エレファントカシマシDB 2004/12/03(金) LIQUIDROOM ebisu セットリスト

30th ANNIVERSARY TOUR 2017

一番下へ

[前のイベントへ] | [次のイベントへ]

No.曲

前回表示(タップで表示/非表示)

01.一万回目の旅のはじまり

前回は岡山アクトロン 
1曲目に演奏

02.パワー・イン・ザ・ワールド

前回は岡山アクトロン 
2曲目に演奏

03.生命賛歌

前回は岡山アクトロン 
3曲目に演奏

04.人間って何だ

前回は岡山アクトロン 
4曲目に演奏

05.定め

前回は岡山アクトロン 
5曲目に演奏

06.DJ in my life

前回は岡山アクトロン 
6曲目に演奏

07.風に吹かれて

前回はJAPAN CIRCUIT 渋谷AX 
5曲目に演奏

08.友達がいるのさ

前回は岡山アクトロン 
9曲目に演奏

09.平成理想主義

前回は岡山アクトロン 
10曲目に演奏

10.達者であれよ

前回は岡山アクトロン 
11曲目に演奏

11.今だ!テイク・ア・チャンス

前回は岡山アクトロン 
12曲目に演奏

12.化ケモノ青年

前回は岡山アクトロン 
15曲目に演奏

13.俺の道

前回は岡山アクトロン 
16曲目に演奏

14.凡人-散歩き-(アンコール1)

前回は吉祥寺バウスシアター(5days) 
4曲目に演奏

15.ファイティングマン(アンコール1)

前回はMINAMI goes on "ONE NITE SUMMERTIME BLUES 2004" 
9曲目に演奏


showさんのライブレポート

大杉漣氏から(花束)花がなかった代わりに本人が来ていた。リザーブ席だったから間違いないだろう。リザーブ席なんてあったの?と思うかもしれないが、一番後ろに10席くらいある。私はその後ろ。つまり一番後ろから見ていた。

ストーンズの『Paint it Black』を最後にBGMが終わるが、なかなか登場しない。シーンとしている。ゆっくりミヤジ黒シャツで登場。今日はなかなかいい声が出ていた。中盤枯れたが後半持ち直した。

CDではあまり好きになれなかった『人間って何だ』がツアーを見るたびに好きになってきた。今のバージョンでレコーディングし直して欲しいくらいだ。しかし、なんと言っても『凡人-散歩き-』だろう。意表をつかれた。

『風に吹かれて』もよかったけど。まぁ凄い曲がまだまだ沢山あって。また1から全部聞き直そうと思った。

山田六郎さんのライブレポート

中央三列目、今までで一番良くステージを見れたかもしれない。

「今だ!テイク・ア・チャンス」で『サマータイムブルー』と歌いながら
照明の青いフィルムを取って顔につけてたのがツボでした。
「ああ、ブルーとかけてるのか」とか思ったり。

凡人-散歩き-、ライブでやるとは。

スパイダー・ウェブ・ローズさんのライブレポート

恵比寿・・初めての場所。場所がよくわからなかったが、本気なダフ屋さんやどうしても入りたいファンの方がいて、方向に間違いなし!と、確認する。が、いい番号にも関わらず、遅刻・・。140番くらいで入る。始まる前の押しが、渋谷に続き、きびしい。そして、みんな、気が早い。始まる前に倒れそう。上手より宮本氏を先頭に登場。髪の毛・切ってないのか、今日は、ぐしゃぐしゃをしてた。とにかく、自己主張の強い人の特徴、身振り手振りが激しい。歌詞も丁寧にメッセージを入れ込むようでした。渋谷と違って、宮本氏に釘付けになってしまった。「化ケモノ青年」(あぁ、新しいアルバムは「風」なのに、異様に気になるこの曲。「風」だってあたしは好きなのに)で、ばかもの青年と言ったときの宮本氏の横顔と指さし方、まなざしの真剣さに、最近の痛ましい事件のことなどを思い返し、”まったく、おめぇら、男はばかもの青年だ。”と、思った。それ以前は、”男はつれぇなぁ。バンガレ、やさしくしてやる。酒ついでやる。”と、思ってたのに。しかし、”女も悪いのだなぁ~。”と、反省したりして。何の歌だったか?”人間は進化していない”とか言っていた。確かに、人が進化を遂げたのならば、もはや人は人ではないはず。あっ、そういう意味じゃないかも、確かに、人間そのものは、進化してるとは思えない。「平成~」の夜の浜辺の描写で、”工業地帯のあかりのみえる・・”とか、そんなことを付け加えていた。あんまり、ロマンチックじゃぁないが、これが現実で、自然は守れるものなら、守りたいけど、人口の多くなった今となっては、人が生きていくには、仕方がないと。個人的な夢だとかにとどまらぬ、この人は世の中をよくしたいんだと感じた。気がつけ男たちよ。なんかんだ言っても、まだまだ、男がこの世の中を導いてるじゃぁないか。宮本氏の想いを実行に移してくれ。たのむ。あたしは、男の人に笑顔をふりまき、たくさん貢いでもらいやす。(もう、無理っぽいが)宮本氏のギターも今日はいかったんでないかい?アンコールに白シャツで登場の宮本さん、「暑くない?暑い?」と、観客に聞いてた。会場から、”あつい~!”の声、ほんとに、暑いんです。「それじゃ、もうちょっと」と自然な言い方が、やっぱり宮本さんはやさしい男だと思ってしまった。が、騙されてるかも・・。「凡人」よい。終わって、汗だく、会場の出口付近で大杉さんを発見。私ら普通の人と、一緒に退場していた。握手を求めた人もいたはず。Goodsを買ったことのない私が、MDケースなるものを買った。宮本画伯の絵だったので、つい。恵比寿は、床がゆれないのでよかった。

Tomoさんのライブレポート

イオカードを買ったら恵比寿さんの絵柄だった。だから、脈絡も因果関係もないが、ライブ後、恵比寿神社に詣デル→エレカシさんにはある程度の商業的成功をしていただきたい、でも宮本さんには自分のやりたいことを貫いていただきたい。いらんおせっかいでしょうが。
宮本さんはもう、曲を一定のテンポで歌うのでは満足できない体質になってしまったのでしょうか。冨永さんがぴったりつけていて、見事でした。生命賛歌あたりから鳥肌実。凡人がこんなにかっこいい曲だったのか。ファン歴は長くはないのですが、古いアルバムの方が聴いている度数が多い分、うれしくなります。

aoiさんのライブレポート

倒れるかと思うくらい密集したゾーンだったが楽しかった。汗だくになるのわかってたからTシャツかって着替えててよかった!今だテイクアチャンス聴けたし、何より凡人聴けた!!!!
思わず顔がにやけた!!会場のテンションも一気に上がった!今回はこれだけで満足だった!!帰りに大杉蓮さん発見!!握手してもらった。本当にエレカシが好きなんだなぁ。

シルバー☆さんのライブレポート

激戦のリキッドルーム。なんとか入手できて参戦。駅に「チケット、エレカシ」と書いた紙持って立ってる人が何人かいて、おお~と思った。そんなの新宿ロフト以来だったから。番号がBだったのでモッシュをあきらめて成ちゃん側の階段上あたりに陣取る。いつもより男率高め?とか思ってるとテンション高めの若者二人がフロア中央に雪崩れ込んで来て大騒ぎ!セーターを脱ぎだし上半身裸になってた(笑)脱いだ荷物を床に置くから彼らの回りがミステリーサークルと化す。ライブ荒れそう~とか思ってちょっと心配したけど、意外とおとなしかったですね、この二人。神様~とかヘンなかけ声にはヒいたけど。メンバーが出てくると後ろの床がスカスカになるほど、前方に観客が押し寄せる。ライブ自体は、丁寧に、しかしサクサクとMCなしで進んでいく。見ていた位置のせいもあると思うけど、なんか冷静に見てしまった。ハンドマイクの「風に吹かれて」。遠くできこゆる~遠くできこゆる~に感動!こんな表現が似合うロック歌手って宮本浩次以外いないよ。俺の道で、ドゥドゥドゥが苦しそう。声の調子はあんまし良くなかったのかな。そして、アンコール。こ、こ、この前奏は?!まさか~!!!!ってことで「凡人」が。あ~、一生聞くことはないと思ってたけど、聞けた~!!しかも歌詞完璧!演奏もバッチリ!でした。ありがとう~エレカシ。なんと14年ぶりの「凡人」だった!すごすぎるよ~このバンド(笑)「凡人」ですべてが吹っ飛んだが、最後にトミがせいちゃんの肩につかまって退場していったのがすげぇ~いい感じだった。甘えんぼトミだ~!(笑)ライブ後、「凡人」を知らないエレ友がいてかなり笑えました!(^^)

ダイスケさんのライブレポート

寒かったなー。凡人をやったので嬉しかった。

workingmanさんのライブレポート

初めて一人でエレカシのライブに行くことに。恵比寿のリキッドは初めてだったのですが音も雰囲気も良くリラックスして楽しめました。風に吹かれて、友達がいるのさ。の流れはたまらなかったです。風に吹かれてはハンドマイクで丁寧に歌っててあぁ、ほんと歌うまいなぁと。。そして凡人は、、もう別世界に飛んでしまったような感覚でした。ちゃんと歌ってくれて良かった。

ころぼっくるさんのライブレポート

ひとが倒れた。



持帰り用セットリスト(コピーしてご利用下さい)

一番上へ