エレファントカシマシDB 2004/12/30(木) COUNT DOWN JAPAN 04/05 セットリスト

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.化ケモノ青年

前回はなんばHatch 
14曲目に演奏

02.男は行く

前回は仙台CLUB JUNK BOX 
16曲目に演奏

03.デーデ

前回はなんばHatch 
13曲目に演奏

04.平成理想主義

前回はなんばHatch 
11曲目に演奏

05.生きている証

前回は岡山アクトロン 
17曲目に演奏

06.友達がいるのさ

前回はなんばHatch 
10曲目に演奏

07.達者であれよ

前回はなんばHatch 
12曲目に演奏

08.パワー・イン・ザ・ワールド

前回はなんばHatch 
4曲目に演奏

09.この世は最高!

前回はなんばHatch 
18曲目に演奏

10.花男

前回は札幌ペニーレーン24 
16曲目に演奏


ひろこさんのライブレポート

宮本さん,石くん,せいちゃんは上下黒のいでたちだったので,Tシャツ姿のトミがすごく目立ってました(笑)。ステージはとってもパワフルでした。今までライブで聴いたことのなかった楽曲が聴けて,個人的にとても感激いたしました。
「男」印のイスが今回も出てきて,アコギを手にした宮本さんがフツーの座り方ではなく,背もたれ上部のへりに座ったときは,周りから「おぉ,あんなところに座って演奏できるの??」という声が聞こえてきました。宮本さん,やっぱり細いなぁ,と実感。
シャツをはいだ姿はやっぱり素敵だ☆なんかもう今じゃ,これがエレカシライブの醍醐味かも…,と気付きはじめ。この感覚,やはり危険ですかね?こう感じている方が他にもたくさんいらっしゃると安心なのですが(汗)

岩さんのライブレポート

働け、戦え、生きろと何度も言っていた。
男は行くは立ってギターを弾いていた。1曲目か2曲目か忘れたが、最後に働けと言った。
デーデを歌い終えた後、「金稼いでみろ」と言った。「弾き語りの曲をやってもいいですか。というかやります。」と言って生きている証。途中後ろ手でドラムを止めさせていた。
達者であれよのアップテンポになるところは、前回よりもさらには早くなっていたような気がした。パワーの後、「やっぱり曲順決めといた方がいいですね。今何分?40分経過だそうです。」と言ってからこの世は最高のイントロを弾きはじめる。急いでギターチェンジする石森氏。1番を歌い終わる頃にはギターを肩から降ろし、ハンドマイクで歌った。歌い終わり、ギターを降ろそうとする石森氏に向かって、「盛り上がってんだから」と言って、花男でさようなら。男椅子に立って歌っていた。最後、シャツを脱いで、客席に投げるふりをして、口に銜えて引き揚げて行った。MCで「たくさん人がいて嬉しいです」と言っていた。万歳三唱もやったような記憶があるがあまり覚えていない。

masa4さんのライブレポート

幕張まで行ってしまいました。大きなステージの迫力に負けることなく、ど迫力のステージでした。大きなステージでのエレカシって、かっこいいですね。何回も「金稼げ!働けっ!!」と叫びまくり、歌詞も好きなように変えて、がなりまくる宮本。「男は行く」が個人的には嬉しかったです。万人受けするステージでないかも知れないけど、力強さは伝わったと思います。お金かけて遠くまで行った甲斐がありました。スバラシイものを観せてもらい、大満足でした。頑張って金稼ぎます(笑)

スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

まずは、ハスキンを観る。渋谷さんの挨拶で、30日がチケットがいちばん多くでたらしいことを知る。友達が「エレカシがいるからだね」と、言ったが・・。どっかなぁー。(笑)
細かいことは、本当に覚えていなくて、圧倒されっぱなし。他と比べることなど、無意味だけども、他のアーティスト、いいバンド、上手な演奏、いいムード、いろいろとありました。けどな、あの歌は他では聴くことはできない。歌詞に関しても、考えが深いと思うのは、エレカシ。他のバンドの歌詞をよく聴いてなくて、申し訳ないけど、今のところ、私の知った限り、いいバンドだと思っても、考えの浅い感傷論で終わってしまう場合が多い。(例外、大晦日の紅白で、さだまさしさんが歌ってたことは、深い内容を含んでいたと思った。)実は、がっかりする。

生きている証を歌った宮本さんは、確かに生きていた。ライブを鑑賞している自分というのは、情けないものだ。とも感じた。

演奏を飛びぬけてしまった歌。声もとってもよくて、歌詞はそのときに出てきた言葉にかわっていた。曲までも、変わっているのがあった。今年私が観た中の一番の宮本さん。

「金稼いでみろ・・」うーん。稼ぎません。貢がせます。そのかわりと言ってはなんだけど、とことん尽くして差し上げます。って、誰に?  そういう、話じゃないのよね。
私は、世の中をうんとひっかき回してやろう!

曲以外のことなら覚えている、宮本さん、おズボンがキツイのか?ボタンを外し、少し下にずらしてた・・脱ぐかと思った。股んとこも、たくさん下にひっぱってたから、予想はあたってると思う。かっこいいのに、なんで、そんなことするのか・・。

曲順を決めてなかったようだ。アバウトな人だ。こんな大舞台なのに・・尊敬。

**働いて、お金を稼いで、生きる。**2004年最後に届いたメッセージ。
それから、今日は、にこやかな顔をしてた。嬉しそうだった。だが、少し傲慢な感じもした。(謙虚な人には大きなことはできないから、傲慢でもいいとは思うけど・・)来年、いい年にしよ!もう、今年だ!

SOUさんのライブレポート

去年も参加させてもらったフェス、あの時も聞いた事も無い新曲だけなのに、すごく良かったので、今年もと期待していたら、やっぱり周りの男の子達の期待も高いようで、4人が出て来たとたん圧迫されました。最初「化ケモノ青年」もう浸透してきたようで手拍子も一緒に、立ってエレキで「男は行く」やりだしたので、うわっ!客引いてしまわない?と思ったら、なかなかPOPで客も動じずついて来る。曲順考えずやった割りには、次デーデで楽しんではしゃげるし、おつ!おつ!とコールも少し男の子から上がってたし、途中「生きている証」で歌の上手さ、声の良さ堪能させてくれ、「友達・・」は誰からも愛されそうな曲で、最後「この世は・・」で客巻き込んで終わりかと思ったら「花男」のおまけまでつけてくれて、フェスなのに1時間近くやってくれた、後のバンドとファンには申し訳なかったが、最高!。本人達も達成感あったんじゃないかな?男イスひっぱり出して乗っかって遠く見てたし、いっぱいの投げキスの後、去年にひきつづき黒シャツ脱いで今回丸めたんで投げるの?と思ったら口にくわえてはけて行きました、めっちゃ楽しかった。

他に見たバンド
エルレ トリの役割きっちり果たしてくれて、すっごく盛り上がったし、「楽しい~、今死んでもいぃ~」と叫んでました細美君。

野狐禅 迫力あって後ろの男の子が「ピストルゥ~!」と叫びまくってた、若者真似て重ね着に挑戦しました、と言って黒の半ソデに黒の長Tシャツ・・笑ってしまう(見分けつかないよピストル君。)

フラカン 去年も楽しかったけどMCが上手い、声も独特で「深夜高速」すごく良かった、その後DJブースのとこでやってたグレートマエカワさん、すごい盛り上がって外からもみんな見てた。あみんの待つわがノリノリにサザンもかけてました。

ピーズ「年寄り朝強いからまかせといて!」あいかわらず、かわいいハル君のMC、温かな笑いと楽しいロックロールで躍らせてくれました、欲言えばせつないナンバーも少し聞きたかったな。

麗蘭 客が「チャボいくつ?」と聞いたら「ロックンローラー、年は関係ないんだよ、渋谷と同じくらいだよ」って、最後4人で手繋いではけていきました、いい笑顔、ジンとくるいいライブでした。


tomo-kingさんのライブレポート

わざわざ福岡から参戦した甲斐があった。久しぶりに、エレカシでモッシュを体験した気がする。「なんや、エレカシ、人気あるやないか」と多少、焦ったりもしつつ、思い切り楽しんでやった。セットリストを決めていなかったらしく、「今、何分やりました?」などと確認をとりつつやっていた。毎年TVで見ていて思っていたことなんだけど、ロッキンオンフェスで見るみやじは、本当に楽しそうにやっていると思う。本当にこのフェスが好きなんだろうなと。この日のセットリスト、素晴らしすぎる。個人的に初めて生で聞いた、”男は行く”にはあまりにかっこよさに、呆然としてしまった。でも、やはり忘れてはならないのは”パワーインザワールド”。みやじの「パワー」を思う存分、受け止め、感じ取れた気がする。まさかやるとは思っていなかった、”この世は最高”も、其の名のとおり最高だった。この日のエレファントカシマシを見れただけでも、このフェスのために7万ほどつぎこんでノコノコとやって来た甲斐があった。本当に。

ダイスケさんのライブレポート

Fesは行かないんで初でしたこういうイベントモノ。いろいろ回れてインドアだから寒くなかったし来年も行こうか。

中村 遥さんのライブレポート

熱くすばらしいライブでした。

workingmanさんのライブレポート

素敵なライブでした。バランス良く、メッセージもびしびしつたわってきて。男は行く、かっこよかったっす。生きてる証、友達がいるのさでまた涙。。生きている証は途中歌詞や歌いまわしを自然と変えて歌ってて感動。この日の友達がいるのさはなぜだか非常に印象に残ってます。その後の4曲もすごい流れでしたが。。エネルギーが満ち溢れてる感じがしました。

映像備忘録さんのライブレポート

化ケモノ青年・男は行く・デーデ   (M-ON!)

象牙さんのライブレポート

男が行くが素晴らしかった。
この世は最高とか花男あたりは即興ぽかった。
宮本先生はゴキゲンだったようだ。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ