎるのが半ば趣味みたいになっていた私は、目からうろこが落ちる思いでした。すっごい楽しかった!!どんなに重い曲でも笑っていられた!!やっぱ生きてるなら楽しまなきゃ勿体無い。宮本さんが楽しそうな姿、ココロが軽くなるよ。
ああ~、OH YEAR!、嬉しかった。ラストの石君のギターのメロディ、なんて綺麗なんだ。ほんと大げさじゃなく鳥肌です。男の人率が高かった。泣きそうになりながら見てる高校生くらいの男の子もいて、なんか嬉しかった。宮本さんのサングラス姿、何気にかっこよかった。(石くんじゃないんだ?笑)車で東京から来たって・・・・一体何時間かかるんだろう・・・。

Sinkさんのライブレポート

初の遠征(というより地元に来てくれなくなったので)道に迷って1時間さまようハメになりましたが(汗)前日カラオケで歌った極楽大将をやったのでビックリ。すまねえ魂、CDよりこの頃の方が好きだなぁ。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ